「ムギと王さま」「天国を出ていく」ファージョン

Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
「リンゴ畑のマーティン・ピピン」を書くことによって作家としての地位を確立したエリナー・ファージョン。これは70歳をすぎたファージョンがそれまでに書いた子供向けのお話から27編を自選して編んだ短編集。

気がついた時にはもう私の部屋の本棚に入ってた本、というのが結構沢山あるんですが、これもそのうちの1冊。だからもう何度目なのか分からないぐらいの再読です。いえね、先日ぱせりさんに、このブログを見るたびに「ムギと王さま」の本の小部屋を思い出す、なんて嬉しいお言葉を頂いてしまって! それから久々に再読したくて仕方なかったんです。でも本はまだ持ってるんですけど、今手元になく... 待ちきれなくて、図書館で借りてしまいました。(笑)
でも、私が持ってる本は全訳ではなかったらしいです。そちらは1冊で全20編。この2冊が訳されて初めて全27編が完訳されたんですね。逆に知らない作品を読めて良かったかもー。「天国を出て行く」の最後に収められてる「パニュキス」なんて、なんでそれまで訳さなかったのかしら!と思ってしまうような作品だったし。(石井桃子さんによるあとがきに、その辺りのことも書かれてましたが) でも、今も昔も特別大好きな話というのは変わりませんね。「西ノ森」と「小さな仕立て屋さん」と 「天国を出ていく」... あと「レモン色の子犬」も! 「ヤング・ケート」も! それに忘れちゃいけません、本の小部屋の話!!

その本の小部屋というのは、「ムギの王さま」のまえがきに登場する部屋のこと。ファージョンの子どもの頃に住んでた家は、どの部屋にも本が溢れ出しそうなほど置かれていたらしいんですが、その中に「本の小部屋」というのがあったんですね。で、娘時代のファージョンは、他の部屋の本棚に置いてもらえずに流れ込んできた本がごちゃごちゃ置かれ積まれてる「本の小部屋」で、何時間も何時間も過ごしたそうなんです。...私が育った家も、かなり似たような状態だったんです。どの部屋にも本が溢れ出しそうなほどあって、廊下にも本棚が当たり前のように並んでいて... だからファージョンのこの言葉を、子供の頃から実感として感じていたんだと思います。

本なしで生活するよりも、着るものなしでいるほうが、自然にさえ思われました。そして、また本を読まないでいることは、たべないでいるのとおなじぐらい不自然に。(P.4)

でも、うちにも余った雑多な本が流れ込んでいく部屋はあったんですけど、本専用の小部屋というのはなかったんですよね。それだけに、このファージョンの本の小部屋の描写には憧れてたのでした。多少、埃で目や喉が痛くなったとしても! こんな素敵な場所があったら、ほんと毎日でも入り浸ってしまうだろうな。
ここのブログやサイトは、もちろん私にとっては居心地の良い場所なんですが、他の人にもそんな風に居心地良く感じてもらえてるとしたら、これほど嬉しいことはないかも。なーんて、とっても幸せな気分に浸ってた私です。

ファージョン、やっぱり素敵です。決して派手ではないし、むしろ地味と言われてしまいそうなほどなんですが... でも私にとっては愛しくなってしまうような、宝石のような作品群。エドワード・アーディゾーニの挿絵がまたぴったりで素敵。作品はほとんど全部読んでるはずなんだけど、改めて全作品読み返したくなってきました。(岩波少年文庫)


+既読のファージョン作品の感想+
「ムギと王さま」「天国を出ていく」ファージョン
「年とったばあやのお話かご」「イタリアののぞきめがね」ファージョン
「町かどのジム」エリノア・ファージョン
「リンゴ畑のマーティン・ピピン」「ヒナギク野のマーティン・ピピン」ファージョン
「銀のシギ」エリナー・ファージョン
「マローンおばさん」エリナー・ファージョン
「ガラスのくつ」エリナー・ファージョン
「エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」「ねんねんネコのねるとこは」エリナー・ファージョン

| | commentaire(12) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ムギと王さま」「天国を出ていく」ファージョン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(12)

名前を出していただいて恐縮しつつ、とてもうれしいです。ありがとうございます。
ほんとにあの本の小部屋はとっても印象的で、アーディゾーニの絵とともに忘れられませんね。四季さんご自身がそれに近い子ども時代を過ごされたこと、とっても幸せな思い出ですね。憧れてしまいます。
(ときどき、このブログのほうの「本の小部屋」にもこっそり入り込んで読みたい本を物色していたりします^^)
 
