2007年4月 Archive

Catégories: / / /

 [amazon] [amazon]
いつの間にか悪夢をもたらす才能を失ってしまった夢馬のインブリは、闇の馬将軍によって、夜の悪夢の運び手から白昼夢を運ぶ任務に変えられてしまうことに。インブリは、闇の馬将軍がトレント王に宛てた「馬の乗り手(ホースマン)にご注意あれ」というメッセージを持って、生まれて初めて昼のザンスに行くのですが... という「夢馬の使命」。
トレント王が王座を退き、ドオアがザンスの王位について5年。秘密の会議をするためにゾンビーの頭の城を訪れるドオアとイレーヌ、そして3歳の娘のアイビィなのですが、城に近づいた時、イレーヌは夢馬のインブリとドラゴンとアイビィの恐ろしい幻影を見ることに... という「王女とドラゴン」。

魔法の国ザンスシリーズの6巻と7巻です。ここまでくると、もうすっかり初期のザンスシリーズからは変わってしまってますねー。登場人物たちも、すっかり世代交代の時期に来てるようです。やっぱり最初の3冊の頃の雰囲気が良かったなあ、と思ってしまいます。それでも「夢馬の使命」の方は面白かったんですけど、「王女とドラゴン」の方は... そろそろ続きを読むのがしんどくなってきました。
この「夢馬の使命」、原題が「Night Mare」なんです。そのまんま訳せば、「夜の雌馬」という意味。明らかに「Nightmare(悪夢)」とかけてるんですよね。ザンスらしいだじゃれ。で、この言葉の「Night Mare」の日本語訳が「夢馬」。そうなると「夢魔」にも通じるわけです。いつものことながら、山田順子さんの翻訳センスは見事だなあ、と本題とは関係ないところで感心してみたり。(ハヤカワ文庫FT)


+シリーズ既刊の感想+
「カメレオンの呪文 魔法の国ザンス1」ピアズ・アンソニイ
「カメレオンの呪文」「魔王の聖域」「ルーグナ城の秘密」ピアズ・アンソニイ
「魔法の通廊」「人喰い鬼の探索」ピアズ・アンソニイ
「夢馬の使命」「王女とドラゴン」ピアズ・アンソニイ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / / /

  [amazon] [amazon]
12世紀末のイギリス。ウェールズ近くのコルディコットの荘園領主の息子・アーサーは13歳。神父に習う読み書きの勉強は楽しいものの、目下の夢は騎士に仕える従者としての修業をすること。しかし16歳の兄は12歳の時に修業に出してもらったのに、アーサーが修業に出してもらえる見込みはまるでないようなのです。そんなある日、アーサーは父親の友人のマーリンに黒曜石の石を渡されます。絶対に秘密だと言われたその石を自分の部屋で見ていたアーサーは、石の表面に突然見知らぬ情景が映し出されて驚きます。

これは、ソニーマガジンズから全3巻の単行本で刊行されている「ふたりのアーサー」と同じ作品。角川文庫から再版されるに当たって題名が変わったようですね。でも1巻が2004年、2巻が2005年に出たのに、3巻目がなかなか出ないんです。本当は出揃ってから読もうと思ってたんだけど、積んでるのも気になるし、待ちきれなくて先に読んでしまいましたー。
獅子心王リチャードからジョン王へと移り変わろうとしているイギリスが舞台で、13歳の少年アーサーの視点から日記のように描かれていきます。最初のうちは荘園の生活が事細かに描き出されてるだけで、それはそれでとても興味深いんですが、アーサーがマーリンに石をもらってから、話が一気に動き始めるんですね。石が見せるアーサー王伝説の場面は、現実のアーサー少年の出来事とどこかしらリンクしてて、アーサー王の出生の秘密が明かされるとアーサー少年のことも明らかになったりします。...でも、そこにどういう意図があるのかはまだ不明。私はてっきりアーサー少年がアーサー王の生まれ変わりで、アーサー王がブリテンの危機に復活するという話なのかと思ったんですけど、どうやら違うようで... マーリンについてもよく分からないままだし。
それにしても、この話に登場する人たちって、ほんと全然アーサー王の話を知らないんですね。アーサー少年のおばあさんが、アーサー王のこととは知らずに眠れる王様の話をしたりするんですけど、誰もアーサー王という存在自体知らないようです。なんだか不思議になってしまうほど。字の読めない人たちはともかく、神父ですら「ティンタジェル」が何なのか全然知らないんですもん。この当時は本当にそうだったのでしょうか。
でも3巻まで全部読まないと、感想が書きにくいな。3巻は一体いつ出るんでしょう?(角川文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

