Catégories:“ファンタジー”

Catégories: / / /

 [amazon]
長年大切に扱われてきた器物の中には、百年を経ると妖(あやかし)と化して力を得て、つくも神となるものがあります。お紅と清次の姉弟が切り回している小さな古道具屋兼損料屋・出雲屋には、そんなつくも神となった古道具がいっぱい。そしてそんなつくも神となった品物は売り払われることなく、日々様々な場所に貸し出されているのです... という連作短編集。

お紅と清次の店にあるつくも神は、掛け軸の月夜見(つくよみ)、蝙蝠の形をした根付の野鉄、姫様人形のお姫、鷺の煙管の五位、櫛のうさぎ、金唐革の財布・唐草といった面々。大切にされてきた古い品がつくも神になるという設定はいいと思うし、実際このつくも神たちとなった品々が愛嬌あるんです。お紅と清次もいい感じだし、そこまでは順調。とっても可愛らしい話になりそうでワクワクしちゃう。でも、そこからが... うーん。
肝心のつくも神たちと人間2人の距離が、なんだか中途半端な気がしちゃうんですよねえ。つくも神たちは、お紅と清次を気にせず喋りまくってるけど、2人に話しかけられた時は返事をしないと決めてます。2人が何か知りたいこと、つくも神たちに調べてもらいたいことがある時は、つくも神たちの前でわざとらしく話題にしてから、つくも神たちを関係各所に貸し出すんです。
この話が「しゃばけ」シリーズとはまた違うのは良く分かってるし、これもまた決まりごとの1つだとは思うんだけど...
つくも神たちが「人間とは決して話さない」と決めてる根拠が、イマイチ薄くないですか? なんだかすっきりしないんですよね。お互いのやり取りが遠まわし遠まわしで、どうにも不自然だし...。しかもつくも神たちが期待したほど活躍してくれなくて、結局単に噂集めをしてるだけ。
...というのは、まあ、読んでいるうちにだんだん気にならなくなってくるんですが。

やっぱりこのラスト、あまりにあっさりとしすぎてやいないでしょうかね? あれだけ「蘇芳」「蘇芳」って騒いでいたのに、途中経過の一波乱二波乱もなく、これだけですか? うーん、正直言って拍子抜け。可愛らしい話なんですけどねえ。それだけに、もう一捻り欲しかったなあ。(角川書店)


+既読の畠中恵作品の感想+
「ゆめつげ」畠中恵
「とっても不幸な幸運」畠中恵
「おまけのこ」
「アコギなのかリッパなのか」畠中恵
「うそうそ」畠中恵
「みぃつけた」畠中恵
「まんまこと」畠中恵
「つくもがみ貸します」畠中恵
「ちんぷんかん」畠中恵
「こころげそう 男女九人お江戸の恋ものがたり」畠中恵
「いっちばん」畠中恵
Livreに「しゃばけ」「ぬしさまへ」「百万の手」「ねこのばば」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
下にも書いたアリス部のおかげで、ちょっぴりアンテナが広がってる... かもしれない(笑)今日この頃。本家のアリスを読もうかなあと思いつつ、図書館でこの本が目についたので借りてきてしまいました。いや、もうすっかりこの表紙に呼ばれてしまって。奥付を見てみたら、やっぱりというか何というか、出版社はパロル舎。独特の色使いがとても綺麗~。この独特なシュールな感じが堪らない~。(半魚人みたいな登場人物がいっぱいなんです) 調べてみたら、大竹茂夫さんには、こんな本(下の画像、左2つ)もあるようです。「タロット」というのが気になるなあ。...あ、どこかで見た絵だと思ったら、森博嗣さんの「工学部・水柿助教授」の表紙も描いてらっしゃる方だったのか!(下の画像、右の2つ)
ここには画像を出せませんが、「アリストピア」では「赤の王様」「天体の運行について」の絵が特に好き♪

   


そしてジョン・テニエルの絵やディズニーの絵が圧倒的に有名なアリスの世界なんですが、意外と多いんですよね、それ以外のアリスの本というのも。しかもそれがまたそれぞれの世界を作っていて面白いなーと思います。案外懐が深いアリス。(笑)

        

