「ギリシア神話を知っていますか」「私のギリシャ神話」阿刀田高

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
ギリシャ神話は子供の頃から大好きで、何か見つけるたびに読むようにしてるんですが、ザル頭のせいか、読んでも読んでも抜け落ちていってしまう私。しかも、これだけ読んでも、知らないエピソードがまだまだ沢山あるみたいなんですよねえ。
というのも、先日光原百合さんの「イオニアの風」(感想)を読んだ時に、「オデュッセイア」... というかトロイア戦争の後日談の話になったんですね。光原百合さんが「イオニアの風」を書かれたきっかけが、その後日談の1つを読まれた時のことだったそうなんですが、私はその後日談を全然知らなくて! わー、そんな話があったんですか、状態。まだまだ知らないことがいっぱいあるんだなあ、そのエピソードはぜひとも読みたいぞ! と、もっと範囲を広げてみることにしました。まず手に取ってみたのは、参考文献として紹介されていた本の中から、一番入手しやすい阿刀田高さんの「ギリシア神話を知っていますか」。調べてみると「私のギリシャ神話」というのもあるようなので、そちらも一緒に。

いくらザル頭とはいえ、ギリシャ古典も含めて、ギリシャ神話に関しては既にある程度読んでるので、いかにも入門編的な題名の本はあんまり手に取らなかったんですけど... いや、これは面白かったです。ごく有名なエピソードだけピックアップして紹介していくという趣向ですが、これが頭の整理にぴったり。様々な文学作品や文献に目を通した上で総括的に語っているので、全体像がとても掴みやすくなってますしね。エピソードそのものは知ってるものばかりでも、阿刀田高さんの解釈が随所に交えられているので、「ああ、こういう読み方もできるのか」という意味でも面白かったし。まっさらなギリシャ神話初心者の読者には阿刀田色がつきすぎてしまうかもしれませんが、既にある程度自分なりのイメージも固まってるので、その心配もあまりなく。
ただこの2冊、内容的にはかなり重なってしまっているので、どちらも読む必要はあんまりないかもしれないですね。ちなみに私は「私のギリシャ神話」の方が好きでした。彫刻とか絵画とか、ギリシャ神話をモチーフにした様々な美術品がカラー図版で紹介されてるのが嬉しいし... どちらも読みやすいんだけど、こちらの本の方が後で出版されてる分、内容的にも一層練られてるような。こんな風に楽しめるんなら、「ホメロスを楽しむために」なんかもいいかもしれないなー。今まで気がついていない、新しい読み方を教えてもらえそうです。
でもでも、肝心のトロイア戦争の後日談については載ってなくて残念。さて、次はどの本に当たろうかしら? 「イオニアの風」の参考文献の中では、ホメロス「イリアス」「オデュッセイア」、ブルフィンチ「完訳ギリシア・ローマ神話」、呉茂一「ギリシア神話」は既読なので、残すは、ロバート・グレイヴズ「ギリシア神話」、バーナード・エヴスリン「ギリシア神話小事典」、カール・ケレーニイ「ギリシアの神話」。本当は光原さんが中学の頃に読まれたというリアン・ガーフィールドの「ギリシア神話物語」載ってるというのが一番ありそうな線なんですけど、この本は既に絶版だし、図書館にもないんですよねえ。絶版という意味では、未読の3つもどれも絶版ですが... ロバート・グレイヴズのがすごく良さそうな感じなのに、これも図書館にないのが残念だな。

で、読んでも読んでも抜け落ちていってしまうザル頭についてですが、「私のギリシャ神話」の宮田毬栄さんによる解説に、こんな文章がありました。

子ども用ダイジェスト版、トマス・ブルフィンチ、呉茂一、カール・ケレーニイ、と読んではきたものの、どれだけ頭に残っているかは、茫洋としてわからない。親しい神々もいれば英雄もいる。だが、親しめない神もたくさんいて、入り組んだ系図まで覚えられるわけがないのだ。
ギリシャ神話の膨大さ遠大さが、全貌をつかみにくくさせているし、阿刀田氏の指摘にもあるように、古代ギリシャ人の願望や恣意が後から神話に加えられ、矛盾や錯綜が生まれているからだろう。

解説を書かれるような方でもそうなんですね! なんだかちょっとほっとしました。(笑)(集英社文庫・新潮文庫)


+既読の阿刀田高作品の感想+
「新トロイア物語」阿刀田高
「ギリシア神話を知っていますか」「私のギリシャ神話」阿刀田高
「ホメロスを楽しむために」阿刀田高
「旧約聖書を知っていますか」阿刀田高

| | commentaire(6) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「ギリシア神話を知っていますか」「私のギリシャ神話」阿刀田高 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

