「長くつ下のピッピ」「ピッピ船にのる」「ピッピ南の島へ」リンドグレーン

Catégories: / / / /

   [amazon] [amazon] [amazon]
スウェーデンの小さな町のはずれの草ぼうぼうの古い庭に「ごたごた荘」という名前の古い家が建っていました。その家に住んでいるのは、ピッピ・ナガクツシタという名前の女の子。9歳なのにお父さんもお母さんもなく、船乗りだったお父さんにもらったサルの「ニルソン氏」と、この家に来てすぐ金貨で買った馬一頭と一緒に住んでいるのです。ごたごた荘の隣の家にはトミーとアンニカという男の子と女の子が住んでおり、3人はすぐに仲良くなります。

子供の頃に何度も読んだ長くつ下のピッピのシリーズ。先日ふとテレビをつけたら、一人芝居みたいなのをやってて懐かしくなっちゃって! 思わず手に取ってしまいました。久々の再読です。あ、子供の頃に何度も読んでいたとは言っても、自分で持っていたのは最初の「長くつ下のピッピ」1冊だけ。なので何度も読んだのもこれ1冊で、あとのは1、2回しか読んでないのですが。

子供の頃でも、ピッピみたいな破天荒な女の子が実際にいたら楽しいけど大変だろうなと思いながら読んでいた覚えがあるので、大人になった今読み返したら、ピッピに苦笑させられてしまうかも、なんて思ってたんです。もしかしたら、ピッピが痛々しく感じられてしまうかも? とも。で、ちょっと手に取る前に躊躇ってたんですが、杞憂でした。相変わらず楽しい! ピッピ、可愛い!
でも、改めて3冊まとめて読んでみると、1冊ごとにピッピの姿がだんだん変っていくなあ、なんて思ったりもしますね。1冊目のピッピはほんと破天荒。何者にも束縛されず自由気儘に日々すごしていて、仲良しのトミーとアンニカを喜ばせるのは大好きだけど、そのほかの人たちには、それほどサービス精神旺盛というわけでもないみたい。大人をからかうのも、自分が楽しいからってだけだし... まあ、その真っ直ぐさがいいんですけどね。火事の家に取り残された子供たちを救いだして英雄になってますが、この時も火事の恐ろしさや、取り残された子供たちの感じている恐怖を理解してるわけではなくて、周囲の人たちの話から助けた方がいいと分かったから、助けてます。
でも2冊目になると、力強いのは相変わらずなんだけど、いじめっ子や乱暴者をやっつける「弱きを助け強きをくじく」ピッピ像が強調されているようです。トミーとアンニカ以外の子供たちにも目を向けるようになるし、この2人以外の気持ちを考えることもし始めます。2人を連れ出して遊びに行った時にも、後で2人の両親が心配しないように置手紙を残してたりしますしね。これは1冊目では考えられなかったこと。そして3冊目になると、ピッピのほら話で逆に励まされる人も出てきますし。いつの間にかトミーとアンニカのお母さんの信頼も勝ち得てます。
最初は、破天荒なピッピ像から、もっと多くの人に受け入れられやすいヒロイン像へと微妙に変化したのかなーなんて思っていたのですが、3冊目を最後まで読んでみると、やっぱりこれはピッピの成長といった方が相応しいような気がしてきました。というのは、3冊目の「ピッピ南の島へ」のラストから。これは、ちょっとびっくりするような雰囲気なんですよね。そういえば、子供の頃もこのラストには違和感を感じていたのですが... でもこれが、既に大人であるリンドグレーンなりの終わらせ方だったんでしょうか。楽しい子供時代の終わりの予感。

で、子供の頃もピッピよりもアンニカになりたいと思った私ですが、大人になってから読み返しても、やっぱりなり替わるならアンニカの方が~ でした。自分自身がアンニカに近いというのも大きいんですけど(笑)、何といっても、アンニカならピッピの近くの一番いい位置でトミーと一緒に楽しんでいられますしね。「もの発見家」になるのも、木の上でお茶をして、その木の大きなうろの中に入ってみたりするのも、本当に楽しそう。ちょっと怖くなっちゃうような冒険も、2人がいれば大丈夫。遠足やパーティーで出てくるピッピの手作りのご馳走も美味しそう。読んでいるだけでワクワクしてきます。例えば床の上にショウガ入りクッキーの生地を伸ばしたり、誕生日のパーティのテーブルのご馳走をテーブルクロスごと片付けてしまうのは、冷静に考えればかなり困った状態になるはずなんですけどね。(笑)
それに子供の頃に一番羨ましかったのは、ピッピの家の居間にある大きなタンス。ピッピがお父さんと一緒に世界中をまわった時に買った宝物が、沢山詰まっているタンスなんです。2人がタンスの引き出しをあけては楽しんでるのが羨ましくて仕方なかったし、何かのたびにピッピがトミーとアンニカにプレゼントしてる物もすごく素敵だし! これは今でも羨ましくなっちゃいます。やっぱりアンニカになって、トミーとピッピと一緒に引き出しを覗きこみたいわ~。(ピッピになれば、その全ては自分の物になるのにねえ・笑)(岩波少年文庫)


