Catégories:“小説以外”

Catégories: /

   [amazon] [amazon] [amazon]
「言葉の標本函」という名の下に編集された3冊。それぞれ「夢」「オブジェ」「天使・怪物」というキーワードによって、100編以上の断章が紹介されていきます。

登場率の高いのは、プリニウス、ダンテ、ニーチェ、ユイスマンス辺り。最初に通して1回ずつ読んでから、3冊それぞれで気になった断章をチェックしながら読み返したんですけど、あっちで気になるのは、やっぱりこっちでも気になるらしいです。あまり深く考えずに適当に選んでるだけなのに、自分の好みの傾向がちゃんと現れてるのが可笑しい♪ 中でも「解放されたエルサレム」(タッソー)は、3冊それぞれでチェックしてしまいました。「さかしま」(ユイスマン)もそうだったかな? これはぜひとも読まなくちゃいけません。とはいっても、その作品が、ここで読んだ通りの雰囲気とは限らないんですけどね。たとえばダンテの「神曲」やミルトンの「失楽園」みたいな既に読んでいる作品も、ここで改めて読むとまた違った表情でしたし。

他の作家さんの作品の紹介ばかりなんですが、澁澤さんの好みが見えてくるし、何よりご自身が訳してらっしゃるものも多くて、何とも澁澤ワールド。そして3冊の中で澁澤龍彦的エッセンスが一番強く感じられたのは、「天使から怪物まで」でした。「編者による序」に、「『天使から怪物まで』と題して、私が本巻にあつめた百十八篇の断章は、いわば私の主宰する、サドのそれにも比すべき乱交パーティの円環だと思ってくだされば幸甚である」とある通り。私自身、元々天使と悪魔にすごく興味があるというのもあって、これが一番面白かったです。3冊の中では、「オブジェ」がちょっと落ちたかな... 物もいいんだけど、人の方が読んでて楽しかったですね。(河出文庫)


+既読の澁澤龍彦作品の感想+
「私のプリニウス」澁澤龍彦
「異端の肖像」澁澤龍彦
「夢のある部屋」澁澤龍彦
「澁澤龍彦初期小説集」澁澤龍彦
「夢のかたち」「オブジェを求めて」「天使から怪物まで」澁澤龍彦
「高丘親王航海記」澁澤龍彦
「東西不思議物語」澁澤龍彦
Livreに「世界悪女物語」「幻想博物誌」「夢の宇宙誌」「フローラ逍遥」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
1960年代後半から1980年代初めまで、女性誌「ミセス」を始めとして、様々な雑誌やPR誌に書かれてきた文章を1冊にまとめたもの。

読んでみると、他の作品とはちょっと雰囲気が違っていてちょっとびっくり。いつも感じるような圧倒的な博識ぶりはあまり感じられなくて、もっと澁澤氏が身近に感じられるような気軽なエッセイでした。やっぱり女性誌に執筆ということで、書き方も少し砕けていたんでしょうか。そして更にびっくりしたのが、全然古さを感じさせないこと。執筆されてから50年も経とうかという文章もあるんですけど、今読んでも全然違和感がないんですよね。日常についての話が中心となっているので、もちろん時代を感じさせる部分もあるんですが、それを考えてもほとんど、全くと言っていいほどです。
この本は、元々は「夢のある部屋」の部分だけが単行本として刊行されてたところに、編集部が関連のあるエッセイを選んで、「夢のある風景」という章として付け加えたようです。普段なら内容がカブってるのはあまり好きじゃないんですが、この本に関しては、ほとんど気になりませんでした。(妙に貞操帯の話が多いけど...) むしろ「夢のある部屋」の「鏡の魔法」という章に掲載されている写真の凸面鏡の来歴が、「夢のある風景」の「横浜で見つけた鏡」の章で語られていたりするのが楽しいです。そしてエッセイの中で愛蔵品の数々が紹介されていくのですが、ここに写真も収録されているのが嬉しいところ。居間に置かれた古い時計や愛蔵のガラス器、サド侯爵も部屋に飾っていたという髑髏(しゃれこうべ)、四谷シモン作の球体関節人形などなど。表紙の画像も、澁澤氏の部屋の写真です。

