「輝く日の宮」丸谷才一

Catégories: /

 [amazon]
母校である女子大の日本文学科専任講師を務める杉安佐子は、ロンドンに駐在している兄のもとに遊びに行く時に知り合った長良豊と、京都の学会に行くために乗った新幹線で再会。京都で行きたい場所がある安佐子は、それが「源氏物語」の藤壺のいた辺りだということを長良に説明し、かつて源氏物語にあったといわれる「輝く日の宮」という巻のことを語ります。

森谷明子さんの「千年の黙」が文庫になったので、それを読もうと思ったんですが、それなら合わせてこちらも読むのがお勧めと七生子さんに教えていただいて~。こちらを先に読んでみました。「輝く日の宮」というのは、「源氏物語」にかつてあったとも言われる幻の章。まだそういう学説があるというだけに過ぎなくて、存在が証明されてるわけではないようですが、「桐壺」と「帚木」の間にあったと言われてるんですね。確かに現在読める「源氏物語」には、藤壺の宮との一度目の逢瀬のことは何も書かれてないし! その後の六条御息所の登場も、もひとつ後の朝顔の姫のことも唐突だし! 特に六条御息所とは、初めて名前が登場した時にすっかり馴染んだ仲として描かれていたので、いつの間に?!と読みながら戸惑ったものです。大切な説明がすっぽりと抜け落ちているという印象。で、「輝く日の宮」という章があったという説があると聞いて納得したのですが... まさかその章が失われた理由がこういうことだったとは! うわあ、これは大胆な仮説ですね。でも驚いたけど、とても説得力がありました。
でもね、この作品で本筋の源氏物語の話になるのは、物語が始まって150ページほども過ぎてからなんです。それまでは安佐子が中学3年の頃に書いた短編のこととか、元禄文学学会で発表した「芭蕉はなぜ東北へ行ったのか」のこと、「日本の幽霊シンポジウム」など他の部分が詳細に描かれていて、その合間には為永春水と徳田秋声の「春水-秋声的時間」のことや、父・玄太郎の生活史研究のことも挟まれていて、そのそれぞれが色んな手法で書かれてるのが面白かったものの、いつになったら本筋になるんだ?って感じだったんです。でもこれが実は実は実は... 私がその意図を本当に理解したのは、本文を読み終えて解説を読んでからでした。うわー、なるほど、そういうことだったのですね! これには全く気づかなかった... というか、読みながら気づくのは私には到底無理なんだけど...(笑) なるほどぉ。どの部分も、実はそれぞれ実は深い意味があって存在してたんですねー。
これは安佐子の成長物語であり、恋愛物語でもあり、そして大きく昭和の時代を追う小説でもあり、「輝く日の宮」が存在したことを証明する小説形式の論文でもあり(松尾芭蕉論、泉鏡花論、そして宮本武蔵論も)... ああ、こういうのって面白いなあ。安佐子とか他の女性の造形が一昔前の女性のようで、あまり魅力が感じられなかったのが残念なんですが... それにかなり現代に近づいてもまだ旧仮名遣いというのはなぜ? と違和感も感じてしまったんですが... でも旧仮名遣いだからこそ、最後の章が違和感なく読めるのかもしれないですね。いや、面白い趣向でした。これは日本文学好きには堪らない作品かも~。私としても「輝く日の宮」の仮説が読めて良かった! 面白かったです。(講談社文庫)


+既読の「源氏物語」の感想+
「源氏物語」+「まろ、ん?」小泉吉宏(与謝野晶子訳)
「源氏物語」1・2 円地文子訳
「窯変 源氏物語」1~3 橋本治
「窯変 源氏物語」4~6 橋本治
「窯変 源氏物語」7・8 橋本治
「窯変 源氏物語」9・10 橋本治
「窯変 源氏物語」11・12 橋本治
「窯変 源氏物語」13・14 橋本治

