Catégories:“2007年”

Catégories: / /

 [amazon]
ファンタジー小説を書いていると、しばしばぶつけられる「ファンタジーって、何...?」という素朴な疑問。小説家としてデビューして10年経ち、ひかわ玲子さんご自身の問いでもあったという、ファンタジーとは何なのかについて考えていく本です。豊田有恒、金蓮花、小沢淳、前田珠子各氏との対談も。

ひかわ玲子さんといえば、実は漫画家さんなのかと思い込んでたんです。でもプロフィールを見ると、「翻訳家を経て小説家としてデビュー」とあるだけで、漫画に関しては全然。じゃあ「花とゆめ」に描いてらっしゃるあの人は...? と思っていたら、どうやらそれは「ひかわきょうこ」さんだったようで... とほほ。(なんて失礼なヤツだ)
そんな私がなぜこの本を手に取ったかといえば、まず石堂藍さんの「ファンタジーブックガイド」(私のバイブル)に取り上げられていたから。それと今度、ひかわ玲子さんが書いてらっしゃる「アーサー王宮廷物語」を読んでみようと思っているから。

小説というものは全般に架空の出来事を書いているという意味でファンタジーとも言えるんですが、ここで取り上げているのは、ファンタジーと呼ばれるジャンル。ファンタジーと一言で言っても異世界物だったり、架空の歴史だったり、日常の中の不思議だったり色々あるんですが、ここでは特に異世界ファンタジーについて。(ひかわ玲子さんの中では「ファンタジー」といえばまず異世界物なのかな?)
「ファンタジーなんて、神話や伝説を集めてくれば、すぐにできる」なんて言葉に苦笑させられることも多いんだそうですが、ひかわさんは逆に世界そのものが架空だからこそ、中身が絵空事になっては駄目なんだと書いています。例えば渋谷の街を舞台にした話なら、たとえそれが絵空事でも、渋谷という実在の街のリアリティに頼ることができるけれど、ファンタジーで架空の世界を描く場合、舞台も架空なら描いている事柄も架空の出来事。そこに息を吹き込むのは、実はとても大変なこと。
そして、日本人なのになぜ金髪碧眼の白人の話を書くのかという質問もよく受けるそうなんですが、それはファンタジーにとって異国趣味(エキゾチシズム)が非常に大切だから、なのだそうです。日常とは切り離された世界だからこそ、想像力が広がるってことですね。海外のSFやファンタジーで黒髪の美女が登場するのも、それと同じことなんだそうで... へええ、そうなのか。
でもいくら金髪碧眼の白人が動き回っていても、日本人であるひかわ玲子さんの中から生まれてきた作品である以上、それは欧米で生まれたファンタジーとは本質的に違うもの。書き手の生まれ育った文化・風俗・社会が現れていて、キリスト教世界ではあり得ない日本人的世界になってるんだそうです。逆にそれが現れていなければ、絵空事で終わってしまっている、とも。確かにトールキンの「指輪物語」はとても大英帝国って感じだし、アメリカのファンタジーはどれもアメリカ的ですものね。あまり考えたことがなかったんですが、たとえ西欧的な世界を舞台にはしていても、日本人の書くファンタジーは日本人にしか書けない作品なのかも。
対談もそれぞれに面白かったし、ファンタジーについて色々新しい面が見られたし、これはひかわさんのアーサー王物が楽しみになってきました。早く読みたいな~。(東京書籍)


+既読のひかわ玲子作品の感想+
「ひかわ玲子のファンタジー私説」ひかわ玲子
「キャメロットの鷹」「聖杯の王」「最後の戦い」ひかわ玲子
「イスの姫君」ひかわ玲子

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon]
小学校6年生の瑠璃が学校帰りに見つけたのは、レベル21というお店。広い道から少し引っ込んでるところにあるせいか、よく通る道なのに今まで全然気がつかなかったことに瑠璃は驚きます。窓の外から覗くと、テーブルの上にこまごまとした物が並べられているのが見えて、瑠璃は思わず店の中に入ることに。