河出文庫の澁澤作品は以前から少しずつ集めてるんですが、最近河出文庫の装幀が変わってしまいましたよね。この「夢のある部屋」は古い方の装幀なんですけど、私の手元にも、既に新しい装幀の本が何冊かあります。これじゃあ、並べた時に気になっちゃう。もっと早く買い揃えておけば良かった。でも、どうやらずっと入手できない状態だった作品も新装版で再版され始めてるようで嬉しいです~。「胡桃の中の世界」も、ぜひとも再版して欲しいなあ。(河出文庫)


+既読の澁澤龍彦作品の感想+
「私のプリニウス」澁澤龍彦
「異端の肖像」澁澤龍彦
「夢のある部屋」澁澤龍彦
「澁澤龍彦初期小説集」澁澤龍彦
「夢のかたち」「オブジェを求めて」「天使から怪物まで」澁澤龍彦
「高丘親王航海記」澁澤龍彦
「東西不思議物語」澁澤龍彦
Livreに「世界悪女物語」「幻想博物誌」「夢の宇宙誌」「フローラ逍遥」の感想があります)

| | commentaire(8) | trackback(0)
Catégories: /

[amazon]
今では当たり前のように存在しているジョン・アーヴィングの「ガープの世界」も、この題名に落ち着くまでには紆余曲折がありました。村上春樹氏は「ガープ的世界の成り立ち」、青山南氏は「ガープが世界を見れば」、斉藤英治氏は「ガープ的世界」、そのほかにも「世界、ガープ発」「ガープによる世界」「ガープによる世界解釈」など、様々な題名が登場。静かだが苛烈なる戦いを繰り広げていたのです。... という「ガープ戦史」など、青山さんの日々の翻訳の仕事を通して描く裏話エッセイ集。

「翻訳家という楽天家たち」(感想)に引き続きの青山南さんのエッセイ。「翻訳家という楽天家たち」よりも純粋翻訳裏話という感じですね。(イーディも登場しないし・笑) この本の最初のエッセイが「本の雑誌」に発表されたのが1981年2月ということで、25年も経ってしまうと、さすがに時代を感じてしまう部分も目についたんですが、それでもやっぱり面白かったです。
例えば、一番最初に出てくる「失語症で何が悪い」は、5つも6つも続く「Hi」をどうやって訳すかというエピソード。たまに出てくる「Hi」なら、「やあ」でも「よお」でもいけますが、この時訳してらした本は、登場人物たちのボキャブラリーが貧困で、「Hi」が5つも6つも続けて出てきてたんだそうです。それはやっぱり困りますよね。「やあ」「やあ」「やあ」「やあ」「やあ」「やあ」じゃあ、読んでる方もちょっと...。で、青山さんは、全部おなじ言葉に統一するのも味気ないからと、結局「やあ」「おやっ」「なんだい」「よお」「へえ」「ケェッ」、最後の合唱はみんなまとめて「参ったね」と訳してしまったとのこと。面白いなあ。特にこの最後の「参ったね」。そんな風に訳せちゃうんですね。
そして、私もリチャード・ブローティガンの「愛のゆくえ」はとても面白く読んだので(感想)、「ブローティガン釣り」や「翻訳書のタイトルについて」の章は、特に楽しく読めました。やっぱり「愛のゆくえ」という題名はどうかと思いますよねえ。原題を直訳すると「堕胎、1966年のある歴史ロマンス」なんですもん。「愛のゆくえ」では、人にもオススメしづらいし、そもそも売れるとは思えないのですが...。でも最初にこの題名を出したのは新潮社なんだそうですけど、ハヤカワepi文庫版も「愛のゆくえ」になってるんですよね。既にすっかり定着してしまったのかしら。そして一緒に、ボリス・ヴィアンの「日々の泡」と「うたかたの日々」の話も。この2つの題名は今現在どちらも健在ですが、今後どうなるのか楽しみですね。(という私も「日々の泡」の方が好きですが!) 