わたしはファージョン、大人になってから出合ったんです。子どものときに出会えたらどんなに素敵だっただろうと思います。
四季さんはファージョン、全部読まれているんですね。わたしは、まだまだ未読のファージョンがたくさんあるんです。楽しみながら読み進めていきたい、と思います。
とともに、四季さんのレビューを拝見しながら冷や汗たらたら・・・
あらら、「西ノ森」「小さな仕立て屋さん」「天国を出ていく」「レモン色の子犬」・・・ひとっつもお話を思い出せないんですよ! これは再読から始めなくては。
私が持っているのもハードカバーのものなのですが、少年文庫には、ハードカバーには入っていないものも載っているんですね? それも興味津々。少年文庫で再読しなくては、ですね。

こんにちは。
いつもは読み逃げしていたましたが、ファージョンの登場で逃げてはいけなくなりました(笑)。
私もファージョンは大人になってから出会いました。
マーティン・ピピンが大好きです(春には必ずシアの物語を読み返します)。
「ムギと王さま」の本当のおもしろさはストリーテリングでいろんなお話を聞いてからわかったような気がします。
「しんせつな地主さん」を聞いたときは、涙をこらえるのが大変でした。
四季さんのお気に入りに「ヤング・ケート」を追加してくださいませ~。

こんばんは。私も読ませていただくばかりで・・・、これが初コメントになります。
ファージョンと聞いて、私も出てこずにいられませんでした。
でも「ムギと王さま」は読んでなかったんですよ。ファージョンは好きだったけれど、何故かピピンの2冊と「銀のシギ」で終わってしまってたみたいです。
子どもの頃のみに読んでいて、大人になってからはちっとも読んでこなかったのです。おかげで唯一読んだ作品もすっかり忘却のかなたです。
また読みたい本が増えました。新たな出会い、ありがとうございます。

>ぱせりさん
うふふ、思い出させて下さって、こちらの方こそ感謝です~。
今回まえがきを改めて読んでみると、思ってた以上にそっくりの子ども時代で
なんだかびっくりしちゃいました。
これを機に自伝も読んでみようかなあ、なんて思ったぐらいです。
サイト名も「本の小部屋」に変えたくなりましたよ!(笑)

あ、それでね、私が持ってるのは、もひとつ古い本なので入ってなかったのですが
岩波のファージョン作品集3の「ムギと王さま」には全27編入ってるんですって!
この本のあとがきは、その単行本版の転載だったようです…
イイカゲンなこと書いてすみませんー。

ファージョン、物語系は多分全部読んでると思うんですけど
自分で持ってるのはこの本と「銀のシギ」とマーティン・ピピンの2冊だけなので
他のはほとんど忘れちゃってるんですよね…
久々にファージョンの世界にどっぷりつかりたくなってきました。
作品集の1から順番に読んでいこうかな、なんて思ってます。^^

>dumptyさん
わあー、こちらにまでありがとうございます。
dumptyさんと杏子さんを召還できるなんて、ファージョン、すごいです。

春になるとシアの物語を必ず読むとは、なんて素敵なんでしょう。
「そこで育てよ、愛がそなたに花をつけるまで」ですね。
木のコップでミルクを飲む場面とか印象に残ってますよー。ああ、再読したい。
あ、「ヤング・ケート」もね、大好きなんですよ、みどりの女に川の王さまにおどる若衆!!
上の感想に入れようかどうしようか迷ってやめたんですが、やっぱり入れておきます。(笑)
ああ、私もストーリーテリングでいろいろ聞いてみたいです。
今まで知らなかった面に気づくことができそうですね。

>杏子さん
いらっしゃいませ~。初コメントありがとうございます。
杏子さんが「ムギと王さま」を読んでらっしゃらないとは、意外でした!
「マーティン・ピピン」2冊も「銀のシギ」も大好きなんですが
私にとっては出会いが「ムギと王さま」で、この存在感がダントツで大きいので~。
杏子さんもぜひ読んでみてくださいね。
色んなお話が入ってるので、きっとお好きなお話に出会えると思います。^^

でもほんと、子供の頃に読んだっきりの本って忘れちゃいますね。
手元にあって何度も読んだ本ならともかく、図書館で借りた本はもう全然ダメです、私。
ということで、近々1人ファージョン祭り(笑)を開催予定です。
よろしければご一緒に~♪