+既読のリンドグレーン作品の感想+
「長くつ下のピッピ」「ピッピ船にのる」「ピッピ南の島へ」リンドグレーン
「やかまし村の子どもたち」「やかまし村の春・夏・秋・冬」「やかまし村はいつもにぎやか」リンドグレーン

| | commentaire(5) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「長くつ下のピッピ」「ピッピ船にのる」「ピッピ南の島へ」リンドグレーン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

先日、読書メーターを通じてお知り合いになれた四季さんのブログをお訪ねしたら、ピッ... » Lire la suite

Commentaires(5)

四季さん、こんにちは~。
ピッピ!懐かしいです。私も子供のころ持っていました。
これってシリーズだったのですねぇ、いま知りました・・・(恥)
私は「長くつ下のピッピ」しか読んだことがないので。。
ピッピの成長ぶり、私も読んで確かめてみたくなりました^^

ピッピは、NHKのドラマシリーズ実写版でキャロライン洋子が吹き替えをやったのが、本当に強烈で、大好きでした。歌も今でも覚えてます。^^;
私もドラマみながらアンニカになりたいな、と思いました。
本を読んだのは一回ぐらいだったように思うんですが、子供達に一度は是非読んでもらいたいお話だな、と思います。

こんにちは、四季さん♪
うわ~、ピッピですね、懐かしいですよね~。  KiKi も四季さんと同じように「長くつした」だけは持っていて残りの2冊は学校の図書館で借りて読んだクチです。  でね、KiKi も子供時代、ピッピよりアンニカになりたいと思っていました(笑)  

ところで・・・・昨日別のエントリーにコメントさせていただいた際にも感じていたことだったんだけど、実は KiKi も「近い将来ピッピシリーズを再読してみようかなぁ・・・・」と思っていたんですよ。  そうしたら、こちらの右カラムの「最近読んでいる本」のところに「ピッピシリーズ」が並んでいるのを拝見して、ビックリしたんです。  でね、「アレ? 相性の%もなかなか凄いものがあったけれど、次にこれを読んでみようかなぁと考えるものも思いのほか重なっている部分があるんだなぁ・・・・」と思ったんです。  こちらの何日か前のエントリーにあった講談社学術文庫の「北欧神話と伝説」もつい先日ゲットしたばかりで現在「ツンドク状態」になっているし・・・(笑)  まあ、偶然なんでしょうけれどね♪  

ま、そんなこんなで、大人になった KiKi が四季さんと同じように「やっぱりアンニカがいいなぁ」と感じるか否か、今日は新しい楽しみが1つ増えてちょっと得したような気分です ^o^  

>ことりさん
うふふ、懐かしいでしょう~。児童書の定番ですよね。
あ、でも最初の1冊目だけがダントツで有名だったような気がするし…
って、今でもそんな気がするし、シリーズ物だとは知らない人も結構多いかもしれないですね。
私自身、子供の頃は1冊目だけでもうおなかいっぱいって感じでしたし。(笑)
でも大人になってから読むと、また違ったとこに気付いて面白いです。
ピッピの微妙な変化、ぜひ読んでみていただきたいですわ~。


>Johnnycakeさん
キャロライン洋子のピッピって、どんな感じだったんでしょうーーー。
歌まで覚えてるって、相当インパクトが強かったってことですよね。
見てみたい!と思って検索したら、You Tubeでインゲル・ニールソン(でいいのかな?)の
実写版が出てきました。これはこれでかなりイメージぴったりかも。
(今音声を出してないので、映像だけなのですが)

あ、Johnnycakeさんもアンニカ~。お仲間~♪
やっぱりそうですよねっ。それが結局のところ一番楽しい気がします。
お子さんたちにも、ピッピの本をぜひぜひ。
やっぱりこういうのは、子供時代に出会っておきたい本ですしねっ。^^

>KiKiさん
わあ、KiKiさんもアンニカ! アンニカ人気、高そうですね。
でも最初の1冊だけ自分で持ってて、後は図書館というのも一緒?
そして再読したくなるタイミングまで!?!
それはすごいですね。なんていうシンクロぶりでしょう。
趣味が似通ってたら、積読本なんかが共通しやすくなるのは確かですが
そこまでとはーーー。(笑)

あ、積読本といえば、「北欧神話と伝説」もそうなんですけど
KiKiさんの読書メーターの積読本の最初の1ページ目、すごいです。
あの中で私が読んでないのは「コーランを知っていますか」だけ!
読書メーターに登録してないのもありますけどね。
たとえば「神曲」なんかは、私は同じ訳者さんの単行本の方を読んでますし。
でもほんと恐ろしいほどの重なりっぷりです。(笑)

積読本もですが、「ピッピ」もぜひ近いうちに読んでみて下さいね。
やっぱりアンニカになりたいと思うかな?
大人になって読み返して、印象が変わるかどうかも気になります~。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.