「エリザベスは本の虫」サラ・スチュワート文・デイビッド・スモール絵

Catégories: /

 [amazon]
生まれてすぐに字を覚えてて、あっという間に本の虫になったエリザベス。何をするよりも本が好きで、何を買うよりも本を買い、寝る間も惜しんで読んで読んで読みふけります。でもふと気づくと天井まで本の山。これ以上入らないことに気づいたエリザベスは...?

本に対する愛情がいーーーっぱい詰まった絵本。私も自分で相当の本好きだと思ってるんですが、エリザベスには負けますねえ。寝る間も惜しんで本を読んで育ったけど、ここまで本オンリーの生活は送ってなかったですもん。共通点はかなりありますけどね! あーでも、本を小さな積み木代わりにさせるのはいいけど(でもなるべくならしてほしくない)、本の上にお茶を置いたりはできないなー。あと、うちは私だけでなく両親も祖父母も筋金入りの本好きなので、本はとにかくいっぱいあって、エリザベスのとった方法を冗談半分に勧められることもありますが... 迷わず実行に移しちゃうエリザベスってば素敵! 男前!(笑)
よく見ると、「実在のメアリー・エリザベス・ブラウン 図書館員、読書家、友人 1920-1991 に捧げる」という言葉がありました。なんと実在の女性だったのですかーっ。素晴らしい。というか、エリザベス、ちゃんと素敵なお友達がいたのですねー。もう、友達そっちのけで読書をしていたのかと... いえ、ちゃんといたことは作中でも分かってたんですけどね。となると、やっぱり本読み友達? エリザベスはそのお友達と、読んだ本の感想とか言い合うことはあったのかしら...? なあんて、すっかり実在のエリザベスと作中のエリザベスを混同しちゃってますけど。(笑)
絵も可愛くてとっても好きです、この絵本♪(アスラン書房)


+既読のサラ・スチュワート・デイビッド・スモール作品の感想+
「エリザベスは本の虫」サラ・スチュワート文・デイビッド・スモール絵
「リディアのガーデニング」サラ・スチュワート文・デイビッド・スモール絵

| | commentaire(8) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「エリザベスは本の虫」サラ・スチュワート文・デイビッド・スモール絵 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

エリザベスは本の虫 サラ・スチュワート文/デイビッド・スモール絵/福本友美子訳/アスラン書房 エリザベスは、ものごころついたときから本のとりこ。読... » Lire la suite

Commentaires(8)

こんばんは四季さん。
四季さんの感想楽しみにしていました♪
こんなにたくさんの本への愛情、すてきでした。
それにしてもエリザベスの方法を考慮できるような環境って・・・ううっ、四季さん、やっぱりただ者じゃないです~。しかもご家族そろって、ですものね。羨ましいです。
ほんと、エリザベスにもお友だちがいたのですね。しかも一緒に本を読めるなんてすごく幸せですね。
実は作者もかなりの本の虫?と、わたしも実際のと本の中の世界と混同してしまいます♪

私もこの本大好きです。リズムも良くて楽しいですよね。
坊もこの本が好きなんですよ♪
私の中ではエリザベスは四季さんのイメージなんですけど(笑)。

>ぱせりさん
楽しみにして下さってたなんて、ありがとうございます♪
ほんと、これだけ本への愛情がたっぷりな本を書ける作者は
エリザベスの次ぐらいに本の虫なのではないかと~。^^
最初の方で、貸した本を無理矢理返してもらってたりしたので
これじゃああまりお友達はいないかな?なんて思ってたんですけど
素敵なお友達がいたようで、この献辞もとても嬉しかったです。

あ、でも、うちも本の量はすごいですけど、みんなで買ってるから…
エリザベスはこれだけの本を1人で買って読んでるんだからすごいですよね!

>せいこさん
わあ、せいこさんもお好きだったのですね~。坊くんも!
うんうん、リズムもいいですものね。読み聞かせにも良さそうですね。
ええっ、私ですか!? それは光栄です。
でもでも、エリザベスの男前っぷりにはやっぱり負けますよ~。(笑)

おはようございます!
私も大好きな絵本です~♪
四季さんでも「負けます」か?ええー、いい勝負じゃないかなあ?なんて(笑)
ほんとみなさんおっしゃるようにリズムもよくて、読んでいて楽しい絵本ですよね♪

>ことりさん
おはようございます~。
ことりさんも大好きなんですね! うふふ、お仲間がいっぱい。
あ、でもほんと、私はここまでは…(笑)
とはいえ、すごく可愛くて大好きです、この絵本。
本が大好きで、そのことが分かってくれる友達がいて
エリザベス、幸せですよね。^^

四季さん~こちらへのコメントお久しぶりです!
ぼちぼちブログにも復活いたしますわ(*^-^*)

本好きの心をくすぐる絵本ですよね~。
ここまでの暮らしは到底できないけれども憧れではあります。
そうそう!私も本の上にお茶~って怖くて出来ません。
エリザベスのこんなところも大らかでいいなぁ、と。
無頓着とは違うんですよね、これって。きっと。

エリザベスの決断のもとにもなった本の量、私もここまではいかなくても
処分しなければ結構な本の数になったはず、と少し後悔しました。

ラストのページ、幸せそうですごく好きです♪

リサちゃん、こんにちは~。
おお、リサちゃんのブログもぼちぼち復活されるのですね。
ということは、少し落ち着いてきたということですね!
TBもありがとうございます。嬉しいです。

ほんと、本好きの心をくすぐってくれますよね~っ。
私も本が好きで良かったな~、なあんてしみじみと幸せを感じてみたり。(笑)
あ、やっぱり本の上にお茶っていうのは、ですよね!
うちは猫が2匹になってしまったので尚更です。
(コップとかをを倒すようなことはまだしたことないんだけど)
そうそう、無頓着とはまた少し違うんですよね。うふふ。

私も相当な数を処分してしまってるんですけど
でも処分してなかったら、もう新しい本が買えなくなってたと思うし…
今になってみると惜しかった本もあったりもするけど… ですね。

うんうん、ラストは、ほんと幸せ気分になりますね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.