Catégories:“小説以外”

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
「トマシーナ」で、あんまりひどい獣医が出てきたもので、ほのぼのする獣医さんの話が読みたくなりました。ドクター・ヘリオットはヨークシャーの小さな町で50年間も獣医をしてきた人なんですけど、グラスゴー出身なんだそうなんです。「トマシーナ」のマクデューイもグラスゴーにいたという設定。なんか似通ってる?! これは続けて読めという意味?!(笑)

「ドクター・ヘリオットの犬物語」は、文字通り犬のエピソードばかり集めた本。前に「ドクター・ヘリオットの猫物語」(感想)を読んだんですが、丁度それの犬版ですね。読んでると一昨年死んだうちの犬のことを思い出しちゃって途中ちょっと辛くなったんですが... でもこちらも良かったです。美食家のでぶ犬だったのに、すっかりスポーツマンとなってしまったトリッキー・ウーのエピソードが良かったなあ。でも、こっちも良かったんだけど、それ以上に良かったのが「Dr.ヘリオットのおかしな体験」。これは第二次世界大戦中に英国空軍に入隊したドクター・ヘリオットが、厳しい訓練の合間に今まで診てきた動物たちのことや、出産を控えている妻のヘレンのことなどを思い出すという形式。背景に戦争があるのに、ドクター・ヘリオットのほのぼのとした味わいは変わらなくて、妻に会いたくて何度か抜け出した話なんかが面白おかしく綴られていきます。「犬物語」「猫物語」と違って、牛や馬、豚の話が多いんですけど、犬や猫みたいな小動物だけじゃなくて、家畜たちもしっかり飼い主たちの家族の仲間入りをしてるんですね。飼い主たちの一喜一憂が伝わってきて、なんだか読んでいるだけでもドキドキ...
「Dr.ヘリオットのおかしな体験」は、結構分厚い本なのにするすると読めちゃいます。もちろん1つずつのエピソードが短くて読みやすいというのもあると思うんですけど、池澤夏樹さんの訳文の読みやすさも大きいかと。(集英社文庫)


+既読のジェイムズ・ヘリオット作品の感想+
「ドクター・ヘリオットの猫物語」ジェイムズ・ヘリオット
「ドクター・ヘリオットの犬物語」「Dr.ヘリオットのおかしな体験」ジェイムズ・ヘリオット

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
アナ・トレントというのは、スペインの女優さん。アナ・トレントの鞄とは、彼女がヴィクトル・エリセ監督の「ミツバチのささやき」という映画に出演した時に手にしていた鞄のこと。これがクラフト・エヴィング商會は気になって仕方なくて、仕入れの旅に出ることになります。そして途中で様々な一品物の商品を手に入れることに...。

せっかく「ミツバチのささやき」を引き合いに出しているからには、もっとあの映画の雰囲気を思い出させてくれるような商品を揃えて欲しかった気もするのですが... 映画に繋がりが感じられるのって、せいぜい最初に登場する携帯用のシガレット・ムービーや、「ひとりになりたいミツバチのための家」ぐらいなんですよね。それが少し残念。でも「どこかにいってしまったものたち」のような系統の、とてもクラフト・エヴィング商會らしい本です。(装幀の色も良く似てますねー)
私が惹かれたのは、携帯用のシガレット・ムービー、稲妻の先のところ、古代エジプト人が魂の重さを量るときに使った羽・Maat にちなんだ、羽のような有るか無きかのはかないお菓子・マアト。あと、分かる人には分かると思いますが(笑)、どうしても気になってしまうのが「F」の小包み... この「F」ってどこから出てきたのかしら! それがすっごく気になります。しかも他の商品を見てると、もしやこれはあの本がヒントになって...? というのがちらほらあったりして、商品そのものよりも、クラフト・エヴィング商會さんの読書傾向がものすごーく気になってしまう私なのでした。(^^ゞ (新潮社)


+既読のクラフト・エヴィング商會の感想+
「アナ・トレントの鞄」クラフト・エヴィング商會
「犬」「猫」クラフト・エヴィング商會プレゼンツ
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

