「魔法昔話の研究」ウラジーミル・プロップ

Catégories: / /

 [amazon]
「わたしには呪われた才能がある。どんなものでもひと目見ただけで、すぐに形式が見えてしまうのだ」というプロップ。彼はアファナーシエフの「ロシア昔話集」を読み始めた時、全てのプロットの構成が同じだということがたちどころに分かり、それがきっかけで「昔話の形態学」研究に取り掛かることになったのだそう。そのプロップの論文集「口承文芸と現実」に収められている13編のうちから7本を選んで収めた本。「魔法昔話の構造的研究と歴史的研究」「異常誕生のモチーフ」「口承文芸における儀礼的笑い」「口承文芸の世界におけるオイディプス」「口承文芸の特徴」「口承文芸と現実」「口承文芸の歴史性とその研究方法」

小さい子供の頃に読むならともかく、ある程度大きくなってから読んだら、昔話のプロットがいくつかのパターンに分かれてるだけだということは、当然すぐ分かることですよね。「呪われた才能」なんて、大げさな。...なーんてちょっと斜め視線で読み始めたこの本なんですが、いや、ごめんなさい。とっても面白く読めました。抽象的な理論のところは今一つ掴み切れてないんですが、昔話の中に見る具体的なモチーフに関しては、すごく参考になりました! それは「異常誕生のモチーフ」「口承文芸における儀礼的笑い」「口承文芸の世界におけるオイディプス」の3章。

「異常誕生のモチーフ」
異常誕生の最も一般的な形態は、聖母マリアと同じく処女懐胎。今でこそ妊娠に関する男女の役割がきちんと解明されていて、それが常識となってるんですけど、それ以前の人々は男性の役割を理解してなくて、そういう行為を妊娠に直接結び付けて考えることもなかったと知ってびっくり。そうだったんだ...。でも確かに、教えられなければ分からないことかもしれないですねえ。その場合、妊娠に直接関係するのは、女性が食べる果実(エンドウ豆やリンゴ、ココナッツ、ナッツ、葡萄、ザクロなど)であったり、呪文であったり、飲み水であったり。さらに、遺体の一部を食べることによって妊娠することもあったり。昔話で魚が大きな役割を果たしていることが多いのは、魚の「多産」という特徴からなのだとか。(ロシアの昔話には、確かに魚絡みの話が結構あるかも) そして物語の中で、時々子供が異様に速く成長するのは、主人公が救済者、あるいは英雄として異常誕生しているため。生まれた時に既に災厄が起きているので、即座に救済に着手しなければならないんですね。(笑)

「口承文芸における儀礼的笑い」
そして「笑わない王女」の話。この話にもいくつかパターンがありますが、これも研究者にとっては興味の尽きない話なのだそう。「笑い」というのは、かつては宗教的に独特な意味を持っていたんだそうです。生者が死者の国に入り込む時、あるいは死者の国にいある間「笑い」はタブー。生者は笑うことによって自分が生者であることを暴露してしまうのだそうです。そして逆に、生者の国に戻ってきた時には「笑い」が必須となるんですね。「笑い」は人間を悲しみから解放する力があり、生命を生み出す力があるものなんですって。「笑い」は生命を創造する呪術的手段であり、天地を創造する神もまた笑うのです... というのは、キリスト教以前の神々。キリスト教では笑うのは悪魔であり死神であり、キリスト教の神は決して笑わないのだとか。(知らなかった)

「口承文芸の世界におけるオイディプス」
そして「オイディプス」型の物語について。これも構造的にかなり典型的な魔法昔話なんだそうです。オイディプスといえば悲劇なんですけど、この型の物語では、全ての出来事の前にまず予言があり、そのために主人公が生まれた場所を離れることになり、後年戻ってきた時に父を殺して実の母と結婚する、あるいは血の繋がった妹と結婚するという近親婚が行われ、主人公が王位につく、やがて妻が実は血を分けた肉親だったというのが判明する、というのが基本的なパターン。なぜ王は殺されなければならないのかというのも、必ず行われる近親婚も、権力移譲が妻(女性)を介して行われるというのもどれも重要ポイントで... というそんな話。

上の3つは適当に抜き出したので、ちょっと妙になってるところもあると思うんですが...
中沢新一さんのカイエ・ソヴァージュのシリーズ(感想)を思い出すなー。どれもじっくり読みこんでおきたい論文でした。でも一番最初に収められている、レヴィ=ストロース教授の批判に応える「魔法昔話の構造的研究と歴史的研究」は、今までプロップの著作をまるで読んだことのない私にとっては(しかもレヴィ=ストロースについてもほとんど知らない)、イマイチ分かりづらかった... それまでの経緯を全然知らないですしね。反論の熱さには圧倒されましたが、この2人、お互い相手の論文を読むだけでなく直接論じ合えれば、きっとまた全然違う結果が生まれたでしょうに。西と東に分かれてしまっていたのが惜しいという感じです。そして後半の「口承文芸の特徴」「口承文芸と現実」「口承文芸の歴史性とその研究方法」の3つは、口承文芸に関しての研究の本筋と言えるものだし、本来ならここを読みたかったはずなんだけど、抽象的な論となっていると私にはちょっと難しくて。やっぱり具体例が多く挙げられている3つのモチーフに関する部分が一番面白く読めました。(講談社学芸文庫)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「魔法昔話の研究」ウラジーミル・プロップ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