[amazon]
amazonの紹介は、「7世紀頃に成立したアイルランドの伝承詩「ブランの航海」の解題と解読、又、その背景にあるケルト文学における冒険譚・航海譚の特徴や、異界への旅の意味を探った論文を収録」。一般には「ブランの航海」として知られる、「フェヴァルの息子ブランの航海と冒険」に関する論文です。この詩は7世紀頃に成立したそうで、ケルト異界を描く冒険譚と航海譚の2つの要素を兼ね備えており、古代アイルランド文学の中でも重要な作品と考えられているのだそう。

論文なので、「へええ、なるほど」とは思っても「面白かった」って感じではないんですが、「ブランの航海」と一緒に、「コンラの冒険」「マールドゥーンの航海」「青春の国のアシーンの物語詩」といった物語群も紹介されてるのがありがたかったです。こういうの、なかなか読めないですからねー。どれもケルトの異界にまつわる物語で、その異界の共通点は、「はるか彼方の海上の国」「不老不死の至福の世界」。そして「マールドゥーンの航海」だけは、旅の後普通に帰国できるんですけど、他の3つの物語では戻った途端に、現世での時間の経過を思い知らされることになります。丁度「浦島太郎」と一緒ですね。実際、「アシーンと浦島伝説をめぐって」という副題で、「異界と海界の彼方」という文章も収められていました。
ただ、この論文では、ケルトの物語が大きく冒険譚と航海譚に分けられているんですけど、肝心の冒険譚と航海譚の違いが今ひとつ分からないんですよね。航海譚だって冒険なんだから、冒険譚の一分野でいいじゃないの。ってどうしても思ってしまうんですけど、「冒険譚と対照的なのが航海譚であり」という文章があるので、海に出れば航海譚、それ以外は冒険譚というだけではないのでしょう...。何かもっと明らかな違いがあって、でも研究者には常識だから、ここには触れられていないのかも。うーん、私の知識不足かあ。(中央大学学術図書)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

   [amazon] [amazon] [amazon]
メイウェルとフリンは、アヴァロンに育った双子の兄妹。2人も生まれながらに鳥に変身できる魔力を持っており、マーリンに命じられてキャメロットのアーサー王の宮廷に入って以来、メイウェルはギネヴィア王妃の侍女として、フリンはアーサー王の小姓として仕える日々。その日メイウェルは、いつものようにミソサザイに変身して、親友であるシャロットの姫・エレインの元へと向かっていました。エレインは、心の中に写る光景をそのままタペストリーに織り上げる力を持つ少女。織り上げられた模様は、まるで見てきたかのように鮮明で、しかも少し先の未来を写し取っているのです。予言による混乱から身を守るために塔の中に閉じこもりきりなのですが、家族以外で双子の兄妹だけは、タペストリーを見ることを許されていました。そして今日メイウェルがエレインの元へとやって来たのは、メイウェルがあこがれる「白い手のユウェイン」のことで、エレインの助言が欲しかったからなのです。

「キャメロットの鷹」「聖杯の王」「最後の戦い」という3冊からなる「アーサー王宮廷物語」。
いやー、期待以上に面白かったです! アーサー王伝説を主題にした小説は沢山書かれてるんですけど、この作品の一番の特徴は、メイウェルとフリンという伝説には登場しない人物の視点から描いた物語だということ。しかもこの2人は鳥に変身できるので、本来なら見ることのできない場面もつぶさに描き出すことができるんですよね。文体がちょっと読みやすすぎる気もするんですけど、少女視点には合ってると思うし。

