「紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス日本の古典」紫式部・山本淳子編

Catégories: /

 [amazon]
「紫式部日記」は、「源氏物語」を書いた紫式部の宮仕え回想録。自分が仕える彰子の初めての出産やそれにまつわる様々な出来事、彰子のこと、宮中でのこと、女房のあるべき姿などを語っていく作品です。森谷明子さんの「千年の黙」に、紫式部日記の内容的な場面が色々あったので、読みたいなと思ってたんですよねえ。
文庫だと岩波文庫と講談社学術文庫と、今回私が選んだ角川ソフィア文庫が現在入手可能。どれにするか迷ったんですけど、岩波文庫版はどうやらそっけないほどあっさりしてるようなのでボツ。講談社学術文庫版は「全訳注」で、上下巻だし多分詳細なんでしょうけど... 私が行った書店には置いてなくて残念。こちらの角川ソフィア文庫は、原文とその訳、そして解説が充実しているようだし、このシリーズは多少当たり外れがあるんだけど、こちらにしてみました。

結論としては。確かに面白かったし、解釈もとても充実してたし... 当時の時代的背景から宮中での様子から、分かりやすく詳しく説明されているし、長く宮中にいる間に、最初は「女房なんて」と思っていた紫式部の変わっていく様子が指摘されてて、これは本当にすごく面白かったですね。あと、紫式部がこの日記を書いてるのも、ただの個人的な日記というだけではなく、藤原道長側の記者として書いていたような部分とか。ただ、これは本当に一般的な解釈なのかしらと疑問に思った箇所があったのと、あとは現代語訳や解説文が私の好みよりもちょーっと軽かったのが... あ、でもこれは私が軽く感じてしまっただけで、同じ訳を現代的で素晴らしいと感じる方も必ずいるはずなので、一概にどうだとは言えないんですけどね。少なくとも、この本を最初に読んだら、これで紫式部像や彰子像が固定されてしまいそう的な充実度はありました。「千年の黙」に登場する紫式部や彰子とは、ちょっぴり雰囲気が違いますが~。
ここに収められているのは全文ではないので、いずれは講談社学術文庫版も読んでみたいな。あ、「紫式部日記」と合わせて「御堂関白記(藤原道長の日記)」を読んでみるのもいいかもしれないですねー。(角川ソフィア文庫)


+既読の「源氏物語」の感想+
「源氏物語」+「まろ、ん?」小泉吉宏(与謝野晶子訳)
「源氏物語」1・2 円地文子訳
「窯変 源氏物語」1~3 橋本治
「窯変 源氏物語」4~6 橋本治
「窯変 源氏物語」7・8 橋本治
「窯変 源氏物語」9・10 橋本治
「窯変 源氏物語」11・12 橋本治
「窯変 源氏物語」13・14 橋本治

+既読の「源氏物語」関連作品の感想+
「東方綺譚」マルグリット・ユルスナール(雲隠)
「源氏供養」上下 橋本治
「輝く日の宮」丸谷才一
「千年の黙(しじま) 異本源氏物語」森谷明子
「七姫幻想」森谷明子
「紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス日本の古典」紫式部・山本淳子編

+関連シリーズ作品の感想+
「論語 ビギナーズ・クラシックス中国の古典」加地伸行
「陶淵明 ビギナーズ・クラシックス中国の古典」釜谷武志
「李白 ビギナーズ・クラシックス中国の古典」筧久美子
「老子・荘子 ビギナーズ・クラシックス中国の古典」野村茂夫
「紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス日本の古典」紫式部・山本淳子編

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス日本の古典」紫式部・山本淳子編 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

うわあ、そういえば紫式部と言えばこれがあったんですねー^^
すっかり忘れていましたし、でも、あることに気づいていてもすぐには読めない人間です~。
読ませて頂いていて感じることがあったのですが、四季さんの言葉遣いはやはり穏やかなお人柄を髣髴とさせる文章で、それをずーっと感じていて、その文章の肌触りのようなものはやはり初めてお邪魔したときから感じているままなのですが。
でも最近わたくしは少し四季さんの文章から受ける印象の質が変ってきました。
ほんとうに少しのものすごく穏やかなとても心地の良い変化のしかたなのですが。
それは四季さんの文章が実際少し変ってこられたのか、それとも単にわたくしの読み方が変ったのかはまだぜんぜんわからないのですが。。
どちらですくゎ!?
などとわたしが勝手にそう感じているだけなのでいきなり何をコイツは言い出すんだ?な感想ですが・・・とにかく読ませて頂いていて心地よいです^^

そうそう、これがあったんですよー。
紫式部日記、結構面白いです。
「源氏物語」なんか書いてしまったから、宮中に上がる時も
高飛車なインテリ女かも?と思われて、苦労したようですしね。
で、天然ボケをかましてたら、あら、案外可愛いわねって言われたり。(脚色してます)

ええーと、私の文章は多分それほど変わらないのではないかと思うのですが…
何も変化に思い当たる節はないので、自分ではよく分かりませんー。
kyokyomさんの読み方が変わったってことはないですか?
いずれにせよ、心地よく読んで頂けてるようで嬉しいです。^^
そういえばサイトを始めた時に、誰が読んでも一回ですんなりと意味が分かるような
人に優しい文章を書こうと思っていたのでした… 今ふと思い出しました。
才気走ったかっこいい文章にも憧れるんですけどね。
どう考えても、私はそういうキャラではないので~。無理はしません。(笑)

いくつかの出版社から出されていると迷いますね><
私も読む機会が巡ってきたら四季さんが読まれたこちらか講談社学術文庫にしようかと思います♪

源氏物語関連ついでにかなりコメント遅くなりましたが・・・
『まろ、ん?』私も持ってるんです^^
源氏が栗!なのがかなり面白いですよね。

瀬戸内寂聴訳で読もうと思ってますが(母が揃えてるので)
オススメしてくださった与謝野晶子訳も気になってきました。

はぴさん、こんにちは~。
今回、講談社学術文庫を確かめられなかったのが残念でしたが
このビギナーズ・クラシックスは、すごく面白かったです!
初心者の私にも、それだけで1つの世界が出来上がってしまう感じ…
それだけに、この読み方で本当にいいのか?と少し不安にもなってしまったんですが。(笑)
いずれ学術文庫の方も読んでみたいです。読み比べてみたい!

おお、「まろ、ん?」持ってらっしゃるんですねーっ。失礼いたしました。
可愛いですよね。顔が栗と豆に分かれてるだけでも、すごく分かりやすくなりますよね。
しかも一帖が見開き2ページになってしまうなんてスゴイ。
これがあれば、もう源氏物語は怖い物なしだという気もします。(笑)

あ、瀬戸内寂聴訳もすごくいいらしいですね。
シンプルでニュートラルなイメージがあります。巻末の図解や解説も充実してるようだし。
私は全10巻というところで恐れをなしてしまったんですが…(笑)
お母様が持ってらっしゃるなら、それが一番かもしれないですね!
読まれたら、どんな感じだったかぜひ教えてくださいませ~。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.