先日、このエントリーにも書いたことだけど、KiKi にとってギリシア神話というの... » Lire la suite

今日は、先日読了したばかりの「ギリシア神話を知っていますか」に引き続き、同じ阿刀... » Lire la suite

Commentaires(6)

私は、阿刀田の「ギリシャ神話を知っていますか」ぐらいしかまともに読んだことないです。^^;
ブルフィンチは拾い読みしたぐらいで…。
なんかやっぱり全部は私には無理なんです。細かいところはそれほど面白いとは思わないし。
でも、有名どころはもっとしっかり読んでおきたいと思います。

こんにちは。
阿刀田さんの「知ってますか」シリーズは、「旧約聖書を知っていますか」が一番面白いし、結構役に立ちますよ。
ギリシャも面白かったです。なんかこーいう神話とか、名前で頭が混乱するんですよね。特にギリシャとローマって、名前だけ違ったりして、ややこしすぎる!

>Johnnycakeさん
ほんと入り組んでるし、分かりにくいですよねえ~。>ギリシャ神話
元々興味がなければ、1冊読み通すのもかなり苦痛でしょうね。分かります~。
純粋にギリシャだけならともかく、周辺の民族の神々も吸収しつつ大きくなってるから
入り組んでしまうのも無理もないとは思うんですが…

その点、阿刀田高さんの本は、すごく分かりやすくていいなあと思いました。
なんといっても、面白いですものね!
楽しく知識が得られて理解が深まるなんて、これ以上のことはないですね♪

>ぎんこさん
わあ、「旧約聖書を知っていますか」ですね!
ありがとうございます。ぜひ読んでみます~。

そうそう、名前で混乱しますよね。ほんとややこしいったら。
ギリシャとローマも、どうせ同じ神さまなら名前も同じにしてくれれば良かったのに!だし
あとね、先日ラシーヌを読んだ時は、そういう名前がフランス語読みのまま訳されてて!
ほんとワケ分かんない状態でした。
考えてみたら、学生時代の世界史でも、そういう名前関係で相当苦労した覚えが…
固有名詞は、全世界で読みを統一して欲しい!って思っちゃいます。(絶対無理・笑)

四季さん、はじめまして。  
「読書メーター」の相性のページで四季さんをご紹介いただき、勝手ながら「お気に入りユーザー」に登録させていただいたのが少し前。  ようやく昨日、こちらのブログに辿り着きました。  

こちらのブログを拝見していて、四季さんの読書量 & 射程範囲の広さ & 読書のスピード(?)に驚愕しています。  読書メーターのプロフィールにも書いたのですが、はるか昔学校の図書館で、本の背表紙に貼り付けられていた「貸出カード」で憧れの誰かさんが借りている本を追いかけて貪り読んだ記憶が懐かしい今日この頃だったのですが、これからは四季さんのこのブログが、自分ひとりでは到底選ばない本に出会うための懐かしの「貸出カード」のかわり(?)になってくれるような予感がしています。

四季さんもケルト系とか「岩波少年文庫」がお好きなんですね~。  そのあたりのお話も少しずつさせていただければと思います。  後でこちらのエントリーにTBをお送りさせていただこうと思っています。  今後ともよろしくお願いいたします♪
      

KiKiさん、はじめまして~。
読書メーターのお気に入りに入れて下さってありがとうございます♪
ブログにまでお越し下さるなんて嬉しいです~。

貸出カード、懐かしいですね!
憧れの誰かさんが借りてる本を追いかけるって、まるで「耳をすませば」みたい☆
私は… そういえばそんな風に誰かの後を追っかけるってことってなかったんですけど…
それでもよく見かける名前があったりすると、なんか嬉しかったものです。
今はすっかりバーコードになっちゃって、そういう意味ではつまらなくなっちゃいましたよねー。

KiKiさんのお名前は、岩波少年文庫でよくお見かけするなと思っていたんですが
さっき読書メーターのKiKiさんのページを改めて拝見してびっくり。
ものすごい重なり具合ですね!
私が読書メーターに登録してない既読本もいっぱい発見。これは相性の数値以上のものがあります!
これほどまでだったとは…。
あ、仰る通り、私も岩波少年文庫が大好きです~。
子供の頃は本といえばまず岩波でしたしね。いつか制覇するぞと思いつつ、なかなかなのですが。
あと、ケルトを始めとして、神話も全般的に大好き。その関連で叙事詩なんかも。
大好きな分野のお話が色々できそうで、とっても楽しみです。
KiKiさんのブログにも、後ほどゆっくり遊びに行かせて頂きますので
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたしますね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.