Catégories:“小説以外”

Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
ニューヨークで出会って結婚したものの、貧しさのあまり暮らしていくことができず、フランクの両親は子供たちを連れてアイルランドのリムリックへと戻ることに。父のマラキは、口ばかり達者で甲斐性なしの飲んだくれ。暖炉のわきでうめくだけの信心深い母親・アンジェラ。一家がアイルランドに渡ったのはフランクが4歳、すぐ下の弟のマラキが3歳、双子の弟のオリバーとユージーンが1歳の時のことでした。

1997年のピュリッツァー賞伝記部門を受賞したという、フランク・マコート自身の子供の頃を描いた作品です。

子供のころを振り返ると、よく生き延びたものだと思う。もちろん、惨めな子供時代だった。だが、幸せな子供時代なんて語る価値もない。アイルランド人の惨めな子供時代は、普通の人の惨めな子供時代より悪い。アイルランド人カトリック教徒の惨めな子供時代は、それよりもっと悪い。

貧しくてひもじくて、それでも父親はわずかに稼いだ金や失業手当を持ってパブに行ってしまい、子供たちは空腹のまま布団に入る毎日。妹のマーガレットや弟のオリバーとユージーンが死んだのも貧しさのせいだし、フランクの腸チフスや結膜炎ものすごく酷くなったのも、貧しさのせい。仕事が長続きしないのに、ほんのわずかのお金も飲んでしまう父親のせいで、母親は近所の人に食べ物を借りて、子供たちに食べさせる生活。後の方で、フランクが空腹のあまり、フィッシュアンドチップスが包まれていた新聞紙の油をなめるシーンが出てきます。強烈です。「油の染みが一つもなくなるまで、ぼくは新聞をちゅうちゅうと吸う」 ...確かにアイルランドのカトリック教徒の子供たちの悲惨さは、桁違いかもしれないですね。
それでも決してお涙頂戴ではなくて、ほんのりユーモアまじりに語られているのがいいのです。悲惨な状況ではあるけど、フランクたちは決して不幸ではないし...。父親が語ってくれるクーフリンの物語を、フランクが大事に自分だけのものにしていたり、早朝の父親を独り占めして密かに喜びを感じている部分なんて、読んでいるとほんのりと暖かくなります。告解のエピソードも微笑ましいです。幼い頃の告解は司祭が笑いをこらえるのに必死になるような無邪気な内容なんですが、徐々に大きくなって異性への関心が育つにつれて、素直に告解できるような内容ではなくなってくるんですね。そうなると、フランクは教会に行かなければと思いつつも、なかなか入ることができなくなっちゃう。そして、おできのように大きく腫れ上がった罪の意識が自分を殺すことのないようにと1人祈ることに... 一人前の大人になったように見えながら、まだまだ子供の部分を見せるフランクが可愛いです。

「アンジェラの灰」の「灰」とは何なのか、この作品にははっきりと書かれていません。アンジェラが時々眺めている暖炉の灰とか、煙草の灰というのも考えられるんですけど、私は最初この題を見た時に、「ashes to ashes, dust to dust」(灰は灰に、塵は塵に、という埋葬の時の言葉)なのかなと思いました... が、アンジェラはまだ生きてるので、違うみたい。(笑)
あとがきによると、続編の「アンジェラの祈り」を読むと分かるのだそうです。(新潮文庫)


+既読のフランク・マコート作品の感想+
「アンジェラの灰」上下 フランク・マコート
「アンジェラの祈り」フランク・マコート

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
日々のちょろいも 2ndのちょろいもさんに教えて頂いた本なんですが、これがこれが凄かった...! 全編通して面白いんだけど、凄いのは第1章。これは、「本を読む」とはどういうことかという話ですね。もう何ていうか、日頃私が感じていたことをズバッと文章にしてくれたような感じ。色んな作家さんの本からの引用を含め、メモを取りまくっちゃいました。
ご本人の文章から1つ引用すると

