「六本指のゴルトベルク」青柳いづみこ

Catégories: /

 [amazon]
ハンニバル・レクター博士が聞いていたグレン・グールドの「ゴルトベルク変奏曲」は、果たして1955年盤なのか、1981年盤なのか。左手が多指症で6本の指があったというレクター博士、左手だけで中指が2本ある指で演奏するというのは、一体どのような感覚なのか。そしてそのトマス・ハリスのレクター博士の三部作とリンクしているような気がしてならないのは、ジョン・フランクリン・バーディン「悪魔に食われろ青尾蝿」。こちらに登場するのは、ハープシコードで「ゴルトベルク変奏曲」を弾くヒロインのエレン。精神病院を退院したエレンが、頭の中で家に着いた自分が「ゴルトベルク変奏曲」を弾くところを思い描く場面は、まさに演奏家としての思念の動きと言えるリアルなものなのです。...古今東西の純文学やミステリーの中から音楽や音楽家を扱った作品を取り上げて、音楽とのかかわりを主軸に読み解き、それによって音楽や音楽家の神秘を垣間見ようとする1冊です。

青柳いづみこさんの音楽と小説の本といえば「ショパンに飽きたらミステリー」もありますが、そちらとはまた違った音楽のシーンを楽しめました。今回一番印象に残ったのは、「シャープとフラット」の章に紹介されているアンドレイ・マキーヌの「ある人生の音楽」に登場するピアニストについてのエピソードかな。その後に待つものが分かっていても、それでも弾きたいピアニストの思い。それが青柳いづみこさんの文章に重なって、じんじんと伝わってきます。そうだよね、弾きたいよね! 弾いてしまうよね...!
そして「音楽のもたらすもの」の章で紹介されるトルストイの「クロイツェル・ソナタ」では、この言葉が印象的。

普通の人間関係は、言葉を介して築かれる。見ず知らずの他人からスタートし、言葉をかわし、お互いの共通点を発見し、共感しあい、しかるのちに恋愛に至り、しばらくたつとやがて言葉がいらなくなり... というコースをたどるのだが、音楽はすべての手順をすっとばし、二人の男女をいきなり「言葉がいらなくなった状態」に置く。(P.172)

ああー、ものすごく分かる気がする...。音楽だけではないんでしょうけど、音楽にはこういう面が確かにあると思います。この作品は、ぜひとも実際にベートーベンの「クロイツェル・ソナタ」を聴きながら読んでみたい! そしてこのトルストイの作品にインスパイアされて書かれたという、ヤナーチェクの「クロイツェル・ソナタ」もぜひ聴いてみたい。

ここのところ私の中で音楽の比重がすごく大きくなってるので、比較的最近読んだ本はかなり音楽的な部分にも注目して読んでるんですけど... 例えばアンジェラ・カーターの「血染めの部屋」のバッハの平均律とかね。私は青柳さんとは逆にバッハを弾くのが大好きなので、バッハで気持ちを落ち着かせるというのは、ものすごく分かる気がします。私の場合、平均律全曲なんてとても弾けないどころか、弾けるのはまだほんの数曲なんですけど。(笑) 奥泉光さんの「鳥類学者のファンタジア」や山之口洋さんの「オルガニスト」は、音楽を無視しては読めないし、例えば皆川博子さんの「死の泉」のカストラートのインパクトは強烈だったんですけど...! あまり音楽を意識しないで読んだ本は、ぜひともその辺りに注目して読み返したくなりますねえ。今読んだらまた違う印象を持つんだろうな。それに未読の本もいっぱい紹介されてたんですよね。どれも読んでみたい! その時はもちろん、その作品で取り上げられている音楽を聴きながら読みたいものです。(岩波書店)


+既読の青柳いづみこ作品の感想+
「モノ書きピアニストはお尻が痛い」「ショパンに飽きたら、ミステリー」青柳いづみこ
「水の音楽 オンディーヌとメリザンド」青柳いづみこ
「ボクたちクラシックつながり」青柳いづみこ
「ピアニストは指先で考える」青柳いづみこ
「指先から感じるドビュッシー」青柳いづみこ
「ピアニストが見たピアニスト」青柳いづみこ
「六本指のゴルトベルク」青柳いづみこ

| | commentaire(0) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「六本指のゴルトベルク」青柳いづみこ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

ETV“知る楽”が『グレン・グールド 鍵盤のエクスタシー』なる 番組の再放送があり、その1回目を見た。 » Lire la suite

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.