「エル・アレフ」「伝奇集」ホルヘ・ルイス・ボルヘス

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
ボルヘス2冊。「伝奇集」は以前読もうとしてなかなか読みきれなくて、随分長い間放置してあったもの。本当に日本語で書かれてるのかと疑ってしまうほど、読んでも読んでも意味分からん、という状態で。でも先日、なんとなく「創造者」を買ってしまって(なんで買ったのかな、私)、試しに読んでみたら予想外の面白さ。思わず「エル・アレフ」まで買ってしまって(だからなんで買うかな、私)、「伝奇集」と一緒に読むことに。

どちらも読めました!(ほっ)
しかも面白かったよ!(すごいっ)

以前読んだ時に何が悪かったのかといえば、多分私の読む姿勢... というか頭の切り替えですね。小説なのかエッセイなのかよく分からなくて、自分の立ち位置がうまく確保できなくて、って感じだったと思うんですけど、今回は大丈夫でした。まるで真実の体験を伝えてるように書かれてるけど、色んな人名が登場してるし色んな文献からいっぱい引用されてるけど、例えばまるで本当に存在する本のように書評が書かれてるけど、これは全部、大真面目なほら話だったんですねーーー。そう思ってみると、突然面白く読めるようになりました。そうか、そういうことだったのか。私ってば頭が固かったんだなあ。

どちらも短編集で、でも「創造者」ほど短い作品ではなくて、でも長くても1編が30ページほど。どれも膨らせ方次第では、いくらでも長編になりそうなのに、敢えてこの書き方でこの長さなんですね。そういうのも多分、以前戸惑った一因だったと思うんだけど。真実と虚構のあわいをゆらゆらと。そしてどの作品にもボルヘス的宇宙が濃厚にそして無限に広がっていて。そして迷宮。...まあ、全部きちんと理解しきれたわけじゃないですけど、こういうのはするめみたいに何度も読んで噛み締めればいいわけですね。読むたびに新しい発見もありそうだし。その時々で気に入る作品も違うかもしれないな。という私が今回気に入ったのは、「エル・アレフ」では「神の書き残された言葉」。「不死の人」や表題作「エル・アレフ」ももちろんいいんだけど、今回はこれが一番すとんときました。「伝奇集」では「円環の廃墟」「バベルの図書館」。初読の時はとっつきが悪かった「トレーン、ウクバール、オリビス・テルティウス」も、やっぱり面白かったなあ。


+既読のホルヘ・ルイス・ボルヘス作品の感想+
「創造者」J.L.ボルヘス
「エル・アレフ」「伝奇集」ホルヘ・ルイス・ボルヘス
「幻獣辞典」ホルヘ・ルイス・ボルヘス、マルガリータ・ゲレロ

| | commentaire(6) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「エル・アレフ」「伝奇集」ホルヘ・ルイス・ボルヘス へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(6)

私は白水社版の「不死の人」の方を読みました。
私も特に「不死の人」という短編は、膨らませたら大長編にできた作品だと思います。
これが長編小説として成っていたら、人類はもうひとつ大切な遺産を得たかもしれないとも思いますが、一方で、このスタイルであるからこそ輝くのかもしれないなとも思います。

ボルヘスを読んで面白かったらぜひスタニスワフ・レムを。ポーランドの、一般的にはSF作家とされる作家ですが、全てを「知」で構築するという点でボルヘスの後継者とも言える作家です。「完全な真空」「虚数」はかなりボルヘスに似た感触を持つ作品です。

はじめまして。ボルへスの短編「円環の廃墟」面白かったです。不思議なお話でした。

>piaaさん
ああ、「エル・アレフ」と「不死の人」はやっぱり同じ本だったんですね。

「不死の人」も面白かったですねえ。
うんうん、この話、普通の作家ならこのアイディアで大長編にしますよね、きっと。
その架空の大長編の作品紹介を読んでるような気になりましたよ。
大長編そのものも読んでみたかった気もしますが(読書案内本にひっぱりだこでしょうねー)
でも私も、この長さだからこそいいのかな、とも思います。

スタニスワフ・レムは1冊も読んだことがないんです。
そうですか、ボルヘスの後継者的存在でしたか。
SFには苦手意識があるんですけど、そういうことなら読んでみようかな。
ご紹介の2冊は、どちらも「文学の冒険」の本なんですね。
今度ぜひ探してみます。ありがとうございます!

>ナナさん
はじめまして! コメントありがとうございます。
「円環の廃墟」、幻想的で不思議で素敵なお話でしたね。^^

相変わらず早っ。w
わたしも急いで『創造者』を読まなくては!

そして、面白かったでしょ~!
「トレイン、ウクバール…」すごい好きです。バカバカしいのにすごい難しそうなところが。w 円環の廃墟やバベルの図書館はなんとなく「ボルヘスらしい」感じですよね。って読んでないんですけどね、ボルヘス(をい)。

そして、この表紙がかつて読書会では「怖い!」と不評だったのですが、どなたかが「欽ちゃんに似てる…」とおっしゃって、以来わたしのなかではすっかり欽ちゃんの表紙として定着してしまいました…!w

えへへ、読みましたよーー。
まあ、前回コメントをいただいた時点で「エル・アレフ」は読んでたし
「伝奇集」も半分は再読だったわけですしね。
いやあ、面白かったです~~。
前の時はなんであんなに苦労したんだろう?って不思議になっちゃうぐらい。
あ、でもちょろいもさんの読書メーターのコメントのおかげというのも大きいのです!
あれでいきなりふっきれたというか何というか。
ありがとうございます。(感謝)

あはは、欽ちゃん。言われてみるとそっくり!!
今まで特に怖いとは思ってなかったんですが、もうこの表紙を見るたびに
欽ちゃんを思い出さずにはいられないと思います…。(笑)

「創造者」、ぜひ楽しんでくださいね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.