本を読む時間がない、と言う人は多いが、ウソだね。その気になれば、ちょっとした時間のすき間を利用して、いくらでも読めるものなのである。たとえ、それが二分、三分といった細切れ時間であっても、合計すれば一日二十、三十分にはなるはずだ。一ページ一分かかるとしたって、毎日三十ページ近くは読める。土日に少し時間を稼げば、新書程度の分量なら一週間に一冊は読了できる。要は、ほんとうに本が読みたいかどうか、なのだ。(P.34)

「本を読んでる時間がなくて~」という人は、要するに読書の優先順位がそれほど高くないってことなんですよね。
そう理解してます、いつも。別にそれがいいとか悪いとかではなくて。

そしてもう1つ。

本一冊を読んで、いきなり自己を変革しようというのはあまりに安易だ。そして、なにか「ためになる」ことがないと、本に手を出さない姿勢もいびつだ。それもこれも「本を読む」ことのほんとうの楽しさを知らないから、いつまでたっても即効性を謳う本ばかりに手を出してしまうのである。本は栄養ドリンクではない。(P.28)
他の作家さんの文章も1つだけ引用させて下さい。
文学、芸術に関する限り、私たちは楽しさよりも先ず、何かしら<ためになること>を追うようだ。楽しむための文学を、たとえば中間小説、大衆小説などと呼んで区別するところにも、自らの手で楽しむことを卑小化する傾向が見られはしまいか。感覚の楽しみが精神の豊かさにつながっていないから、楽しさを究極の評価とし得ないのだ
楽しむことのできぬ精神はひよわだ。楽しむことを許さない文化は未熟だ。詩や文学を楽しめぬところに、今の私たちの現実生活の楽しみかたの底の浅さも表れていると思う。(P.28)

これは谷川俊太郎さんの『「ん」まであるく』(草思社)から。
そうだよね、やっぱり基本は「楽しむ」だよねっ。
以前読んだカルヴィーノの「なぜ古典を読むのか」にも、「古典は義務とか尊敬とかのために読むものではなくて、好きで読むものだ」 という言葉がありましたよ。やっぱり「楽しむ」こそが、読書の基本。それだけが全てと言いたいぐらいの、基本中の基本。

ということで、読みたくなるような本もいっぱい登場したんですけど、その中でありゃりゃーとなっちゃったのは、ギッシングの「ヘンリ・ライクロフトの私記」と谷沢永一の「紙つぶて」でした。
 

「ヘンリ・ライクロフトの私記」については、「およそ読書人と呼ばれる人の本棚に、これがないことはありえない」。
そして、「紙つぶて」が本棚に並んでない人が、「いやあ、本っていうとさあ」なんて抜かしても、無視するに限る、だそうで...
すみません、どちらも未読です。でもそんな私でも、本を楽しむことにかけては誰にも負けませんわ!

「ヘンリ・ライクロフトの私記」は面白そうなので、早速探してみようかと~。あ、「紙つぶて」も読んでみたいんだけど、こちらは「稀代の絶品書評コラム全455篇」とのことなので、もう少し日本文学を読んでからの方がいいかも。押さえるべき作品を全然押さえてない私ですから、猫に何とやらの状態になってしまいそうです。(光文社新書)

| | commentaire(19) | trackback(4)
Catégories: /

 [amazon]
ふとしたことでカヤックに乗ることになり、夢中になっていったという梨木香歩さん。琵琶湖や北海道、アイルランドやカナダの水辺にいる時に見えてきたことや感じたこと、そしてカヤックの上から見た水辺の風景などを綴る、Webちくまに連載されていたというエッセイです。