この作品の中で特筆すべきなのは、やっぱりエレインでしょうね。トーマス・マロリーの「アーサー王の死」には2人のエレインが登場して、これが読者の混乱の元だと思うんですけど、この作品に登場するエレインは1人だけ。そしてそのエレインの場面がすごくいいのです~。控えめで穏やかだった乙女が見せる激しい情念や、命と引き換えに1枚のタペストリーを織り上げる鬼気迫る場面が、とても印象に残ります。この作品の白眉ですね。それに「アーサー王の死」の一方のエレインが産むことになるガラハッドの出生に関しての解釈にもびっくり。でもこういう考え方ってすごく面白いです。
そしてもう1人特筆すべき人物は、アーサー王の王国の崩壊の直接的な原因となるモードレッド。モードレッドがこんなに気持ちの良い青年に描かれている作品は初めてですよー。こんなに真っ直ぐアーサー王を慕うモードレッドだからこそ、ギネヴィアとランスロットのことが許せないし、自分の出生に衝撃を受ける様子が迫ってくるんですね。以前読んだ「ひかわ玲子のファンタジー私説」で、西洋では敵は常に人間なのに、日本では「結局悪者はいなかった」というエンディングが好きだという話が出ていたんですけど、そういうのがこういうところに現れてるのかも。あと、伝説では地味な存在のサー・ユウェインも素敵だったし! サー・ユウェインとその母・モーガン・ル・フェイの絡みも良かったなあ。

従来のアーサー王伝説だと、即位した後のアーサー王個人についてはあまり描かれてなくて、ともすればランスロットの華やかさに負けがちなんですよね。武勇を発揮する場面もほとんどないし、単に妻を寝取られた男という位置づけになってしまいがち。でも騎士たちが集まってくるアーサー王の魅力というのが、最初の方で表現されているので、そういうところも好きでした。アーサー王と円卓の持つ力。だからこそ、キャメロットが徐々にその光を失っていく様子が雄弁に表されているのではないかと思いますね。
あくまでも大筋ではアーサー王伝説に忠実で、テニスンや夏目漱石に描かれたシャロットの姫を大きく登場させながらも、その解釈は独自の物語。これならアーサー王物語に詳しくない読者はもちろん、ある程度詳しい読者も楽しめるのではないでしょうかー。(筑摩書房)


+既読のひかわ玲子作品の感想+
「ひかわ玲子のファンタジー私説」ひかわ玲子
「キャメロットの鷹」「聖杯の王」「最後の戦い」ひかわ玲子
「イスの姫君」ひかわ玲子

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
祖国ハンガリーを逃れて難民となり、スイスに住みながらフランス語で読み書きするようになったというアゴタ・クリストフの自伝。でもこの題名には自伝とあるんですが、訳者あとがきによると、原題は「自伝的物語」なのだとのこと。読んでいる感覚としては、「悪童日記」(感想)を読んだ時と同じ感覚。そして内容としては「昨日」(感想)でした。

タイトルになっている「文盲」とは、敵語であるフランス語を話すことはできても、読むことも書くこともできないという状態。4歳の時から手当たり次第、目にとまる物は何でも読んでいたというアゴタ・クリストフが、スイスに亡命して以来、何も読めなくなってしまったのです。26歳の時に、外国人学生を対象とした夏期講座に申し込んだ時も、筆記テストでまるで点数が取れず、入れられたのは初心者クラス。フランス語はきちんと話せるのに、なぜ初心者のクラスにいるのかと先生に訊ねられたアゴタ・クリストフの答は、「わたしは読むことも、書くこともできません。文盲なんです」というもの。
相変わらずの淡々とした文章ではあるんですが、読める喜びと書ける喜びが静かに滲み出てきます。これを読んでいる私には「書かずにはいられない」欲求というのはあまり(というか全然?)ないのだけど、「読まずにはいられない」方は人一倍強いので、たとえ半分だけだとしても、その苦しみはものすごく分かります。戦争で家族が分散し、命がけで亡命、フランス語で話しかけられてもまるで理解できない状態から、読み書きできるようになるまでのアゴタ・クリストフの苦労は、想像できるだけなのだけど...。以前、「悪童日記」のフランス語版を読み始めて、なんだかんだで冒頭の数章だけで止まったままなんですが、やっぱりこれは絶対に読み通さなくては、と決意も新たにしました。うん、やっぱり読まなくちゃ。読めるようにならなくちゃ。です。(白水社)


