「ジュリアス・シーザー」「アントニーとクレオパトラ」シェイクスピア

Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
英雄となったシーザーの凱旋出迎えるローマの人々。アントニーが3度シーザーに捧げようとした王冠をシーザーは3度とも退けます。しかしキャシアスやブルータスは、シーザーの野望を危惧していたのです... という「ジュリアス・シーザー」。そしてシーザー亡き後のローマ。シーザー暗殺者たちを追討する軍を起こし、さらにギリシャや小アジアに進軍していたアントニーが出会ったのは、エジプトの女王・クレオパトラでした。アントニーはクレオパトラと恋に落ち、その冬をアレクサンドリアで過ごすことに。そんな時、アントニーの妻・フルヴィアと弟がオクテイヴィアスを相手に反乱を起こします... という「アントニーとクレオパトラ」。

「ローマ人の物語 ユリウス・カエサル ルビコン以降」(感想)の関連で読んだ本。
「ジュリアス・シーザー」は、もっとシーザー中心かと思っていたので、実は主役でも何でもないことを初めて知ってびっくり。いえ、もちろんシーザーも登場するんですけど、むしろシーザー暗殺という事件をめぐるブルータスの物語だったんですね。もしくはブルータスとアントニー。暗殺後、市民を前にブルータスとアントニーは演説をするんだけど、ここがすごい。「私はシーザーを愛していた。しかし、それ以上にローマを愛していたのだ」と言って民衆を味方につけたブルータスなんですが、自分の演説が終わってもアントニーの演説を聞くようにと市民を説得するんです。でもそれに対してアントニーは。アントニーは決してブルータスを誹謗中傷しないし、それどころかブルータスの人格を褒めちぎるんですけど... さすが弁論術の盛んだった古代ローマ。
そしてこのアントニーは「アントニーとクレオパトラ」にも登場するんですが、こちらは「ジュリアス・シーザー」とは全然違う大人の恋愛物語。「ロミオとジュリエット」のあの若い恋心とは対極にあるかのような成熟した恋愛。2人とも大人ですしね、役者ですよ。私の知り合いの男性(年上・独身)が、「なんかこう、気持ちよく騙されたいわけだ」という意味のことを口癖のように言ってたんですが、こういうことだたったんだな。(ほんと?) 若さで突っ走るわけにもいかない大人にとっては、恋愛における演技力の重要性というのは、実はとても高いのかも。ま、歴史的真実としては、おそらく、純情な男を手玉に取ったしたたかな女という構図なんでしょうけど、この描き方はとてもシェイクスピアらしい気がします。

シェイクスピアは、子供の頃読んだチャールズ・ラムのを皮切りに結構読んでるはずなんですけど、むしろ嫌いだったんですよね。その後ちゃんとしたのを読んでも、何がいいのかよく分からなくて。どこかで読んだような話ばっかだし! でもやっぱりオコサマには理解できないものだったのかも。ここ数年で読み返したり新たに読んだものの方が断然楽しいです。(新潮文庫)


+既読のシェイクスピア作品の感想+
「プークが丘の妖精パック」キプリング 「夏の夜の夢・あらし」シェイクスピア
「ジョン王」ウィリアム・シェイクスピア
「ジュリアス・シーザー」「アントニーとクレオパトラ」シェイクスピア
「ハムレット」シェイクスピア・「新ハムレット」太宰治
「マクベス」シェイクスピア
「トロイラスとクレシダ」ウィリアム・シェイクスピア

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ジュリアス・シーザー」「アントニーとクレオパトラ」シェイクスピア へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

こんにちは。

シェイクスピアですね~。
「アントニーとクレオパトラ」は昔読んだことがあったはずなんですけど、中身すっかり忘れちゃいまして、四季さんの感想を読ませていただいて、「ふむふむ、そうだったのか~・・・」と再認識。

確かに、「オコサマ」には正直おもしろくないかも!ですね。
私も小学生の頃、なんだかかっこつけて「ロミオとジュリエット」なんか読んで大人になったみたいな気でいましたけど、おもしろくもなんともなかったです☆

でも新潮文庫の表紙がきれいなので、またいろいろ読んでみようかなと思いました。


Mrs.Holmesさん、こんにちは~。
いや、私が勝手にそう読んだだけなんですけどね…>アントニーとクレオパトラ
でもそういう読み方もできると思って。

シェイクスピアの話って、どこか他に元ネタがあるのばっかりじゃないですか。
だからオリジナリティという面では今でも全然評価してないんですけど(←偉そう)
子供の頃に読んだ時よりは、少しは良さが分かるようになったかも。
とは言っても、子供の頃にものすごーーーくイライラさせられた行き違いの喜劇の良さが
今なら分かる、という自信もないんですけどね~。やっぱりイライラしてしまいそう。(笑)
今も昔も基本的にハッピーエンドが好きな私なんですが
シェイクスピアに限っては、悲劇の方が好きです。

うんうん、新潮文庫は表紙がいいですよね。
私も色々読んでみようかしら、なあんて気になってきてます。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.