梨木さんがカヤックに乗られるとは、これを読むまで知りませんでした! 梨木さんの作品を読むたびに、自然やその中の生命の存在を感じていたし(特に植物)、「家守綺譚」や「沼地のある森を抜けて」では、特に水の存在がすごく感じられたんですけど、その裏には、こういう体験があって、こういう時間を大切に持っていらっしゃる方だったのですねー。カヤックに夢中になりながらも、梨木さんの目はとても冷静にその水辺の情景を捉えて、淡々と描き出していきます。まるで梨木さんご自身の思いが水鏡に映し出されていくよう。もしくは、梨木さんご自身の中に太古の海が存在しているよう。梨木さんはこのようにして、いつも「自然」や「生命」と通じ合ってらしたのですね。
とても静かで硬質、冷たい水の清冽さを感じさせるようなエッセイでした。でも、それだけだと少し距離の遠い物語になりそうなところだったのが、梨木さん言うところの「愚かな体験」のおかげで、ぐんと身近に感じられるのも嬉しいところです。ふふふ、意外な一面... でもなんとなく納得できますね。(笑)(筑摩書房)


+既読の梨木香歩作品の感想+
留守中に読んだ本(18冊)(「ぐるりのこと」の感想)
「沼地のある森を抜けて」梨木香歩
「水辺にて」梨木香歩
「ミケルの庭」「この庭に 黒いミンクの話」梨木香歩
Livreに、これ以前の全作品の感想があります。

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
1冊目は、カポーティの若き日の紀行文の「ローカル・カラー」と、著名人について書いた「観察記録」。2冊目は、ソ連でオール黒人キャストのミュージカル「ポギーとベス」を上演することになったアメリカの劇団に随行した時の記録「詩神の声聞こゆ」と、京都でのマーロン・ブランド会見記「お山の大将」と、日本人の印象を書いた「文体ーーおよび日本人」。

うーん、とても感想が書きにくい...。どれも小説ではない、ってせいもないのでしょうけど、やっぱりそれも関係あるのかな。まず1冊目の「ローカル・カラー」や「観察記録」は、スケッチと呼ぶのが相応しいような文章。そして「詩神の声聞こゆ」は、カポーティが「初めて短篇喜劇風"ノンフィクション・ノヴェル"として構想した」という作品。
でも私がこの2冊のうちで一番好きなのは、そういう風に表題作となるような作品ではなくて、まずジャン・コクトーの紹介でフランス文学の大女流作家コレットに会った時のことを書いた「白バラ」でした。8ページほどの短い作品なんですが、最初は緊張していたカポーティが、一瞬にしてコレットという人物に魅せられ、その後も影響を受け続けたのが十二分に分かるような気がします。コレットの最後の言葉も印象的。それと、映画「サヨナラ」の撮影のために京都に来ていたマーロン・ブランドと会った時のことを書いた「お山の大将」も好き。ある人物を叙述する時、決してその人が満足するように描かなかったというカポーティですが、そういった人々の中でもっとも心を痛めたのがマーロン・ブランドだったのだそうです。でも、私はすごくいい文章だと思うんだけどな。成功者という位置には相応しくないほどの、強い感受性を持った青年像が浮かび上がってくるようです。

この2冊には、それぞれ「犬が吠える」という副題が付いていて、それはカポーティがアンドレ・ジッドに教えてもらったアラブの諺「犬は吠える、がキャラバンは進む」から来ているのだそうです。解説で青山南さんも書いてたけど、確かに犬は吠えるもの。それでもカポーティは、進み続けていたということなのでしょうね。(ハヤカワepi文庫)


+既読のトルーマン・カポーティ作品の感想+
「カメレオンのための音楽」トルーマン・カポーティ
「ローカル・カラー/観察記録」「詩神の声聞こゆ」トルーマン・カポーティ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
コロンブス、ベートーベン、エジソン、イソップ、ガロア、シェークスピア、二宮尊徳、ゲーテ、ダンテ、スタンダール、毛沢東、カミュ、ニーチェ、聖徳太子、カフカ、マルクス、紫式部、セルバンテス、トロツキー、孟子、キリスト、プラトン、リルケという23人の世界史上の「英雄」を取り上げて、寺山修司流にそれらの人物を切り、その正体に迫る本。

