「ホメロスを楽しむために」阿刀田高

Catégories: /

 [amazon]
人類の古代史に燦然と輝く2つの叙事詩「イリアス」「オデュッセイア」。しかしその作者とされるホメロスという人物については、未だに生まれた年も生まれた場所も判明していません。「イリアス」はともかく、「オデュッセイア」はホメロスの作品ではないとする説もあります。しかしこの時代に諸国を巡り歩く詩人たちが「イリアス」や「オデュッセイア」となるような物語を歌い上げていたのは確かであり、それらの作品をまとめあげ、内容豊かな叙事詩に仕上げた人物が「ホメロス」とされているのです。このギリシャに生れた盲目の吟遊詩人・ホメロスと彼の2つの主要な作品を、その筋を辿りながら解説していく本。

「イリアス」(感想)「オデュッセイア」(感想)は既に読んでるんですが、先日読んだ「ギリシア神話を知っていますか」「私のギリシャ物語」での阿刀田高氏独自の視点がとても面白かったし、開眼する部分が多々あったので手に取ってみました... が。
確かにこちらも、すごく読みやすくて分かりやすいです。「イリアス」や「オデュッセイア」に興味がありつつも、ちょっと敷居が高そうで... なんて思ってる人には、入門編として最適でしょうね。こういう本を一回読んでおけば、とっつきにくい叙事詩の間口もぐーんと広がるはず。でも逆に、そういった叙事詩を既に読んでいる場合は... 阿刀田高さんご自身がギリシャやトルコを訪れた時のエピソードも交えて、面白おかしく語られていくし、そういう意味では楽しく読めるんですが... ギリシャ神話関連の本を読んだ時ほどには新鮮味が感じられなかったかも~。それがちょっぴり残念でした。 (新潮文庫)


+既読の阿刀田高作品の感想+
「新トロイア物語」阿刀田高
「ギリシア神話を知っていますか」「私のギリシャ神話」阿刀田高
「ホメロスを楽しむために」阿刀田高
「旧約聖書を知っていますか」阿刀田高

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ホメロスを楽しむために」阿刀田高 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.