Catégories:“2008年”

Catégories: / /

 [amazon]
ハリー・ポッターシリーズの最終巻。私が読むのはもっと先になるかと思ってたんですけど、思いがけず手元に回ってきたので、早速読んでしまいましたー。
いやあ、シリーズが進むにつれて話は暗くなるし、ハリーはヒステリックになるし、読み続けるのがかなりツラくなってたんですけど、最後はなかなか良かったですね。読んでて楽しかったし、予定通りとはいえ、きちんと大団円になってくれて「ほっ」。特に良かったのは、前巻のあの出来事の裏にあったことや、あの人がどんな気持ちを秘めてたのかちゃんと分かったこと。これは良かったなあ。まあ、逆に言いたいこともいくつかあるんですけどね... ちょっと殺しすぎでしょ、とかね。それだけ大変だったっていうのは分かるんだけど、なんだか無駄に死にすぎたような気がすごく。あとは、クリーチャーやダーズリー一家のその後が知りたかったので、何も触れられてなかったのがちょっと残念だったり。特にダーズリー一家。あの後何もなかったのかしら。でもいきなりあんな説明聞かされても、理解できない方が普通ですよね。いくら嫌な人たちでも、そんなヒステリー起こしちゃダメだってば。>ハリー
よくよく考えてみると、魔法界の人たちってマグルと共存してるわけでもなく、ひたすら秘密にしてるわけでもなく(うちに魔女が生まれた!って喜ぶ人もいるわけだし←普通なら最初はパニックになると思うんだけど)、何をやってるんだ?何がしたいんだ?とか思ったりもするのだけど... 最初のうちにそういう説明ってありましたっけ。それとも、それは言わないお約束?(笑)
このシリーズで何が好きだったかって言ったら、魔法的な小道具ですね。これは楽しかったな。「アズカバンの囚人」でハーマイオニーが使ってた道具のように、時には、ちょっと都合良すぎるでしょ!って物もありましたが、組分け帽子とか可愛いですしね。今回は杖。杖の薀蓄をオリバンダー氏に嫌ってほど聞きたいかも、私。(静山社)


+シリーズ既刊の感想+
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」上下 J.K.ローリング
「ハリー・ポッターと死の秘宝」上下 J.K.ローリング
(それ以前の感想は残っていません)

| | commentaire(10) | trackback(2)
Catégories: / /

 [amazon]
1年前に漁師だった父が海で亡くなって以来、海を憎んでいる15歳の少女ペリ。考えることをやめて海を見つめてばかりの母を置いて家を出たペリは、港のそばの宿屋で働きながら、村から離れた海辺の小さな家に暮らしていました。ペリは幼い頃からこの家に通い、1人で住んでいた老婆に不思議な物語を聞いたり魔法を教えてもらったりしていたのです。その老婆もまた、父の死の後に姿を消していました。そんなある日のこと、その村の高台にある別荘に滞在するため、王の一家が村にやって来ます。そしてペリは老婆に会いにやって来た王の息子・キールと出会うことに。

うーん、ルルル文庫って私が買うにはちょっとツラい表紙が多いんですけど...(笑)
一見、普通のラノベレーベルにしか見えないルルル文庫ですが、タニス・リーとかパトリシア・A・マキリップとか、私にとって無視できない翻訳ファンタジーを出してくれてるのがすごいんですよね。読んでないけど、ナンシー・スプリンガーやシャロン・シンの作品もあるし。まあ、タニス・リーの「パイレーティカ」は、私にとっては物足りない作品でしたが... こちらの「チェンジリング・シー」は、なかなか可愛らしい話でしたー。
ただ、マキリップらしいイメージ喚起力がいつもよりも弱い気がします... 海と魔法で、情景が広がるモチーフはたっぷりのはずなのに... 翻訳された柘植めぐみさんは、訳者あとがきによるとマキリップの作品を読んで「翻訳家になりたい!」と思われたそうなので、マキリップの魅力は十分ご存知なのだろうと思うんですけど... ここにきてレーベルの色が出てしまったのかしら。挿絵に邪魔されたってわけでもないと思うのだけど。

