2004年9月 Archive

Catégories: /

 [amazon]
「垂里冴子のお見合いと推理」の続編。登場人物たちの個性もそれぞれにくっきりとしてきたようで、冴子はもちろんのこと、派手好きな空美やシスコン気味の京一もいい味を出してます。すっかりホームドラマ化してて楽しいなあ。こういうパターン物は、安心して読めますね。パターン物だからといって、ワンパターンってわけじゃないし。でも今回の冴子のお見合い相手がどうもイマイチな人ばかりだったのだけは、ちょっと残念。前回の最後の彼のような人がいると、冴子の受けるダメージが大きくなってしまうので、それも可哀想なんですけどね。(あれは上手くいって欲しかった!) 冴子には幸せになって欲しいし、でもお見合いが上手くいってしまうとシリーズが終わってしまうというジレンマ。でもラストの冴子を見てると、このシリーズ自体が変貌していきそうな予感もありますね。次、どうなるのか楽しみです。(講談社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「垂里冴子のお見合いと推理」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「続・垂里冴子のお見合いと推理」山口雅也

+既読の山口雅也作品の感想+
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
結構早くに買ってたのに、なかなか読む気になれなくて、今日ようやく読みました。
「百器徒然袋-雨」に続く、榎さん大活躍の連作3編。ちょっぴり失速気味の本編に比べて、やっぱりこっちは楽しい! 語り手となっているのは、平凡で地味で不運な配線技師。これが一見関口君を彷彿とさせるような人なんですけど、でもやっぱり視線が関口くんとはまた違うというところがポイントですね。京極堂も、ただの不機嫌なだけの薀蓄親父じゃないし。(笑)
もう今回は、とにかく榎さんのお馬鹿ぶりに笑えて笑えて、電車の中でもあやうく吹き出すところでした。面白すぎるーっ。「にゃんこ!」(←別にネタバレではないけど、見たい方は反転して下さい)も良かったけど、「ぐう。」(←コレもね)も良かったけど、最初に笑ってしまったのが「僕が仕切るからへいき」(←コレもです)ってあの言葉。(笑) でも、京極堂に「京極」って呼びかけるのはどうなんでしょうねー。みんな、「京極堂」とか「中禅寺」とか言って欲しいな。でないと作家・京極夏彦との区別がつかなくなっちゃうもの。(既に区別はついてないかのか?)
登場メンバーは豪華だし(いさま屋は出ないけど)、くすくすニヤニヤの楽しい作品。でも最後に意外な暖かさが待っていて、それもまたとても良かったです。んんー、なかなか深いなあ。(講談社ノベルス)


+シリーズ既刊の感想+
ほとんど感想が残ってませんが、Livreに「狂骨の夢」「陰摩羅鬼の瑕」の感想があります。
「百器徒然袋-風」京極夏彦

+既読の京極夏彦作品の感想+
「続巷説百物語」京極夏彦
「後巷説百物語」京極夏彦
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
「架空の絵本のエディトリアルデザイン集」 まず寺田順三さんのイラストが可愛い! なんとも言えないノスタルジックな柔らかい色調の、絵本の表紙が30冊分。これがまるで古いポスターを見てるみたいでいいんですよねえ。そしてそのそれぞれの絵本の表紙に、横山犬男さんの書いた文章が添えられているんですけど、これがまたなんとも音楽を感じさせる文章なのです。帯に「古ぼけたレコード盤から、ノイズ混じりに広がるイメージ」という言葉がありましたが、うん、これはまさにレコード盤ですね! CDじゃないです。CDのクリアな音はもちろん綺麗だけど、レコード盤のパチパチというノイズには、何とも言えない味があるでしょう? そんな感じ。表紙の絵に惹かれた方、「レコード盤」という言葉に惹かれた方はぜひ一度手に取ってみて下さいませ♪ (帯には、チチ松村氏の推薦文もありましてよ!>某I嬢)
うわーん、これは続きが読みたくなっちゃうよう。「架空」だなんて殺生な。
ちなみに寺田順三さんのサイトCOMES MARTはコチラ。...わ、南船場にお店があるんだ!一度見に行ってみたいなあ。(ワールドコム)


+既読の寺田順三作品の感想+
「本の本」横山犬男・寺田順三
「タビの雑貨屋」「本の本」寺田順三

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
義母の代わりにエッセイ教室に通うことになった、ピンク色のぶたのぬいぐるみ・山崎ぶたぶた。今回はここのエッセイ教室の生徒たちとの交流のお話です。
ぶたぶたシリーズの最新刊。ちょっぴりパワーダウンしたような気はしないでもないんだけど、やっぱりぶたぶたは可愛いですねえ。今回はぶたぶたの書いたエッセイが読めて、そこでぶたぶたのプライベートな面を垣間見れるのが楽しかったです。それと、徳間デュアル文庫から出てる3冊では、ぶたぶたを見ても驚かない人が多くて不思議だったんですけど、今回はぶたぶたの姿を見てみんな一様に驚いていたので、ちょっとほっとしたりして。でも確かに大阪は他の地方に比べたら、「私のようなぬいぐるみを見てもそんなにびっくりしない街」かもしれないですが、でもやっぱりびっくりするのはびっくりするってば! ただ、いくらびっくりしても、次の瞬間には思いっきりツッコミを入れてそうですけどね。(笑)
ここに出てくる紅茶専門店って、MUSICAのことですよね? そば粉のパンケーキ、美味しそう。食べてみたいな。(光文社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「ぶたぶた」「刑事ぶたぶた」「ぶたぶたの休日」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「ぶたぶた日記」矢崎存美
「ぶたぶたの食卓」矢崎存美