アマゾンで画像が表示されてるものを適当に拾ってきたんですけど、これ以外にもいっぱい! 以前私もブログで感想を書いたことのあるラッカムをはじめ(記事)、トーベ・ヤンソンの絵の本があるなんてびっくりだったし、ヤン・シュヴァンクマイエルや金子國義さんや山本容子さん! 色々あるものですねえ。画像が載ってなかった本にも面白いのがいっぱいあるんだろうな。あ、アリスが好きな方は、こんなページも見てみてねっ。
ええと、今回は絵の話ばかりになってしまいましたが... しかも肝心の本の中身に触れてないし... 天沼春樹さんのアリスの話の方も面白いです。なんせ最初のページで、アリスは地下鉄の中で本を読んでるんですから。こういうのもアリなのね。(笑)(パロル舎)


+既読の天沼春樹作品の感想+
「ALICETOPIA(アリストピア)」天沼春樹・大竹茂夫
「リトル・レトロ・トラム」天沼春樹・北見葉胡

| | commentaire(6) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
野外音楽堂で夜空のコンサートが大成功に終わった夜、トランペット吹きのドンさんが出会ったのは不思議な男性。落し物でも探しているように、身体をかがめて地面をきょろきょろ見回しながら歩いているのです。その男性が拾っていたのは、ぴかぴかと光る小さな物。それは素晴らしい音楽が空気をぴりぴり震わせると、ぱらぱらと落ちてくるという星くずでした... という表題作「星とトランペット」他、全11編の短編集。

竹下文子さんの初めての短編集。ほとんどの作品が10代の頃に書かれたのだそうです。トランペットを吹くとパラパラと星くずの降ってくる夜空、思わず寝転んでみたくなるような、木漏れ日が差し込む林の中の小さな空き地、おだやかに打ち寄せる波にすべるように進んでくる船、麦藁帽子をかぶった途端に見えてくる懐かしい景色、フルート吹きを探しながらるるこが歩き回る様々な場所。どれも目の前に情景が広がるようですし、匂いや感触、そして吹いてくる風も感じられるよう。牧野鈴子さんのイラストもとてもよく似合ってて素敵~。
私が特に好きなのは、なぜか動物ばかりが本を買いに来る「タンポポ書店のお客さま」、トラックの運転手らしいヤスさんとキャベツを手にしたルリコ、そして未亡人のアイダ夫人、店主の4つの話が1つに溶け合う「いつもの店」。あと、「野のピアノ」に出てくる自動車事故で小指をなくしたピアニストの言葉も素敵でした。

ぼくにはまだ九本の指がある。この指で、やさしいやさしい曲をひこう。十本の指先に心を集めるのはむずかしかった。だけど、九本なら、すこしやさしいかもしれない。一本ぶんだけ、やさしいかもしれない。

上の画像は復刊された単行本。私が読んだのはこれと同じく牧野鈴子さんの表紙なんですが、講談社文庫版です。(講談社文庫)


+既読の竹下文子作品の感想+
「風町通信」竹下文子
「木苺通信」竹下文子
「星とトランペット」竹下文子
「窓のそばで」「星占師のいた街」竹下文子
「むぎわらぼうし」竹下文子・いせひでこ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
黒ばらさんは、現在135歳になる二級魔法使い。使える魔法は飛行術と変身術だけなんですが、それはドイツのハロケン山にある魔法学校で習ったれっきとしたもの。普段は駅ビルの一室を借りて、悩める人たちの心の相談に乗る仕事をしています... 「黒ばらさんの七つの魔法」は、そんな黒ばらさんの連作短編集。そして「黒ばらさんの魔法の旅だち」は、それから15年後の物語。こちらは長編です。