+既読の吉田篤弘作品の感想+
「百鼠」吉田篤弘
「78」「十字路のあるところ」吉田篤弘
「という、はなし」吉田篤弘
「空ばかり見ていた」吉田篤弘
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘
「小さな男*静かな声」吉田篤弘
Livreに「フィンガーボウルの話のつづき」「つむじ風食堂の夜」「針がとぶ」の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
宗の 素晴らしきかな、人生の宗さんに教えて頂いた本。1月から12月までの章に分かれていて、日常の家事を中心に四季折々の暮らしのこと、海外での思い出が綴られていきます。初版は昭和51年なんですが、それから30年ほどでどれだけ日本の主婦の「家事」が変わってしまったのかと考えるとびっくりです。確実に便利になってはいるけれど、日本古来の伝統とか優雅さは確実に失われているような... 昔ながらの生活の、なんと贅沢なことか。...物質的な贅沢じゃなくて、心の豊かさなんですよね。こんな風に日々の生活に気を配って過ごせたらいいなあ。
特に印象的だったのは、その月の月給袋の中身がだんだん軽くなってくると作るというオニオンスープ。材料はたまねぎだけでも、こっくりした美しい色や味を出すために飴色になるまで中火で気長に炒めて、熱々のスープのためにスープ皿はもちろん温めておいて、手間暇は十分かかってるんですよね。時にはこくをつけるために、炒める時に小麦粉を入れたり、水の代わりに牛乳を入れたり。でもそんな余分の買い置きもない時は、せめて仕上げにチーズをたっぷりとすりおろしてかけて。こんな贅沢なスープが「月末スープ」だなんて素敵~。

そういえば、今年のお盆は祖母の家にいたので、色々と手伝うことになったんですけど... というか私が最初から最後まで1人で全部しなくちゃいけなくなったのって初めてだったんですけど、祖母が「もう面倒だから○○はしなくてもいい」「略式にしてしまいましょう」と言うたびに、なんだかちょっぴり悲しかったんですよね。やるやらないはともかくとして、せっかくの機会だしと一通りのことは教わっておきたいなと思ったし、まあ実際には出来なかった部分もあるんですけど、私としてはとても良い経験になりました。これまで祖母や母がやってるのを手伝ってはいても、自分で全部やるとなるとまた別ですしね。(でも以前は形式ばったことがすごく嫌いで、そういうのに反発してたのに、私も変わったものだわー 笑)

そして読んでいると、突然彫金のページが出てきたのでびっくり。ここ数年はやってないんですけど、私もずっとやっていたのでなんか嬉しーい。(彫金と言うと分かりづらいですが、要は普通のジュエリー作りです) この方、木彫りも物凄くお上手なようなのに(木じゃくしに付けられた彫りが素敵)、彫金もされるとは。写真にうつっている道具類を見てると、なんか懐かしい...。 

少し時代がかった優しい語り口といい、毎日の暮らしをとても大切にしているようすから、暮しの手帖社から出ている「すてきなあなたに」を思い出しました。こちらも大好きなんです。あと、和の暮らしを教えてくれる本といえば、やっぱり「しばわんこ」シリーズでしょう。こちらもオススメです~。(文化出版局)

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
夢枕獏氏のこの作品に対する思いを語ったエッセイや、映画「陰陽師II」の第一稿と第四稿、映画で安倍晴明役を演じた野村萬斉氏、山口博氏、志村有弘氏らとの対談、登場人物・作品詳解など、人気シリーズ「陰陽師」にまつわることを集めた1冊。

実は野村萬斉氏との対談目当てだったんですが(笑 ←もちろん「陰陽師」シリーズは大好きですが!)、その対談も面白かったし(映画の裏話とか、演技中のトリップや呪の話など)、あと夢枕獏さんの安倍晴明・源博雅の誕生秘話、特に源博雅に関する辺りも良かったです。博雅が実在の人物だというのは知ってたんですけど(とは言っても、以前あとがきか何かで読んだ程度ですが...)、実際に色々な逸話が残っている人物だったんですねー。博雅が無自覚の天才という辺り、なるほどなあという感じ。博雅自身は自分の能力に気付いていないけれど、晴明だけはは知っているから「博雅、おまえはすごい」という言葉が頻繁に出てくるんですね。なるほどー。
以前読んだ「七人の安部晴明」というアンソロジーは、いかにも晴明人気に便乗した感じがあったんですが、こちらは晴明の生きていた時代がぐっと身近に感じられる1冊でした。登場人物・作品詳解で、晴明と博雅の会話を読んでたら、またシリーズを読み返したくなっちゃった。(文春文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「陰陽師-付喪神ノ巻」「陰陽師-生成姫」「陰陽師-鳳凰の巻」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「陰陽師 龍笛の巻」夢枕獏
「陰陽師 鳳凰ノ巻」夢枕獏
「『陰陽師』読本 平安の闇に、ようこそ」夢枕獏

+既読の夢枕獏作品の感想+
「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」夢枕獏
「シナン」上下 夢枕獏
(Livreに「猫弾きのオルオラネ」「羊の宇宙」「大帝の剣」の感想があります)

| | commentaire(5) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
イギリスの北部ヨークシャーの田園地帯に住む、獣医歴50年のドクター・ヘリオット。牛や馬などの大型の家畜が中心ではあるものの、その長い獣医人生の中で出会った猫たちは数知れず。仕事を通して、あるいはプライベートで出会った猫たちの10のエピソードをまとめた作品集です。