それにしても、今年になってから3冊もマキリップの新作が読めたなんて! それだけでも幸せだと言わなければなりませぬ。(小学館ルルル文庫)


+既読のパトリシア・A・マキリップ作品の感想+
留守中に読んだ本(18冊)(「妖女サイベルの呼び声」「影のオンブリア」の感想)
「星を帯びし者」「海と炎の娘」「風の竪琴弾き」パトリシア.A.マキリップ
「ムーンフラッシュ」「ムーンドリーム」パトリシア・A・マキリップ
「オドの魔法学校」パトリシア・A・マキリップ
「ホアズブレスの龍追い人」パトリシア・A・マキリップ
「チェンジリング・シー」パトリシア・A・マキリップ
「茨文字の魔法」パトリシア・A・マキリップ

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
その日メアリーがツクツクさんを見かけたのは、川沿いの桜並木の下。ツクツクさんは大きなザルをかかえて桜の花びらが地面に落ちる前にザルの中につかまえようとしていました... というお話に始まる、メアリーとお隣に住むツクツクさんのシリーズ4作目。

この本から時間の流れがランダムになるという予告通り、それぞれのお話の時系列順はバラバラ。ツクツクさんのメアリーへの呼びかけも変化するし、お話の中のちょっとした描写から、いつ頃の出来事なのか何となく分かるんですけどね。それにしても、相変わらずのほのぼのぶり~。やっぱりこのシリーズは可愛いです。この不思議さ加減がとっても居心地いいし。
今回一番楽しかったのは、夏に水琴窟を作るお話かな。暑い日に水琴窟の音を楽しむというだけでも素敵なのに、水羊羹に水菓子(西瓜)、水団扇、極めつけが魚洗。こういうのを読むと、日本の夏は五感で涼しさを堪能するものなんだなーって改めて思いますね。...お話の舞台は日本じゃないし、魚洗も日本の物ではないですが。ええと、漁洗っていうのはアレです、私も以前中華街でやってみたことがあるんですが、水をはった金属製のたらい(?)の取っ手を濡れた手でこすることによって、不思議な音と共に水面から水しぶきが上がるというもの。初めてやった私でも30cmぐらいあがったし、熟練してる人がやると、もっと上がります。
それから、春の色んなジャムを作ってしまう話も素敵だったな。こんなに色んなジャムが作れるとは~。桜の花びらのジャム、食べてみたい。色や香りが目の前に浮かんでくるようです。そういえば、コンデンスミルクの缶詰を鍋でことこと煮て、冷えてから缶を開けると茶色くて甘~いクリームになると聞いて、やってみたいなと思ったことがあるんだけど... まだ試したことがなかったな。
あと、虹は七色、とばかり思い込んでたんですけど、国や人によって6色とも5色とも... 2色だなんて言ってる場所もあるとはびっくり。虹の色の並び順を覚える言葉も、今回初めて知りました。「ナクヨ(794)うぐいす平安京」じゃないですけど、こんなのがあったんだ! これは覚えやすいですねー。と、ちょっと感動。 (GA文庫)