小学生の女の子・瑠璃と、レベル21というアンティークショップ(?)の店主・アンジュさんの連作短編集。風待屋のsa-ki さんに教えて頂いた本。児童書です。
元々アンティークショップは大好きなんですが、ここに描かれているレベル21というお店もとっても素敵でした。イメージとしては丁度、「耳をすませば」に出てくる地球屋みたいな感じですね。お店にいるのは、あのおじいさんの代わりに、アンジュさんという素敵な女性。並んでいる品物を1つ1つ手に取って見ているだけでも楽しそうなのに、アンジュさんと仲良くなんてなれたら、もうほんと何時間でも過ごせそう。アンジュさんの私室で勝手に本を読んだりしてる瑠璃が羨ましくなっちゃう。そしてお店の存在が地味なので気づく人が少ないけれど、でも必要な人は訪れることになるという部分は、「霧のむこうのふしぎな町」のキチガイ通りを思い出しました。あの通りに並んでいても違和感がなさそう。謎めいたアンジュさんが実はあそこの住人と親戚だったとしても、全然驚かないです、私。(笑)
地球屋が頭にあったせいか、瑠璃を見てると宝石の原石のような女の子だなってほんと思いました。あのエメラルドの原石のような。ただ、どの短編にも心の問題が描かれてるんですけど、どれもあっさりと終わってしまって、あまり掘り下げたりはしないんですよね。この本の対象年齢が低いとはいえ、なんでここで止めてしまったのかしら? あ、でも、この辺りにはちょっと興味があるんですが、逆にそのあっさり加減が疲れ気味の私には心地良かったです。

作中にポール・ドラローシュの「レディ・ジェーン・グレイの処刑」という絵が引き合いに出されていました。私もテートギャラリーで見ました。(こんな絵) 先日読んだ夏目漱石の「倫敦塔」にも、この場面が登場してましたよ。そういえば以前ルーブルに行った時に、とても気に入ったのに絵葉書がなくて残念だったのが、同じくドラローシュの「若き殉教者」(こんな絵)だったんですよね。今見てもやっぱり素敵。絵葉書でいいから欲しいなあ...。(理論社)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
ようやくサクソン人に対抗する全ブリタニアの同盟ができようとしていた頃。アーサーはかねてから考えていた通り、ランスロットをシルリア王に据え、ポウイスの王女・カイヌインと結婚させようとしていました。一方、マーリンとニムエはブリタニアの13の宝のほとんどを手中に収め、今度はクラズノ・アイジンの大釜を手に入れようとしていました。大釜はドルイド教の聖地・ディウルナハのモン島にあるというのです。

小説アーサー王物語の第2部。
このシリーズが書架に並んでるのを見た時、まず驚いたのは「神の敵アーサー」というこの題名だったんです。一体何をやって、どんな状況になったんだろうってずっと気になってました。この作品の中アーサーは異教徒... というよりむしろ無神論者。前の巻でも軍資金集めのために無理矢理教会から税金を取り立てたりなんかしてたので、それはいずれ問題になるだろうとは思ってましたが... 結局のところ、神の敵というより教会の敵、教会の敵というより1人の野心的な司教の敵って感じですね。この点では、期待してたほどではなかったかな。(何を期待してたんだ、一体) それよりアーサーとグィネヴィアとの関係に対するニムエの言葉がとても興味深かったです。やっぱり才気走ったグィネヴィアには、野心のないアーサーは物足りなかったんですねー。そういう意味では、グィネヴィアとランスロットというのは怖いぐらいぴったり。
この第2部では、トリスタンとイゾルデのエピソードが上手く取り入れられていて、読みながらにやにや。ダーヴェルのエピソードは微笑ましくていいなあ。あと、大釜探しはアーサー王伝説における聖杯探求。やっぱりギャラハッドも参加するのねっ。(ギャラハッドは実は結構お気に入り) そしてダーヴェルが自分の紋章に選んだのは五芒星。五芒星といえば、ガウェインの紋章だと思ったんですが... もしやダーヴェルはガウェインの役どころだったんですか? それがちょっとびっくりでした。(原書房)


