Catégories:“ファンタジー”

Catégories: / /

 [amazon]
かつて早川書房の異色作家短篇集に大きく影響され、今も尚影響を受け続けているという恩田さん。異色作家短篇集のような無国籍で不思議な短編集を作りたいと考えて「奇想短編シリーズ」と銘打って雑誌に連載していたという作品15編を集めた短編集です。

最近こういった国内作家さんの本を読む機会がめっきり減ってしまって、恩田さんの新作にも以前のようには手が出ない私。新刊が出たら「すぐ読みたい!」と思う作家さん、減りましたねえ。一時に比べると本当にわずかになってしまいました。多分、読みすぎて飽和状態になってしまったんでしょう。恩田さんの作品も今のところは細々と追ってるけど、いつまで続くか... そういう時に短編集を読むのってキケンなんですけどね、本当は。短編集は基本的に苦手なので、下手するとそれっきりになってしまいそうで。

さてこの「いのちのパレード」。一旦読み始めると、ほんと読みやすくてびっくりしてしまうんですが、こういう国内作家さんの読みやすさがまたクセモノなんだよな、なんて最近は思うようになりました。ひねくれてるな。(笑)
ええと、この中で私が一番好きだったのは「夕飯は七時」。こういうのは好き~。そんなアホなと思いつつ、思わず想像してニヤニヤしちゃう。これはやっぱり例の一族の話に繋がってるのでしょうか。あと「かたつむり注意報」も良かった。こういった雰囲気は好きですねえ。「SUGOROKU」なんかも結構好きなタイプ。でもその他は... うーん、まずまず楽しめたのもあったんだけど、面白さがよく分からないのも結構あったりして... それにやっぱり短編集のせいか、途中で息切れしてしまって困ります。一旦息切れしちゃうと、どうやっても進まなくなるんですもん。そういうのって短編がどうこういう私の嗜好だけでなく、きっと途中で集中力を途切れさせてしまうような作品があるせいなんだろうなと思うんですが。
いくつかの作品で、あれ、これってもしかして...? なんて思ったりしたので、どの作品も何らかの作品へのオマージュなのかもしれないですね。そういうのが分かると、また楽しさが違ってくるのかも。(実業之日本社)


+既読の恩田陸作品の感想+
「夏の名残りの薔薇」恩田陸
「小説以外」恩田陸
「ユージニア」恩田陸
「蒲公英草紙」「光の帝国」恩田陸
「酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記」恩田陸
「ネクロポリス」上下 恩田陸
「エンド・ゲーム」恩田陸
「チョコレートコスモス」恩田陸
「中庭の出来事」恩田陸
「朝日のようにさわやかに」恩田陸
「木洩れ日に泳ぐ魚」恩田陸
「いのちのパレード」恩田陸
「猫と針」恩田陸
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon]
60年ぶりの満月のハロウィーンの晩。前回の満月のハロウィーンの晩の魔女の悪戯がひどかったため、今回子供たちは「お菓子をくれないといたずらするぞ!」のおふせまわりも早々に終わらせて家に入るように言われていました。しかし魔女のどんちゃん騒ぎに紛れ込んでみたいと考えたアリゼとエクレルは、魔女に扮装してホウキを持って、魔女の集まる星見丘へ。魔女が来ないうちに藪に隠れて待っていると、空は突然、ホウキに乗った魔女でいっぱいになります。ひとしきりゲームや競争をしてから地上に降り、焚き火をたいてお茶を入れ始めた魔女たち。それを見たアリゼは、藪に立てかけられたホウキを1本取って自分のホウキと取替え、「魔法入門」で覚えた呪文を唱えて空に舞い上がります。

先に読んだ「ティスの魔女読本」に出てきた魔女のティスとアリゼの出会いがこの本。空の上で困っていたアリゼを助けてくれたのがティスだったんです。でも、子供の頃に魔女のホウキで空を飛んでみたいと思ったことのある人は結構いるんじゃないかと思うんですが、こんな恐ろしい思いをするなんて想像してる人はほとんどいないと思いますねえ...。ここに登場する魔女たちの羽目の外し具合にもちょっとびっくり。物語に登場するような、いわゆる「良い魔女」「悪い魔女」とはまたちょっと違う「魔女」。これを読んでいると、本来の魔女ってこんな存在なのかもしれないなーなんて思えてきます。
そして魔女たちのハロウィーンパーティの後は、人間たちのハロウィーンパーティ。これは魔女のパーティとは全然違って、なんだかロマンティック。前後の本は読んでるので、おおー、実はこんな出来事があったのね!ってびっくりです。(河出書房新社)


