Catégories:“小説以外”

Catégories: / /

 [amazon]
東方遠征中のアレクサンドロス大王が師匠であるアリストテレスにインドの様子を書き送った「アレクサンドロス大王からアリストテレス宛の手紙」と、広大なキリスト教王国を治めているという司祭ヨハネから西欧の君主に宛てた2種類の「司祭ヨハネの手紙」という、中世ヨーロッパに広く伝わっていた「東方の驚異」のうち代表的な3編を収めたという本。

「アレクサンドロス大王からアリストテレス宛の手紙」は、7世紀頃に成立したと言われるもの。アレクサンドロス大王の東方遠征にまつわる話は、ギリシャ語やラテン語や各国の言葉で語られ書き継がれ、12世紀末以降には「アレクサンドロスもの」としてその奇譚ぶりを大いに発揮することになったのだそうです。実際のアレキサンダー大王は、紀元前4世紀の人ですけど、色々と想像が膨らんだんでしょうね~。逸話が逸話を呼んで、真実の東方遠征とはかなりかけ離れたものになっちゃってるんでしょうけど、それがまた面白いです。インドの王宮の豪華さなんかは予想範囲内なんですが、ここで注目したいのが様々な怪物たち。象よりも巨大な河馬が現れたなんていうのはまだ序の口で、三つの頭にとさかをつけた巨大なインド蛇とか、鰐の皮に覆われた蟹の大群、雄牛のように巨大な白ライオン、人間のような歯で噛み付いてくる蝙蝠の大群、額に三本の角を持った象より大きな獣に次々に襲われてもう大変。さらに奥地に行くともっと奇妙な生き物がどんどん登場して、まるで西欧版「山海経」って雰囲気です。しかも一番奥では、ギリシャ語とインド語で予言を語る2本の聖樹がアレクサンドロス大王の運命を予言します。

そして「司祭ヨハネの手紙」は、伝説的な東方キリスト教国家の君主・プレスター・ジョン(ジョン=ヨハネ)からの手紙。この司祭ヨハネは、東方の三博士の子孫で「インド」の王という設定。まあ、この当時「インド」と一言で言っても範囲がとても広くて、現在のインドやその辺りのアジア一帯はもちろんのこと、中近東やエチオピア辺りまで含んでいたそうですが。「アレクサンドロス大王からアリストテレス宛の手紙」の影響を多々受けて成立したというのが定説なんだそうです。
これは12世紀のヨーロッパの人々に夢と希望を与えて熱狂させた文献なんですって。こういうのを読んで、マルコ・ポーロみたいな旅行家たちが、幻のキリスト教王国を求めて東方に旅立ったんですね~。でもすごいです、この豪華っぷり。半端じゃありません。黄金の国ジパングの伝説なんて、もうすっかり薄れてしまうほどの絢爛ぶり。とてもじゃないけど、キリストの教えに適うものとは思えません~。(笑)(講談社学術文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「西洋中世奇譚集成 皇帝の閑暇」ティルベリのゲルウァシウス
「西洋中世奇譚集成 東方の驚異」逸名作家

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

   [amazon] [amazon] [amazon]
昭和38年の暮れに富士山に山小屋を建て、翌39年の晩春から東京と山を往復する生活を始めたという武田泰淳一家。徐々に小屋の中を整えながら、近隣の湖や下の村に出かけて行くようになったのだそう。そして泰淳氏と代わる代わるつけるということで、百合子夫人の日記が始まります。泰淳氏やお嬢さんの花子さんも時々書き手として登場する山の日記。

以前、武田泰淳氏の「十三妹」(中国物です)は読んでるんですけど、百合子さんの本を読むのは初めて。随分前にたら本でみらくるさんが出してらして(「秋の夜長は長編小説!」「美味しそうな食べ物が出てくる本は?」)、読んでみたいなあと思いつつそのままになってたんですが、先日小川洋子さんの「心と響き合う読書案内」(感想)にも登場して! もうこれは読むしかないと観念(笑)しました。日記を書いているのは、主に百合子さん。泰淳氏と当時小学生だった花子さんも時々登場します。

ごく普通の日記なんです。日々の暮らしのこと、何を食べたとか誰に会ったとか、何を買ったとか(その値段も)、何があったとか何をしたとか、つらつらと書かれてるだけの日記。例えば、初めて山荘に暮らし始めた時の百合子さんの初めての日記は、昭和39年7月18日のもの。

