「トロイア戦争物語」バーナード・エヴスリン

Catégories: /

 [amazon]
山のような荷物を背負った行商人がやって来たのは、スキュロス島の王城の中にある女たちの館。スキュロス島はかなりの僻地にあり、王女たちは自分たちが都の流行に遅れているのを気にしていたため、行商人が広げ始めた荷物を歓声をあげて取り囲みます。王女たちが夢中になったのは、見事な衣装や宝石。しかし1人だけ、そういった服飾品には目もくれず、剣を掴んで振るい始めた姫がいました。それは少し前から館に滞在していた王女たちの従妹。その姫を見た行商人は、その姫に向かってアキレウスと呼びかけます。その行商人は、実はイタケの王・オデュッセウス。トロイア戦争に勝つためにはアキレウスの存在が必要不可欠なため、探しに来たのです。しかしアキレウスは、この戦いに参加すれば死は免れない運命。そのため母のテティスが女装をさせて、スキュロス王の宮廷に隠していたのでした。

楽しく読めるトロイア戦争。かーなり軽いんですけど、面白いです。作者のバーナード・エヴスリンという人は、ニューヨーク在住の小説家兼劇作家。芝居や映画のシナリオを書いたり演出関係の仕事をしてるそうなんですけど、この作品を読んだ限りでは、テレビのシナリオライターというイメージ! それも視聴者のニーズを敏感にキャッチする、売れっ子シナリオライター。でもその分、やっぱり軽い... たとえば、同じくアメリカ人のトマス・ブルフィンチは、これから英文学を読もうとするアメリカ人のために、気軽に基礎知識を得られる本としてギリシャ・ローマ神話とかシャルルマーニュ伝説の解説本を書いたそうなんですね。どちらもそういった知識を楽しく得られるという取っつきやすい本を書いたという点では、よく似てます。でも多分、ギリシャ神話に対するスタンスは全然違うんだろうなあ。

この「トロイア物語」の中心になってるのは、ホメロスの「イーリアス」。でも他からもかなり色んな話を引っ張ってきてますね。「イーリアス」そのものは、10年間続いたといわれるトロイア戦争の1か月ほどの期間しか描いていないんです。アキレウスの怒りに始まり、ヘクトルの葬儀まで。でもこの作品には、その前後のことも結構書かれてました。トロイア戦争に関する叙事詩は今ではかなり失われて、ホメロスの「イーリアス」と「オデュッセイア」ぐらいしかきちんと読むことができないんですけど、元々は8つの作品が1つの「叙事詩環」を構成して、トロイア戦争の全貌を描きあげるものになってるんですね。その辺りも含めて、一般的に流布してるギリシャ神話やそこから派生した作品も交えて、ついでにエヴスリンのオリジナルもたっぷり交えて書きあげたという感じです。
で、先に「軽い」と書いたんですが、ほんと軽いです。「イーリアス」の重々しさなんて、これっぽっちも感じられないほど。まあ、面白いからいいんですけどね。同じくエヴスリンに「オデュッセイア物語」というのもあるので、そちらも読んでみたくなりました。でも、どこからどこまでがエヴスリンの創作なのか分からないというのは、結構キケンかもしれないですねー。特にアテナによる「英雄作り」、これはきっとエヴスリンによる創作に違いないと思うんですが! これは強烈。こんなのが神話にあると思いたくないし、思ってもらいたくもない...。

そして併せてエヴスリンの「ギリシア神話小事典」も入手しました。まだまだ拾い読みしてる段階なんですが、テレマコスやナウシカアの項に、知りたかったことが色々と書かれていて満足。でも先に「トロイア戦争物語」を読んでしまったから、こういった記述の信憑性もどうしても疑ってかかってしまう私です。「物語」にはオリジナルがいくら入ってもいいと思うんですけどね。「小事典」には創作は入るべきではないと思うし、入ってないと思いたいんですが...。(現代教養文庫)

+既読のバーナード・エヴスリン作品の感想+
「トロイア戦争物語」バーナード・エヴスリン
「オデュッセウス物語」バーナード・エヴスリン

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「トロイア戦争物語」バーナード・エヴスリン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.