Catégories:“2006年”

Catégories: /

 [amazon]
セデレクの反逆から1ヶ月余り。ツァン・プーに残って後処理をするリジムを手伝っていた翠蘭ですが、ツァン・プーの西南の国が攻め込んできたため、翠蘭は急遽ガルに連れられてヤルルンに戻ることに。戻った翠蘭を出迎えたのは、ソンツェン・ガムポの第二妃・ティツンが、ヤルルンの家畜に毒が盛っているという噂。そして、ソンツェン・ガムポの寺院建立の計画に反対した大司祭・バーサンが出仕を拒否しているという事態でした。

「風の王国」シリーズ8冊目。唐の時代に李世民(太宗皇帝)の娘として吐蕃(チベット)へと嫁ぐことになった文成公主を描いた作品。しっかりと史実を踏まえつつ、毛利さんなりの解釈で作り上げられた物語が面白くて、愛読してるシリーズ。

でも、今回はリジムの出番が極端に少ないんですよー。台詞もないまま翠蘭と離れ離れになって、最後にちょっと出てくるだけ。その辺りはちょっと(いえ、かなり)残念でした。でも物語自体は面白かったです。やっぱりソンツェン・ガムポがいいですねえ。相変わらず決めるところはしっかり決めてくれます。あと、ソンツェン・ガムポの第二妃・ティツンも良かったです。ただ、彼女に関して言えば、もう少し悪役になって欲しかった気も...。このティツンは、「色々なことをはっきりと口に出してしまう性格なだけで、実は裏表のない人」という設定。(多分) 嫁姑バトルをして欲しかったわけじゃないんですが、後半もうちょっと毒が欲しかったかな。
それにしても、登場人物紹介のページで誰が悪役か予想できてしまうという構成は、もうそろそろやめませんかー。

実は1つ前の「風の王国 朱玉翠華伝」を読んでません、私。この「朱玉翠華伝」のタイトルのところに「小説+まんが」とあったので、「まんがは別に読みたくないしー」と思ってしまったせいなんですが... やっぱり読むべきなのでしょうか。今度書店でちゃんとチェックして来なくっちゃですね。(コバルト文庫)

追記: その後読みました! 面白かったです。


+シリーズ既刊の感想+
「風の王国」1~4 毛利志生子
「風の王国 月神の爪」毛利志生子
「風の王国 河辺情話」毛利志生子
「風の王国 朱玉翠華伝」毛利志生子・増田メグミ
「風の王国 目容の毒」毛利志生子
「風の王国 臥虎の森」毛利志生子
「風の王国 花陰の鳥」毛利志生子
「風の王国 波斯の姫君」毛利志生子・増田メグミ
「風の王国 初冬の宴・金の鈴」毛利志生子
「風の王国 嵐の夜」上下 毛利志生子
「風の王国 星の宿る湖」毛利志生子

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
ルブリン・デュは、丘陵地帯に馬と共に暮らす、イケニ族の族長の息子。5歳の頃、ルブリンは中庭で飛び交うつばめが空に描く美しい模様に魅せられて自分もその動きを真似しようとし、そして妹が生まれた祝宴の席では、竪琴弾きの歌を聴きながら、音楽と詩が心の中で織りなす模様に魅せられて、夢中でその絵を床石に描き出します。その後親友ができ、一人前の男になるために様々なことを学ぶようになっても、ルブリンはつばめの飛行や竪琴の歌、麦畑を渡る風や疾駆する馬の群れなど、動くものを形に留めたいという、痛いほどの欲求を持ち続けることに。

