「イーゴリ遠征物語」

Catégories: / /

[amazon]
何度もロシアに侵入しては略奪を繰り返していたポーロヴェッツ人。イーゴリ侯はロシアを守るために、ポーロヴェッツ人討伐の遠征をすることに。出陣間際に日蝕という不吉な前兆が起きたにも関わらず、イーゴリは兵士らを鼓舞してポーロヴェッツ人の地を目指します。

12世紀末にロシアで成立したという作者不明の散文。ロシアでは中世文学を代表する傑作として広く知られているんだそうです。11~12世紀のロシアは東方のテュルク(トルコ)系の遊牧民・ポーロヴェッツの侵入に度々悩まされていて、この作品も1185年春、南ロシアの小都市の候の息子だったイーゴリが行ったポーロヴェッツ人討伐遠征の史実が元となっているのだそう。そしてこれはアレクサンドル・ボロジーンのオペラ「イーゴリ」の元にもなっている作品... と書いてあってもピンと来なかったんですが、ボロジーンというよりボロディンですね! そうそう、「イーゴリ公」といえば「韃靼人の踊り」が有名でした~。右のは歌劇「イーゴリ公」のハイライトのCDなんですけど、これを見ると「Prince Igor」になってますね。Princeなんだ!(驚)
この本の訳ではまるで詩のように行が頻繁に変えられてるんですが、原文は散文作品とのこと。雰囲気としては「ローランの歌」(感想)のような英雄叙事詩に近いです。でもこれを読むとイーゴリ候はとても重要人物のように思えてしまうんですが、実際には弱小領主に過ぎなかったようで... 華々しい戦記ではなくて、最初の不吉な前兆通り、イーゴリ候の軍勢は大敗を喫して、イーゴリ候自身が敵に捕らわれてしまうほど。でも最後はイーゴリ候がロシアに無事帰還してめでたしめでたし。ラストがロシアらしいかな。でも正直、それほど面白くは感じられなかったのが、ちょっと残念。(岩波文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「イーゴリ遠征物語」 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.