上のアマゾンとBK1のリンクはちくま文庫版になってますが、私が読んだのは本の雑誌社版。どちらにしても現在新刊では入手できないのですが...。次は、読書そのものをテーマにしたというエッセイ集、「眺めたり触ったり」を探してみようと思いますー。小説なら、気に入った作家さんの本を片っ端から読む私ですが、同じ人のエッセイを何冊も読むなんて、ちょっと珍しいかも。(エッセイの場合、話題がどうしてもかぶってきちゃうことが多いのがイヤなんですよね)(本の雑誌社)


+既読の青山南作品の感想+
「翻訳家という楽天家たち」青山南
「ピーターとペーターの狭間で」青山南
「眺めたり触ったり」青山南
「外人のTOKYO暮らし」青山南
「英語になったニッポン小説」青山南
「気になる言葉、気が散る日々」青山南
「小説はゴシップが楽しい」青山南
「大事なことは、ぜーんぶ娘たちに教わった」青山南

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
翻訳家の岸本佐知子さんのエッセイ。第23回たらいまわし企画「笑う門には福来たる! "笑"の文学」で、空猫の図書室の空猫さんと(記事)、コウカイニッシ。のあさこさんが挙げてらした本です。(記事

帯の「抱腹絶倒」の言葉に納得のエッセイ集。岸本さんの思考回路、面白すぎ! 小学校の算数のテストの時、「ある人が、くだもの屋さんで20円のリンゴを7こ買おうとしたら、10円たりませんでした。その人はいくら持っていたでしょうか」という問題を読めば、その"ある人"のことが気の毒になり始めて、どうかすると同情が淡い恋心に変わってしまい、思いを馳せているうちに、テスト終了になってしまっていたという岸本さん。ごく普通だったはずの話が、気づけばすっかりシュールになってます。流行のポジティブ・シンキングをやってみようと、寝る前に布団の中で美しいを思い浮かべるものの、最後には必ず目を覆うばかりの地獄絵図と成り果ててしまったりとか... なぜ一面の菜の花畑に河童が出てくるんですか! しかもその河童一匹のために一面が火の海になってしまうとは...!
という私が一番最初に笑ったのは、本文2ページ目に載ってた、茶碗蒸しのつくり方に関する穴埋め問題。「...このとき、醤油を入れすぎると( )が悪くなってしまいます」 私が笑った回答は、岸本さんご自身の回答ではなかったんですが。 (笑)

ただ、翻訳家さんのエッセイということで、もっと本や仕事にまつわるエピソードを読めるのを期待してたのに、そういった部分はあんまりなくて、それが少し残念でした。全部で4章に分かれてるんですけど、そういった話は最後の章だけなんですもん。もっと今の仕事にまつわる面白い話、読んだ本の話などを読みたかったなー。岸本さんの翻訳された本は読んだことがないんですが、なんだか不思議な雰囲気の作品のようで、そちらもちょっと気になります。(白水uブックス)