先日読んだ「不思議図書館」が面白かったので(感想)、次はこの本を選んでみたんですが... うーん、こちらは私には今ひとつ合わなかったみたい。
イソップに関しては私も大嫌いなので...! 「主人持ちのユーモア」「奴隷の教訓」という言葉には深~く納得だったんですが(笑)、コロンブスに関しては、寺山氏が「私が勝手に書き直したコロンブス像」として書いてる文章が、まさに私がコロンブスに抱いていたイメージそのままで、この文章が書かれた当時は、そう考えられてはいなかったのかしら? なんて逆に疑問に思ったり... そのほかの部分では、それはちょっとひどいんじゃないの、と言いたくなるような部分も色々とあって、正直あまり楽しめなかったです。寺山氏による人物分析は、あくまでも現代の、それも1970年代の価値基準を持った人間によるもの。「英雄」たちが生きていた当時の世相や社会背景なんかををまるで無視して、ここまで切り捨てちゃってもいいものなのかな? 何も考えずに楽しむべき本だったのかもしれないんですが、私にはそうはできなかったし、なんだかまるで寺山修司氏の持つ歪みを直視させられているようでツラかったです。もちろんこういった人物分析は、1970年の時代に「英雄」たちを蘇らせるという行為でもあったのかもしれないし、彼なりの「英雄」たちへの敬意の表し方だったのかもしれないんですが。
それでも、「もし、サザエさんが卵を立てなければならないとしたら」というところで出てくる発想は面白い♪ 「ゲーテ」の「ウェルテル」や二宮尊徳との対談も、紫式部の現代版シュミレーションも楽しめました。(角川文庫)


+既読の寺山修司作品の感想+
「不思議図書館」寺山修司
「さかさま世界史 英雄伝」寺山修司

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

[amazon]
若い頃からヨーロッパの不思議物語を集め始め、徐々に日本の不思議物語にも目を向けるようになったという澁澤龍彦氏の、日本やヨーロッパ、あるいはインドや中国における不思議譚・怪異譚を紹介する本。

本人が文庫版あとがきに書いているように、軽い読物として書き流してる部分が目につきますし、既にどこかで聞いたような話も多かったんですけど、古今東西の不思議譚を網羅しての考察は楽しかったし、文章もいつものことながら、全然古さを感じさせなくて読みやすかったです。自分の好きなものを、気楽にコレクションしてるという感じがいいんでしょうね。前口上にも、「私は学者ではないから、七面倒くさい理窟をつけるのはあまり好きなほうではなく、ただ読者とともに、もっぱら驚いたり楽しんだりするために、五十篇に近い不思議物語をここに集めたにすぎないのである。したがって、読者のほうでも、あまり肩肱張らずに、私とともに驚いたり楽しんだりして下さればそれで結構なのである」とありました。確かにそういった読み方が相応しい本。さすが河出文庫の澁澤龍彦コレクションの1冊目、澁澤作品の入門編にぴったりの本かも。

「最も古い神話や伝説のなかに、私たちは最新のSFのテーマを発見することができる」なんていうのも面白かったし...
あと一番印象的だったのは、「ヨーロッパでは、ユートピアの別世界に到達するためには、いつも危難にみちた海を越えてゆく必要があった。ところが中国では、桃源郷に到達するには、ただ洞窟や木の洞をひょいとくぐり抜けたり、壺の中へひょいと身を躍らせるだけで十分だったらしいのである」という部分。確かにその通りですねー。中国でも、仙人の住む蓬莱山は海上にある島だと考えられていて、秦の始皇帝は不老不死の薬を求めて徐福を派遣してるんですけど、なぜか山のイメージが強いです。海の上にはあっても、やっぱり蓬莱「山」だから?(笑)
やっぱりヨーロッパにおけるヴァイキングのような存在がなかったからなんでしょうかねえ。倭寇はあったけど、明の時代だからあまり古くないし、時代を遡っていっても、やっぱり常に海よりも内陸部に目が向いてるような気がするし...。仙人の修行は基本的に山で行われるし。(多分・笑)
そしてヨーロッパの海とユートピアの関係って、感じてはいたけど、そういえば理論的にはまるで分かってないことに気付いてしまいました。そういうのって、既に論じられてるんでしょうね。そういう本が読みたくなってきたなあ。何かいいのないかなあ。(河出文庫)