+シリーズ既刊の感想+
「エクスカリバーの宝剣」上下 バーナード・コーンウェル
「神の敵アーサー」上下 バーナード・コーンウェル
「エクスカリバー最後の閃光」上下 バーナード・コーンウェル

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
リチャード・セント・ヴァイヤーは当世随一の剣士。<丘>の貴族たちから依頼される暗殺や決闘が彼の仕事であり、その日の仕事は、ホーン卿の園遊会での決闘でした。2人を殺してやることが終わったリチャードは、愛人のアレクの待つ家に戻ります。しかしリチャードはやがて貴族たちの水面下の権力争いに巻き込まれることになり...。

先日読んだ「吟遊詩人トーマス」(感想)が良かったので、エレン・カシュナーの他の作品を。これは彼女の処女長編だという作品。
「吟遊詩人トーマス」は正真正銘のファンタジーだったんですけど、こちらには魔法のかけらもなくて、中世的な都市を舞台にした剣戟小説という感じ。まあ、そういうのも好きなんですけど... でもどうも登場人物が多すぎるし、描写が過剰なのかとっても混乱&食傷。かつてリチャードのような存在だったというヴィンセント・アップルソープとリチャードの決闘の場面は、池波正太郎の「剣客商売」ような雰囲でなかなか良かったんですが、その他の場面は宝塚歌劇風?(笑) しかも意味不明の同性愛カップルなんてのも出てくるし...。政治的な駆け引きにもあまり興味を持てず、かといってこの架空の街の描写もそれほど魅力的には感じられなくて、あまり物語に入り込めませんでした。(ハヤカワ文庫FT)


+既読のエレン・カシュナー作品の感想+
「吟遊詩人トーマス」エレン・カシュナー
「剣の輪舞」エレン・カシュナー

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

[amazon]
吟遊詩人トーマスがやって来たのは、風が狂ったように吹き荒れる陰鬱な秋の夜のこと。犬のトレイが何かを聞きつけたように身を固くし、ゲイヴィンとメグが、こういう夜は死者が馬で走り回っているのだろうと考えていたその時、扉の外にはひどく背の高いずぶぬれの男が立っていたのです。病気で倒れたトーマスをメグは看病し、やがて病の癒えたトーマスはメグやゲイヴィンに様々な物語を語り、歌を歌います。そしてトーマスは、メグたちの隣人の少女・エルスペスと出会うことに。

吟遊詩人トーマスとは、13世紀に実在したといわれるスコットランドの詩人・トーマス・ライマーのこと。日本語のWikipediaには紹介がないんですが、英語のページにはありました。(コチラ) 妖精を歌ったバラッドとしては、これとタム・リンが有名なんですよね。(この2つの比較ページがありました... 英語ですが。コチラ) ケルト神話を読み進めている今の私にぴったりの作品。実際読んでみても、なかなか素敵な話でした!
この話の主要な登場人物は、メグとゲイヴィンという老(中年?)夫婦、トーマス、そしてエルスペス。この4人それぞれの章によって構成されています。まずはトーマスの到来と、その滞在を語るゲイヴィンの章。次は4つの章の中で一番長いトーマスの章。この1章だけで物語の半分ほどあるんですよね。でも、てっきりここでトーマス自身のことが分かるのかと思いきや、いきなり妖精の女王の魅力に絡め取られて、えええっ、どうするの?!状態。そして次のメグの章ではトーマスの帰還が、最後のエルスペスの章では晩年のトーマスの姿が描かれることになります。井辻朱美さんが訳者あとがきで

