「お話を運んだ馬」「まぬけなワルシャワ旅行」I.B.シンガー

Catégories: / / / /

  [amazon] [amazon]
寝る前にお話を聞かないと寝ようとしない、大のお話好きのナフタリ。両親からも沢山のお話を聞くのですが、字が読めるようになると、お話の本も手当たり次第読むようになります。そんなナフタリは大きくなると本の行商人となり、愛馬・スウスの引く馬車に沢山本を積んで色々なところをまわって本を売り、本を買えない貧しい子には本をプレゼントし、人々の語る様々なお話を聞き、そして自分も沢山お話を語ることに... という「お話の名手ナフタリと愛馬スウスの物語」他、それぞれ8編が収められた短編集。

アイザック・バシェヴィス・シンガーは、ポーランド生まれの作家。ナチスの迫害から逃れてアメリカに渡ったんだそうです。その執筆は英語ではなく、子供の頃から使っていたイディッシュ語。元はユダヤ人やポーランドに伝わる民話なんだろうなってお話も多いし、ユダヤ教徒の家庭に育ったシンガーらしく、ユダヤ教のラビも頻繁に登場。ハリー・ケメルマンやフェイ・ケラーマンの作品でも読んでるんですけど、ユダヤ教の風習ってやっぱり面白いなあ。
とんまな人々が住むヘルムという町を舞台にした寓話的物語もいくつかあって、繋がっていくのが楽しかったんですが、やっぱり一番印象に残ったのは、上にあらすじを書いた「お話の名手ナフタリと愛馬スウスの物語」。この中に登場するナフタリは、作者シンガーの理想の自画像なのだそう。お話の楽しさ面白さを人々に伝えることを生きがい旅から旅への暮らしだったナフタリは、レブ・ファリクという人物との出会いがきっかけで1箇所に根を下ろした暮らしをしたいと初めて思うようになるんですけど、この2人の会話がとても深いんです。

いちにちが終わると、もう、それはそこにない。いったい、なにが残る。話のほかには残らんのだ。もしも話が語られたり、本が書かれたりしなければ、人間は動物のように生きることになる、その日その日のためだけにな。(P.21)

きょう、わしたちは生きている、しかしあしたになったら、きょうという日は物語に変わる。世界ぜんたいが、人間の生活のすべてが、ひとつの長い物語なのさ。(P.21~22)
生きるってことは、結局のところ、なんだろうか。未来は、まだここにはない、そして、それが何をもたらすか、見とおしは立たない。現在は、ほんの一瞬ずつだが、過去はひとつの長い長い物語だ。物語を話すこともせず、聞くこともせぬ人たちは、その瞬間ずつしか生きぬことになる、それではじゅうぶんとは言えない。(P.37)

他のも一見子供向けのただ面白い話に見えて、実はとても深くじっくり味わえる作品ばかり。そしてお話の楽しさや面白さを人々に伝えたいというシンガーの思いがとても伝わってくる、暖かい作品集です。(岩波少年文庫)


+既読のアイザック・B・シンガー作品の感想+
「お話を運んだ馬」「まぬけなワルシャワ旅行」I.B.シンガー
「やぎと少年」アイザック・B・シンガー
「ショーシャ」アイザック・B・シンガー

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「お話を運んだ馬」「まぬけなワルシャワ旅行」I.B.シンガー へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

I.B.シンガーと言えば、今月、未知谷さんから短篇集『父の法廷』が出るようですね!
こちらも楽しみです☆

チョコちょこさん、こんにちは。
実はI.B.シンガーの作品を読んだのは、これが初めてなんです、私。
シンガー、いいですねえ。手元に「やぎと少年」もあるので楽しみです♪
その短篇集は大人向けなのでしょうか。ぼちぼちと追いかけますね~。

こんにちは。
四季さんが手に入らない『ショーシャ』を課題本に選んだdumptyです。
でも、そこからシンガーを手に取っていただけたのでとても嬉しいです。
自分勝手な言い分お許しください。ペコリ。
少年文庫の『よろこびの日』に「ショーシャ」という短編が入っていますので、こちらもどうぞ。

『やぎと少年』はまえがきから楽しんでくださいね。
それから『お話を運んだ馬』のまえがきも捨てがたい!
「おとなになっていくことの不思議について、また生きることと愛することの謎に立ち会う不思議について、・・・」
この不思議に立ち会いたいがために私は本を読むのかなぁ・・と思います。

dumptyさん、こんにちは。
いえいえ、こちらこそシンガーを読むいい機会を下さって感謝ですよ~。
岩波少年文庫は全部読みたいので、いつかは読んだと思うんですけどね。
少年文庫に入ってるから、という消極的(?)な理由でなくて
自分から興味を持って読んで、それでとても良かったのが嬉しいです。
「ショーシャ」も、多分そのうち… なんとかなるでしょう♪

「やぎと少年」のまえがき、読みました! そしてとても感銘を受けました。
上で引用した部分にも繋がりますね。
そうそう、「お話を運んだ馬」のまえがきも良かったですよねえ。
こういうのを読むと、物語が好きな自分が嬉しくなります。(笑)
「よろこびの日」も読んでみなくては~。
これ、図書館にはあるんですが、今は少年文庫から消えてるんですね。
また復刊されるかな? されるといいなあ。欲しいです!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.