「ミシシッピがくれたもの」リチャード・ペック

Catégories: /

 [amazon]
1916年の夏。15歳だったハワードがその旅で一番楽しみにしていたのはドライブ。車は、父が往診に使っていたT型フォード・ツーリングカー。父は生まれはイリノイ州南部のグランドタワーという小さな町で、ミズーリ州のセントルイスで医者として成功、多忙な日々を送っていましたが、ある日突然、家族旅行に出ると言い出したのです。結局母は家に残るものの、ハワードと双子の弟・レイモンドとアールは生まれて初めてイリノイ州の祖父母と大おじ、大おばを訪ねることに。そして祖母のティリーが15歳だった頃の物語を聞くことになります。

物語そのものも1916年の回想で始まるんですが、実際に中心となるのは、もひとつ遡った1861年に始まる物語。ハワードの回想の中で祖母のティリーが語っていた、祖母の娘時代の物語です。この話はイリノイ州のグランドタワーに、ニューオーリンズからセントルイスに向かう途中の裕福そうな娘・デルフィーン、そして肌の色の濃いカリンダが来たところから始まります。南北戦争がもうすぐそこまで迫ってきていて、ティリーの家でも、ティリーの双子の弟のノアが北軍に今にも志願しそうな状態。そんな家に、黒人奴隷らしきカリンダを連れたデルフィーン、つまり南軍側としか思えない2人が暮らすことになるのですから、フクザツです。...南北戦争は、勝った北軍の立場からすれば、南部の奴隷制度を廃止して、黒人を奴隷状態から解放したと言えるものなんですけど、南軍側、黒人側からすればそんな単純な問題ではなかった、という話を聞いたことがあります... まあいずれにせよ、南北戦争にとって黒人問題は、表向きの1つの大義名分に過ぎなかったと思うんですが。

ティリーの語る物語は、19世紀のアメリカの小さな町の様子を濃やかに鮮やかに描き出していきます。当時の人々の生活ぶりや社会風俗・習慣... 特に印象に残るのは、ティニョンと呼ばれるカリンダのスカーフ、そしてショーボートが来た時の興奮。そして戦地にいる兵士たちの酷い状態。キャスの視る幻も印象的なんですが、冒頭で彼女が見た青と灰色の少年たちというのは、軍服の色なのかな? その辺りが今ひとつ分からなかったんですが、読み落としたかな? あとプラサージュとかの言葉そのものは知りませんでしたが、そういう特殊な状態のことや、少しでも混ざっていれば、という話は聞いたことがありますねえ。そういった話の中にも当時の様子が見えてきます。物語終盤では、それまで考えてもいなかった事実が次々と明かされて、もう本当に目が離せない状態。いや、すごいですね。最初読み始めた時に想像していたよりも、ずっと深い物語でした。
美しく着飾り、自信に満ち溢れている都会の女性・デルフィーンも、無口だけどなかなか逞しいカリンダも、リベラルな物の見方ができるティリーも、それぞれにとても印象に残る女性たち。そして父の最後の言葉と、そんな父の言葉をきちんと受け止めるハワード。みんな、それぞれに素敵です。そして読み終えて最初に戻ってみれば、ハワードのお母さんはセントルイス出身だったんですね。うーん、なるほど。(創元ブックランド)


+既読のリチャード・ペック作品の感想+
「ホーミニ・リッジ学校の奇跡!」リチャード・ペック
「ミシシッピがくれたもの」リチャード・ペック

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ミシシッピがくれたもの」リチャード・ペック へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

四季さん、こんにちは。
わたしが初めて読んだリチャード・ペックがこれだったんです。
おもしろくておもしろくて、夢中で一気に読んでしまいました。そして、読みながら、何度もページを遡って第一章に出てきた老人達の名前や特徴を確認しました。
最後にきて、こんな結末が待っているなんて思いませんでした。大長編を読み終えたような満足感でした。
わたしは、アメリカの歴史や、風俗などについて知らないことが多くて、もっと知っていたら、もっと楽しめたのに、たぶん、意味のあることをたくさん気がつかずに読み落としているのだろう、と思うととても残念な気がします。
(デルフィーヌたちのような人たちがいることも知らなかったんです。)
四季さんの記事を読みながら、この本、もう一度読み返したくなりました。かなり忘れているんですよ^^

ぱせりさん、こんにちは。
初読みがこれって、それはもう一気に大好きになってしまいますね!
読み終わって、すごいなあって思いました。なんだかしみじみと。
ハワードのお祖母ちゃんの家のことについても、最初から色々書かれてるのにねえ。
という私も、読みながら何度も最初に戻っちゃいました。(笑)
それでももうほんとドキドキしながら読めるんだからすごいですね。
リチャード・ペック、ミステリやサスペンスにも向いてるのでは…?!

ああー、私もあまり風俗や歴史は知らないのです。それこそ「風と共に去りぬ」とか。
でも、この次に出てきた時は、またもう少し理解度が増すと思いますし!
その次は、またもう少し。
そして次にこの本に戻ってきた時には、今よりももう少し何かに気づくと思うので~。
なんて考え方はイイカゲンでしょうか。てへへ。
デルフィーンのことを知った上で再読するだけでも、
一読目よりも色んなことが読み取れそうですよね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.