+既読の「源氏物語」関連作品の感想+
「東方綺譚」マルグリット・ユルスナール(雲隠)
「源氏供養」上下 橋本治
「輝く日の宮」丸谷才一
「千年の黙(しじま) 異本源氏物語」森谷明子
「紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス日本の古典」紫式部・山本淳子編

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「輝く日の宮」丸谷才一 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

四季さん、こんにちは。
私も森谷さんの『千年の黙』を以前読んだ時、こちらも読みたいとチェックしたまま忘れてました^^;
関連本も色々出てて楽しいですよね。
源氏物語もずっと読みたいと思っていながらなかなか読めず・・・
今年こそは挑戦したいです。

はぴさん、こんにちは~。
この本、途中まではもう何が何だか分からない!って状態だったんですが
読み終えてみるとすごく面白かったです。
失われた章に関する仮説に関しても「へええ!」でしたしね。(笑)
はぴさんもぜひぜひ読んでみてくださいね。

源氏物語もいろいろあるので、どれを選ぶかで迷ってしまいますよね。
与謝野晶子訳は、読みやすいしさっぱりしてて良かったですよ。
小泉吉宏さんの「まろ、ん?」もオススメ! これを手元に置いて読むと迷子になりません。^^
という私は、次は「紫式部日記」が読みたいのです。
あまり難しすぎないものを選びたいのですが~
まずは実物を見てみないと決められそうにありません。てへ。

四季さん、こんにちは。
「輝く日の宮」読みました。何と言えばいいのか...すごく満足感があるのに、消化不良...と言う感じでしょうか(笑)
私も解説を読んでやっとわかったことが多く、これは再読しなければと思いました。
確かに安佐子を始めとする登場人物が、とても90年代に生きている人々とは思えないですね。王朝風にデフォルメされているのか...あるいは「リアリズム中毒」を批判してるのでしょうか(笑)学会内のゴタゴタは、いかにもありそうな感じでしたけど...

「千年の黙」に比べると道長のスケールが違いますね。批評家としても一流です。
優れた批評家は、作品の成立プロセスにも影響を与え、作家とともに創造したいという夢を持っているのかもしれませんね。
最後の安佐子が書いたと思われる「輝く日の宮」にはびっくり!
光源氏ならしゃあしゃあとしてやりそう...若いしね(笑)
与え得る最高のものを王命婦に与えた訳ですね。ねだるほうもいい根性してる!
でも、あの頃にはよくあったことなのでしょう。
「源氏」の中に、藤壷が王命婦を不快に思った...というような記述があったと思うのですが、これは怒るでしょう。物をもらうより怒る(笑)
なんだか入れ込んで読んでしまい、源氏物語をもう一度ちゃんと読みたくなりました。

Bonoさん、こんにちは!
読まれましたか~。すごく奥が深い不思議な作品ですよねえ。

Bonoさんも解説を読んで分かったという部分が多かったんですね。
良かった、お仲間がいた!
ほんとびっくりですよね。読みながら気づく人って沢山いるのでしょうかー。
でもね、分からないのはひとえに読者の読書力不足のせいなのかもしれないんですけど
本当にそうなのかしら、本当にそれでいいのかしら。と、思ったりもします。
分からない自分が悪い? ただただ、自分の読書力のなさを恥じ入るべきなのでしょうか!
(きっとそうなんでしょうね…)

うん、「千年の黙」と比べると、道長像が全然違いますね。
こっちの方が、個人的に持っていた道長のイメージに近いです。
ああ、確かに優れた批評家とは、そういうものなのかもしれませんね。
…というか、これってもしや丸谷才一さんご自身だったりして。と、ふと思ったり。(笑)
そして安佐子による「輝く日の宮」、これは説得力がありますよね。面白いし!
おねだりをした、というのは私もびっくりしましたよ。てっきり逆だったのだとばかり…
いえね、そういうことはあったとなぜか思い込んでいたんですが
最後の砦を突破するために、源氏がそういう方向へ持っていったのかと。
そうかー、逆かー。と妙にしみじみしてしまいました。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.