「名探偵カッレくん」「カッレくんの冒険」「名探偵カッレとスパイ団」リンドグレーン

Catégories: / / /

   [amazon] [amazon] [amazon]
14歳のカッレは名探偵に憧れ、ロンドンの貧民窟やシカゴの暗黒街に生まれたかったと思っている少年。日々怪しい人物をチェックし、町の治安を守るために見回りを欠かさず、空想の中で「探偵ブルムクヴィスト」になっては、いっぱしの名探偵ぶって「架空の聞き手」相手に捜査や推理の基本を語ってきかせています。しかし実際には、カッレは小さな町の食料品店の1人息子。カッレが住む平和な町では事件など望むべくもないのです。そして夏休み。遊び仲間の靴屋の息子のアンデスと、パン屋の娘のエーヴァ・ロッタと一緒に毎日のように遊びまわっているカッレの前に現れたのは、エーヴァ・ロッタのお母さんの弟だというエイナルおじさん。エイナルおじさんはエーヴァ・ロッタの家にしばらく滞在することになり、何かといえばカッレたち3人につきまとうのですが...。

子供の頃の私にとってリンドグレーンといえば、まずこのカッレくんのシリーズ。もう何度読んだか分からないぐらい大好きでした。ピッピもいいんですけどね、破天荒で突拍子のないことをしてばかりのピッピよりも、この3人の方が好き。現実味があって、身近な存在に感じられたからかも。このシリーズを最初に読んだのは、多分小学校3年生の頃だから、9歳のピッピよりも14歳のカッレたち3人の方が大人っぽく感じられて良かったというのもあったのかも。
ケストナーの「エーミールと探偵たち」はもう読んでたかもしれないけど、ホームズやルパンを読むようになる前で、「探偵」という存在にもあまり馴染んでなかった頃。カッレくんが憧れるエルキュール・ポワロやピーター・ウィムジィ卿の存在も知らなかったし(アスビョーン・クラーグは未だに知らない)、歴史上のバラ戦争なんていうのも、もちろん初耳。でもカッレたち3人の「白バラ軍」と、それに敵対する「赤バラ軍」のバラ戦争にも「いく千いく万の人命は、死と死の暗夜に落ちてゆくであろう」という言葉にもワクワクしたし(この言葉は、今読んでも本当にかっこいい)、夜中にこっそり家を抜け出しての冒険ときたら! そしてエーヴァ・ロッタのパパがくれる甘パンの美味しそうなことったら!

で、今回久しぶりに本を手に取ったんですけど、やっぱりすっごく面白かった~。これは本当に大好きです。展開も全て覚えてるというのに、すっかり童心に戻ってワクワク。でもそんな風にワクワクしつつも、早く名探偵になりたくて背伸びしてるカッレくんが、たまらなく可愛かったりなんかもして~。この辺りは自分が年を重ねた分、受ける印象がちょっぴり変わりますね。そういう描写がその時よりも目につくというか。一緒に白バラ軍に入って活躍したい(というかエーヴァ・ロッタになりたかった)と思ってた子供の頃とは違って、温かい目で見守る側になってる自分を再認識してしまう...。そして空想の中の事件だけでなく現実の事件に触れることによって、3人が大人の世界を垣間見る部分なんかでは、ああ、まだまだ大人になってしまうのは早いよ、1日でも長くこの幸せな時間を過ごさせてあげたいな、なんて思ってしまう...。
と言いつつ、入れるものなら今でもやっぱり私も白バラ軍に入りたいですけどね。で、赤バラ軍と戦争をしたい! 聖像の争奪戦を繰り広げたい! 白バラ軍はもちろんだけど、赤バラ軍のシックステンとベンカとユンカだって、とっても気持ちいい男の子たち。赤バラも白バラも、読んでる私まで気持ちよくなってしまうほど素敵な子供たちです。やっぱりいいな、このシリーズは。いくつになっても、子供の頃、最初にこのシリーズを読んだ頃の自分を思い出させてくれるみたい。うふふ、大好き。(岩波少年文庫)