七月十八日(土)
朝六時、東京を出て九時少し過ぎに着く。大月でお弁当三個。管理所に新聞と牛乳を申し込む。
夕方、溶岩拾い。
夜、風と雨。夜中にうぐいすが鳴いている。大雨で風が吹いているのに鳴いていた。(上巻P.15)

あー、でもこれは初日なので、イマイチ日常的ではないですね... じゃあ、次の日。

七月十九日(日)
朝、十時ごろまで風雨。
ひる ホットケーキ。
午後、河口湖まで買出し。馬肉(ポコ用)、豚肉、トマト、ナス。
河口湖の通りは大へんな人出と車の排気ガスで、東京と同じにおいがしている。湖上はボートと遊覧船とモーターボート。湖畔は、紙クズと食べ残しのゴミの山と観光バスと車で、歩くところが少ない。
夜はトンカツ。
くれ方に散歩に出たら、富士山の頂上に帽子のように白い雲がまきついて、ゆっくりまわって動いている。左の方から麓から七合目までぐらい、灯りの列がちらちら、ちらちら続いている。登山の灯だろうか。花子に見せてやろうと家まで降りてきて連れて出ると、もう富士山は全部雲におおわれて、富士山がどこにあるのかも分からない。灯りも見えない。本当に、あっというまに、雲がおりてきたのだ。(上巻P.15~16)

これは買い物の値段が入ってませんが~(笑)、でも全体的にこんな雰囲気なんです。格別どうということのない日々の営みを中心に、山での様子が書かれているだけのはずなのに...! なんでこんなに心ががっしりと掴まれちゃうんでしょうね。小川洋子さんは武田百合子さんのことを「天才」と書いてらしたし、そうなんだろうなと私も思います。日々が恙無く続いていって... そんな日々が続いていく幸せがしみじみと感じられたり、ふとした表現にハッとさせられたり。これは本当にただものではありません。私は10年以上も前にパソコン通信のオフに参加した時から「文章は人を表す」と言い続けてるんですけど(笑)、ほんと、百合子さんの姿がここにくっきり鮮やかに浮かび上がってきますね。元々他人に読ませるために書いてるものではないので、余計に素の百合子さんが見えてくるんでしょうね。嫌なことを言われれば、負けずに言い返してしまう百合子さん。まあ、土地の人が言うようにきついと言えばきついんですけど(笑)、むしろ大らかでさっぱりとした気性が素敵。やっぱりそんじょそこらの女性とは違いますよ。それも昭和40年頃のことだから、きっと相当目立ってたんだろうなあ。印象に残る言葉はそれこそ山のようにあったんですが、一番強烈だったのは、これ。

ポコ、早く土の中で腐っておしまい。(中巻P.159)

この言葉に、百合子さんの悲しさやるせなさがいっぱい詰まってると思うんですよね。
そしてすごく哀しくなったのは、終盤のこの2つ。

年々体の弱ってゆく人のそばで、沢山食べ、沢山しゃべり、大きな声で笑い、庭を駆け上り駆け下り、気分の照り降りをそのままに暮らしていた丈夫な私は、何て粗野で鈍感な女だったろう。(下巻P.396)

来年、変らずに元気でここに来ているだろうか。そのことは思わないで、毎日毎日暮らすのだ。(下巻P.428)

でも、これ以外にもハッとさせられる表現が本当にいっぱい!
その泰淳氏とも仲も良くて素敵なご夫婦です。色んなことを喋ったりじゃれ合ったり、時には喧嘩をしたり。時には泰淳氏を「震え上がらせるほど」怒らせたり。

帰って来る家があって嬉しい。その家の中に、話をきいてくれる男がいて嬉しい。(下巻P.126)

...と書いたのは百合子さんですけど、泰淳氏も似たようなことを感じていたに違いない! 何とも素敵な微笑ましい夫婦像でした。 (中公文庫)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

   [amazon] [amazon] [amazon]
かつて神聖なる丘の聖なる泉のほとりに暮らしていたユニコーンたちは、ワイバーンに故郷の土地を奪われ、流離いの末に、現在住む谷へ。それ以来ユニコーンたちは、いつか自分たちを故郷に連れ戻してくれるという予言の「ファイアブリンガー(炎をもたらすもの)」の出現をひたすら待ちわびていました。そして今、ユニコーンを率いていたのはカラー王とその息子・コーア王子。コーア王子の息子・ジャンはようやく6歳になったばかりの、そろそろ青年になろうというユニコーン。まだまだ悪戯好きの子供で、平気で掟を破る問題児で...。

