Catégories:“ファンタジー”

Catégories: / /

雑誌に載っている、光原百合さんの作品3つ。

「1-1=1」 小説推理1月号(双葉社)
「人気作家競作! モンキー・パンチの名作『ルパン三世』の世界に挑戦!」ということで、大沢在昌氏との競作。実はルパン三世って、あんまり良く知らないんですよね。もちろん名場面は見たことがあるし、山田康雄さんの声も印象に残ってるんですけど、ちゃんと通して観たことって1回もないかも...。元の話を全然知らないでこの作品を読むというのは、きっとすごく勿体無いんでしょうね。でもこれだけ読んでもすごく雰囲気があって楽しかったです。特にあの錠太郎の秘策ってば最高。思わず噴出しそうになりましたよ。確かにこれは有効だー。(喜)
で、ラストにかけては、しんみりしたりほのぼのとしたり。うわあ、いい話だなあ。


「クリスマスの夜に」 オール讀物12月号(文芸春秋)
「すばらしい赤ちゃん」と「森のクリスマスツリー」「森の郵便屋さん」の3編。可愛らしいクリスマスの童話は、この季節にぴったりですね。光原さんでクリスマスといえば、「ほしのおくりもの」という絵本もありますが、これもそのうちに絵本になったりしないのかな?(「ほしのおくりもの」は、表題作の、金色の星の咲く木のとこが大好きなのだ) 私はこの3作の中では「森の郵便屋さん」が一番好きだな。なんて可愛いの!木彫りというところが、またあったかくて素敵。


「オー・シャンゼリゼ」 星星峡(幻冬舎)
星星峡は、幻冬舎から出ているPR誌。大きな書店にしかないんですけど、カウンターに置いてあって、ただでもらえます。前回光原さんの作品が載ってた時は、なかなか書店に行く時間が作れなくて、その間になくなってしまったんですが、今回はちゃんともらえました♪
ということで、沢渡颯月先生の登場する短編。なんて爽やかで可愛い話なんでしょう。いやあ、若いっていいですなあ... なんておばさんくさいことを言いたくなったのですが(笑)、でも金管楽器ってなんだかエロティックなイメージですね。少女から大人の女へ... というこの時期に、ぴったりだなあって思っちゃった。


+既読の光原百合作品の感想+
「ありがと。 あのころの宝もの十二話」ダ・ヴィンチ編集部編(「届いた絵本」)
オール讀物11月号(文藝春秋)(「扉守」)
小説NON 11月号(祥伝社)(「希望の形」)
小説推理・オール讀物・星星峡(「1-1=1」「クリスマスの夜に」「オー・シャンゼリゼ」)
「最後の願い」光原百合
光原百合ベスト3@My Best Books!
「尾道草紙」尾道大学 創作民話の会
「銀の犬」「親切な海賊」光原百合
オール讀物 2007年10月号(「写想家」)
「嘘つき。 やさしい嘘十話」ダ・ヴィンチ編集部編(「木漏れ陽色の酒」)
オール讀物 2008年11月号(「旅の編み人」)
「新・本格推理 不可能犯罪の饗宴」二階堂黎人編・オール讀物 2009年8月号(「花散る夜に」「ピアニシモより小さな祈り」)
「イオニアの風」光原百合
「扉守 潮ノ道の旅人」光原百合
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
プテステ2の同名のゲームのノベライズ作品。 R.P.G.的な冒険ファンタジー「ブレイブ・ストーリー」はとても面白かったし、この作品を読むのも楽しみにしていたのですが、ちょっと勝手が違ったかな...。ICOというゲームを知らないせい? んんー、それだけじゃないような気がする。なんだか登場人物や舞台の情景が、ものすごく遠くに感じられてしまったんですよね。ファンタジー好きなんだけどなー。残念だなー。ゲームを知ってる人の感想が聞いてみたいな。(講談社)