紀元前1世紀頃に作られたと言われている、バークシャー丘陵地帯のアフィントンにある全長111メートルもあるという白馬の地上絵に、ローズマリー・サトクリフが作り上げたという物語。
5歳の時から片時も離れずにいたような親友も、ルブリンの絵に対する情熱を本当には理解してなくて、結局唯一の理解者となったのは、敵の族長・クラドックだけ。本文中で一番印象に残ったのも、この2人のやりとりでした。クラドックは、ルブリンが描いた馬の絵を見て、最初の数頭と最後尾の馬の間の「ゆれているような線」について質問するんですよね。「なぜ馬の形をしていないのか? まんなかにいるのも馬のはずだが」 それに対するルブリンの答えは、「なぜなら、まんなかは馬の形には見えないからです」「まんなかの馬は、特別の注意を払わない限りは、かたまりにしか見えません。疾走している馬の群れを思い出してください。最初の馬と次に続く数頭、それから最後尾以外の馬が目に留まったことがありますか? 変化し流れる、ただのかたまりとしか見えないはずです」。ルブリンの描いた線を、目の前に蘇らせてくれるようなやりとりでした。
それがきっかけで、ルブリンは丘陵地帯に巨大な白馬を描くことになるんですが...。
この本の表紙の絵こそが、その白馬の絵。(本を右に倒すと、右に向かって走る馬の絵になります) これはルブランの孤独を乗せて走り続ける白馬。周囲を人が取り囲んでいて感じる孤独は、1人きりの孤独とは段違いに深いもの。でもその孤独が深いほど白馬への思いは純粋になって、白馬は命を得ることができたんでしょうね。(そして最後がまたいいのよ!)

この本は、暁の女神の紅松優利さんのオススメ。実はローズマリー・サトクリフの本を読むのは初めてです。数々の作品の題名を見るだけで、同じものが好きな人の匂いを強く感じていたんですけど、作品数が多いので、逆に手を出せないでいたんですよね。この本は児童書で字が大きいこともあって、最初はなかなか話に入れなくて困ってたんですが、気がついたらすっかりその世界に浸りきっていて、結局読み終わった途端に、また最初から読み返してしまいました。
内容は全然違うんですけど、上橋菜穂子さんの「狐笛のかなた」の雰囲気に、どこか通じるような... どちらかが好きな方は、もう片方もお好きなのではないかと思います。ぜひぜひ。(ほるぷ出版)


+既読のローズマリー・サトクリフ作品の感想+
「ケルトの白馬」ローズマリー・サトクリフ
「炎の戦士クーフリン」「黄金の騎士フィン・マックール」ローズマリー・サトクリフ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
中学3年生の中森みちるは、崩れ始めたクラスの兆しを敏感に感じ取っていました。崩すのに2週間はかからないけれど、戻すのには半年以上かかる、そのことを小学校6年生の時に実感していたみちるは、クラスの終礼の時に何とかしようとクラスメートに呼びかけます。しかしそれが呼び水となって、それまで友達も多く好かれていたはずのみちるが、一気にクラスのいじめられっ子になってしまうのです。そしてそんなみちるを見ていられなかった優子も、教室に入れなくなってしまい...。

この作品を読むまで知らなかったんですけど、瀬尾まいこさんって中学校の先生だったんですね! なるほど、崩壊してしまったクラスの描写がリアルなはずです。現場を知っている人ならではですよ。とは言っても、ただ教師でいるだけじゃあ、こういう作品は書けないですよね。この作品の中にも、実際にその目で見ていながら、何も見ていないような教師が登場してますし。
「一人になりたくてなるのと、一人にされるのとはわけが違う」という優子の思い、「単なるパシリは情けないけど、有能な使えるパシリなんだぜ。逆にちょっとかっこいいだろ?」「パシリになるのと、パシらされるのは根本的に違うんだって」という斉藤君の言葉。結果的には何も変わらないかもしれないし、第三者から見る分にはまるで同じかもしれないけれど、それでも自分が選択するということの大切さ。もう既に崩壊してしまった学校でも、やはり温室に変わりはないのか、という思いはあるんですが、それでもはり学校というのは、社会から守ってくれている存在。その学校という空間を自分が選んでいるのか、それとも選ばされて仕方なく通っているだけなのか、というのは本当に大きく違いますし、実際に自分から通うことを選んだ優子の存在は、みちるの目には実に自然な姿に映っています。そして、自分できちんと考えて選んだことに正しいも誤ってるもないのですね。