牧野鈴子さんの表紙がとても綺麗なので気になっていた作品。
黒ばらさんは魔法は2つしか使えないし、大きな魔法を使うと疲れるからって、それほど積極的に魔法を使おうとしないんですよね。もちろん細々としたことでは魔法を使ってるし、必要があればホウキで街中を飛んだりもするんですけど、外国に行く時は普通に飛行機を利用してるし! そうでなくても団地に1人暮らしで、悩み相談の仕事をしてるなんて、あんまり魔女らしくないです。でも逆にそれが現代風の魔女ってところかな~? 魔法が使えるとは言っても、飛行術と変身術だけじゃあ、やれないことがいっぱい。病気を治すこともできません。でも魔法にばかり頼らないところがいいんですね。それに135歳だというのに、見た目は一応40歳ぐらいの黒ばらさん。ベニスで出会ったエメラルドのような瞳をした素敵な青年に恋したりして、その乙女心が可愛い~♪
「七つの魔法」の方では、「黒ばらさんのカンボランダ」が好きでした。これは、かつて「いばら姫」の誕生祝いのパーティに招かれずに腹を立ててたあの魔女が、なぜか今は「地球の土と緑をすくう委員会」なんていうものに入っていて、あらゆる害に強く繁殖力抜群のカンボランダという木を開発、その種を世界中の魔法使いや魔女たちに送りつけてくるという話。ちょっと意外な最後が好き~。
そして、「七つの魔法」では短編同士にあまり繋がりがなくてバラバラな印象もあったんですけど、「魔法の旅だち」には「七つの魔法」の時に出会った少年や、いばら姫のあの魔女が大きく絡んでくる話になってて、こちらは繋がりもシリーズらしくいい感じになってました。前作から15年ぶりの新作ということで、作中でも15年の月日が流れて、黒ばらさんも今や150歳。世の中の魔法ブームのせいで大忙しになってるうちに、なぜか上手く魔法が使えなくなってる黒ばらさん。今度は気づいたら時間の流れがおかしくなってたり、妖精の世界に入り込んでしまったりで、いばら姫の物語や妖精の取替え子の伝説が上手く絡められていて、前回よりもファンタジー度が高い作品。初登場のノームの少年も可愛かったし、こちらも面白かったです。ただ、黒ばらさんの魔法が不調な理由って、それだけだったんですね...。てっきりもっと何かあるのかと思っていたのに。その辺りだけはちょっぴり残念だったかな。(偕成社)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon]
満開の桜林の中でふるふると優しく鳴っている電話の音、夜になると赤・緑・紫・橙色と足元を淡く照らしてくれるランタン野菜、浅瀬で水浴びをしているオレンジ色のドラゴンたち、北の崖で見つけた白い貝から聞こえる音楽、銀河からじかに汲んだレモン・星ソーダ、夏の花の花びらの花火、雲のレストランの出す様々な雲の料理、家の中にいる人がすっぽりと夕焼けに包み込まれてしまう「夕焼け窓」... 木苺谷を舞台にした24の短編集。

sa-ki さんに教えていただいた本です。
とても短い話ばかりなんですけど、どれもとっても素敵! 年末のこの時期は何かとせわしなくなってきてるんですけど、読んでいるとそんな慌しい心がどんどん和らいでくるような気がします。舞台は木苺谷で、ちょっぴり不思議なことが起きたりもするので、これはきっと架空の世界なんでしょうけど... それでいて現実の世界の延長線上での話のようでもあって、なんだかどことなく懐かしいんですよね。不思議なことは起きるんだけど、それがとても淡いからなのかしら。読んでいると、びっくりするほどすんなりと受け入れられちゃう。
季節にそれぞれ「風の月」とか「氷の月」、「鳥の月」や「虹の月」、「芽の月」「葉の月」「花の月」「実の月」なんて名前がついてるところも素敵だし... たとえば風の月は3ヶ月ほども続く冬のことで、鳥の月はランタン野菜の季節を蒔く時期。星祭りや冬至祭、折り紙の船を飛ばす「船の日」なんていうのもあって、季節の移り変わりやその折々に感じられる色彩がとっても豊か。とっても静かなイメージなんだけど、柔らかくて美しいんです。どの話もとても良かったんだけど、今の季節がら、暖かみが感じられる話に特に惹かれたかな。とっても素敵な本なのに絶版だし、黒井健さんの絵を使った表紙の画像が出なくて本当に残念!(偕成社)


+既読の竹下文子作品の感想+
「風町通信」竹下文子
「木苺通信」竹下文子
「星とトランペット」竹下文子
「窓のそばで」「星占師のいた街」竹下文子
「むぎわらぼうし」竹下文子・いせひでこ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
やり場のない怒りを抱えて家を飛び出し、粗末な小船を操っていた二郎が、一羽の翡翠に導かれるようにして辿り着いた場所は、まるで桃源郷を思わせるような満開の桃林。そしてその桃林で、10年ぶりに幼馴染だった七娘と小妹と再会します。七娘は金色の毛の猿に、小妹は白虎にそれぞれ導かれてこの地にやって来たのです... という「楽昌珠」他全3編の連作短編集。

