「リンゴの丘のベッツィー」ドロシー・キャンフィールド・フィッシャー

Catégories: /

 [amazon]
赤ちゃんの時に両親を亡くし、今はハリエット大おばさんやフランシスおばさんと一緒に暮らしている9歳のベッツィー。大おばさんもフランシスおばさんもベッツィーをとても大切に思っていて、いつも甲斐甲斐しく面倒をみてくれます。特にフランシスおばさんは、いつもベッツィーの気持ちを一番分かってくれる人なのです。しかしそんなある日、ベッツィーの生活が一変します。ハリエット大おばさんの具合が悪いため転地療養しなければならなくなり、フランシスおばさんも同行することになったのです。でもベッツィーまでは一緒に連れて行けないので、ベッツィーは他の親戚に預けられることになるのですが...。

都会で大切に大切に育てられていたベッツィーが、それまで一緒に暮らしていた家族と離れて、田舎の農場に行く物語。最近出た本なんですけど、アメリカでは1917年に出版されたという作品。読んでるともう「赤毛のアン」や「大草原の小さな家」を思い出して仕方ない~。時代的にも同じぐらいですしね、まさにそんな雰囲気のお話です。

ベッツィーの最初の9年間は都会での生活。フランシスおばさんもハリエット大おばさんも、ベッツィーを大切に思うあまりに真綿に包むように大事に大事に育ててるんですが、これがいかんせん過保護すぎて... まるでベッツィーで人形遊びをしているように見えてきちゃうぐらい。愛情はたっぷりだし、悪気は全然ないのだけど。でもベッツィーに1人の人間としての人格を認めてなくて。
その都会での生活とは対照的なのが、パットニー農場での生活。ここの人々は、ベッツィーを全然甘やかしません。日々の暮らしに忙しいというのもあると思うんですが、必要以上に手をかけないんですね。最初からベッツィーを子供としてではなく1人の人間として扱って、正面から向き合っています。ヘンリー大おじさんは、初対面のベッツィーにいきなり馬車の手綱を預けて自分は計算に夢中になってますし、アンおばさんもアビゲイル大おばさんも殊更に労わるような言葉を口にしないし、細々と世話を焼いたりもしません。今までみたいに常に構ってもらえなくなったベッツィーは内心大いに不満。でもそんな日々を送ることによって、ベッツィーは自分の頭で考えることを知るし、自分のことは自分でやることを覚えるし、何か不測の事態が起きた時は自分で考えて対処できるようになるんですね。そして自分の力で何かができるということはベッツィーの自信に繋がって、ベッツィーはどんどん生き生きとした少女に変貌していきます。

まあ、よくあるパターンと言ってしまえばそれまでなんですが、それがすんごくいいんです! パットニー農場の人たちは、必要ないことは口にしないけど、見るべきところはちゃんと見てるんですね。きっと甘ったれて依存心の強いベッツィーのことも、最初から見抜いてたと思うんだけど、もちろんそんなことも口にしません。黙って見守ることの大切さ、ですね。そしてそれがベッツィーにすごくいい影響を及ぼしていて、読んでいて素直にベッツィーの成長ぶりが嬉しくなってしまいます。こういう感覚、いまどきの児童書ではなかなか感じられないものかも。やっぱり子供時代はこういう作品を読んで育ちたいものだわ~って思ってしまいます。(もちろんアンでもローラでもいいんですけどね)
そして本当に良かったなと思ったのは、フランシスおばさんたちの愛情は、方向性こそ多少間違っていたと思うんですけど、それでも愛されて育つというのはとても大切なことだなあ、と思えたこと。スポイルされきっていたベッツィーですけど、彼女が折々に見せてくれる人を思いやる心は、確かにフランシスおばさんとハリエット大おばさんに育まれたものなんですもん。それが暖かい結末を呼び込んだ一番の要因かと。

そしてこの本、美味しそうな場面がものすごーーーくいっぱいあるんです。バター作りやアップルソース作り、壁に吊るしてある黄色いトウモロコシで作るポップコーン、そして雪の上に垂らして固めたメイプルシロップのキャンディー。メイプルシロップのキャンディといえば、「大草原の小さな家」のローラと後に結婚することになるアルマンゾの「農場の少年」を思い出します~。子供の頃、もうほんと食べてみたくて、すっごく憧れたんですよね。実は「大草原の小さな家」のシリーズはそれほど好きではなかったのだけど、「農場の少年」だけは、もう数え切れないぐらい何度も読んでたぐらい。メイプルシロップはもちろんのこと、お母さんの作るドーナッツやベイクドビーンズの美味しそうだったことったら~。日々の生活に必要なものは基本的に全て手作りで、そういう描写もすごく楽しかったんですよね。1年に1度靴屋さんが回ってきて子供たちに靴を作ってくれるから、そのための皮を用意しておくのとかね、今でもはっきり覚えてます。(徳間書店)

| | commentaire(6) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「リンゴの丘のベッツィー」ドロシー・キャンフィールド・フィッシャー へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(6)

四季さんおはようございます~。
この本、ちょっと前からチェックしてました~♪
ぜったい読みたいと思っています(^^)