この本は、本が好き!お気軽読書日記のもろりんさんのオススメ。いやー、良かったです。このドクター・ヘリオットという人が本当に誠実なお医者さま。具合が悪そうな患者を診ては心を痛め、飼い主のことを力づけながら、命を救うために一生懸命になってくれる人。獣医である以前に、1人の大の動物好き人間なんですよね。
でもそんなドクター・ヘリオットにも、家の裏に住み着いた2匹の山猫だけには、何ともできないんです。置いた餌は食べるし、薪小屋に作った寝床は利用するものの、家には決して入ろうとしない2匹。去勢手術をするために無理矢理捕まえたドクター・ヘリオットのことをいつまでも怖がっていて、ドクターの奥さんのヘレンはそのうち撫でさせてもらえるようになるのに、ドクター・ヘリオットだけは相変わらず毛嫌いされてるんです。猫好きにとって、猫に毛嫌いされることほど堪えることってないですよね... 多少なりとも猫の扱いに自信があるとくれば尚更。...こんなに好きなのに! というもどかしい思いが伝わってきます。そして... というのは読んでのお楽しみ。
もちろん動物相手のことなので、時には死も訪れることになるんですが、それでも優しくて暖かいドクター・ヘリオットの語り口にはほのぼのとしてしまいます。レズリー・ホームズ氏による挿絵もとても可愛いです♪

この「猫物語」の他にも、「ドクター・ヘリオットの犬物語」を始めとして、色々な本が出ているようです。そちらもぜひ読んでみたいな。(集英社文庫)


+既読のジェイムズ・ヘリオット作品の感想+
「ドクター・ヘリオットの猫物語」ジェイムズ・ヘリオット
「ドクター・ヘリオットの犬物語」「Dr.ヘリオットのおかしな体験」ジェイムズ・ヘリオット

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
極度の飛行機恐怖から、それまで海外旅行処女だった恩田さん。しかし取材旅行のために、とうとうイギリスとアイルランドへと行くことに... というエッセイ。というか旅行記。飛行機を怖がる人は結構いますけど、恩田さんほど怖がる人は珍しいのでは? なんせ、何度乗っても慣れるどころか、相変わらずの顔面蒼白、空港に着いた辺りから記憶が曖昧になっちゃうほどなんですもん。「あんな鉄の塊が空に浮くなんて信じられない」と言う人はよくいるし、その気持ちは良く分かるんですけど... でも、ここまでって。(笑)
そんな「怖い」がひたすら前面に出てるんですが、その合間には小説や映画の話がいっぱい。そして新作にも繋がりそうなアイディアがいっぱい。今回は、そのアイディアの部分が特に面白かったです。

「歴史上の人物で誰が好きか」という話から、歴史上の人物が探偵役となるミステリの話になり、「比較的最近の有名人で探偵を押し付けられそうなのは誰?」という話に。そして実際に、マザー・テレサやガンジーが探偵をやってみた時のさわりが書かれてるんです。それがすっごく面白そう。読んでみたいー。そしてさらに、アイルランドのタラを訪れた時に、恩田さんが頭の中で見た情景... こちらはきっと本当に新作に繋がるのでしょうね。「小説以外」を読んだ時も感じたんですけど、恩田さんにとって作家という職業は本当に天職なんだなあと、またしても実感させられちゃいました。

あ、恩田さんはそれほどひどい食事には当たらなかったようですね。いいなあ。私がイギリスに行ってた時は大変でした...。特に寮の食事は最悪だったので、ひたすらパブで食事してました。(パブは結構美味しい)
今回のイギリス取材で、理瀬のイギリス留学時代の話もいよいよ具体化? ますます恩田さんの作品に注目なのでした。(講談社)

これで恩田さんの作品は再びコンプリートです♪


+既読の恩田陸作品の感想+
「夏の名残りの薔薇」恩田陸
「小説以外」恩田陸
「ユージニア」恩田陸
「蒲公英草紙」「光の帝国」恩田陸
「酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記」恩田陸
「ネクロポリス」上下 恩田陸
「エンド・ゲーム」恩田陸
「チョコレートコスモス」恩田陸
「中庭の出来事」恩田陸
「朝日のようにさわやかに」恩田陸
「木洩れ日に泳ぐ魚」恩田陸
「いのちのパレード」恩田陸
「猫と針」恩田陸
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: / / / / / / /

