「ブルターニュ幻想民話集」アナトール・ル・ブラーズ

Catégories: /

 [amazon]
アナトール・ル・ブラーズはフランスにおける柳田國夫のような存在で、日本の「遠野物語」のような伝説集をいくつか残しているそうなんですが、この本は、そのアナトール・ル・ブラーズの著作の中でもとりわけ名高いという原著「ブルターニュの人々における死の伝説」全132話から97話を抜粋したもの。「予兆」「死の前」「アンクー」「死の真似事」「呪い殺し」「魂の出発」「死後」「埋葬」「魂の出発」「溺死者」「呑み込まれた町」「殺人者と首吊り人」「アナオン」「魂の祝祭」「魂の巡礼」「アナオンに涙を流しすぎてはいけない」「幽霊」「悪意ある死者」「悪魔祓いとその仲間」「地獄」「天国」の全21章。

先日読んだ現代教養文庫のフランス民話集数冊(感想)でも見た話がいくつかあったし、あと「ブルターニュ幻想 フランス民話」(感想)なんかとも、多分重なっている部分があったと思うんですが... この本の方が、人々から直接採集したという雰囲気が色濃く残ってたかな。
一読してまず気づかされるのは、死の身近さ。そしてキリスト教色の濃さ。たとえば洗礼を受けずに死ぬのはとてもとても不幸なことなので、赤ん坊が生まれたら、何はさておき早く洗礼を受けさせなくちゃいけないんですね。洗礼を受けずに死んだ子供の苦しみの描写と併せて、そのことが物語の中で何度も語られています。死ぬ間際の赦しの秘跡も大切なんですが、何よりもまず洗礼。異教徒のまま死ぬということをすごく恐れてます。そして、日常における「死」の扱い方。他人をからかってやろうと死んだふりなんかをすれば、その悪戯者本人を待っているのは本当の死だし、誤って人を呪えば、そこで待ち受けているのも呪った本人の死。死を決して軽々しく考えてはいけないという教訓。
でも、死そのものは、決して悪いことではないのです。死んだ人間が生前心正しく生きていて、償いの必要さえなければ、もしくは償いがごく軽くて無事に終われば、どうやらこの世に生きているよりも居心地がいいみたい。そして死ぬことよりも重要なのは、救われるかどうかということ。業の深い人間の死後は、相当大変なようです。償おうにも自分の力だけでは償うことができずに、生きている人間の力を借りる話も多々あったし。それに何か不穏な出来事が起きた時、みんなまず司祭に相談しに行くんですが、司祭に助けを求めて、助言を得られて、しかもきちんと司祭に言われた通りにできたとしても、結局死んでしまい... それでも救われたから良かった、なんて話もありました。
これほどまでに「死」ばかりが描かれているとは、ちょっとびっくりなんですが... まあ、伝承の宝庫であるブルターニュで死にまつわる話を集めただけといえばそれだけなんですけど... 逆に言えば、まずキリスト教徒になり、キリスト教徒として正しく生きることが重要で、そして決して「死」をもてあそんではいけない、という感覚を養うために、いかに日頃から刷り込みされてるかということでもあるんでしょうね。もしかしたら、そのために利用されてる民話もあるのかも、なんて思ったりもします。

でもそんなキリスト教的な死の物語の奥に見え隠れしているのは、ケルトの存在。たとえば「アンクー」と呼ばれる存在は、まるでキリスト教の悪魔と重なっているように描かれてるんですが、本来はケルトの死神なんです。水に沈んだイスの町も、元々はケルトの中の伝説の1つ。やっぱりブルターニュはケルト色が濃い土地柄ですね。でもそれらの伝説の起源の大半はアイルランドだそうなんですが、アイルランドとはまた違った印象。独特です。

出版社も違えば訳者も違いますが、この本の2か月後に出版された、同じくアナトール・ル・ブラーズの「ブルターニュ 死の伝承」と、どうやら原著は同じみたい。というか、そちらが完訳版で、こちらが抜粋なんですね。全132話から97話を抜粋ということは、あと35話増えるだけだし、とは思うんだけど、調べてみたらページ数も値段も倍ほど違う! その「ブルターニュ 死の伝承」は766ページで9240円なんです。(こっちは349ページで2730円)これは到底自分では買えないし... しかも市内の図書館には蔵書がないようで... 当分読めなさそうだなあ。でも、ネットで調べてると、どうやらそっちを読まないと分からない部分というのもあるようなんですよね。気になるなあ。(国書刊行会)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ブルターニュ幻想民話集」アナトール・ル・ブラーズ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.