+既読の澁澤龍彦作品の感想+
「私のプリニウス」澁澤龍彦
「異端の肖像」澁澤龍彦
「夢のある部屋」澁澤龍彦
「澁澤龍彦初期小説集」澁澤龍彦
「夢のかたち」「オブジェを求めて」「天使から怪物まで」澁澤龍彦
「高丘親王航海記」澁澤龍彦
「東西不思議物語」澁澤龍彦
Livreに「世界悪女物語」「幻想博物誌」「夢の宇宙誌」「フローラ逍遥」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
帯に「図書館長・寺山修司が、珍書・奇書を大公開!」とあって、これは面白そう!と手に取ったんですが、実際面白かったです。ヨーロッパやアメリカに行くたびに古本屋や古本市で見つけて蒐集してきたという、寺山修司の蔵書コレクションを紹介する本。「書物の迷路あそび」という章にも「ヨーロッパへ旅行するたびに探しまわった迷路に関する文献も、かれこれ棚一段分ぐらいになった」という文章があるように、少しずつ集められてきた本たちのようです。

さすがに寺山修司氏、興味の向かう方向が独特ですね。「髭のある女の実話画報」「フェチシズムの宇宙誌」「大男を愛するための図鑑」「変わった殺人のための大百科」「サディズム画集の中の馬男たち」などなど、目次を見ているだけでも一種独特の妖しげな雰囲気が漂うんですが、実際に紹介されている本もユニークなものばかり。「奇書・珍書コレクション」という紹介に相応しい1冊です。実際にその本や雑誌に掲載されていた写真や図版も転載されてるのが、また楽しいんですよー。
「書物の迷路あそび」に紹介された様々な迷路、そしてその用途(ボルヘスの「ふたりの王とふたつの迷宮」が読んでみたくなりました)、「髭のある女の実話画報」で紹介されている髭のある貴婦人・クレメンチーヌ・デュレのエピソード。デュレ夫人の写真は、男装の麗人というよりも、男の人が女装してるようにしか見えないんですが、きちんとした医者が、彼女をれっきとした女性だと太鼓判押してるというんだから驚き。子供も産んでるんですよね。しかも、立派な髭を生やしたデュレ夫人は、県知事によって男装を許されたのだとか...! 当時の女性と男性の社会的な立場の違いを、思わぬところで再確認させられちゃいます。あと、面白かったのは、自殺機械を発明し実演する男たちを紹介した「変わった殺人のための大百科」とか、「だまし絵の美術史」のだまし絵画家同士の対決とか、「フェチシズムの宇宙誌」とか... 中国の男性が、纏足された小さな足に感じる「繊細な甘さ」と「刺激的な趣味」って! そうなんだ!(笑)
ミステリ好きさんにとっては、ミス・マープルそっくりさんコンテストの話題とか(選ばれた老嬢の写真付き)、新聞に掲載されたエルキュール・ポワロの死亡記事が興味を引きそう。1枚の図版を見て推理する「軽食スタンド殺人事件」なんかも面白そうでした。これがもうちょっとちゃんと推理できるようになっていれば、もっと良かったんですけどね。 (角川文庫)


+既読の寺山修司作品の感想+
「不思議図書館」寺山修司
「さかさま世界史 英雄伝」寺山修司

| | commentaire(2) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.