2007年4月 Archive

Catégories: / /

 [amazon]
オルセンナ共和国でも最も古い家系のアルドーは、都での退廃的な暮らしを楽しむ青年。しかし1人の女性が自分から去って行ったのをきっかけに、それまでの自分の行き方がどうしようもなく空疎に見えてきて、都を離れる決意を固めます。そしてシルト海に配置されている遊撃艦隊に、監察将校として赴任することに。オルセンナは300年も前から、海を隔てたファルゲスタンと戦争状態にあるのです。しかし今やオルセンナもファルゲスタンも衰微し、実際の戦闘活動が行われることもなく、シルトの前線も名目上の残骸と化していました。

架空の国オルセンナを舞台にした作品。著者のジュリアン・グラックがゴンクール賞受賞を辞退したことで有名ななのだそうです。うるしのうつわ うたかたの日々の泡のkota さんが、たらいまわし企画・第30回「フシギとあやし」の時に挙げてらした本です。(記事) 確かに「薫り高い文体」という言葉が相応しいと思ったし、小説内の空気が弛緩したり緊張したりするのが本当に感じられる作品。私にはちょっと難しかったのだけど...。
アルドーがシルトに行ったためにファルゲスタンとの危うい均衡が破れ、止まっていた歴史は再び動き出してしまうのですが、もしアルドーがシルトに行かなければ、そのまま何十年という月日が過ぎ去ったのでしょうね。でも、紛れもなくアルドーの行動のせいなんだけど、アルドー自身の意志とも思えない。アルドーもヴァネッサも、シルトにいるマリノ大佐や副官たちもみんな単なる歯車というか、チェスの駒のような印象なんです。もしやアルドーをシルトへと行かせて、時間を再び動かしたのは「歴史」そのもの? なんて思っていたら。実際に動かしてたのは「歴史」ではなかったんだけど、最後のところでゾクっとさせられました。全然違うSF作品が頭をよぎってしまって。
ぎらぎらと照りつける太陽と凄まじい風、乾燥した植物に乏しい土地、点在する農家の白い壁といったシルトの広がりが退廃的な都とは対照的で、そこに漂うのは喪失感。最初はなかなかこの世界に入れなかったし、もうほんと一瞬たりとも気が抜けない文章だったので、読むのが大変でした。結局通して2回読んでしまいましたよ。はふーっ。(ちくま文庫)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
文化大革命の嵐の吹き荒れた1971年のはじめ、再教育のために山奥の小さな村へと送り込まれた羅と馬。羅は有名な歯医者の息子で18歳、馬は普通の医者の息子で17歳。再教育とはいっても、普通なら2年の期間が終われば町に帰ることができるはず。しかし反革命分子の息子である2人が帰れる可能性は、千分の三もないのです。厳しい労働に明け暮れる中、2人は仕立て屋の美しい娘・小裁縫に恋をします。そして友人のメガネがこっそり隠し持っていた本を借りることのできた2人は、初めて読むバルザックの作品に夢中になり、小裁縫にもバルザックのことを語って聞かせることに。

在仏中国人の映画監督、ダイ・シージエが書いた、自伝的作品なのだそうです。
許される本といえば、「毛沢東語録」のみ。それ以外の全ての本は禁書として扱われるような世の中で、こっそり西欧文学を読んだ時の衝撃というのは、私たちが日頃している「読書」とは計り知れないほどの違いがあるんでしょうねー。主人公の「目がくらみそうだった! 心は酔いしれて朦朧となり、気を失うかと思った」という言葉にとてもよく出ていました。分かる気がするなあ...。それまで愛国心や共産主義、政治思想、プロパガンダといったことしか知らなかった彼らに、バルザックの本は色鮮やかな未知の人生を描き出していきます。いくらこういった空間に閉じ込められようとも、「再教育」をされようも、到底抑えきれないものってありますよね。そしてその影響が三人三様で出てくるところが、またいいのです。彼らのその後はどうなるんだろう...。これはぜひ続きを知りたいものです。(ハヤカワepi文庫)


