Catégories:“ファンタジー(翻訳)”

Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
アンドルー宛てに送られて来たのは奇術の本。アンドルーは仕事で訪れたイギリス北部の町で、その本を送りつけてきたケイト・エンジャという女性に会うことになります。アンドルーとケイトの曾祖父は、どちらも"瞬間移動"を得意としていた奇術師。2人の奇術師の間には生涯に渡って確執があったというのですが... という「奇術師」。
爆弾テロに巻きこまれ、記憶を失った報道カメラマンのリチャード・グレイの元に、かつての恋人だというスーザンが現れます。彼女のことを何1つ思い出せないリチャード。それでもその再会がきっかけとなり、リチャードは徐々に記憶を取り戻し... という「魔法」。

クリストファー・プリースト2冊。
ご存知の方はご存知のように、去年からハヤカワ文庫FTマラソン(?)をやっているので、いずれは読むつもりでいたんです。去年は1~100を読んだので、今年は主に100番台の作品を読書中。でもこの本はどちらも300番台。そのままだと再来年になってしまうなあ、なんて思ってたんですけど... 奇妙な世界の片隅でのkazuouさんに、「いの一番に読むべき作品」と言われてしまって! いの一番とまではいかなかったんですが、読んでみました。最初はこの2冊の感想をまとめて書くつもりはなかったんですけど、でもこれはどちらもネタバレをせずに感想を書くのが難しいー。
いや、凄かったです。「語り=騙り」というのはこういうことだったのか、と思い知らされました。一体どこからどこまでが真実? ていうか、真実って何? 構築されつつ、同時に崩壊していく物語。もうね、「魔法」のオチが凄いんです。これって、これって、もしかして?!?
「奇術師」も面白かったけど、「魔法」の方が良かったな。それに「奇術師」のエンディングには、妙に既視感があるんですよね。この作品は初読だし、ラストだけ先に読んだなんてことは絶対ないし、ネタバレされてしまったなんてこともないし、他の作品を思い出しているわけでもなさそう... 多分。なのに、ラストのあの場面に関しては、受け入れ態勢がすっかり整っていたのはなぜなんでしょう。映像付きの既視感。映画の予告ですら1回も見ていないというのに。夢にでも見たのかしら、このオチ。(笑)(ハヤカワ文庫FT)


+既読のクリストファー・プリースト作品の感想+
「奇術師」「魔法」クリストファー・プリースト
「双生児」クリストファー・プリースト
「逆転世界」クリストファー・プリースト

| | commentaire(8) | trackback(2)
Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
アーサー王伝説で有名な魔法使い・マーリンの少年時代の物語。作者のT.A.バロンは、アメリカ生まれのアメリカ育ちながらもオックスフォード大学に留学し、ケルトの伝説やアーサー王文学に惹きつけられたのだそう。そしてどの伝説にも書かれていないマーリンの少年時代、魔法使いになるまでの物語を書いたのだそうです。
第1巻は記憶を失った少年・エムリス(マーリン)が幻の島・フィンカイラに辿り着いて、悪神・リタガウルに操られるスタングマー王を倒す物語、第2巻は荒れ果てたフィンカイラの大地を蘇らせる役目を担ったエムリスがその役目を途中で放り出した結果、母親がリタガウルの策略にひっかかってしまい、母親を助けるために7つの歌の極意を探る旅に出る物語。