+既読の宮部みゆき作品の感想+
「ICO 霧の城」宮部みゆき
「あかんべえ」上下 宮部みゆき
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
いしいしんじさんの本は4冊目。それぞれにとても良い作品なんですが、でもこれが一番素直に良かったです。するんと入り込んできて、暖かくて、懐かしくて、まるで子供の頃好きだった海外物のファンタジーを読んでるみたいな感覚。で、読みながらなぜかずっと思い浮かべていたのは、カレル・チャペックの「長い長いお医者さんの話」なのでした。特に似てるわけでもないのになんでだろう。(笑)
この物語の主人公は、トリツカレ男というあだ名のジュゼッペ。なんでトリツカレ男かといえば、何かに取り付かれては、尋常ではないハマり方をしてしまうから。ある春の朝ラジオから流れてきたオペラにハマって一日中オペラ調に歌い続けていたかと思うと、今度は夏の終わり、空き地にいたバッタを見て三段跳びに取り付かれて、世界新記録を出しちゃったりします。その他にも探偵ごっこや昆虫採集、外国語、なぞなぞ、潮干狩り、綱渡り...  と、取り付かれるものは様々。そんな彼がある日取り付かれたのは、公園で風船売りをしていた少女・ペチカ。
いや、もうほんと、純粋で真っ直ぐなジュゼッペの姿が、見てると切なくて苦しくなっちゃうんだけど、でもそれ以上に、すごく温かくて幸せな気持ちになれるお話なんですよ、ほんと。これはいいなあ。好きだなあ。(ビリケン出版)


+既読のいしいしんじ作品の感想+
「トリツカレ男」いしいしんじ
「絵描きの植田さん」いしいしんじ・植田真
Livreに 「ぶらんこ乗り」「麦ふみクーツェ」「プラネタリウムのふたご」の感想があります)

| | commentaire(6) | trackback(3)
Catégories: / /

「長い影」有栖川有栖

既に閉鎖されていた工場から死体が発見され、アリスと火村、そして鮫山警部補は、深夜の工場から人影が出てくるのを目撃したという夫婦の家を訪れます。
作家アリスシリーズの短編。この人が犯人なんだろうなという人物はいて、実際その通りだったんだけど、その人物が犯人だと断定されるまでの過程が緊迫感たっぷりで面白かった! 丁度刑事コロンボが犯人を追い詰めていく感じですね。あ、今はコロンボよりも古畑任三郎を引き合いに出す方がいいのかしら。(笑)

「恋愛で死神」伊坂幸太郎

7日間ある人間を調査し、その人間が死ぬべきだと判断すれば「可」と報告、死ぬ必要がないと考えれば「見送り」と伝える、調査部の死神たち。その日も死神の「千葉」は、対象となった荻原が死んでいるのを確認していました。
「死神」というのがある種の比喩的表現なのかと思ってたら、これが本当の死神でびっくり!(笑) なんで「荻原」が調査対象になったのかが良く分からないし、死神たちの世界のこともシステムのことも全然分からなかったんだけど、でも7日間の話は面白かった。最初から結末が分かってるとはいえ、最後は「なんでよ?」だったんですけどね。これはシリーズ物になるのかな。楽しみになっちゃう。

「扉守」光原百合

瀬戸内の町の高校に通う林雪乃は、その日の朝、ふと通りがかった路地で小さな店に気付きます。その日の放課後、雪乃は早速「セルベル」というその雑貨店に行くことにするのですが...。
冒頭の、雪乃のシーンでびっくり。「雪乃」という名前も「子ウサギ」もどちらも白いイメージだから、その変化がまた強烈で。一体何があるんだろうと思ったら... なるほど! 子犬のエピソードが重なってくるのが、何とも言えずいいなあ。ミステリアスな雰囲気がとても素敵なファンタジーでした。ええと、これもシリーズ物ってことでいいのかな? 光原さんの作品って、どれもこれもシリーズ化して長く続けてもらいたくなっちゃうんですけど。(笑)