+既読のダイ・シージエ作品の感想+
「バルザックと小さな中国のお針子」ダイ・シージエ
「フロイトの弟子と旅する長椅子」ダイ・シージエ

| | commentaire(2) | trackback(2)
Catégories: / /

[amazon]
先日ベディエ「トリスタン・イズー物語」を読んだ時(感想)に予告した本がコレ。
キリスト教的教訓詩(?)「聖アレクシス伝」や、フランス最古の武勲詩「ロランの歌」、中世の抒情詩、フランソワ・ヴィヨンの作品の抄訳なんかも入ってるんですが(一応全部読みましたが)、今回のお目当てはトリスタン物語群。この本の中にも、「トリスタン物語」(べルール)、「トリスタン物語」(トマ)、 「トリスタン佯狂」(オクスフォード本)、「トリスタン佯狂」(ベルン本)、「すいかずら」(マリ・ド・フランス)という5つのトリスタンの物語が入ってました。最後の「すいかずら」は、ごく短い詩なんですけど、ベルールとトマのは約3000行と結構長いです。でも断片ばかりなんです。ベルールのなんて、もうすっかり不倫がバレて、トリスタンが王宮への出入りを禁じられた後の場面からいきなり始まるし、トマのも似たような感じ。「トリスタン佯狂」2つと「すいずから」は、もっと後の方のエピソードだけを取り上げたもの。断片というのがすごく残念だったんですが、5つの作品はそれぞれに雰囲気が全然違っていて、読み比べるのが結構面白かった。特にトマの「トリスタン物語」に登場するトリスタンの悩みっぷりったら... アンタはハムレットか!(笑)
こういった断片や、ドイツのアイルハルト・フォン・オベルク、ゴットフリート・フォン・シュトラスブルクの写本を元に、1つの物語として書き上げられたのが、先日読んだベディエの「トリスタン・イズー物語」なんですね。でも当然の話なんですが、このは「フランス中世文学集」なので、ドイツのは入ってないんです。残念。これも合わせて読みたかったなあ。

媚薬を飲んでしまったトリスタンとイズーが恋に落ちるというのは共通の設定なんですけど、驚いたのはその媚薬に期限付きのものがあったこと! ベディエ版は「死が2人を分かとうとも」って感じだったし、私が今まで読んだのは他のも全部そうだったんじゃないかと思うんですけど、ベルールのはなんと3年の期限付きでした。3年間で効果の切れるものしか作れなかったのか、それとも3年も効けば十分だと思ったのか...。手に手を取って森に逃げ込んで、あんなにラブラブな生活を送っていた2人が、3年たった丁度その日に我に返っちゃうんです。で、お互い「あんなに綺麗だったイズーがこんなにヨレヨレになっちゃってー」「私さえいなければ、華やかな騎士でいられたものを...!」とか思って、相手のことを気遣ってるようなことを言って、イズーはすんなり王宮に戻ることになるんですよ。可笑しーい。これじゃあ、メロドラマからいきなりお笑いになってしまうじゃないですか。それでいいのか、トリスタンとイズー!


解説によると、トリスタン物語群には流布本系と騎士道物語系があって、流布本系の方が粗野で荒削り、年代的にも古いもの。騎士道物語本系の方は、洗練された技巧と当時の宮廷風恋愛から解釈し直されている作品なのだそうです。

流布本系...ベルール、ベルン、アイルハルト・フォン・オベルク
騎士道物語本系...トマ、オックスフォード本、修道士ロベール、ゴットフリート・フォン・シュトラスブルク

なるほど、それで雰囲気がこんなに違うわけですね。...でも、いきなり登場の「修道士ロベール」って誰よ...? 名前からしたらフランス人ですかね?
ええと、調べてみたところ、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」は、ゴットフリート・フォン・シュトラスブルクの「トリスタン」が元になってるみたいです。大筋は大体一緒だけど、細かい部分が結構違ってるみたい。そっちも今度読んでみよう。(白水社)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
5月の終わり。大学のクラブのOBの結婚パーティに出席した「私」は、ひそかに想いを寄せる後輩の乙女が二次会に出ないのを見て、その後をつけていき...という「夜は短し歩けよ乙女」、以下「深海魚たち」「ご都合主義者かく語りき」「魔風邪恋風邪」といった連作短編集。