最後を迎えても、外見的には特に何も大きく変わることはないし、悪戯に希望を持たせるわけでもないのだけれど...(ほんのりとした希望は感じられますが)
最近の私は海外作品ばかり読んでて、それは何より楽しいからだし、そういう作品からも得るものが色々とあると思ってるんですけど、そういうのしか読まないというのも、逆に片手落ちだと思うんですよね。この「温泉デイズ」は、1時間もかからずに読めてしまうような作品なんですが、でも日本のこういう作品も読まなきゃダメだな、そんな思いが残りました。とてもいい作品だと思います。(角川書店)


+既読の瀬尾まいこ作品の感想+
「幸福な食卓」瀬尾まいこ
「優しい音楽」瀬尾まいこ
「温室デイズ」瀬尾まいこ
Livreに「卵の緒」「図書館の神様」「天国はまだ遠く」の感想があります)

| | commentaire(8) | trackback(4)
Catégories: / / / /

[amazon] [amazon] [amazon] [amazon]
ワーグナーによるオペラ「ニーベルンゲン(ニーベルング)の指環」原作、全4巻。北欧神話(エッダ)のシグルド伝説と「ニーベルンゲンの歌」を元に、ワーグナーが作り上げた世界です。本の表紙の画像が出ないのが残念なんですが、これはアーサー・ラッカムの挿絵が沢山収録されてる本。これって、たらいまわし企画・第25回「『ドイツ』の文学」の時に、柊舎のむつぞーさんが挙げてらした本ですね♪(記事) ラッカムの絵はこの世界にぴったり。カラーの挿絵も多くて、うっとりしてしまいます。

話の流れは大体知ってはいたものの、原作を読むのは今回が初めて。「エッダ」(感想)や、「ニーベルンゲンの歌」(感想)を先日読んだところなので、その違いがきちんと把握できてとても面白かったです。古い伝承や叙事詩での矛盾点や語られていない部分を、ワーグナーが見事に掬い上げてるんですね! ブリュンヒルデのこともジークフリートのこともグートルーネのことも、もう本当に納得。物語としての完成度は、きっと一番高いんでしょうね。...とは言っても、そういった完成度だけが作品の魅力というわけじゃないと思うので、逆に、破綻がありながらも読ませてしまう「エッダ」と「ニーベルンゲンの歌」の底力は凄いなあと思うのですが。

今回この4冊を読んで感じたのは、まさにジークフリートが主人公だということ。他の作品でももちろんジークフリートが主人公なんですが、この「指環」では、ジークフリートは3冊目でようやく登場なんです。呪われた指環の存在を知らしめるために「ラインの黄金」があり、ジークフリートを生み出すために「ワルキューレ」でジークムンドとジークリンデが愛し合い、ジークフリートに目覚めさせられるためにブリュンヒルデは眠らされ、ジークフリートの手で鍛えなおされるために、名剣ノートゥングは破壊されたんですね。
でもこのジークフリート、私はあんまり好きじゃないです。侏儒のミーメに育ててもらった恩がありながらも、ミーメを憎んでいるジークフリート。確かにミーメがジークフリートを育てた背景に下心がなかったとは言えませんけど、ジークフリートがミーメを憎んでいるのは、ミーメが侏儒で、外見が醜いから? そんなんでいいんでしょうか...?(関係ないかもしれないけど、さすがヒットラーに愛された作品だなーとか思ってしまうー) これじゃあ肉体的には英雄の条件を満たしていても、本質的な英雄とは言えないのでは。その行動を見てても、単なる子供としか思えないです。これじゃあ、ジークフリートが殺されても、全然同情できなーい。自業自得なんじゃ...?