ファイアブリンガーの3部作。↑に書いたのは1冊目「炎をもたらすもの」のあらすじです。主人公はユニコーンの王子。ユニコーンの他にもワイバーン、グリフィン、パンがいるような異世界が舞台。1冊目で主人公の成長があり、2冊目でぐんと世界が広がり、3冊目で他者理解が深まるって感じでしょうかー。1冊目は主人公の成長物語だし、ちょーっとありきたりな感じなんですけど、人間ではなくユニコーンが主人公なのはどうしてだろうと思ってたんです。2冊目を読んでその理由がよく分かりましたよ。なあるほど!
各種族にそれぞれの創世神話が語り継がれていて、英雄伝説や大きな出来事が語り部によって歌い継がれていて、それぞれに歴史や古いしきたりがあるんです。最初は自分たちの種族が一番神に愛されてると思い込んでいても、実際はそうではないことに気づいて、他の種族にはその種族の価値観があることを知り、お互いを尊重することを学ぶことになります。もちろん同じ種族の中でも価値観は様々。2冊目3冊目で大きな秘密があることが分かって、それが妙に長く引っ張られるんですよね。それがあんまり好みじゃなかったというのはあるんですけど... ここまですると誰を信用すればいいのか分からなくなってしまうし、あんまり感心しなかったんですけど... それでも他者の価値観に触れるという意味では、この出来事にも十分意義があったのかも。神話が生きているのを感じられる世界観は好みだし! 1冊目よりも2冊目3冊目とぐんぐん世界が深まっていくのが良かったです。(創元ブックランド)


+既読のメレディス・アン・ピアス作品の感想+
「ダークエンジェル」メレディス・アン・ピアス
「炎をもたらすもの」「闇の月」「夏星の子」メレディス・アン・ピアス

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

[amazon]
小さい頃は寝る前のお話が大好きだったのに、いつしか読書嫌いとなっていく子供たち。

読書嫌いが国語教育のせいばかりとは思いませんが、国語の授業によって読書好きが増えるということは、あまりないかもしれないですね。本が好きになる人は、国語の授業とはまるで関係ないところで本を好きになってるはず。少なくとも私はそうでした。だって、国語の授業で求められるのは正しい理解なんですもん。この文章は何に関するものなのか、この文章からはどういったことが読み取れるか、この時作者は何を言いたかったのか。あるいは、ここに入る接続詞は何なのか、この言葉を漢字で書きなさい... そんな設問ばっかり。そして読書感想文の提出。学校では本を読むことは教わるけれど、本を好きになることは教わらない、という言葉に同感です。
そこで現役の高校教師でもあるダニエル・ペナックが打ち出したのは、本の読み聞かせ。予備知識一切なしで、メモも何もとらずにとにかく読んでいるのを聴けばいい、という状況を作り出すこと。そしてひたすら読み聞かせているうちに、続きが気になった生徒たちは、逆に自分から本を手に取るようになったのだそうです。
ここでダニエル・ペナックが選んだのはパトリック・ジュースキントの「香水」なんですけど、見た目に威圧感のある思いっきり大きな単行本、でも実は字も余白も大きい、という本を選んだというのが、ペナックらしくて可笑しい♪

ここから考えられるのは、まず「読書と引き換えに何も求めないこと」の大切さ。実際、本を読むのは大好きな私ですが、その本を分析しろと言われても無理。荷が重いです。せいぜい感想を書く程度。同じ本を読んでも、その時々の経験値や精神状態によって印象が変わってくるのは当然だし、同じ作品を読んでも人によって受け止め方が違うのは当然のこと。一般の本好きとしては、評論家のように読む必要はないんですもん。たとえ誤読してたって、読みが浅くったって、そんなの他人には関係ないし。そんな自由があった上で、他人と本を読む楽しみを共有できれば、それ以上言うことはないかも。

「本嫌いのための新読書術」という副題なんですが、これは本が嫌いな人間に向けての本ではないです。むしろ本嫌いの周辺のための本。本嫌いの子供を持つ親、そして学校の国語教師に向けて書かれたような本。中身は確認してないんですけど、右の画像の「ペナック先生の愉快な読書法 読者の権利10ヶ条」という本と一緒なんじゃないかしら。同じとこから出てるけど、題名を変えたんですね、きっと。(藤原書店)