+既読の岸本佐知子作品の感想+
「気になる部分」岸本佐知子
「ねにもつタイプ」岸本佐知子

| | commentaire(8) | trackback(5)
Catégories: /

 [amazon]
翻訳家の青山南さんのエッセイ。unaG-2nd Seasonのうなさんが、前回のたらいまわし「笑の文学」に挙げてらした本。(記事) アメリカ文学にはとんと疎い私なんですが(じゃあどこが得意なんだと聞かないように)、読んだばかりのミラン・クンデラやパトリック・マグラアのエピソードも出てきて、とってもタイムリー♪(と言いつつ、どちらも今ひとつ楽しめなかったのですが...(^^;)
名前の表記を巡って深く静かに進行する論争の話とか、世界各国の翻訳事情の話、「こころ」で訳す話、日本の翻訳家が作家に出した質問状の話。こういう話は楽しいなー。でもでも、ロレンス・ダレルの翻訳をやっていた富士川義之氏が、どうしても分からない文章の意味を作者に問い合わせた時の返事にはびっくり。そういうものなんですか! でもって、青山南さんが各作家さんがどう答えるかコメント付きで予想してるのが、また楽しいのです。
あと私としては無視できないのは、「あるスピーダーの告白」。要するに速読者の話です。以前オハイオ州で速読チャンピオンだったという(アメリカには速読試合なんてものがあるんですか!)、ウィリアム・H・ギャスの話が、また面白いんです。速読者たちの読み方が凄くって。ええと、速読者たちが本を読むのは、まさしくサイクリングのようなもの。田園(本のページ)を突っ走り、目的地に向かって快走し、頬に風すら感じるのだとか。へええ、そうなんですかー。いや、分かるような気はしますが。(笑)
それと

「速読者は、名人が魚をさばくみたいに、本をさばく。エラは捨て、尾も、ウロコも、ヒレも捨てる。たちまちのうちに骨のない切り身がずらりと並ぶ」
その点、遅読者はエラとか尾とかウロコとかヒレばっかながめている、とギャスは言う。うーん、その通りだ。まったく。そういえばあら煮も好きだし。

なるほどねー。ああ、なんだか分かるような気がするなあ。
かくしてギャスは、「テキストを完全に無視することによって、チャンピオン・メダルを手にいれた」のだそうです。...それって、それって、一体何のために本を読んでるんですか!!(爆)

あとは、翻訳本の文章が合わなかった時に、「訳文がほんとうにひどい」「訳文が性にあわない」の2つの理由があるけれど、大抵の場合は、「訳がひどいんだよなあ」って吹聴して廻るという話。ああ、確かにそうかもしれないですねー。私はまず言わないけど。いえ、苦手な訳者さんというのはいますけど。
そして書評では、訳文に言及する人としない人は、はっきり分かれるんだそうです。これも、私はまず言わないタイプだな。(書評を書いてるとしたらですが) だって絶対的な評価として、その文章がに良いとか悪いとか、私には分からないんですもん。もちろん、好きな文章とか読み心地の良い文章はあるし、嫌いなタイプの文章、読みにくい文章もあります。何度読み返しても意味が伝わってこないような文章を読むと、「下手くそー」って思いますしね。でも、「読み心地の良い文章=自分の好きな文章」だけど、「自分の好きな文章=文章が上手」かどうかは分からない...。私が1人で「下手くそー」と思ってても、それが実はものすごい美文なのかもしれないし、「あの作家は文章が上手い」と言われるのを聞いて、「あんな読みにくい文章が?」と思うこともあるわけで。
まあ、私にとっては、自分の読み心地良い文章が一番大切だから、絶対的な基準はそれほど問題じゃないですけどね。
あ、でも書評の最後に訳について書くと、それが不思議なほどハマるんだそうです。一通りのことを書いた後で、最後に「訳文は読みやすい」とか、「なお、訳文に気になるところがいくつかあった」とか付け加えるのがコツ。(笑)

青山南さんの文章は、とても読みやすくて楽しかったので(書くとしたらこんな感じ・笑)、今度はうなさんが一緒に挙げてらした「ピーターとペーターの狭間で」や、青山さんが訳されてる本も、探して読んでみようと思います。(ちくま文庫)