「ムギと王さま」を読んでなかったのは・・・
なんでかな?と考えた結果、こういうことでした。
小6くらいのときに、「銀のシギ」と「マーティン・ピピン」を読んだ私・・・
ピピンも「リンゴ畑の・・・」のほうですが、大人っぽーい!とどきどきしながら読んで、「銀のシギ」もなんかそれっぽい話でしたでしょう。
他のタイトルは何故か、子どもっぽいように感じちゃって、それで読んでなかったんでしょう、たぶん・・・・
ファージョンはそれっきりでした。実にもったいないことをしました。
今だったらどんなふうに思えるんでしょうかねぇ?そのうち余裕ができたら、再読含め読んでみたいところです~~♪

>杏子さん
確かに「リンゴ畑」は大人っぽいですよね!
大人の恋物語ばかりだし、私もドキドキしながら読んだ覚えがあります。
他の作品をいくつか先に読んでたから、私は「こういうのもあるんだ!」で済みましたが
これが一番最初となると… うーん、分かる気がします。
小6ぐらいの女の子、となると尚更かも。そういう時期ってありますよね。
それに「ムギと王さま」も、それほど対象年齢が高いとは思わないし
「ヒナギク野」は「リンゴ畑」の子供世代だから、話も実際子供向けですしねえ。
(誰が誰の子って考えたりするのるのもまた楽しいのだけど♪)

子供の頃って、作家読みってあまりしないですものね。
もちろん「面白かったから他のも!」になることもあるんだけど
ものすごく気に入った作品があっても、それ1冊ですっかり満足してそれっきり、
なんてことも結構あったような気がします。

私も大人になってからファージョン作品に出合いました(まだ『ムギと王さま』のみなんですが)
まえがきの本の小部屋、いいですよね~読んでうっとりしてしまったのを覚えています^^
四季さんの子ども時代に重なる部分もあるんですね。

我が家にも本はけっこうあったんですが、子ども時代は小学校の図書室や公民館が本の小部屋でした。
昼休みや放課後に寄って本を選んでいると、埃がきらきら舞っていたのを思い出します(笑)

ファージョン作品、未読のものがほとんどなのでこれから楽しみに読みたいと思っています。

>はぴさん
わあ、大人になってから出会われる方も多いんですね。
図書室ではちょっぴり地味目の存在だったのかもしれないですね。

ああ、確かに小学校の図書室では埃がきらきら舞ってました! 懐かしい。
と言いつつ、かなり通ってた割に実はあんまり覚えてないんですが…
(転校も多かったのです)
図書室といえば、柏葉幸子さんの「霧のむこうのふしぎな町」を見つけた時の情景が蘇るんですよ。
わあ、こんな本がある!って。どの小学校だったかも覚えてないのに。
古い木造の図書室で… 今はもうないのかも。あそこも本の小部屋でした。^^

ファージョン、早速2冊借りてきてしまいました。えへへ。

四季さん、読みました~。やっぱりやっぱりファージョン!いいです!
ほんとにもう、なんでもっと早く再読しなかったんだろう、と思いました。
読んでいるあいだじゅうワクワク幸せでした~。
どれもどれも大好きですが、一番好きなのは「小さな仕立て屋さん」それから「月がほしいと王女さまが泣いた」「ボタンインコ」「サンフェアリー・アン」などです。
同じ本を読んで同じ本を好きと思っても、好きの内容はそれぞれ違うのだなあ~と思うとそれも楽しいです。
そして、やっぱり、あの本の小部屋は圧巻ですね! しかもあんなに綺麗な言葉で書かれていたんですね~。ため息です。そして四季さんの少女時代も、改めて羨ましい、と思いました。自分はもう手遅れ(笑)だけど、子どもたちは、本の世界でたっぷり遊んで大人になってほしいです~。

ぱせりさん、おはようございます。読まれたのですね~。
やっぱりファージョン、いいですよね!
読んでる間中幸せだったというの、ものすごくよく分かります。
ファージョンの作品って、そうなんですよね。
それに、うんうん、同じように大好きな本でも、それぞれに好きな話は違うんですよね。(笑)
「ボタンインコ」「サンフェアリー・アン」は、私の子供の頃持っていた本には
入ってなかったので、少し馴染みが薄くって…
結局、その頃から楽しんでた話に軍配が上がってしまいました。
あ、「月がほしいと王女さまが泣いた」もいいですよね。王女さま、可愛いし!

ぱせりさんが今回再読されるきっかけとなれて嬉しいです。
よろしければ、ファージョン祭りをぜひご一緒に~♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.