+既読のリンドグレーン作品の感想+
「長くつ下のピッピ」「ピッピ船にのる」「ピッピ南の島へ」リンドグレーン
「やかまし村の子どもたち」「やかまし村の春・夏・秋・冬」「やかまし村はいつもにぎやか」リンドグレーン
「名探偵カッレくん」「カッレくんの冒険」「名探偵カッレとスパイ団」リンドグレーン

| | commentaire(6) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「名探偵カッレくん」「カッレくんの冒険」「名探偵カッレとスパイ団」リンドグレーン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(6)

こんにちは。
私も〈カッレくん〉大好きですよ。
リンドグレーンの作品はどれも好きですが,
中でも〈カッレくん〉は格別ですね。
この本で“薔薇戦争”を知って以来,
“薔薇戦争”は歴史上の特別な思い入れのある事件となりました。
読んだのが小学生低学年ということもあって,
カッレくんは親しみの湧くお兄さんという印象です。
ちなみに『飛ぶ教室』の面々は憧れのお兄さんたちでした。
なつかしー。
久しぶりに読み返したくなってきました。
仕事に余裕が出来てからになるかなー。
万が一,自分に子供が出来たら是非とも読んでほしい一冊ですね☆

四季さん、こんばんは。

私もリンドグレーンといえば、ピッピより断然カッレ君!
世代的にご存じないと思うのですが、NHKの少年ドラマシリーズ(だったかな?)で、ドラマ化されたことがあったんです。日本が舞台だったのですが、今思えばなかなか忠実に上手に作ってあったと思います。
テレビを見てから原作を読んで大好きになりました。
カッレ君を読んで、それから「エーミールと探偵たち」を読んだかな・・・

私もこの本ではじめて「薔薇戦争」を知りました。
なんとなくヨーク家びいきになったのは、やはり本の影響でしょうね(笑)
ああ、私も久しぶりに読みたくなってきました!

>森山さん
やっぱりカッレくん、いいですよねー!!
今回読んで、やっぱり好き!と思いました。しみじみ。
ほんと格別です。
そうそう、薔薇戦争についてもなんだか思い入れができてしまって
他の本で名前を見かけるだけで「おおっ」となってしまったり…(笑)
その割に薔薇戦争について詳しく調べようと思ったことはなかったので
通り一遍の知識しかないのですが。(汗)

「飛ぶ教室」は、私はあまり早い時期に読まなかったので(小学校高学年かなあ)
憧れのお兄さんというより、同級生感覚だったような。
「エーミール」も同級生。(エーミールはいくつの設定だったんだろ?)
でもカッレくんたちは、近所のおにーさんおねーさんを憧れの目で見る感覚でした。
子供の頃に好きだった本を読むのって、ほんと懐かしいです。
いい機会だし、森山さんもご一緒にいかがですか~?
うんうん、子供にも読んでもらいたいし、楽しんで欲しい本ですよね。^^

>Bonoさん
やっぱりカッレくん派の方が多そうですね。(笑)
ええっ、NHKの少年ドラマシリーズにカッレくんもあったんですか。
それは知らなかった…
あ、少年ドラマシリーズは知ってますよー。
「七瀬ふたたび」は時々見てて、うっすら覚えてるし…
子供の頃、うちに「時をかける少女」のドラマをやった時の本があったんです。
ドラマの場面の写真が沢山入ってて… きっとノベライズだったんでしょうね。
それで「時をかける少女」の続編を読んだんです。
…いや、もう、子供心に強烈なインパクトでした… それから何度夢に出てきたことか。
本でそれだけ夢に出てくるんなら、実際にドラマを見てたらどうなってたことやら。(笑)
全体的に質の高いドラマが多かったようですね。
今は見られなくて、すごく残念です。(その本ももうないし…)

うふふ、ヨーク家が白薔薇ですものね。
Bonoさんも、ぜひぜひ再読しましょう~。
今読んでもほんと全然色褪せてなくて面白いです!

こんにちは。
私も小学生のころカッレくんにはまりました。
エーヴァ・ロッタは当時の私のアイドルでした。。。
第2作「カッレくんの冒険」が」特にお気に入りでした。

木曽のあばら屋さん、こんにちは~。
やっぱりカッレくんはいいですよね♪
私もエーヴァ・ロッタには憧れましたよ~。

やっぱり2作目ですかね? んん、でも1作目も好き。
それに比べて、3作目はちょっぴり落ちるかな…
ラスムスが活躍する分(ラスムスとニッケの友情物語!)
3作目の白バラはちょっぴり低調ですね。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.