+既読のアゴタ・クリストフ作品の感想+
「悪童日記」アゴタ・クリストフ
「ふたりの証拠」「第三の証拠」アゴタ・クリストフ
「昨日」アゴタ・クリストフ
「文盲 アゴタ・クリストフ自伝」アゴタ・クリストフ
「どちらでもいい」アゴタ・クリストフ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
ノーベル文学賞作家・アナトール・フランスによる、まるで童話のような19の短編集。
あとがきで訳者の三好達治氏が、「小学生にでもわかるような、やさしい文章では書かれていますが、そうしてその話の筋も、ごらんの通りきわめて単純なわかりやすいものばかりですが、しかしその内容は、必ずしも年少の読者のためには、充分のみこみやすいものばかりとは限りません」と書いてたんですが、たしかにその通りでした。どれも幼い子供たちが中心となる物語だし、三好達治氏の美しい日本語で読みやすいんですけど(少し時代がかってますが)、純粋に子供向けの本とは言えなさそう。教訓的な内容も多いです。もちろん、子供が読んで楽しめないということではないですけどね。子供の頃ってメッセージ性の強い作品でも、気にせず純粋に楽しめたりするし。最初は子供の頃に読んで、大人になってまた読み返した時に、それまで気づかなかった部分に気づくというのが、理想的な読み方かもしれないなあ。
どこかジョルジュ・サンドと似通った雰囲気を感じる気がするんですけど、どうなのかな? 2人ともフランスの作家で、ジョルジュ・サンドの方が少し早いんですけど、時代もかなり重なっているので、影響を受けてるなんてこともあるかもしれませんね。(岩波文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
1948年10月。かつては名のある画家として尊敬を集め、多くの弟子に囲まれて一世を風靡しながらも、今は引退して、隠居生活を送っている小野益次。終戦を迎えて日本の状況は大きく変わり、戦時中の小野の行動が元で、周囲の目は手を返したように冷たくなったのです。自宅で一見穏やかな日々を送りながら、小野は自らの過去を回想します。

「日の名残り」(感想)のような「信頼できない語り手」による物語なんですが、こちらの方があからさまですね! 主人公がかつてのことを回想しながら物語は進んでいくのは同じですし、その言葉をそのまま額面通りに受けとめられないのも一緒。それでも「日の名残り」は、そのまま受けとめてしまうこともできる作品なんです。でもこちらの作品では、どうしても小野が物事を自分に都合の良いように解釈し、記憶を改竄し、さりげなく自分の行動を正当化していこうとする部分がイヤでも目につきます。周囲の人々との記憶の齟齬も読みどころ。それに、何度も繰り返し「自分の社会的地位を十分に自覚したことなどない、自分は家柄など重視しない」というように語られているんですが、それが逆に自負心を浮き彫りにしているようだし、1年前に娘の紀子が破談された事件が、予想以上に小野を傷つけていることがよく分かります。確かに戦時中の小野は、自分の行動に信念を持っていたのでしょうけれど... 今はそれを屈折した感情で正当化することでしか生きながらえることができないんですね。そんな1人の男の悲哀がよく表されているように思います。
彼の身近な人間、彼の行動をつぶさにみてきた人間の視点から語られたら、この作品とはどれほど違う作品が出来上がるんでしょう。ほんと全く違う物語になってしまいそう。読んでみたいなあ。そんな作品が書かれることは、絶対ないでしょうけど...。(ハヤカワepi文庫)


+既読のカズオ・イシグロ作品の感想+
「日の名残り」カズオ・イシグロ
「遠い山なみの光」カズオ・イシグロ
「わたしたちが孤児だったころ」カズオ・イシグロ
「浮世の画家」カズオ・イシグロ
「私を離さないで」カズオ・イシグロ
「充たされざる者」カズオ・イシグロ

| | commentaire(4) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.