アーサー王伝説をモチーフにしてるとくれば、しかも主人公がマーリンとくれば、読まずにはいられないんですけど... うーん、これはどうなんでしょう。アーサー王伝説に繋がる世界を作り上げようと色々頑張ってるのは分かるんだけど、どれもこれも小ワザに見えてしまうー。いくらギリシャ神話やケルトの伝承を持ち出してきても、それだけではアーサー王伝説の重厚さは描けないと思うんですよねえ。そしてそれ以上に、主人公に感情移入できないのがツラいところ。もうほんと、鼻持ちならない少年なんです。しかも作者が物語に波風を立てるために、マーリンをなかなか成長させないでおこうとしているように感じられてしまったのが...。主人公が失敗を通して成長していくのはいいんですけど、そこに説得力を出すかどうかは、作者の腕の見せ所のはず。それに、2巻の7つの歌の極意を知る旅という展開は、すごく面白いものになりそうだったのに、それぞれの極意があっさりと分かってしまったのが残念。この辺りがもう少しじっくりと書き込んであれば良かったのに。きっと7つというのが多すぎたんでしょうね。それなら5つとか3つでは? ケルト的には、どっちの数字でも良かったでしょうに。
これがどんな風にアーサー王伝説に繋がっていくのか見届けたいので、こうなったら全5巻読むつもりですが、次こそちょっとは成長しておいてよ、マーリン!と言いたい気分です。(主婦の友社)

これを読んでいたら、無性にロイド・アリグザンダーのプリデイン物語シリーズが読みたくなってきました。プリデイン物語シリーズ、子供の頃に好きだったんですよね。子供心にも深みが少し足りないような気はしたんですが(笑)、マビノギオン(感想)がベースになってるそうなので、今読んだらその頃とはまた違う意味でも色々と面白いのではないかと。私にとっては、初ケルトの作品だったのではないかと思います。


+シリーズ既刊の感想+
「マーリン」1・2 T.A.バロン
「マーリン」3~5 T.A.バロン

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: /

[amazon]
悪の女王バヴモルダが恐れているのは、身体に特別な「しるし」を持つ赤ん坊の誕生。バヴモルダの仇敵、フィン・ラジエルが、その子供によってバヴモルダが破滅すると予言をしていたのです。バヴモルダは辺り一帯の妊娠6ヶ月以上の女を全てとらえて城で出産させ、娘のソーシャにしるしがついた赤ん坊がいないかどうか調べさせていました。そしてとうとう、しるしがついた赤ん坊が生まれたのです。助産婦は赤ん坊を連れて逃げ、追っ手につかまる前に川まで辿り着き、赤ん坊を小舟に乗せて逃がします。赤ん坊を乗せた舟は川を下っていき、その舟を見つけたのはネルウィン族のウィローの2人の子でした。

ジョージ・ルーカス原案、ボブ・ドルマン脚本の映画「ウィロー」のノベライゼーションだそうなんですが、映画は観てません。ノベライゼーションは好きじゃないんですけど(どうもすかすかしてるイメージが...)、脚本にはないけれどジョージ・ルーカスの頭の中にあったという物語の背景や、ウェイランド・ドルーのオリジナル部分が色々と書き込まれているそうで、そういう意味では割とまともな小説になってました。
でも話自体が善と悪の対決という単純なものだし、光の女王が生まれたとは言ってもまだ赤ん坊なので、本当にその資質があるのかどうか、今ひとつ説得力がない状態。皆に愛されて、人間だけでなく動物たちにも助けられるというのも1つの資質なんでしょうけどね。そして主人公のウィローは、「指輪物語」のホビットみたいな小さな種族の生まれなんですが、小さな人を登場させる意味も全然ないのでは? うーん、何なんでしょうねえ...。(ハヤカワ文庫FT)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
小国・アプミーズを治めるピーター王には、ブレイズ、ヒュー、グレゴリー、ラルフという4人の息子がいました。穏やかではあっても、小さく地味なアプミーズを徐々に狭苦しく感じるようになった4人は、他国の人々の暮らしぶりを見たくてたまらくなり、とうとうピーター王は4つのくじと財宝の入った3つの合切袋を用意します。4人のうち3人は北、東、西へ旅立ち、一番短いくじを引いた者は館に戻り王国を継ぐことになったのです。くじの結果、ブレイズとヒュー、グレゴリーはそれぞれ従者と共に旅立ち、末子のラルフはお館に残ることに。しかしラルフは翌朝未明に起きると密かに旅立ちの準備を整え、南へと旅立ちます。

