「牧神の祝福」ロード・ダンセイニ

Catégories: / /

[amazon]
ここ数日というもの悩みごとを抱えていたウォルディングの司祭は、この日ようやく主教宛の手紙を書き上げます。司祭の悩みの種は、春頃から夕方になると山の端から聞こえてくる笛の音。始めはどこかの若者が村の娘に合図を送るために奏でている音だと考えていたのですが、どうやらそうではないらしいのです。その笛の調べは司祭が生まれてこの方聞いたことがないようなもので、なにやら異様な力を持っていました。そして笛の音が聞こえるたびに、娘たちがその調べを求めて丘を越えていくのです。

舞台はイギリスなんですけど、ウォルディングという場所は架空なのかな? 包容力のある司祭と善良な人々が住んで、日々労働に汗し、日曜日になれば皆教会に集まるというキリスト教的に模範的な村です。でもそんな理想的な村が、徐々に異端のものに侵食されていってしまうんですね。身も心も異界に連れ去ろうとするかのような笛の音。理性はその音に抗おうとしてても、感情はその音に連れ去られたがっていて。まるで「ハンメルンの笛吹き」の笛のように。

タイトルの「牧神」とはギリシャ神話に出てくる半人半獣の森の神・パンのこと。天候や風を司り、農業、牧畜、狩猟、漁業の守護神です。(パンと似た存在でサテュロスやフォーンがいますが、サテュロスは同じギリシャ神話の存在でもパンよりも格下で、フォーンはローマ神話の森と田園の神)
キリスト教の登場と共に異教の神として追放されてしまうことになるんですが、そのパンが19世紀末から20世紀初頭の英文学に頻繁に現れるようになったんだそうです。その役割は、文明の批判者として、物質主義に抗議する大自然の呼び声として。でも、うーん、どうなんでしょう。この「牧神の祝福」もその頃書かれた作品らしいんですが、この作品には「批判」「抗議」といった否定的な言葉は、あまり似合わないような気がしますねえ。「キリスト教批判」とか「現代文明への批判」という風に捉えることもできるんでしょうけど、それほどの主義主張を持った作品というよりも、古い異教時代の居心地の良さへの憧れとでもいったもののような... 「自然への回帰」なんて大層なものではなくて、もっと心が求める方向へと素直に向かってみたという感じがするんですが。
このウォルディングという場所は「エルフランドの王女」の国へと通じるのかも、なんて思ったりもします。ウォルディングそのものがエルフランドとなったということはあり得ないかしら...。(妖精文庫)


+既読のロード・ダンセイニ作品の感想+
「ぺガーナの神々」ロード・ダンセイニ
「魔法使いの弟子」ロード・ダンセイニ
「魔法の国の旅人」ロード・ダンセイニ
「世界の涯の物語」「夢見る人の物語」ロード・ダンセイニ
「妖精族のむすめ」ロード・ダンセイニ
「エルフランドの王女」ロード・ダンセイニ
「影の谷物語」ロード・ダンセイニ
「時と神々の物語」「最後の夢の物語」ロード・ダンセイニ
「ダンセイニ戯曲集」ロード・ダンセイニ
「牧神の祝福」ロード・ダンセイニ

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「牧神の祝福」ロード・ダンセイニ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.