クラブの後輩である黒髪の乙女に一目惚れした冴えない大学生が、「なるべく彼女の目にとまる作戦」、略して「ナカメ作戦」を駆使しつつ、ひたすら彼女を追いかけるという話。要するにストーカー一歩手前の話です。(なんて書くと身も蓋もないけど...)
先輩のことなど一顧だにしない乙女に自分の存在を認識させるべく、彼は悪戦苦闘するんですけど、当の乙女はどこ吹く風。次から次へと「オモチロイ」ことに興味を持ってふらふらと行ってしまうんですねー。そしてその黒髪の乙女が実はすんごい酒豪で、相当の天然ボケ... というよりもむしろ、あまりにも純真無垢なので楽しいのです。他方、追いかける先輩大学生は妄想炸裂だし、2人の周囲には奇怪至極としか言いようのない強烈な個性の持ち主がこれでもかっていうほどいっぱい。レトロな語り口も相まって、こんな摩訶不思議な空間が生まれるわけですね。(笑)

この黒髪の乙女も先輩も名前が出てこないんですね。感想を書きにくいったらありゃしないんですが、それがまたポイントのような気がするー。そして彼女のお姉さんがまた味のある人物のようで、冒頭で彼女に「おともだちパンチ」なんてものを伝授したことが書かれてるんですけど、これだけでも掴みはオッケー。このお姉さんの話もぜひ読んでみたい! 一体どんな姉妹なんでしょう? おともだちパンチ、思わず自分でも手を握って確かめてしまいましたよ。(笑)(角川書店)


+既読の森見登美彦作品の感想+
「太陽の塔」森見登美彦
「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

| | commentaire(3) | trackback(0)
Catégories:

 [amazon]
恋人のタケダくんに突然プロポーズされ、何だか面白くない思いが残るハナ。共通の友人に向かって、「ちゃんとしてやんなきゃってやっぱ思うよね」と言ったタケダくんの得意げな様子に、ハナは違和感を感じていたのです。大学を卒業してから友人のチサトと始めた古着屋の経営も順調。ハナとチサトは37歳にして一国一城の主。同年代の男の子よりも稼いでいるのです。

やっぱり女性にとって結婚というのは1つの分岐点。でもって、この結婚からくるコンプレックスって、一番タチが悪いような気がします。結婚したらしたで、ハナの妹のナエみたいに、なんでも手作りが基本だったお母さんみたいにはきちんとできないっていうのがコンプレックスになって、ちょっとつつかれただけで爆発しそうになってるし、上条キリエのような成功した女性やその取り巻きになると、「結婚なんか興味ないわ」って既婚者を敵視しているところが、逆に「結婚したい」気持ちの裏返しに見えちゃう。どうやったって自分は自分でしかあり得ないんだから、他人と比べたってどうしようもないのにね。それが分かってても、止まらないのがコンプレックス。
そんな中で、ハナだけがマイペース。天下泰平の楽太郎で、周囲がこんな風でなかったら、彼女自身が自ら焦ることなんてきっとなかったんでしょうね。でも、一度自分には何もないと気づいてしまったら、取り残されていると気づいてしまったら。角田さんは、こういった微妙な女性の感情を描くのが上手い方なんでしょうね。ハナのことを自分のことのように読む人も多そうです。すごーく等身大で書かれてるって感じがしました。イタイ人には、これは相当イタイだろう...。

「ま、いっか。歩いてればどっかには着くさ」
これですね、これ。結局はそれでいいのよねー。(角川書店)


+既読の角田光代作品の感想+
「薄闇シルエット」角田光代
Livreに「キッドナップ・ツアー」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / / /

 [amazon]
伯父・マルク王のためにアイルランドの王女、黄金の髪のイズーを勝ち取った騎士・トリスタンは、イズーを伴ってマルク王の待つコルヌアイユへ。しかしその船旅の最中、酷くのどが渇いていた2人は、イズーの侍女・ブランジャンの荷物の中にあったワインを飲んでしまったのです。それは、新婚の2人に飲ませるようにとイズーの母親が作り上げた媚薬入り。トリスタンとイズーはたちまち恋に落ちてしまい...。