工芸家、装飾デザイナーとして有名なウィリアム・モリスの書いた散文ロマンス。アーサー王伝説の中にあってもおかしくないような、中世の世界を舞台にした騎士や貴婦人と探求の物語。J.R.R.トールキンやC.S.ルイスは、モリスをファンタジー作家として高く評価していて、大きな影響を受けたのだそうです。
永遠の命を得られるという「世界のはての泉」を求めるラルフ王子。最初は無邪気な若者だったラルフが、雄々しく気高い騎士へと変わっていくという寓話的な成長物語なんですけど、それがゆったりと優美に描かれているという感じで、すごく素敵でした。現代の小説が持つジェットコースター的躍動感はまるでなくて、どちらかといえば淡々と進んでいくんですけど、それが静かな深みを感じさせるというか... 読んでいると清々しい気持ちになります。そしてラルフの帰りの旅も丁寧に描かれているのが、またいいんですよねえ。行きの旅で通った町を通ることによって、ラルフの成長ぶりが再確認されているみたい。それに最後まで描かれることによって、物語が綺麗に閉じたなあと感じられました。ただ、あのグロリアという名前は何だったんだろう? それだけは気になります。やがて得る栄光(glory)のこと?
本の表紙の模様は、モリスのウォール・ペーパー"Hammersmith"と"Grafton"。初版のケルムスコット・プレス版の時のバーン=ジョーンズの木版画が挿絵として使われていて、とても素敵です~。こういう絵って大好きなんですよね。(晶文社)


+既読のウィリアム・モリス作品の感想+
「世界のはての泉」上下 ウィリアム・モリス
「理想の書物」ウィリアム・モリス
「輝く平原の物語」ウィリアム・モリス
「ジョン・ボールの夢」ウィリアム・モリス
「ユートピアだより」ウィリアム・モリス
「不思議なみずうみの島々」上下 ウィリアム・モリス
「世界のかなたの森」ウィリアム・モリス
「サンダリング・フラッド」ウィリアム・モリス

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
南イングランドのサクソン人の王国で臨終の王・エアドムンドを取り囲んでいたのは、王の兄弟で唯一の生き残りのアセルリックと、王妃との間にできたアンウィン、ハンティング、ウルフウィアードの3王子。王は次の王を指名しておらず、このままでいけば、賢人会議はアセルリックを指名するのではないかと考えられていました。しかしその時、エアドムンドが意識を取り戻したのです。エアドムンドが次の王にと指名したのは、エアドムンドと森のエルフの間に出来た子のエルフギフト。母親はエルフギフトを産み落としてすぐに死に、王はエルフギフトを乳母に託して農場に住まわせ、そのままになっていました。王の言葉を聞いたアンウィンは、早速弟のハンティングにエルフギフトを討つように言い、ハンティングは兵士を引き連れて農場へと向かいます。

いやー、面白かった。一応児童書なんですけど、ものすごく生々しくて力強くて、重厚な物語でした。
表向きは血族同士で王位を巡って骨肉の争いを繰り広げる物語で、同時にゲルマン神話のオーディンやトールを信仰する人々と、唯一神であるキリストを信仰する人々の対立の物語でもあるんですけど、それ以上に、神話の世界と地続きのような物語なんです。本の紹介にも「ゲルマン神話の世界観で語られる重厚なファンタジー」とある通り、ワルキューレやオーディンが登場するし、柱に刺さっている「オーディンの約束」という剣をエルフギフトが引き抜く場面は、まるでニーベルンゲン伝説。でも、同じぐらいケルト神話の要素も入ってますね。半人半エルフのエルフギフトは、まるでケルト神話のクーフリンみたい。同じように異界で戦う技術を身につけるし、同じように死期も既に定められているんです。エルフギフトがワルキューレに連れられて行く異界の描写は、ヴァルハラというよりもむしろティル・ナ・ヌォグのイメージ... というのは個人的な印象なんだけど... そして叫ぶ石とか大釜といったモチーフもケルト的。...なんて細かいことはどうでもいいんですけど。(笑)
一応主人公はエルフギフトのはずなんですけど、でもむしろ神々の物語のような気がします。この物語に登場する人々は、それぞれに最善を尽くしてはいるんだけど、所詮は神々の操る駒にすぎないような... 神々の気紛れに振り回されてるという印象。そしてそれはエルフギフトも同じ。半分のエルフの血のせいか人間の世界にはあまり馴染んでいなかったエルフギフトも、本来なら神々の側に入る資格を持っていたようなのに、愛するワルキューレを失う覚悟でウルフウィアードの助命を嘆願した時に、その神性が失われてしまったようなんですね。それも神々の気紛れとしか思えない... だからこそ、最後にエルフギフトの血が流される必要があったのかな、とも思うんですが。...圧倒的な死と再生の物語でした。でも物語が幕を引いても、そこにあるのは平和な世の中ではないんですよね。
いや、いいですねえ、スーザン・プライス。他の作品も読んでみたいです!(ポプラ社)