+既読の篠崎砂美作品の感想+
「お隣の魔法使い」1~3 篠崎砂美
「お隣の魔法使い 語らうは四季の詩」篠崎砂美

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
大好きなタニス・リーの作品の中でも一番好きなのが、出会いとなったこの「闇の公子」。どのぐらい好きかといえば、2004年度のマイベスト本のベスト1だし(477冊中の1位!)、絶版も多いタニス・リーの本をその後全て集めて読んでしまったほどだし(苦労しましたー)、ちゃんと購入して読んだというのに、古本屋でまた「闇の公子」を見かけたら思わず買ってしまうほど。(お友達にあげたこともあるんですけど、同じものが何冊か手元にあります・笑) 浅羽莢子さんの華麗な翻訳のファンになったのも、この作品から。
その「闇の公子」が長らく入手できない状態だったんですけど、この度めでたく復刊されました!
ということで、またうちに1冊増えてしまったんですけど...(笑)
もちろん読みましたとも! いやあ、やっぱり良かったです。初めて読んだ時のような衝撃こそなかったですが、やっぱりすごいです。オムニバス形式で収められたお話のどれもが好き。もうほんとハズレなし。妖魔の王・アズュラーンの美しさと妖しさにはくらくらしてしまいます。考えてみれば、初めてたらいまわし企画の主催がまわって来た時、私はこの本を出したいがためにお題を決めたのでした... 「美しく妖しく... 夜の文学」。

前の表紙も好きだったんですけど、今回の表紙は加藤俊章さんなんですね。この方、タニス・リーの本の挿絵を沢山描いてらして、それがまた素敵なんですよねえ。実は画集も持ってます。Official Homepageはコチラ。買った時の記事はコチラ
ああ、やっぱり「闇の公子」が復刊してくれて嬉しいなあ。(しみじみ)(ハヤカワFT文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「闇の公子」タニス・リー
「死の王」タニス・リー
「惑乱の公子」タニス・リー
「熱夢の女王」上下 タニス・リー
「妖魔の戯れ」タニス・リー

+既読のタニス・リー作品の感想+
「タマスターラー」タニス・リー
「ドラゴン探索号の冒険」タニス・リー
「白馬の王子」タニス・リー
「ゴルゴン 幻獣夜話」タニス・リー
「血のごとく赤く」タニス・リー
「バイティング・ザ・サン」タニス・リー
「鏡の森」タニス・リー
「黄金の魔獣」タニス・リー
「幻魔の虜囚」タニス・リー
「幻獣の書」「堕ちたる者の書」タニス・リー
「月と太陽の魔道師」タニス・リー
「冬物語」「闇の城」タニス・リー
「銀色の恋人」タニス・リー
留守中に読んだ本(18冊)(「ウルフタワー」の感想)
「影に歌えば」「死霊の都」タニス・リー
「パイレーティカ 女海賊アートの冒険」タニス・リー
「銀色の愛ふたたび」タニス・リー
「水底の仮面」「炎の聖少女」タニス・リー
「土の褥に眠る者」「復活のヴェヌス」タニス・リー
「悪魔の薔薇」タニス・リー

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

   [amazon] [amazon] [amazon]
1巻は「桐壺」「帚木」「空蝉」「夕顔」、2巻は「若紫」「末摘花」「紅葉賀」、3巻は「花宴」「葵」「賢木」。
1991年から1993年にかけて全14巻で刊行されたもの。源氏の君の視点で書かれていることもあって、かーなり大胆な翻案作品となっています。ちょろいもさんのオススメです♪

先日、与謝野晶子訳を読んだ時は、紫式部の思考回路って男だなーと思ったんですが、円地文子訳を読んだ時、その印象がちょっと薄れたんですよね。やっぱりあのさっぱりした与謝野晶子訳と、しっとりした円地文子訳の文章の違いでしょうか。そしてこの「窯変」を読んでみると、また印象が違う...! 書き手の橋本治さんは男性だし、源氏の君という男性の視点から書かれているにもかかわらず、どこかものすごく女性的なものを感じてしまうんです。なんでだろう。ほんとこれでもかこれでもかって勢いで源氏の君が1人で語ってるのに。