本当はトリスタンの生まれる前のことから話は始まるので、上に書いたのは丁度真ん中辺りの出来事。でもこれが話の一番の中心です。元々はケルトの物語で、アーサー王物語の中にも組み込まれてるんですが、中世に宮廷詩人たちが広く語り伝えて、12世紀のフランスでは人々の魂を奪ったほどの人気作品だったのだそう。ワーグナーもこの物語から、オペラ「トリスタンとイゾルデ」を作り上げてます。でも様々な写本があるにも関わらず、どれも断片のみ。クレティアン・ド・トロワやラ・セーヴルの写本に至っては、完全に失われているそうで...。これは、そんな様々な断片を元にベディエが書き上げた物語。
端的にいえば、トリスタンとイズーの不倫話。でも、そもそも2人の間には恋愛感情なんてなかったわけで、イズーの母親の媚薬なんてものがなければ、イズーもマルク王と幸せになれたでしょうし、トリスタンも普通に結婚できたんでしょうに... 気の毒。子供の頃に読んだ時は、なんでもっとしっかり隠しておかなかったんだろう? なんで誰もイズーに説明しておかなかったんだろう? なんて思って、それは未だに思ってたりもするんですが(笑)、今更とやかく言っても仕方ない? 言ってみれば、みんな被害者なんですよね。
今回読んでみて一番印象に残ったのはマルク王でした。息子のように愛していたトリスタンと、愛する妻のイズーに二重に裏切られてしまうマルク王が一番気の毒なんですが、でも懐の深さを見せてくれて良かったです。ほんと、媚薬なんてものがなければ...(そしたらこんな話も存在しないんだけどさっ)

久しぶりにこの作品を読み返したのは、図書館で「フランス中世文学集1」を借りてきたから。600ページ近くある分厚い本なんですけど、この半分ぐらいがトリスタン関係で、写本がいくつか入ってるんです。...実はそれほど期待してなかったんですけど、久々に読み返したこの本が予想以上に面白くて、むくむくと期待が大きくなってます。楽しみ♪(岩波文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
大鹿を追いかけているうちに仲間ともはぐれ、乗っていた馬を失い、犬だけを連れた狩人は、カトリン湖のほとりでエレンという乙女に出会います。狩人が鳴らした角笛を、父の角笛の音かと思ったエレンが、船を漕いで迎えに来たのです。狩人は、ジェイムズ・フィッツ=ジェイムズと名乗る騎士。道を失って難渋していると話す騎士をエレンは自分の家に案内し、一夜の宿を提供することに。

入江直祐氏の旧仮名遣いの訳が古めかしいながらも、非常に美しい作品。素敵でした~。本来なら全編叙事詩として書かれているそうなんですが、日本語訳では、歌として歌われている部分以外は散文。「湖の麗人」という題名で、アーサー王伝説のヴィヴィアン(ニムエ)を思い出したんですけど、やっぱりその伝説がヒントとなってできた物語のようです。中世が舞台の騎士物語。
スコットランド生まれのウォルター・スコットはハイランドで育ち、実際にこの作品で舞台になった土地もよく知っているようで、舞台となっている湖や山間などの描写がとても美しかったです~。そしてその湖に住むのは美しく幻想的な乙女。その乙女の周囲には、王に追放された騎士である父親、乙女に恋する勇士たち。竪琴を奏でながら歌い、預言をする老人など。でも美しい描写だけではないのです。徐々に感じられる不穏な空気や、怪しげな預言者の儀式、戦争の知らせのために走る伝令たち、そして来る戦争の場面... 特に印象に残ったのは、伝令が「火焔の十字架」を持って村から村へとひた走り、辿り着いた村の伝令にその十字架を託して、受け取った伝令が新たに走っていくシーン。これは絵になりますねえ。ちょっと違うんですけど、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の狼煙の場面みたい。それから面白かったのは、王の住むスターリング城下の祭りの場面。矢場の傍には、ロビン・フッドがいました! タックやリトル・ジョン、スカーレット、マリアン姫など錚々たるメンバーと一緒に並んでいました。名前だけの登場なんですけどね。そういう遊び心がまた楽しいところ。「アイヴァンホー」(感想)にも登場してたし、実はかなり好きなんですね~?
そしてこの物語の中でエレンが歌う聖母賛歌にシューベルトが曲をつけたのが、有名なあの「アヴェ・マリア」の曲なのだそうです。(エレンの歌第3番) いや、この曲、てっきり宗教音楽かと思ってました... 違ったんですね。でもあの曲なら、この作品によく似合います。本当に素敵な作品なんですもん。こういう作品を読めると、それだけで幸せ~♪(岩波文庫)


+既読のウォルター・スコット作品の感想+
「アイヴァンホー」上下 スコット
「湖の麗人」スコット
「最後の吟遊詩人の歌」ウォルター・スコット
「マーミオン」ウォルター・スコット

+既読のウォルター・スコット関連作品の感想+
「ウォルター・スコット邸訪問記」ワシントン・アーヴィング

| | commentaire(0) | trackback(1)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.