楽劇は、上演にほぼ14時間、4夜を要するという超大作。一度観てみたい... とは軽い気持ちでは言えませんが、やっぱり観てみたい。せめて読む時にCDを用意しておくべきでした。(新書館)


+既読のリヒャルト・ワーグナー作品の感想+
「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」リヒャルト・ワーグナー
「タンホイザー」リヒャルト・ワーグナー
「さまよえるオランダ人」「ローエングリン」リヒャルト・ワーグナー

+既読のアーサー・ラッカム作品の感想+
「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」リヒャルト・ワーグナー
「シンデレラ」「不思議の国のアリス」「ウンディーネ」「リップ・ヴァン・ウィンクル」「ピーター・パン」アーサー・ラッカム
「真夏の夜の夢」アーサー・ラッカム絵&「テンペスト」エドマンド・デュラック絵

| | commentaire(12) | trackback(3)
Catégories: / / / /

 [amazon]
ウルクの都城の王で・ギルガメシュは、力強い英雄ではあるものの、暴君として都の住民たちに恐れられる存在。ギルガメシュをどうにかしろと神々に命じられた大地の女神・アルルは、粘土からエンキドゥという名の猛者を作り上げます。始めは野獣のようだったエンキドゥは、やがて知恵を得て人間らしくなり、ギルガメシュと力比べの格闘をすることに。しかしその格闘は引き分けに終わり、ギルガメシュとエンキドゥの間に友情が芽生え、2人は一緒に遠方にある杉の森の恐ろしい森番フンババを倒す冒険の旅に出ることに。

古代メソポタミアに成立した、世界最古とも言われる叙事詩。原テキストは、粘土板に楔形文字で記されたものなんですが、テキストの約半分は既に失われてしまったのだそう。本の本文を読んでいても予想以上に欠損箇所が多くてびっくり。単語単位で抜けてるのはもちろん、何行もすっぽり抜けてたり、場所によっては残ってる部分の方が少なかったりするんです。ギルガメシュがたどり着いた楽園についてとか、もっと詳しく読みたかったなという部分も多くて、そういう意味では残念だったんですが... そんな断片をここまでの形に組み立てるのは、本当に大変な作業だったでしょうね。こうやって本で読めること自体、とても有難いです。

物語の後半には大洪水のエピソードも入っていて、これは後に旧約聖書のノアの箱舟の元になった話なのだそう。解説に、日常的に聖書を読んでいる西洋人がこの部分を発見した時は本当にセンセーショナルだったとあるんですが、なんだか想像できて可笑しいです。そして、この作品で語られているのは、永遠の生について。やっぱり基本なんですねえ。ギルガメシュがウトナピシュティムに会いに行く途中で出会った婦人の言葉も含めて、とても印象的でした。

ギルガメシュよ、あなたはどこまでさまよい行くのです
あなたの求める生命は見つかることがないでしょう
神々が人間を創られたとき
人間には死を割りふられたのです
生命は自分たちの手のうちに留めておいて
ギルガメシュよ、あなたはあなたの腹を満たしなさい
昼も夜もあなたは楽しむがよい
日ごとに饗宴を開きなさい
あなたの衣服をきれいになさい
あなたの頭を洗い、水を浴びなさい
あなたの手につかまる子供たちをかわいがり
あなたのむねに抱かれた妻を喜ばせなさい
それが〔人間の〕なすべきことだからです

でも、ここだけ取り出してもダメですね。やっぱり本文の中にあってこそ、だな(^^;。
ギルガメシュ叙事詩の本文は、ほんの100ページ強。あとはひたすらこの叙事詩の発見や成立に関する解説。付録として「イシュタルの冥界下り」も入っていて、こじんまりとまとまった話ですが、他の神話との共通点なども連想されて面白いです。(ちくま学芸文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
トロイアー遠征のために集結していた船団が風のために出帆できなかった時に、予言者・カルカースの言葉によって、自身の娘・イーピゲネイアを生贄としてアルテミスに捧げたアケーナイ王アガメムノーン。しかしその時、アルテミスはイーピゲネイアを攫い、そこには身代わりの鹿を置いておいたのです。イーピゲネイアはアルテミスによってタウロイ人の国に連れて行かれ、そこでアルテミスに仕える巫女となります。そして10年後のある朝。イーピゲネイアは弟・オレステースの夢を見ることに。