+シリーズ既刊の感想+
「エルフさんの店」高柳佐知子
「ティスの魔女読本」高柳佐知子
「ハイウィロウ村スケッチブック」高柳佐知子
「アリゼの村の贈り物」高柳佐知子
「不思議の村のハロウィーン」高柳佐知子

+既読の高柳佐知子作品+
「イギリス湖水地方を訪ねて」「風のまにまにイギリスの村へ」高柳佐知子
「ケルトの国に妖精を探しに」高柳佐知子
「ナチュラル暮らしの手作り工房へ、ようこそ」高柳佐知子
「庭が仕事場」高柳佐知子

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
夏休みの最後の3週間を、父と2人で海のそばの小さな町で家を借りて過ごすことになったと聞かされて驚くカズヤ。母がその間ずっと遠くで仕事なので、2人で東京にいても仕方がないというのです。カズヤは小学5年生。父は小説家で、母はデザイナー。そしてたどり着いた海辺の町は、海水浴場などではなく、小さな漁港があるだけの町。カズヤは早速、同じ小学5年生でミステリー好きのミツルと話すようになります。そのミツルがしてくれた秘密の話は、この町に住んでいた佐多緑子という大金持ちの老婦人の遺産にまつわる謎の話。彼女は亡くなる4日前に全財産を銀行からおろし、亡くなるまで一度も外出せず、訪ねてきた客もいなかったというのに、死後、そのお金は屋敷のどこにもなかったというのです。2人は早速佐多緑子の遺産はどこに消えたのか考え始めます。

ポプラ社にTEEN'S ENTERTAINMENTというYA向けのシリーズが出来ていたようですね。これはその第一回配本作品。
題名の「フリッツと満月の夜」の「フリッツ」は、表紙の絵にも描かれている猫のこと。満月の夜に一体何があるのかな~?なんて思って読んでいたんですけど... いや、確かにフリッツも満月の夜も一応重要ではあるんですけど... あんまり話の中心というわけではなかったんですね。むしろカズヤとミツルのひと夏の冒険物語という感じ。もしかして、元々はきっともうちょっと違う話になるはずだった? 書き直してるうちに路線が違う方向にズレちゃったの? って思っちゃう。このフリッツの存在こそが松尾さんらしいところになるはずだったんでしょうに、この程度じゃああんまり必然性が感じられない... せめてもう少し早く物語の前面に出てきていれば。
うーん、ダビデの星の使い方は面白かったんですけどねえ。私にはどうも全体的に物足りなかったです。残念(ポプラ社)


+既読の松尾由美作品の感想+
「雨恋」松尾由美
「ハートブレイク・レストラン」松尾由美
「いつもの道、ちがう角」松尾由美
「安楽椅子探偵アーチー オランダ水牛の謎」松尾由美
「九月の恋と出会うまで」松尾由美
「人くい鬼モーリス」松尾由美
「フリッツと満月の夜」松尾由美
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(2)
Catégories: / / /

 [amazon]
信乃にアルバイトの話を持ってきたのは、継父の「村尾さん」。取引先の社長に、ある10歳のお嬢様が女子高校生限定の家庭教師を探しているという話を聞いてきたのです。無事にその子の家庭教師になれた時の謝礼は、かなりの高額。しかしお嬢様はなかなか気難しいらしく、これまで面接を受けに別荘まで行った高校生のほとんどが、その日のうちに帰されてしまっているというのです。信乃は再婚したての両親を2人きりにさせてあげる意味もあって、面接を受けに行くことを決めます。そして翌日早速その少女、阿久根芽理沙に会いに行くことに。

普通なら、我侭なお嬢様の家庭教師になった女子高生が別荘地で連続殺人事件に巻き込まれて... というミステリになるはずのところなんですけど、この作品を書いてるのは松尾由美さん。そんな一筋縄でいくはずがありません。なんせ人くい鬼モーリスが殺人事件に絡んできちゃうんですから。
この「人くい鬼モーリス」は、実際には何なのかははっきりと分からないものの、この土地が別荘地になる前、普通の村だった頃は時々目撃されていた存在。芽理沙のお祖父さんもお母さんも、子供の頃に何度も見ています。お祖父さんの観察ノートによると、モーリスは自ら人を殺すことはしないものの、新鮮な人間の死体が大好物。死体を前にお祈りでも捧げるように頭を少し垂れていると、死体が光を放ち始め、数秒で死体が消えてなくなってしまうといいます。お祖父さんの考えでは、モーリスが食べてるのは生物の残留思念で、死体が消えてなくなるのは、その副作用のようなもの。そして最大のポイントは、モーリスを見ることができるのは高校生ぐらいまでの子供だけだということ。
この別荘地で起きる殺人事件では、いずれも死体が消滅してしまいます。読者や主人公たちにすれば、モーリスが食べてしまったんだろうというところなんですが、実際に推理する大人たちはそんな存在自体全然知らないし、人くい鬼の噂を聞いたとしても信じられるわけもなく...。そもそも死体と一緒に犯人の手がかりとなりそうなものも消えてしまってるだけでも問題なのに、死体を移動させられる腕力というのが犯人の条件になってしまうんだからヤヤコシイ。