こういう素直な成長物語は、大好き!
読んでいると本当にあたたかくって幸せな気持ちになりますよね。
よくあるパターンなお話だとわかっていても何度でも読みたいし、書いて欲しいなあって思います。

そうそう、「農場の少年」の食べ物はほんっとうに美味しそうですよね!
四季さん子供の頃何度も読まれたんですね^^
アルマンゾの家は、ローラ一家と比べると食べ物がとても豊かでびっくりしますよね。
子供たちだけでアイスクリームを作って、
大きなパイに添えて食べるシーンとか、忘れられません~。笑。

ああ・・・、ほんとにいいですね、たまにこういうお話に出会うとほっとします。
パットニー農場、ほんとにすてきでした。
そして、フランシスおばさんたちも、方法はまちがっていたけれど、ベッツィーのことをほんとに大切に育てたこと、そのおかげで、パットニー農場の暮らしの中でベッツィーの成長があったのだ、ということも同感です。
アンやインガルス一家、わたしも思い浮かべました。
おいしいもののお話、朝ごはん食べたばかりなのに、お腹がすいてきちゃいました(笑) 
農場の少年、再読しなくちゃ~。

>もろりんさん
最近もろりんさんがお好きそうな本が多い私ですが
この本も、まさにもろりんさんの好みだと思います!
私もこういうの大好き~。古き良き、という言葉がぴったりなんですよ。
前々から、最近の児童書には読みたいと思えるものが少ないなと思ってたんですけど
自分がすっかり大人になっちゃってるせいだけじゃなくて
やっぱりこういうのが好きなのね、と改めて思いました…
児童書としても、本当にとても良質なものだなあと思います。^^

もろりんさん、最近ローラのシリーズを読んでらっしゃいましたものね。
ちょうど読み終えられたとこだし、タイミング的にもぴったりかも♪
そして「農場の少年」は、私の子供時代の「美味しい本」ナンバー1なんです!(笑)
ああー、パイのアイスクリーム添え。
うんうん、ローラの家に比べると本当に豊かですよね。
ローラの家は、幸せはたっぷり詰まってるけど、生活は時に苦しげだったので
それで読んでいて少しつらかったんですよね。
その分を取り戻すように、アルマンゾの話にのめりこんでた私なのでした。(笑)

>ぱせりさん
ほんと、ほっとしますよね~。いいお話でした。
パットニー農場の生活は楽しそうだし、みんなあったかいし
フランシスおばさんの愛情が、ちゃんとベッツィーに伝わってたのも良かったですよね~。
読んでるこちらまで幸せになってしまいます。こういう本、大好き!
ただ、読んでるとどうしてもおなかがすいてしまうのが玉に瑕、でしょうか。(笑)
いえいえ、美味しい本は大歓迎なのですが!(笑)
この方の本が、これしか読めないというのが残念ですね。
もっと色々と読んでみたいです~。

四季さん!読みました~~!!
すっごく良かったです!
ついさっき読み終えたばかりで、興奮気味の書き込みですみません(笑)

このお話を読んで、私も四季さんと同じく、
こういうお話が好きだなあ、とあらためて思いました。
よくあるパターンのお話でもなんでも、好きなものは好きー。笑。

読んでいる途中、ベッツィーがフランシス叔母さんとどうなってしまうのか
とっても心配だったんですけど、ああいう風になってよかった。
どんな風であれ、子供を心から大事に思う気持ちに変わりはないんですものね。

読み終えて今、心に元気がいっぱいチャージされた感じがします(*^^*)v
素敵なお話を教えて下さって、ありがとうございました。

話は変わりますが、
いせひでこさんの「にいさん」良さそうですね~。
ゴッホが好きなので気になっています。

あ、そうそう絵本といえば
サラ・スチュワートの「ベルのともだち」良かったですよ♪

もろりんさんも、読まれましたね!
ほんといいですよね~。もろりんさんの好みど真ん中でしょう?(笑)
本当にいいものは、時間が経ってもその良さが薄れないんだなってしみじみ思います。
よくあるパターンだとしても、人間の営みなんて基本的には今も昔も変わらないんですものね。
やっぱり普遍的な良さがあるということなんですよね。
こういう作品こそ後々までも生き残っていくだろうし、生き残って欲しいです。
「好きなものは好きー。」 すごくよく分かります!!(笑)

ベッツィーとフランシス叔母さんのことも、この本が良かった大きな要因の1つですよね。
いろんな終わり方が考えられると思うんですが、ああ、良かったなあーってしみじみ思いましたよ。
ほんと、心がチャージされるお話ですね!

「にいさん」ね、なんか凄かったです。凄すぎて、逆に読むのが辛かったぐらい。
でもぜひ読んでみてくださいー。絵も素晴らしいですから!
という私は「ベルのともだち」を読まなくちゃ。
あとね、デイビッド・スモールの「まあ、なんてこと!」も読みたいんです。
「ベル」の方は図書館には置いてないので、本屋に行っては探してみようと思いつつ
いつも出版社をチェックするのを忘れてしまって…
出版社ごとに並んでる書店が多いから、それを忘れると後が大変。今度こそ!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.