他にもいくつか読んだんだけど、感想はこのぐらいで。
それと「小説NON」は、昨日行った本屋には置いてなかったので、また明日にでも大きな本屋に行ってきまーす。


+既読の光原百合作品の感想+
「ありがと。 あのころの宝もの十二話」ダ・ヴィンチ編集部編(「届いた絵本」)
オール讀物11月号(文藝春秋)(「扉守」)
小説NON 11月号(祥伝社)(「希望の形」)
小説推理・オール讀物・星星峡(「1-1=1」「クリスマスの夜に」「オー・シャンゼリゼ」)
「最後の願い」光原百合
光原百合ベスト3@My Best Books!
「尾道草紙」尾道大学 創作民話の会
「銀の犬」「親切な海賊」光原百合
オール讀物 2007年10月号(「写想家」)
「嘘つき。 やさしい嘘十話」ダ・ヴィンチ編集部編(「木漏れ陽色の酒」)
オール讀物 2008年11月号(「旅の編み人」)
「新・本格推理 不可能犯罪の饗宴」二階堂黎人編・オール讀物 2009年8月号(「花散る夜に」「ピアニシモより小さな祈り」)
「イオニアの風」光原百合
「扉守 潮ノ道の旅人」光原百合
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
彩雲国初の女性官吏となった秀麗は、茶州に赴任することに。
ということで、彩雲国物語第4弾、副題は「想いは遙かなる茶都へ」。自分で買った本は積んでしまいがちな私には珍しく、昨日買ってきて今日にはもう読んでしまいました。秀麗は茶州に行っちゃうし、劉輝の出番もあんまりないだろうしなー、ってそれほど期待してなかったのに、今回も面白かったわー。前回みたいなしんみりとする場面こそあまりないものの、今回は活劇的な面白さ。秀麗の護衛の2人の男性の過去も見えてくるし! またしてもいい男が1人増えちゃうし! でもこの新しい彼は、ちょっと... いや、かなり危険な香り。だめよっ、秀麗! 頑張れ、静蘭!!
...でもね、実は挿絵を見るたびに思うんですけど... 静蘭と劉輝、絵を逆にした方がしっくりくるような気がしませんか? 由羅カイリさんのこの挿絵は凄く好きなんですけどね。静蘭だけはいつもちょっぴり違和感なのです(^^;。(角川ビーンズ文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「彩雲国物語 はじまりの風は紅く」「彩雲国物語 黄金の約束」雪野紗衣
「彩雲国物語 花は紫宮に咲く」雪乃紗衣
「彩雲国物語 想いは遙かなる茶都へ」雪乃紗衣
「彩雲国物語 漆黒の月の宴」雪乃紗衣
「彩雲国物語 朱にまじわれば紅」雪乃紗衣
「彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計」雪乃紗衣
「彩雲国物語 心は藍よりも深く」雪乃彩衣
「彩雲国物語 光降る碧の大地」雪乃紗衣
「彩雲国物語 藍より出でて青」雪乃紗衣
「彩雲国物語 紅梅は夜に香る」雪乃紗衣

| | commentaire(0) | trackback(3)
Catégories: /

 [amazon]
探そうとしても、見つからない。いつかどこかに現れる、「ふしぎな名画座」。そこでは、ただ一人のためだけに、懐かしい映画が上映される...。「(逢びき)のあとで」「(天使の詩)が聞こえる」「(ローマの休日)届」など、名画をモチーフにした、ファンタジックな連作短編集。
...と、珍しく文庫本の裏から写してみました。一体何年ぶりなのか分からない赤川作品。このあらすじ、なかなかそそられますよね。実際読んでみても、名画座で出会った女性との恋は、その時2人が観ていた映画そのままだったり、映画を観ることによって自分の非を悟って人生をやり直すことができたり、はたまた映画とは全く逆の皮肉な結果を見せられたり、となかなか凝ってるんです。でもね、最初の3編ぐらいは良かったんだけど、あとの作品はやや単調。せっかくの映画や名画座があまり生かされてなかったようで、それが残念でした。最後の「〔ローマの休日〕届」なんて、結構期待してたんだけどなー。でも9編中、私が観てる映画が2作だけっていうのも、問題だったのかもしれないな。(角川文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
義母の代わりにエッセイ教室に通うことになった、ピンク色のぶたのぬいぐるみ・山崎ぶたぶた。今回はここのエッセイ教室の生徒たちとの交流のお話です。
ぶたぶたシリーズの最新刊。ちょっぴりパワーダウンしたような気はしないでもないんだけど、やっぱりぶたぶたは可愛いですねえ。今回はぶたぶたの書いたエッセイが読めて、そこでぶたぶたのプライベートな面を垣間見れるのが楽しかったです。それと、徳間デュアル文庫から出てる3冊では、ぶたぶたを見ても驚かない人が多くて不思議だったんですけど、今回はぶたぶたの姿を見てみんな一様に驚いていたので、ちょっとほっとしたりして。でも確かに大阪は他の地方に比べたら、「私のようなぬいぐるみを見てもそんなにびっくりしない街」かもしれないですが、でもやっぱりびっくりするのはびっくりするってば! ただ、いくらびっくりしても、次の瞬間には思いっきりツッコミを入れてそうですけどね。(笑)
ここに出てくる紅茶専門店って、MUSICAのことですよね? そば粉のパンケーキ、美味しそう。食べてみたいな。(光文社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「ぶたぶた」「刑事ぶたぶた」「ぶたぶたの休日」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「ぶたぶた日記」矢崎存美
「ぶたぶたの食卓」矢崎存美

+既読の矢崎存美作品の感想+
Livreに「幽霊は行方不明」「幽霊は身元不明」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(1)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.