「ちゃいろの童話集」アンドルー・ラング編

Catégories: / / /

 [amazon]
東京創元社で刊行中のラング童話集の9冊目。今回は全25編で、多かったのはネイティヴ・アメリカンの話、アフリカの話、そしてラップランドの話。なかなか面白いのが多かったです。

特に面白かったのは、ネイティヴ・アメリカンの話。「玉運びと魔物」「玉運び、つとめをはたす」という続き物が入ってるんですけど、これがユニークなんです。
まず男の子がまじない師のおばあさんに攫われるんですね。そして、精霊に知恵と力をさずかるには断食が必要と言われて、断食をすることになるんです。10日ではまだ不足。一旦食事をして、今度は20日の断食。かなりの精霊が訪れるけど、まだ不足。さらに20日断食すると、今度は全ての精霊から知恵と力を授かることができます。男の子はそのおかげで体力的にも強くなるし、目も耳もきくようになるし、変身する力まで身につけちゃう。断食をしてそんな力をつけるなんて話、今まで読んだことなかったわ~。
力をつけると、魔物から金とどこでも渡れる小さな橋を盗み出すように送り出されて、ようやく普通の昔話らしくなるんですが...。無事盗み出して、魔物をやっつけて逃げ出してから、まじない師の家に帰れなくなっちゃうんですね。道を忘れてしまって歩き回るうちに色んな冒険をして(詳細は不明)、結婚までしちゃう。子供も3人。で、なんだかんだとあった後で死んでしまうんですけど、彼が死ぬとようやく、まじない師が再登場。死んでるのを起こして(まあ、なんて簡単な!)、魔物から金と橋を盗んできたか尋ねて、それを彼の脇の下から取り出すと(ずっとそこに隠してたのか?!)、その後の行動がまたびっくり。このまじない師の存在って、一体ー!?
題名の「玉運び」の玉は、まじない師が子供を欲しくなった時に使う玉。まじない師がぽんと玉を放ると、その玉は目当ての子供の家まで転がっていって、子供と出くわした途端にまじない師の家に戻り始めるんです。子供は綺麗な玉が欲しくて、しかもすぐ追いつけそうな気がして追いかけるんだけど絶対につかまえられなくて、まじない師の家まで来ちゃうという仕組み。これ、すごい簡単で確実な方法ですよね。(笑)(東京創元社)


+シリーズ既刊の感想+(東京創元社版)
「あおいろの童話集」「あかいろの童話集」アンドルー・ラング編
「みどりいろの童話集」アンドルー・ラング編
「きいろの童話集」アンドルー・ラング編
「ももいろの童話集」アンドルー・ラング編
「はいいろの童話集」アンドルー・ラング編
「むらさきいろの童話集」アンドルー・ラング編
「べにいろの童話集」アンドルー・ラング編
「ちゃいろの童話集」アンドルー・ラング編
「だいだいいろの童話集」アンドルー・ラング編
「くさいろの童話集」アンドルー・ラング編

+シリーズ既刊の感想+(偕成社文庫版)
「みどりいろの童話集」「ばらいろの童話集」アンドルー・ラング

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ちゃいろの童話集」アンドルー・ラング編 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.