読んでいても、モーリスの姿があまり鮮明に浮かんでこなかったのがちょっと残念でした。この作品は、ある怪獣のお話のオマージュになってるので、それが分かればそちらの絵が出てくるんですけど、最初はそんなこと分からないですしね。それに終盤、ちょっと唐突だなーとか、ツメが甘いなーと思ってしまう部分も... 本当ならもっと強烈に面白い作品になったんじゃないかって思ってしまうー。それでもモーリスの存在というファンタジックな存在が現実的なミステリと上手く絡み合っていて、これはこれでなかなか面白かったです。(理論社)


+既読の松尾由美作品の感想+
「雨恋」松尾由美
「ハートブレイク・レストラン」松尾由美
「いつもの道、ちがう角」松尾由美
「安楽椅子探偵アーチー オランダ水牛の謎」松尾由美
「九月の恋と出会うまで」松尾由美
「人くい鬼モーリス」松尾由美
「フリッツと満月の夜」松尾由美
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(2)
Catégories: / /

[amazon]
花の好きなスピカさんに庭のことや花のことを教わったり、風屋のロジャさんに風の集め方を教えてもらったり。鉱石好きのスピネルさんや未来の博物学者のフィルさんと鉱物採取をしに行ったり、フィルさんの自然現象の観察ノートを見せてもらったり。アリゼがハイウィロウ村の人々の生活の中で、面白いと思ったり素敵だなと思ったことを紹介していく本。

先日読んだ「ハイウィロウ村スケッチブック」に続く本。アリゼがスピカさんに教わるのは種まきの仕方とか、花の冠やリース、タッジー・マッジーの作り方などなど。アリゼが年下の友達・ミンちゃんと村のあちこちにフーセンカズラの種をまいて歩くのが楽しいです。野原や森でも、色んな人たちに色んなことを習います。コックス・オレンジ・ピピンという早生品種のりんごの保存の仕方、寝袋での野宿の仕方、ロープ結び、木の枝の小屋の作り方や焚火の仕方、かまどの作り方などなど。あとは、村の人々のお得意の食べ物の作り方も。いちごゼリーやゼリー・ロール、クランペット、マフィン、眠気覚ましのココア、眠れない夜のためのミルク酒などなど。
でも一番楽しかったのは、ロジャさんに風の収集の仕方を習ったり、雲研究家のアスゴールさんに教えてもらいながら雲の上を歩いたりという辺りかな。食べ物系も美味しそうだし、花で作る小物なんかも素敵ではあるんですけど... 高柳佐知子さんの普段の生活が透けて見えてくるようで。こういうのはどちらかといえばエッセイ本向きなんじゃないかなあ。でも風の収集や雲の上の歩き方といった辺りは、ハイウィロウ村ならではのファンタジックな部分。こういう本だからこそ、思いっきり夢を見させて欲しいのです。(河出書房新社)


+シリーズ既刊の感想+
「エルフさんの店」高柳佐知子
「ティスの魔女読本」高柳佐知子
「ハイウィロウ村スケッチブック」高柳佐知子
「アリゼの村の贈り物」高柳佐知子
「不思議の村のハロウィーン」高柳佐知子

+既読の高柳佐知子作品+
「イギリス湖水地方を訪ねて」「風のまにまにイギリスの村へ」高柳佐知子
「ケルトの国に妖精を探しに」高柳佐知子
「ナチュラル暮らしの手作り工房へ、ようこそ」高柳佐知子
「庭が仕事場」高柳佐知子