+既読の青山南作品の感想+
「翻訳家という楽天家たち」青山南
「ピーターとペーターの狭間で」青山南
「眺めたり触ったり」青山南
「外人のTOKYO暮らし」青山南
「英語になったニッポン小説」青山南
「気になる言葉、気が散る日々」青山南
「小説はゴシップが楽しい」青山南
「大事なことは、ぜーんぶ娘たちに教わった」青山南

| | commentaire(6) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
たらいまわし企画・第23回「笑う門には福来たる! "笑"の文学」の時に、おかぼれもん。のpicoさんが挙げてらした本。(記事
群ようこさんの、様々な音にまつわるエッセイです。

友達のお姉さんの影響もあって、小学校の時からビートルズやストーンズといったロック系にのめりこんでいたという群ようこさん。私も中学頃からは洋楽ロック一辺倒だったし、「そうなったらもう、歌謡曲なんて屁のようなものだった」というのは、すごくすごくすごーーーく良く分かるのだけど... それなのに、なぜまたいきなり、北島三郎の「函館の女」に「がーん」と来てしまうのかしら! 「好きになるはずがないと思えば思うほど気になって仕方がない」という気持ちは分からなくもないけど、なんでよりによって「函館の女」! しかも次に気になったのが、中条きよしの「うそ」って...!(笑)
私は洋楽が好きになってから、どんどん時代を遡って聴いていったので、古いのも大好きだし、ストーンズやジャニス・ジョプリン、プリンス、トーキング・ヘッズ、マービン・ゲイ、マーク・ボランといった名前を見てるだけでも嬉しくなっちゃうんですが(とは言っても、このメンツって時代がバラバラだな)、群さんご自身も書いてらっしゃるように、洋楽ファンは洋楽一辺倒のことも多いと思うんですよね。それなのに群さんは結構広く聞いてらしたようで... あとは「ええっ、そういうのも...?!」の連続。そこに登場する面々に時代のギャップを感じてしまったこともあり、なんだか終始妙な気分でした...(^^;。

やっぱり一番面白かったのは、愛猫「しい」のテーマソングの話ですね。猫を膝に乗せたり抱っこしている時に、無意識のうちにわけの分からない歌を口づさんでることに気づいていたという群さん。漫画家さんには変わった人が多いとか友達と笑いながらも、実は笑えないことに気づいてしまいます。このテーマソングは即興で口をついてくるものらしいんですけど、歌詞がすごいんですよー。猫に対する愛情がたっぷり。第三者がその場にいたらびっくりするだろうなあ...。そういえば私はまだ歌が口をついてくるほどではないし、赤ちゃん言葉にもならないや、と自分はまだまだ飼い主として甘いということに気づいたのでした。(幻冬舎)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
フランス大使館から東京日仏学院に転職、その後レストランオーナーシェフを務めたのち、現在はレストランプロデュースや料理家、商品開発、ハウジング、講演、執筆活動など多才ぶりを見せるパトリス・ジュリアンさんのエッセイ。たらいまわし企画第21回「教えてください!あなたのフランス本」でLINさんが挙げてらした本です。(記事

この1冊にパトリス・ジュリアンさんの日々の生活に対する様々な拘りが詰まっていて、「こういう部分に拘るのねー」とか「分かる分かる、そうだよね」「それはちょっと違うんじゃ?」が楽しかったし、大学時代に入り浸ってたFOB COOPを始めとして、知ってる場所が意外と沢山登場したのも懐かしかったんですが、もう少し早く出会ってたら、もっと楽しめたかも。言ってみれば、読んで啓発されて、自分なりのスタイルを作り上げる一助となるような本だと思うんですが、今の私の場合、曲りなりにも生活スタイルも自分自身も確立してしまってるので...。「なるほど」と思いながらも、どこか客観的に読んでしまう部分も多かったような気がします。
とは言っても、「自分」を探している時に読むと、大きな影響を受けそうな本。(もちろん、そっくりそのままこの本の真似をしても仕方ないですが!) 生活がマンネリに感じられたり、何か迷いが出てきた時に読み返すと、また新鮮な気持ちに戻れそうです。(幻冬舎文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.