+既読の矢崎存美作品の感想+
Livreに「幽霊は行方不明」「幽霊は身元不明」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
6年勤めた会社をやめた十和人は、ハローワークの外で声をかけてきた男の依頼を聞いて驚きます。1ヶ月間、日本国内のとある別荘に滞在するだけで、莫大な報酬を受け取ることができるというのです。
わーい、面白かった! 偽装結婚物とか偽装家族物って時々見かけるけど、やっぱり西澤さんにかかると一味違いますね。小さな謎や大きな謎もあるんだけど、ミステリというよりはSFの方に重点が置かれてるというか、これはもっと違う要素の方がさらに大きいかな。この雰囲気は、初期の作品の雰囲気に近いかも。この偽装家族生活、しかも盗聴器や隠しカメラが仕掛けられてる家で過ごすなんて、ほんと神経が疲れそうー、なんて思いながら読んでたのですが、対外的には新婚気分の抜け切れない夫婦、しかしその実態は赤の他人同士という2人が、自分たち自身の話をし始めるところが好きだわあ。後味も爽やかで良かったです。ふふふ。(カッパノベルス)


+既読の西澤保彦作品の感想+
「方舟は冬の国へ」西澤保彦
「生贄を抱く夜」西澤保彦
「腕貫探偵 市民サーヴィス課出張所事件簿」西澤保彦
「フェティッシュ」西澤保彦
「キス」西澤保彦
「春の魔法のおすそわけ」西澤保彦
「ソフトタッチ・オペレーション」西澤保彦
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(2)
Catégories: /

 [amazon]
幼い頃、一番の仲良しだったクマのぬいぐるみのことを思い出し、今あのクマちゃんに会ったらどんな挨拶をすればいいだろう... と悩む著者。しかし図書館で借りた「人とクマ/そのフェアな共存のための入門書」にあったのは、「落ち着いてじっとしていれば、クマのほうが、あなたから逃げていくでしょう」という言葉だったのです!
帯にある言葉は、「ひとと動物たちとのパートナー学」。キリンやペンギンのようなメジャーな動物から、ミミズやゴキブリ、ヒキガエルのようなあまり人気があるとは思えない生き物にまでスポットが当てられて、考察されていきます。嘘か本当か分からないようなことがまことしやかに書かれていて、そのちょっと斜めの視線がいいのです?。動物ごとのサブタイトルも面白いし! ゴキブリなんて、「命がけの片思い」ですよ。「ゴキブリほど人間に近づこうと絶望的な努力を試みてきた生き物がほかにいただろうか?」ですって!(笑) あ、でも私が好きだったのはゴキブリのページよりも(笑)、「スーパーモデルたちの孤独」フラミンゴの話だったんですけどね。美にこだわりを持つフラミンゴは、「ヴォーグ」や「エル」みたいなファッション誌を持っていくと喜ぶし、はげたおじさんを見かけると、そっと顔をそむけるのです。(笑)(講談社)


+既読のアクセル・ハッケ作品の感想+
「キリンと暮らす クジラと眠る」アクセル・ハッケ ミヒャエル・ゾーヴァ
「冷蔵庫との対話」アクセル・ハッケ

+既読のミヒャエル・ゾーヴァ作品の感想+
「キリンと暮らす クジラと眠る」アクセル・ハッケ ミヒャエル・ゾーヴァ
「ミヒャエル・ゾーヴァの世界」ミヒャエル・ゾーヴァ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
中国四大奇書の1つとも言われる「紅楼夢」を元に書き上げられたミステリ作品。栄華を極めた賈家の作った人口楽園「大観園」で繰り広げられる連続殺人事件。
ここで起きる事件は、どれもこれも不可能犯罪。衆人環視の中で犯人が消えうせてしまったり、被害者の衣類だけが空を飛んでいたり、密室状態の現場にある遺体は、空から落ちてきたとしか思えなかったり。そんな事件ばかりが次々と起こります。そういう不可能犯罪って、「なぜそのような状況にしなければならなかったのか」という部分がポイントですよね。ただ単に「密室が作ってみたかったから」という理由では、読者は納得しないもの。この作品では、それが綺麗にクリアされていました。そして、なぜ大観園が舞台じゃなきゃいけなかったのかという理由も最後の最後に明らかになります。その理由自体は、正直それほど意外とは思わなかったんだけど、でもここでは全てが連動してて、そうなるとやっぱりもう、「そうだったのか!」。いやー、お見事です。
芦辺さんが「紅楼夢」を十分読み込んでらっしゃるのが分かりますね。完全にこの世界を自分のものにしてるもの。それがやっぱりスバラシイー。(文藝春秋)


+既読の芦辺拓作品の感想+
「紅楼夢の殺人」芦辺拓
Livreに「十三番目の陪審員」「真説 ルパン対ホ-ムズ-名探偵博覧会」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.