「ノーサンガー・アベイ」ジェーン・オースティン

Catégories: /

 [amazon]
17歳になっていたキャサリン・モーランドは、近隣で一番の財産家・アレン氏が通風の持病を治すためにバースに行く時に、誘われて一緒にバースに行くことに。ずっと田舎で暮らしてきた彼女は、華やかなバースの生活に夢中になります。バースにある社交場の1つロウアー・ルームズでは魅力的な青年・ティルニーを紹介されて好意を抱き、鉱泉室ではアレン夫人が旧友のソープ夫人に再会したことによって、ソープ夫人の長女のイザベラとすっかり親しくなるキャサリン。しかもソープ一家は、キャサリンの兄のジェイムズのことを知っており、既に親しくしていたのです。

この作品が出版されたのは書かれてから13年後、「分別と多感」や「自負と偏見」「エマ」より後とかなり遅くなったものの、ジェーン・オースティンが23歳の時に書かれたという初期の作品。作中でアン・ラドクリッフの「ユードルフォの謎」という作品が何度も引き合いに出されてるんですが、訳者あとがきによれば、そういった当時流行のゴシック小説の人気の過熱ぶりを皮肉って、パロディとして書かれた面もあるとのこと。13年経つうちに、小説の流行もバースの街の雰囲気もすっかり移り変わって時代遅れになってしまったため、わざわざその辺りのことを序文で説明しているほどです。21世紀の今読む分には、13年程度のずれなんて何ほどのものでもないんですが。(笑)

ゴシック小説のパロディと知ってみれば、「キャサリン・モーランドを子供時代に見かけたことのある人なら、誰も彼女がヒロインになるために生まれた人だなどとは思わなかっただろう」という書き出しからして可笑しいですし、その他にもヒロインらしからぬ部分が一々指摘されて、期待されるような波乱に満ちた展開にはならなかったことがわざわざ書かれているのが楽しいです。でもそれはあくまでもお楽しみの部分。物語の中心となるのはキャサリンとジェイムズのモーランド兄妹、イザベラとジョンのソープ兄妹、ヘンリーとエリナーのティルニー兄妹のこと。3組の兄妹たちの姿を通して当時の生活ぶりが見えてくるのが楽しいのも、世間ずれしていない可愛らしいお嬢さんのキャサリンがソープ兄妹に振り回されて、今でも決して古びることのない人間関係の面白さが味わえるのも、他のオースティン作品と同様ですね。今回特に印象に残ったのは、気軽に流行語を使うソープ兄妹、それに感化されて何の気なしに軽い言葉を使うようになったキャサリンをからかうヘンリー・ティルニー、と言葉遣いの違いによって3兄妹の違いが際立っていたことでしょうか。あまり意外な展開もなく、一応波乱はあるものの取ってつけたような波乱ですし、予想通りの結末へと真っ直ぐ進んでいくので、他の作品ほどの評価は得にくいかもしれないですが... でも十分楽しかったです♪

ジェーン・オースティンの長編作品では、これだけが文庫になってないんですよね。なので読むのが遅くなっちゃいましたが、これで長編はコンプリート。あとは「美しきカサンドラ」と「サンディトン」という2つの作品集を残すだけみたいなんですが... 短編作品もあるものの、未完のものだったり断片だったりというのも混ざってるようで、読むかどうかちょっと迷うとこだなあ。(キネマ旬報社)


+既読のジェイン・オースティン作品の感想+
「自負と偏見」オースチン
「エマ」上下 ジェイン・オースティン
「分別と多感」ジェイン・オースティン
「マンスフィールド・パーク」ジェイン・オースティン
「ジェイン・オースティンの手紙」ジェイン・オースティン
「説きふせられて」ジェーン・オースティン
「ノーサンガー・アベイ」ジェーン・オースティン

+既読のジェイン・オースティン関連作品の感想+
「ジェイン・オースティンの読書会」カレン・ジョイ・ファウラー

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ノーサンガー・アベイ」ジェーン・オースティン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.