簡単に言ってしまうと、久しぶりに再会した幼馴染たちが、酒を酌み交わしながら宴を囲んでいるうちにふと寝入ってしまい、夢とは思えないほどリアルな夢を見るという話。この夢の中では、科挙に受かって立身出世をしたかったという二郎の夢が叶っていて、唐の武則天の時代の権謀術数渦巻く宮中にいるし、現実の世界では怪我をしていたはずの七娘はピンピンしてるし、小娘が妓楼に売られるなんてこともないんですよね。3人の名前も年齢も、桃林と夢の中では違うし、3人の関係だって全然幼馴染じゃないんです。この宮中でのドロドロとした話が面白い! 桃林に元々現実味のあまりなかっただけに、本当はどちらが現実なのか分からなくなってしまうほど。久々に森福都さんらしい話だなあ~と嬉しくなっちゃう。この作品には高力士も登場するんですが、以前の作品の設定とはまた全然違っていて、ニヤリとしてしまうし。
...でもね。これで終わりなのでしょうか? あの桃林には、結局どういう意味があったの? あの3匹の動物たちは? 3人はただ現実逃避をしていただけだったのか、それとも...? 本としては、一応これで完結してしまったみたいなんですけど、これじゃあ話としてちゃんと落ちてないですよね。それともこれで本当に終わりなのかしら。ええと、最後のあの思わせぶりな書きっぷりは回想シーンじゃなくて、新しい環が始まったってことなんでしょうか。もしそうだったら、今度は実は弄玉があの有名な妃だった、なんていうのも楽しいと思うんですが...。
これはぜひとも続編をお願いしたいものです。このまま放り出されたら、落ち着かないわ~。(講談社)


+既読の森福都作品の感想+
「琥珀枕」森福都
「漆黒泉」森福都
「狐弟子」森福都
「楽昌珠」森福都
「肉屏風の密室」森福都
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
物心が付いた頃から鉄塔に興味を持っていて、鉄塔を眺めるのが何よりも好きだった小学校5年生の少年が、夏休みに近所の鉄塔から順に1つずつ鉄塔を辿っていくという、文字通りの鉄塔小説。第6回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作で(池上永一「バガージマヌパナス」と同時受賞)、映画化もされている作品。実際の鉄塔の写真が500枚以上収録されて、まるで小学5年生の少年による実録小説のような感じです。最初の新潮社版の単行本や文庫には全ての写真を収録することができなかったのが、今回のソフトバンク文庫でようやく全て収録という運びになったのだとか。

「男性型」「女性型」「料理長型」「婆ちゃん鉄塔」などなど、鉄塔に色々な名前をつけて、その「結界」に1つずつメダルを埋め込むことに執着して、最後までやり遂げようとするところなんかは、鉄塔に対する愛情が感じられていいと思うんですけど... いやあ、ツラかった。本を読んでいてこんなにツラかったのは久しぶり。なんせ私自身鉄塔にはまるで興味がないですしねえ。最初は、そんなに色んな種類の鉄塔があるのかーって読んでたんですけど、いくつか読んだ時点ですっかり飽きてしまって。いえ、この1つずつの鉄塔を執念深く描き続けるところにこそ、意味があるんでしょうけどね。そしてそれ以上にツラかったのが、文章が合わなかったこと。小学5年生の少年の一人称の作品で、会話はまるっきりの子供だっていうのに、地の文章の主語が「わたし」なんです。しかもどう考えても小学生の作文という感じの拙さなのに、語彙力は大人並み。もちろんわざと子供らしく書いたということなんでしょうけど、どうも気持ちが悪くて堪らなかったです... 最後まで読み終えてほっとしました。同時受賞の池上永一さんの「 バガージマヌパナス」は、すごく好きだったんだけどなあ。あ、この作品よりも、私は「風車祭(カジマヤー)」が好きなんですけどね。池上作品は4冊しか読んでないクセに、これは池上さんの最高傑作に違いないと信じてるぐらい。この年のファンタジーノベル大賞は、まるっきり正反対に違う2作だったんですね。(笑)(ソフトバンク文庫)

| | commentaire(2) | trackback(1)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.