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon]
以前読んだ「エルフさんの店」や「ティスの魔女読本」に繋がるような本。「エルフさんの店」に出てきたお店がこちらにも登場するし、語り手となるアリゼは「ティスの魔女読本」にも出てくる女の子。市内の図書館に蔵書がなくて残念... と思ってたらお隣の市にはあって、そちらから借りてもらいました。
風屋のロジャさんのお店に行きたくなるし~。この「ロジャ」さんというのは、明らかにアーサー・ランサムのシリーズの登場人物から取った名前。「ロジャー」じゃなくて「ロジャ」なんですもん。あの4人きょうだいの末っ子のロジャが(下に赤ちゃんが生まれたから、末っ子じゃなくなったんだけど)、こんな素敵な青年になってしまっていたというのがなんだか不思議。(注・同一人物ではありません) あとジャム作りの名人フランソワーズさんのジャム作りを見てると、自分でも作りたくなってきちゃう。(ここで、どうもフランボワーズと読んでしまうんですよねー) 村のあちこちに杏やスグリ、ラズベリイ、クワの実、野イチゴ、グミなど沢山の木の実が美味しそうに熟してるなんていうのも、羨ましいな。読書人のトゥリードさんの本の分類も素敵。「空や星の本は天窓のある部屋、花や木の本はおもてにすぐでられる部屋、ファンタジーは重たいドアの窓の小さな部屋、キッチンにはお料理の本」... 私はアリゼと同じく屋根裏部屋が好きかも。ここには古い本が棚や箱に入りきらずに積み上げられてられているんですって。
これを読めば、「アリゼの村の贈り物」も「不思議の村のハロウィーン」も読める!と思ったら、「不思議の村~」の方はこの本と同じく市内の図書館の蔵書にはなかったのでした。また探してもらわなくっちゃ。(河出書房新社)


+シリーズ既刊の感想+
「エルフさんの店」高柳佐知子
「ティスの魔女読本」高柳佐知子
「ハイウィロウ村スケッチブック」高柳佐知子
「アリゼの村の贈り物」高柳佐知子
「不思議の村のハロウィーン」高柳佐知子

+既読の高柳佐知子作品+
「イギリス湖水地方を訪ねて」「風のまにまにイギリスの村へ」高柳佐知子
「ケルトの国に妖精を探しに」高柳佐知子
「ナチュラル暮らしの手作り工房へ、ようこそ」高柳佐知子
「庭が仕事場」高柳佐知子

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon]
街の美術学校に通い始めたハイウィロウ村のアリゼが出会ったのは、魔女のティス。何年か前のハロウィーンの夜に魔女のホウキに乗った時、困っていたアリゼを助けてくれたのがティスだったのです。再会を喜ぶ2人。そしてアリゼが人の世界のことを教える代わりに、ティスが魔女の世界のことを教えることに。

魔女のティスとの出会いの物語は多分「不思議の村のハロウィーン」なんじゃないかなと思うんですが、こちらは未読。この「ティスの魔女読本」は大丈夫だけど、ハイウィロウ村の物語はなるべく順番通りに読んだ方がいいと教えてもらったので、まだ図書館でも借りてないんです。なんせ最初の「ハイウィロウ村スケッチブック」が市内の図書館にはないもので...。どの本もすでに絶版ですし。
地球じゃなくってラジムフォウカという青い星に住んでいる魔女たちの暮らしぶりが、ティスの口から紹介されていきます。魔女の3着の服の話、3足の靴の話、帽子の話、猫の話、ホウキの話、学校の話、食べ物の話... ラジムフォウカにはとても高いダイアモンドの山があって、ここには時々他の星が衝突するので、ティスたちはその時飛び散ったかけらを拾い集めて地球に売りに行ったり。
私が一番気に入ったのは、図書館の話。

図書館は誰でも入れるの。
机と椅子が部屋の中央のラセン階段に
置いてあって、壁は全部本なの。
蔵書は学問の本、魔法の本、
あとは、地球上のすべての国の詩集よ。

壁が全部本だなんて! 外国の映画で時々登場するような、壁一面に本棚になっていて上の方の本を取る時ははしごを使うような書斎にも憧れてしまうのに、こんな図書館があったらそりゃあもう...! そしてなんで詩集かといえば、みんな詩が大好きで、沢山の詩を暗誦するのだそうです。魔女は言葉を美しいものだと思うし、ティスも「距離」とか「地平線」という言葉だけでも感動してしまうのだそう。
高柳佐知子さんの柔らかい絵も詩のような言葉もとても素敵。子供の頃から魔女の出てくるような話は大好きだったので、私も色々想像して楽しんでいましたが、高柳さんの魔女の世界はこんな感じなんですね。楽しーい。やっぱりこのシリーズのほかの作品も読みたいなあ!(河出書房新社)


+シリーズ既刊の感想+
「エルフさんの店」高柳佐知子
「ティスの魔女読本」高柳佐知子
「ハイウィロウ村スケッチブック」高柳佐知子
「アリゼの村の贈り物」高柳佐知子
「不思議の村のハロウィーン」高柳佐知子

+既読の高柳佐知子作品+
「イギリス湖水地方を訪ねて」「風のまにまにイギリスの村へ」高柳佐知子
「ケルトの国に妖精を探しに」高柳佐知子
「ナチュラル暮らしの手作り工房へ、ようこそ」高柳佐知子
「庭が仕事場」高柳佐知子

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.