読者に与えられた権利10ケ条(あるいは読者が絶対に持ってる権利)とは。
  1. 読まない
  2. 飛ばし読みする
  3. 最後まで読まない
  4. 読み返す
  5. 手当たり次第になんでも読む
  6. ボヴァリズム(小説に書いてあることに染まりやすい病気)
  7. どこで読んでもいい
  8. あちこち拾い読みする
  9. 声を出して読む
  10. 黙っている


+既読のダニエル・ぺナック作品の感想+
「人喰い鬼のお愉しみ」D.ぺナック
「人喰い鬼のお愉しみ」「カービン銃の妖精」ダニエル・ぺナック
「散文売りの少女」ダニエル・ぺナック
「ムッシュ・マロセーヌ」ダニエル・ペナック
「片目のオオカミ」ダニエル・ペナック
「カモ少年と謎のペンフレンド」ダニエル・ペナック
「奔放な読書」ダニエル・ぺナック

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
スペイン出身の女性シュールレアリストの画家・レメディオス・バロの書いた散文や自作解説を集めた本。みたい夢を見るためのレシピや、実際に見た夢のこと、自動記述などの「夢のレシピ」、擬似学術論文や創作した手紙、物語や劇の断片の「魔女のテクスト」、バロ自身によるバロ展「イメージの実験室」、インタビューや書簡を集めた「地球の想い出」、バロ自身の生い立ちやレオノーラ・キャリントンとの交友を綴る訳者・野中雅代による「メキシコの魔法の庭」の全5章。1999年のレメディオス・バロ展の開催記念として出版された本。

寓話的で幻想的な絵画の多いレメディオス・バロ。私が知ったのは、小森香折さんの「ニコルの塔」(感想)を読んだ時で、それでものすごく好きになっちゃったんですよね。レメディオス・バロ関係の本がどれも入手できなくて、洋書で画集を買ってしまったぐらい。ガルシア・マルケスの「百年の孤独」(感想)や、トンマーゾ・ランドルフィの「月ノ石」(感想)もバロの絵が表紙に使われていたし、サンリオ文庫版のトマス・ピンチョンの「競売ナンバー49の叫び」もそうみたい。

この本に収録されているバロの絵は全て白黒なので、作品自体は画集などで見るのがお勧めなんですが、バロ自身による作品解説があるのがとても興味深いんです。それに楽しそうなお遊びも色々と。全体的には、正直あまり文才があるようには感じられないんですが(失礼)、それでもバロの絵の1枚1枚の背後に確かに存在する物語を感じることができるような1冊。バロの自由な精神とその遊び心、どこか抑圧された不安定さ、などなど。
面白かったのは、「エロティックな夢をかきたてるレシピ」。これはブルトンを中心にパリのシュールレアリストたちがよくしたというゲームで、社会の常識をブラック・ユーモアで覆し、同時に想像力を解放するというものなのだそう。バロはメキシコに行った後もレオノーラ・キャリントンらの友人とこのゲームをしているんですね。この「エロティックな夢をかきたてるレシピ」もその1つ。本当の料理本のように、まことしやかに作り上げられたレシピは、時にブラックユーモアを交えながらも明るい遊び心たっぷり。
親友だったというレオノーラ・キャリントンのことにも頻繁に触れられていました。彼女もシュールレアリストの画家。「耳ラッパ」「恐怖の館」などが刊行されてるので、こちらも近いうちに読むつもり。


バロの絵が表紙になってる本を集めるとこんな感じ。右2冊は洋書で、私が持ってるのは右から2番目。

    

アマゾンの和書ではバロの本は2冊しか見つからなかったんですけど、そのうちの1冊が今回読んだ「夢魔のレシピ」で、もう1冊はリブロポートから出ている「予期せぬさすらい」。これが私の持っている「Remedios Varo: Unexpected Journey」の日本語訳みたいです。(工作舎)

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: / / /

[amazon]
ウォルター・スコット邸を訪れることによって、才能が開花したというアーヴィング。そのアーヴィングが書いた作品を集めたのが、この「スケッチ・ブック」。原書の「スケッチ・ブック」には、エッセイと短編小説を取り混ぜて全32編が収められているそうですが、日本の文庫にはその中から「わたくし自身について」「船旅」「妻」「リップ・ヴァン・ウィンクル」「傷心」「寡婦とその子」「幽霊花婿」「ウェストミンスタ-寺院」「クリスマス」「駅馬車」「クリスマス・イーヴ」「ジョン・ブル」「スリーピー・ホローの伝説」という全9編が収められています。