先日アイスキュロスの「アガメムノーン」を読んだ時から(感想)、この続きの話も読むぞーと思っていたんですが、「アガメムノーン」と共に三部作とされている「コエーポロイ(供養する者たち)」と「エウメニデス(善意の女神たち)」が、どこに収録されているのか調べるのが億劫で(おぃ)、結局、手に入りやすいこちらを先に読むことになりました。
いや、でも、これが面白い! ギリシャ悲劇ってなんて面白いのかしら... と、ちょっと感動してしまいます。今の時代に同じような話があっても誰も見向きもしないかもしれない、それほどありきたりな話なんですが、でも面白い! むしろ、「ああ、これが原点なんだなあ」という感じです。(その点、シェイクスピアは全然原点なんかじゃないと思う!) ...とは言っても、以前ギリシャ悲劇をいくつか読んだ時は、それほどの面白さを感じなかったような気もするので、今の年齢も関係してるのかもしれません。(笑)
いかーん、ギリシャ悲劇をまとめ読みしたくなってきてしまったではないですか。と思ったら、ちくま文庫から全4巻でギリシャ悲劇物が出てるんですね。1巻はアイスキュロス。読みたかった2作も入ってる! 2巻はソポクレス。3巻と4巻がエウリピデス。これ、いいかも~♪
ちなみにゲーテの「タウリス島のイフィゲーニエ」は、この「タウリケのイーピゲネイア」を元に書かれているのだそうです。(岩波文庫)

   

+既読のエウリピデス作品の感想+
「タウリケーのイーピゲネイア」エウリーピデース
「ギリシア悲劇III」上 エウリピデス
「ギリシア悲劇IV」下 エウリピデス

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: / / /

 [amazon]
トロイア軍の総大将だったヘクトールがアキレウスに殺された後、トロイアの町にやって来たのは、アマゾーンの女王ペンテシレイアとその12人の女戦士たち。血みどろの戦いを望む彼女たちは、翌朝早速ギリシャ軍と相対して、凄まじい戦いぶりを繰り広げることに。

叙事詩祭りと言いつつ、かなりの寄り道をしてしまいましたが、また古代ギリシャに戻って来ました。とは言っても、これは3世紀に活躍していたという詩人・クイントゥスによる叙事詩。3世紀の人なので、古代ギリシャではなくてローマ帝国の頃の人です。「ヘレネー誘拐・トロイア落城」(感想)のコルートスやトリピオドーロスよりも少し早いぐらいでしょうか。
ヘクトールの死後からギリシャ軍が帰国するまでを描くという、まさにホメロスの「イーリアス」から「オデュッセイア」へと橋渡しをするような作品ということで、2つの作品では今まで読めなかったエピソードの数々をこの1冊で読めるというのが、何といっても嬉しいところ! トロイア方に駆けつけたアマゾーンの女王・ペンテシレイアのすさまじい戦いぶり、アキレウスの死、アイアースの自殺、アキレウスの子・ネオプトレモスと弓の名人・ピロクテーテスの参戦、パリスの死、有名なトロイアの木馬のことなどなど、次々に描かれていきます。やっぱりホメロスの書いてる部分って、ほんの一部ですものね。書かれていない部分も読みたくなります。もしかして、誰も書いてくれないから自分で書いちゃった、というクチでしょうか。(笑)
でも、この訳文がどうも... 全体的にはとても読みやすいし分かりやすいんですけど、どうもダメ、特に会話文がダメ、と思っていたら、同じく会話文で引っかかってしまった「ヘレネー誘拐・トロイア落城」の訳と同じ方でした。きっと読みやすさに拘ってらっしゃるんでしょうけど、妙に砕けすぎだし、こんな言葉遣い、現代でもしません... せっかくの作品が勿体ないです。美文とまではいかなくても、もう少し格調高く訳せないものでしょうか。せめて、ごく普通の日本語の文章で書いて頂きたいところ。もうこの方の訳文は読みたくないですねえ。(講談社学術文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.