訳していてふしぎでもあり、興味深かったのは、Aという人物の視点から描かれたBという人物が謎めいていて不思議なので、Bの一人称部分にはいりさえすれば、この人物の本質がわかるだろうと思うのだが、実際にBの語り部分にはいってみると、謎はあいかわらず解けないということである。Aの目にうつっていたBとはちがうBがそこにいて、しかもBの目にうつるAも、Aの語りの部分とはまったくちがったふうに描かれている。(中略) かくして四人の主要人物は、四方向からちがった光で照らしだされる四つの像になる。物語は四倍の奥行きをもち、意味をもつ。

と書いてらっしゃるのですが、もうまさにその通り! 良くも悪くも期待を裏切られました。こういうのも面白いなあ。
それにしても、ほんと幻想的な作品でした。メグとゲイヴィンの家の描写でさえ幻想的に感じられてしまうんだから、エルフランドときた日にはもう! あれは結局何だったんだろう?って部分もあったんですけどね。でもエルフランドの場面がとても長かったので、これと普通の人間の世界のどっちが本当の世界なのか分からなくなってきちゃいそうでした。もしかしたら、ゲイヴィンやメグ、エルスペスのいる現実の世界の方が夢の中の出来事だったのかな、なんて思えてきちゃいます。(ハヤカワ文庫FT)


+既読のエレン・カシュナー作品の感想+
「吟遊詩人トーマス」エレン・カシュナー
「剣の輪舞」エレン・カシュナー

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
かつてはアーサー王に忠誠を誓っていたダーヴェル・カダーンも、今は年老いた修道士。プロフヴァイル王妃・イグレインの命によって神の敵たるアーサーの物語をサクソン語で羊皮紙に綴り始めます。ダーヴェルがまだ少年だった頃。ドゥムノニアの王・ユーサー・ペンドラゴンは正嗣である息子のモードレッドをサクソン人との戦いで失い、遺されたモードレッド妃・ノルウェンナの出産を待ちわびていました。そしてノルウェンナが産んだのは、足萎えの男の赤ん坊。ユーサーはその子に父親の名を取ってモードレッドと名付け、その子こそが、王国の跡継ぎであることを宣言するのですが...。

冒険小説家として有名だというバーナードコーンウェルの書いた、小説アーサー王物語の第1部。
アーサー王伝説を題材にした作品ということで手にした本なんですが、いわゆるアーサー王伝説とはまるで違っていてびっくり。ここには円卓の騎士たちも優雅な乙女たちもいなくて、騎士道なんかもまるでなし。これは相当泥臭い話になってるんですねー。人物設定もその造形も、ほんと伝説とは全然違っててびっくり。アーサーの人好きのする性格というのはイメージ通りだったんですけど、彼はユーサー・ペンドラゴンの庶子で、しかも正嫡のモードレットを殺したとして父親に憎まれてるし、マーリンはマーリンで本当に魔術が使えるというわけではなくて、基本的には全て薬草の効能と手品と演出みたいですね。(それでも迷信深い人々には、十分超自然的なことが起きているように見える) 伝説ではどちらかといえば好々爺っぽいマーリンなのに、「血も涙もない人間」なんて言われたりもしてるし...。特にびっくりしたのはランスロット。伝説では円卓の騎士の中でも一番華やかで高潔な騎士だったはずなのに、ここでのランスロットときたら! ファンが読んだらがっかりすること間違いなしです。(笑) ついでに言えば、石に刺さった剣も存在せず、キャメロットのような美しい都もなくて、それらは語り手であるダーヴェルによって詩人の作りごとだと断じられています。そしてダーヴェルの書き綴る物語もまた、おそらくイグレインの好みに脚色されてしまうのだろうとも。
著者あとがきには、こうありました。

どんなに徹底的に調べても、史料から確実に類推できることは限られている。おそらく五世紀から六世紀にかけてアーサーという人物は実在したに違いない。その人物は王にはならなかったにしても傑出した将軍で、憎むべきサクソンの侵入軍相手に赫々たる戦火をあげたらしいーーそれ以上のことは闇に包まれている。