それにしても、ほんと今まで読んだ源氏物語と全然違っていて、それはもうびっくりしてしまうほどです。話の大筋は一緒なのに、同じ人と出会い、同じ出来事が起きてるのに、もうまるで違う橋本ワールド。...ものすごい曲解?(笑)ってとこもあるんですけどね。その強引とも言える話の流れが、強引なりにきちんと流れていくのがすごい。
ただ、全体的にすごく面白いんだけど、面白さにも波があるみたい。読み始めは「うわー、うわー、面白い!」で「桐壺」最後までテンションが高いまま。「帚木」は、それほど... で、「空蝉」は面白いんだけど、ちょっと落ち着いた感じ。と、章によって少し波がありました。基本的に面白いんですけどね。まあ、元々「帚木」はそれほど好きな章ではないから仕方ないのかも。それと、そもそもこの「窯変」の面白さは、世の中を斜めに見てる源氏の君の一人語りにあるとと思うんですが、同じように語っていても、話題によってちょっと違うのかもしれませんね。そのものズバリ女の話よりも、それに絡めて発展させた話の方が、私は楽しめるみたい。

それにしても橋本治さん、きっとものすごい知識量なんでしょうね。その上でさらりと書いてるって感じがします。本来注釈になりそうなことも全て本文の中に織り込まれてるんですが、この詳細な描写のおかげで、宮中での諸々のことや当時の風俗・習慣についてなど、ものすごく分かりやすいです。いや、これだけ書き込んでたら、長くもなりますよね。3冊読んでもようやく藤壺の宮が出家するところまでですもん。でも、長いけどこれは全14巻読みますよー。4巻以降は未入手なので、時間はかかりそうですが。

生れ落ちた時から全てを手にしていたように見える源氏。本人も周囲もそう思っていたんでしょうけど... でもその手の中には実は何もなかったのね。(中公文庫)


+既読の「源氏物語」の感想+
「源氏物語」+「まろ、ん?」小泉吉宏(与謝野晶子訳)
「源氏物語」1・2 円地文子訳
「窯変 源氏物語」1~3 橋本治
「窯変 源氏物語」4~6 橋本治
「窯変 源氏物語」7・8 橋本治
「窯変 源氏物語」9・10 橋本治
「窯変 源氏物語」11・12 橋本治
「窯変 源氏物語」13・14 橋本治

+既読の「源氏物語」関連作品の感想+
「東方綺譚」マルグリット・ユルスナール(雲隠)
「源氏供養」上下 橋本治
「輝く日の宮」丸谷才一
「千年の黙(しじま) 異本源氏物語」森谷明子
「紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス日本の古典」紫式部・山本淳子編

| | commentaire(8) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
1巻は「桐壺」「帚木」「空蝉」「夕顔」「若紫」「末摘花」「紅葉賀」「花宴」「葵」
2巻は「賢木」「花散里」「須磨」「明石」「澪標」「蓬生」「関屋」「絵合」「松風」「薄雲」「槿」

先日与謝野晶子訳を読んだ「源氏物語」なんですが、今度は谷崎源氏が読みたいとかいいつつ、円地文子訳を読み始めてしまいましたー。これは森山さんが読まれて、とても面白かったと仰っていたもの。ちょろいもさんオススメの橋本治「窯変 源氏物語」にしてみようかなとも思ったんですが、こちらは全14巻と長いし、かなり大胆な翻案作品になっているようですしね。この2冊を読んでからにしようと思ったわけです。円地文子訳はしばらく入手できない状態になっていたのが先月から再版し始めたもの。まだ1巻と2巻しか出てません。全6巻の予定。

与謝野晶子訳に比べると、しっとりふっくらと女らしい文章。こうして比べてみると、与謝野晶子訳がかなりさっぱりとした文章だったことが分かりますねー。そして同じ章を読み比べてみると、円地文子さんの方がずいぶん長い! えっ、与謝野晶子訳にこんなのあったっけ?という部分もありました。ところどころで創作が入ってるというのはこういうことだったのか。いや、私は原文を読んだわけではないので、与謝野晶子訳では省略されてる部分というのもあるのかもしれませんが~。私としては基本的に忠実な訳の方が好ましんですけど(そうでなければ、思いっきり翻案か)、でも創作が入ってるおかげで与謝野晶子訳では唐突に思えた展開が柔らかくつながって読みやすくなっていたりしますね。さっぱりとした文章で読みたくなるような部分もあるんですけどね。(新潮文庫)