読む前にエッセイと短編小説が混ざっていること知らなかったので、スタンスが取りづらくて困った部分もあったんですが、まさに「スケッチ・ブック」という名に相応しい作品集でした。この中で有名なのは、やっぱり「リップ・ヴァン・ウィンクル」と「スリーピー・ホローの伝説」でしょうね。「リップ・ヴァン・ウィンクル」は西洋版浦島太郎。おとぎ話の本にもよく収められてます。「スリーピー・ホローの伝説」はジョニー・デップ主演でティム・バートンが映画化してますよねー。
この2つの作品ももちろんいいんですが(「スリーピー・ホローの伝説」は映画と全然違っててちょっとびっくり)、私が気に入ったのは「幽霊花婿」という物語。...申し分なく美しく教養あふれる婦人に育ったフォン・ランドショート男爵令嬢の結婚相手となったのは、フォン・アルテンブルク伯爵。しかし彼は男爵の城に向かう途上で盗賊に殺されてしまい、道中で出会って同行していた友人のヘルマン・フォン・シュタルケンファウストがそのことを知らせに男爵の城に向かうのですが... という話です。それほど珍しい展開ではないし、ある程度予想がついてしまうんですが、とても可愛らしくて好き。
でもね、この男爵令嬢を育て上げたのは未婚の叔母2人なんですが、この2人、若い頃は「たいした浮気もので、蓮葉女」だったとあるんですよ。で「年とった蓮葉女ほど、がっちりして用心ぶかく、無情なほど礼儀正しい付きそい役はまたとないのである」ですって。欧米の作品には時々厳しすぎるほど厳しい老婦人が登場することがありますけど... というか、そういうの多いんですけど、彼女たちはもしやみんな若い頃は蓮っ葉な浮気者だった? あの人もこの人も? 想像すると可笑しくなっちゃいます。(新潮文庫)


+既読のワシントン・アーヴィング作品の感想+
「ウォルター・スコット邸訪問記」ワシントン・アーヴィング
「スケッチ・ブック」ワシントン・アーヴィング

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
第1部では「天地の創造とそれらが配列され装飾された仕方」、第2部では「世界を三つの部分に区分し、その各部を土地や時代に応じて、起こっては倒れた王国の叙述とともに論じた」という著述の、第3部を収めたのが本書。神聖ローマ帝国のオットー4世に、公務の合間の時間に語り聞かせるために集められた各地方の驚異現象集。

ティルベリのゲルウァシウスというのは12世紀の聖職者だったという人物。このゲルウァシウスが南仏やスペイン、イタリアやイングランドで直接採集、あるいは友人から仕入れた不思議な話、訪れた土地で実際に体験した不思議な出来事が全部で129話、まことしやかに語られていきます。自分自身で体験しなかったら、自分の目で見なかったら、こんなの到底信じられなかったはず~と言ってみたり、聖書や聖アウグスティヌスの「神の国」など古典的著作を引き合いに出しながら、そういった怪しげな話の真実味を出すやり口がすごく巧みで、それでいて語られる話は突拍子もないものが多いのが面白いんですよね。特に驚いたのは、途中で魔術師として登場するヴェルギリウス。これは古代ローマの詩人のヴェルギリウスと同一人物。「アエネーイス」を書いた偉大な詩人が、一体いつの間に魔術師になってしまったんでしょう! でもこれって、特にイタリアで好まれた逸話なんだそうです。他にもナポリの肉市場には肉を腐らせないような魔術がかけられていたり、どちら側を通るかによって幸運が左右される市門のパロスの頭像があったり、風を変える喇叭をくわえた男の青銅像などなど、奇妙奇天烈な話がいっぱい。
欧米の中世史家の間では人気急上昇中の作品なのだそうです。博物誌系の本が好きな人は楽しめるでしょうね。私は読んでてちょっと疲れたけど。(笑)(講談社学術文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「西洋中世奇譚集成 皇帝の閑暇」ティルベリのゲルウァシウス
「西洋中世奇譚集成 東方の驚異」逸名作家

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.