■「雨鱒の川」川上健一 [amazon]
本が好き!お気軽読書日記のもろりんさんのオススメ。美しい自然を舞台にしたなんとも美しい純愛物語。中心となっている2人が10年経ってもまるで変わらないのは、変わりゆく自然との対比? 評判通り、方言がいい味を出していました。東北の言葉ってほとんど馴染みがないし、最初は全然意味が分からなくて、読みづらかったんですけどね。(集英社文庫)


■「時計坂の家」高楼方子 [amazon]
Cross-Roadの瑛里さんが、先日BookBatonで思い入れのある作品として挙げてらしたので興味を持っていたところ、たらいまわし企画でも妖精と黒薔薇の書架のつばきさんが挙げてらっしゃいました。これは児童書ですが、とても奥が深いファンタジー。読み返すたびに新たな発見がありそうな作品です。作中ではC.S.ルイスのナルニアが引き合いに出されていたんですが、この独特の雰囲気は、フィリッパ・ピアスの「トムは真夜中の庭で」に近いような気がします。高楼方子さん、いいですねえ。他の作品も読んでみたいな。(リブリオ出版)


■「ぐるりのこと」梨木香歩 [amazon]
これはエッセイ。境界線とそのこちら側、向こう側の話が多かったです。で、改めて考えてみると梨木さんの書かれる物語もそういう話が多いような。(新潮社)


■「プールに住む河童の謎」緑川聖司 [amazon]
児童書です。「晴れた日は図書館へいこう」が面白かったので、期待していた緑川聖司さんの新作。こちらもなかなか可愛らしい作品でした。森友典子さんのイラストも作品のイメージにぴったり。大人のミステリ読みはすぐにピンと来るでしょうけど、この謎がまた児童書にぴったりだし~。相馬くん、可愛かったなあ。でも宝石店に関する記述には納得できないものがいくつか。こんなことを子供が本当に信じ込んだらイヤだわあ。(小峰書店)


■「ベルガリアード物語」全5巻 デイヴィッド・エディングス [amazon]
Baroque Midnight Gothic Twilightの森山樹さんに教えて頂いたシリーズ。異世界ファンタジー好きには堪らない本格的なエピック・ファンタジー。「指輪物語」の本流を汲む作品だと解説にはあったけど、読み始めはむしろロイド・アリグザンダーのプリデイン物語のシリーズみたいでしたね。面白かったです。かなりボリュームのある作品なのですぐには無理だけど、これは絶対また再読したくなるだろうな。この物語の前日譚(?)「魔術師ベルガラス」全3冊が今月から出始めてるそうなので、そちらも買ってこなくっちゃ。(ハヤカワ文庫FT)


■「マライアおばさん」「七人の魔法使い」「時の町の伝説」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ [amazon]
どれもものすごーくダイアナ・ウィンジョーンズらしい作品で、続けて読むとちょっと胸焼けがしそう... とは言っても、どれも作風は違っていて、DWJの引き出しの多さにびっくりなんですけどね。「マライアおばさん」は、ほんとヤなヤツだらけで、誰が味方なのかも分からないほど。毒気がいっぱい。「七人の魔法使い」の方が明るくて楽しかった。本当にこの終わりでほんとにいいの?って感じでしたが...。「時の町の伝説」はタイムトラベル物。ちょっとややこしかったけど、歴史の捉え方が面白かったです。(徳間書店)


■「妖女サイベルの呼び声」「影のオンブリア」パトリシア・A・マキリップ [amazon] [amazon]
どこまで行ったらお茶の時間の七生子さんのオススメ。どちらも重厚で寡黙な独特のな雰囲気がすごく素敵な作品でした。まるで神話みたい。少しでも飛ばすとすぐ分からなくなってしまいそうで、そういう緊張感も久しぶりでした。マキリップも色々と読んでみたい! 「影のオンブリア」の「オンブリア(Ombria)」は、舞台となる都の名前。それ自体が影を連想させる言葉なので(仏語の「影」はombre、伊語だとombraだし)重箱読みしてるような妙な気分だったんですけど、読んでみるとなんともぴったりな名前でした。KinukoY.Craftさんのイラストの表紙も、ほんとぴったりで素敵。この「影のオンブリア」を原作として、岡野玲子さんが「コーリング」を描かれてるのだそうです。→間違いでした。「妖女サイベルの呼び声」が原作なんですって。maki さん、ありがとうございます!(ハヤカワ文庫FT)


■「ウルフタワー」全4冊 タニス・リー [amazon]
訳のせいもあるんでしょうけど、これじゃあまるでライトノベル。コバルトに入っててもおかしくないぐらい。原文がどうなってるのかは知らないですけど、なにもこんなに軽く訳さなくても...。たまに惹かれる部分はあるものの(主人公の相手役がかっこよかった)、全体にタニス・リーらしさがあまり感じられなくて残念。(産業編集センター)

| | commentaire(4) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.