+既読の「源氏物語」の感想+
「源氏物語」+「まろ、ん?」小泉吉宏(与謝野晶子訳)
「源氏物語」1・2 円地文子訳
「窯変 源氏物語」1~3 橋本治
「窯変 源氏物語」4~6 橋本治
「窯変 源氏物語」7・8 橋本治
「窯変 源氏物語」9・10 橋本治
「窯変 源氏物語」11・12 橋本治
「窯変 源氏物語」13・14 橋本治

+既読の「源氏物語」関連作品の感想+
「東方綺譚」マルグリット・ユルスナール(雲隠)
「源氏供養」上下 橋本治
「輝く日の宮」丸谷才一
「千年の黙(しじま) 異本源氏物語」森谷明子
「紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス日本の古典」紫式部・山本淳子編

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
山畑のネェやが山犬に襲われたという話を聞いてきたのは、タンダの妹のチナ。その山犬に青白い鬼火がまとわりついて、少し前に死んだオンザの顔に見えたらしいのです... という「浮き籾」他、全4編。

完結してしまった守り人シリーズの番外編。タンダ11歳、バルサ13歳の頃の物語です。この頃はまだバルサの養父のジグロが生きていて、2人は追っ手から逃れるために用心棒の仕事をしながら各地を転々としています。トロガイの家もその拠点の1つ。
4編のうち2編はタンダ視点の物語。タンダやその家族の生活ぶりを見ていると、古い時代の日本でもこういった暮らしをしていたんだろうなあって素直に思えてきますねえ。稲に虫がついた時の反応や稲刈り、収穫の祭りの様子なんかもそうなんですけど、目の薬を作るためにナヤの木肌を剥ぎ取る時の様子とか、食べ物が乏しい冬の最中に山の獣たちに食べ物を分ける「寒のふるまい」のことを読んでると、中沢新一氏のカイエ・ソバージュシリーズで読んだ、一神教や国家が誕生する前の時代の話を思い出しちゃう。そのものズバリ重なるというわけではないんだけど、まさにあそこに書かれていたような暮らしをしてたんだろうなと思えるのは、やっぱりそれだけ土台がしっかりと描かれてるということなんでしょう、きっと。
そしてあとの2編は、バルサ視点の物語。こちらではバルサとジグロが仕事をしてる酒場や隊商の旅が舞台となってるので、まるで雰囲気が違います。ススットという賭事が面白い~。このゲームの特徴がとても生かされている物語だったし、専業の賭事師を務めてるアズノという老女がとても印象に残ります。そして隊商の旅の方はちょっと痛い... でも「精霊の守り人」ではもう既に亡くなっているジグロが生きていて、その姿をバルサの視点から見られるのが嬉しいところ。もっと容赦ない厳しさ一点張りの人なのかと思い込んでいたんですけど、そうでもなかったんですね。いや、確かに厳しいですけど。バルサに対する愛情がしっかり感じられて良かったです。(偕成社)


+シリーズ既刊の感想+
「精霊の守り人」「闇の守り人」「夢の守り人」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「虚空の旅人」「神の守り人 来訪編」「神の守り人 帰還編」「蒼路の旅人」上橋菜穂子
「天と地の守り人」1~3 上橋菜穂子
「流れ行く者 守り人短編集」上橋菜穂子
「バルサの食卓」上橋菜穂子・チーム北海道

+既読の上橋菜穂子作品の感想+
「獣の奏者」1・2 上橋菜穂子
Livreに「狐笛のかなた」の感想があります

| | commentaire(4) | trackback(1)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.