「阿Q正伝・藤野先生」魯迅

Catégories: /

 [amazon]
郷里に帰る時に、中学時代の友人兄弟を訪ねた「余」。会えたのは兄の方でした。大病をしていた弟は、今は全快して某地に行き、任官を待っているとのこと。そして「余」は弟が患っていた間に書いたという日記を2冊見せられることに... という「狂人日記」他、全13編。

清代末期から辛亥革命を経て中華人民共和国となった中国に生きた魯迅の短編集。高校時代に一度読んだことがあるので、随分久しぶりの再読です。でも高校の時に読んだとは言っても、あんまりちゃんと理解はしてなかったんですよね。面白味もあまり感じられなかったし... や、今回ちゃんと理解できてるかどうかはともかくとして。(笑) 前回読んだ時よりもずっと面白く読めました。
そして今回改めて読んでみてびっくりしたのは、「藤野先生」をかなり細かいところまで鮮明に覚えていたこと! これは魯迅が仙台の医学専門学校(現東北大学医学部)に留学していた時のことを書いた作品。以前読んだ時はそれほど気に留めてなかったと思うんですけどねえ。すごいですね。それって私の力じゃなくて、やっぱりこの作品の力だと思うんです。その時には分からなくとも、実はそれだけの力を持った文章だったんだなあーと改めて感銘を受けてしまいました。いや、本当にすごい。そして国境を越えて、藤野先生から魯迅に人として大切なものが伝わったんだなあ、とか改めて感じてみたり。
いや、ほんと今回はかなり面白かったです。それでも基本的に短編集は苦手だし、途中で何度か集中力が途切れてしまったんですけどね。ここに収められたそれぞれの作品を通して見えてくる中国という国とか、文章を通して魯迅が訴えたかったこととか、なかなか感慨深くて。ここに収められている13編のうち「藤野先生」だけは「朝花夕拾」という自伝的回想録に収められている作品だそうなんですが、他は全て「吶喊」という題名の本に納められている作品。「吶喊」とは、大きな叫び声をあげるという意味なんだそうです。閉ざされた状況を打破するために必要なのは、まず大きな叫び声をあげて他の人間の注意を喚起しなければばならない、そんな魯迅の思いが込められている題名。作品からもそのことが強く伝わってきます。(講談社学芸文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「阿Q正伝・藤野先生」魯迅 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.