「西洋中世奇譚集成 東方の驚異」逸名作家

Catégories: / /

 [amazon]
東方遠征中のアレクサンドロス大王が師匠であるアリストテレスにインドの様子を書き送った「アレクサンドロス大王からアリストテレス宛の手紙」と、広大なキリスト教王国を治めているという司祭ヨハネから西欧の君主に宛てた2種類の「司祭ヨハネの手紙」という、中世ヨーロッパに広く伝わっていた「東方の驚異」のうち代表的な3編を収めたという本。

「アレクサンドロス大王からアリストテレス宛の手紙」は、7世紀頃に成立したと言われるもの。アレクサンドロス大王の東方遠征にまつわる話は、ギリシャ語やラテン語や各国の言葉で語られ書き継がれ、12世紀末以降には「アレクサンドロスもの」としてその奇譚ぶりを大いに発揮することになったのだそうです。実際のアレキサンダー大王は、紀元前4世紀の人ですけど、色々と想像が膨らんだんでしょうね~。逸話が逸話を呼んで、真実の東方遠征とはかなりかけ離れたものになっちゃってるんでしょうけど、それがまた面白いです。インドの王宮の豪華さなんかは予想範囲内なんですが、ここで注目したいのが様々な怪物たち。象よりも巨大な河馬が現れたなんていうのはまだ序の口で、三つの頭にとさかをつけた巨大なインド蛇とか、鰐の皮に覆われた蟹の大群、雄牛のように巨大な白ライオン、人間のような歯で噛み付いてくる蝙蝠の大群、額に三本の角を持った象より大きな獣に次々に襲われてもう大変。さらに奥地に行くともっと奇妙な生き物がどんどん登場して、まるで西欧版「山海経」って雰囲気です。しかも一番奥では、ギリシャ語とインド語で予言を語る2本の聖樹がアレクサンドロス大王の運命を予言します。

そして「司祭ヨハネの手紙」は、伝説的な東方キリスト教国家の君主・プレスター・ジョン(ジョン=ヨハネ)からの手紙。この司祭ヨハネは、東方の三博士の子孫で「インド」の王という設定。まあ、この当時「インド」と一言で言っても範囲がとても広くて、現在のインドやその辺りのアジア一帯はもちろんのこと、中近東やエチオピア辺りまで含んでいたそうですが。「アレクサンドロス大王からアリストテレス宛の手紙」の影響を多々受けて成立したというのが定説なんだそうです。
これは12世紀のヨーロッパの人々に夢と希望を与えて熱狂させた文献なんですって。こういうのを読んで、マルコ・ポーロみたいな旅行家たちが、幻のキリスト教王国を求めて東方に旅立ったんですね~。でもすごいです、この豪華っぷり。半端じゃありません。黄金の国ジパングの伝説なんて、もうすっかり薄れてしまうほどの絢爛ぶり。とてもじゃないけど、キリストの教えに適うものとは思えません~。(笑)(講談社学術文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「西洋中世奇譚集成 皇帝の閑暇」ティルベリのゲルウァシウス
「西洋中世奇譚集成 東方の驚異」逸名作家

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「西洋中世奇譚集成 東方の驚異」逸名作家 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.