プロップやレヴィ=ストロースを読んでまず思うのは、
昔話や神話のような素材に対して、
まったく異質なゴリゴリの科学で分析すること。
なぜこの対象を彼らは選んだんだろう…という謎があるし
(自然科学でも政治経済でもなく「昔話」!)、
日本人ではありえない、異常に徹底した論理の正しさの追求も驚嘆します。

プロップで読んだことのあるのは、「魔法昔話の起源」ですが、天才の著作でした。
昔話が同型であるのは、誰もがうすうすは気づくことだし、
すごく離れた地域に同じ話があるのは、このジャンルがかきたてる最初の興味。
でも、実際に「似ている」話のカタログを作ろうとしてみると、意外と難しい。
分類という作業は、やればやるほど、
何が「似ている」ことで、何が「似ていない」ことなのか、わけがわかんなくなる。
プロップやレヴィは、これが徹底できる点だけでも、そうとうな情報処理能力。

関敬吾という人が日本の昔話を分類した、「日本昔話集成」という六巻くらいの大著がありますが、
注とか見てると、「この話はじつは●●に分類すべきかもしれない」みたいなのがしょっちゅう出てきて、けっこうおもしろいです(笑)
わけわかんなくなっちゃったらしいです。

プロップはマルクス主義者なんで、昔話のような「空想」(上部構造というらしい)が、
どんな現実的状況から生まれているかをあきらかにしようとします。
それに取りかかる前の前提として、お話の形式を追求するんですが、
やりすぎて「フォルマリスト」というレッテルを押されました。
でも、ソ連がなくなったので、フォルマリストが悪口なのかどうかすら、私たちにはもうよくわからないですが。なんか響きがかっこいいし。
要するに、「地(下部構造というらしい)に足がついてない」というような批判なんでしょうね。

プロップやレヴィさんの方法は、ユングやイエイツや柳田・折口とはまったくちがうもので、つまりは科学。
逆にユングたちのやり方は、人類のもっと古くさい知の伝統…神秘主義ということになりそうです。
分析する側と、される側というか…医者と「患者」というか(⌒_⌒;)

>妊娠に関する男女の役割

そう、昔の人は「セックス→出産」という因果関係を知らなかった!
みんな処女懐胎だったヽ(´ー`)ノ
私も同じ結論に達しました。
プロップもそう考えているので、かなり自信を持ちました!
先週、吉本隆明もこの結論に至っているのを発見したので、別々に単独で三者が考えたんだから、かなり確かそうです。
私はじつは姫路城の刑部姫のことを考えてるうちに、この考えに到達したんです。
それはかなり長い紆余曲折があって、かなりおもしろいので、近いうち記事に書く予定です。
プロップ風に言えば、ラプンツェルが刑部姫と同類ってことになります。

overQさん、こんにちは。
レヴィ・ストロースは、京極作品にハマった頃に少し見た程度で
プロップに至っては今回が初めてだったんですけど
それは私もすごく思いました!>なぜこの対象を彼らは選んだんだろう
ほんと、なんでよりにもよって昔話なんでしょう?
彼らほどの頭脳を持っていれば、他の対象だって選べたはずなのにー。
いや、昔話だって十分研究する価値がある分野だとは思いますが♪

でも本当に、論理というものを目の当たりにさせられる気がしますね。
特に私なんてもう「論理的」という言葉から程遠いので…(笑)
あ、一応自分が論理的には破綻してることが分かる程度だとは思うんですが…。(笑)
確かにこういうきっちりした論理展開は日本人にはあり得ないでしょうね。
素質もあるでしょうけど、たとえ素質を持っていたとしても
子供の頃からそういう環境で常に訓練を受けていないと無理な気がします。

分類は確かに難しいでしょうね。
無邪気に「シンデレラと一緒!」とか言ってるうちはいいですけど
きちんとした形でまとめようとした途端にワケ分からなくなりそうです…
だって自分が読んでる本のジャンル分けをするだけでも、難しいんですもんーー。
でもブログの記事のカテゴリ分けだってタグ付けだって十分難しいし
それは日々痛感してます。ってレベルが違いすぎますけど!(笑)
そういう分類は、私も好きな方なんですけどねー。
だから「フォルマリスト」バンザイです。地に足がついていようといまいと。
いえ、批判する気持ちも分からないではないですが~。(笑)

ああ、医者と患者! なるほどなるほど。

わー、overQさんもその結論に達してらしたとは。>みんな処女懐胎
でもほんと、教えてもらわなかったら分かるはずがないんですよねえ。
だって行動したその日に妊娠したことが分かるわけじゃないし(笑)
3か月もタイムラグがあったら、結びつけて考える方が無理。
そんな前のことより、最近食べたエンドウ豆の方が。(笑)

「魔法昔話の起源」は、どうやらこの本と重なる部分もあるようですが
そちらもいずれ読んでみたいです。
ラプンツェルと刑部姫が同類なお話も楽しみにしてますね!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.