確かにこの辺りの出来事に歴史的な裏づけを取るのは困難。そこに工夫を凝らすことは十分可能。とは言っても、ここまで大胆に作ってしまうとはー。
でもその分、歴史的背景や当時の風俗に関しては徹底的に調べてあるんでしょうね。その描写にはものすごくリアルな重みがありました。ローマ帝国風の洗練された都市もあるんですけど、ここに描かれているほとんどは、まだ洗練には程遠い暮らしをしていたブリテンの人々の暮らし。その対比が強烈なんです。戦いと強奪による血なまぐさと、あとは糞尿の臭いが漂ってきそうな... でも実際はこんなものだったのかもしれないなあと素直に納得させられてしまう力がありました。これは先行きどうなるんだろう? 予測ができません。続きも借りてこなくっちゃ。(原書房)


+シリーズ既刊の感想+
「エクスカリバーの宝剣」上下 バーナード・コーンウェル
「神の敵アーサー」上下 バーナード・コーンウェル
「エクスカリバー最後の閃光」上下 バーナード・コーンウェル

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
研究を進めていくと、人類学や民俗学、深層心理学、諸芸術の想像力の根元など、様々なことが多様かつ複雑に絡まっていることを気付かされることになる「妖精」の存在。現代の「美しく、可愛らしく、小さい」という妖精のイメージはシェイクスピアが作り上げたイメージが定着したものであり、それ以前の妖精とは、悪魔と同一視され、邪悪な存在として畏怖されていた超自然界の生き物だったのです...
これまでの井村君江さんの著作を元に、「妖精学」という観点から妖精を概観できるようにまとめられたという本2冊。別に妖精そのものを突き詰めたいわけじゃないんですが、私の今年の隠れテーマであるケルト神話の一環で。(別に隠さなくてもいいんだけど・笑)

「妖精学入門」の方は、題名通りの入門編。1章「妖精はどこから生まれたのか」の真面目な妖精論は面白かったんですが、2章以降はちょっと物足りなかったかな。幅広い事象を取り上げて系統だって紹介するといった意味では、限られたページ数でとてもよくまとまっていると思うんですが、あまり目新しい部分はありませんでした。ある程度知識を持っている人間には物足りないかも。かといって、妖精といえばディズニーのティンカーベルを思い浮かべる人はちょっと戸惑いそうだし...。イエイツが収集したような民間伝承の妖精物語を少し齧っていて、しかもそこに現れる多様な妖精の姿に惹かれた人が一番楽しめるでしょうね。それでもカラーやモノクロの図版が多く使われているので、その辺りは見ているだけでも楽しいです。

「ケルト妖精学」の方は、「妖精学入門」と内容的かなり重なってるんですけど(第1章に関してはほとんど同じ)、もう一歩踏み込んだ内容となっています。こちらは妖精伝承と物語詩、英国文学、そして児童文学の中に見る妖精の姿。アーサー王伝説を始めとして、チョーサーの「カンタベリー物語、スペンサーの「妖精の女王」、シェイクスピア、そして18世紀のポープ、ブレイク、コールリッジ、W.スコット、キーツ、シェリーなどの詩人の作品を年代を追って取り上げているのがとても参考になりました。丁度、こういう風に系統だって英文学を眺めたかったんですよねー。「妖精学入門」では、未知の本を紹介されていても正直読みたい気持ちにまではならなかったんですけど、こちらでは読みたくなっちゃう本がいっぱい。そして児童文学を取り上げた第3章には、有名なファンタジーを取り上げながら、読者としての子供の存在と児童文学の発祥という、児童文学論と言えるような部分もあって面白かったです。それにしても、アーサー・ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」のシリーズの「女海賊の島」が妖精文学として取り上げられているのにはびっくり。でも説明を読んで納得。なるほどねえ。(講談社現代新書・ちくま文庫)


+既読の井村君江作品の感想+
「ケルトの神話」「妖精とその仲間たち」井村君江
「妖精学入門」「ケルト妖精学」井村君江
Livreに「アーサー王ロマンス」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.