+既読のスーザン・プライス作品の感想+
「エルフギフト」上下 スーザン・プライス
「ゴースト・ドラム」「オーディンとのろわれた語り部」スーザン・プライス
「500年のトンネル」上下 スーザン・プライス

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
風も波も土地も、全てのものが音楽でコントロールされている世界... 歌使いになるための訓練が行われているこだまの島では、少し前から続いている嵐のために難破した本土の船の破片を探すために、年長の生徒たちが浜辺へと出てきていました。ひどい頭痛に悩まされていたライアルもその1 人。そんなライアルの耳に聞こえてきたのは、今まで一度も聞いたことがない、荒々しい歌。奇妙な船がやってきて、子供たちが食われてしまうという歌詞に、ライアルは思わず悲鳴を上げます。それは半人のマーリーの歌声。周囲の生徒たちには全く聞こえず、ライアルだけがそれを聞いたのです。一方、日頃からライアルを敵視し、上の者たちが自分の能力を軽視していると考えていたケロンは、洞窟の中で難破した船に乗っていた水夫を見つけ、その水夫を助けてこっそり本土へと渡ろうと考えていました。

エコリウムの5つの歌という言葉のない歌が支配する世界が舞台の物語。この世界の歌使いたちは時と場合に応じて、夢の歌チャラ、笑いの歌カシュ、苦しみの歌シー、恐怖の歌アウシャン、死の歌イェーンを歌い、聴いた者の記憶や感情をコントロールするという設定。歌が力を持つ世界という設定自体は、きっと他にもあるんでしょうけど、それでも魅力的。5つの歌は、ちょっと「古王国記」(感想)に出てくるハンドベルみたい。でも、巻頭に「「歌使い」たちの世界へのガイド」として、登場人物や語句に関する説明があるんですけど、こういうのって本来なら物語の中で説明されるべきですよね。まず本文ありきのはずなのに、ここの説明は物語の中の説明よりもずっと詳しいんです。全然分からない世界の物語なので、実際にはこのページがあって助かったんですけど、やっぱり何か違ーう。本文中の説明がもっと丁寧だったら良かったのに。長くなってしまうのは分かるんですけど、でも異世界を描く時には、もっときちんとに描写して欲しいです。
中には残酷な場面もあったりして、その辺りは正直好きではないんですが、マーリー(人魚)やケツァル(鳥人)といった半人たちを交えた物語自体は、なかなか面白かったです。でも主人公のはずのライアルよりも、ケロンの方が印象が強いような... まるでケロンの成長物語のようでした。(サンマーク出版)


+既読のキャサリン・ロバーツ作品の感想+
「ライアルと5つの魔法の歌」キャサリン・ロバーツ
「バビロン・ゲーム」キャサリン・ロバーツ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
スターリング城にやって来たのは、追放された魔術師のホリス・キュー。前王の時にベンの元いた世界に追放されたホリスは、そこで宗教団体を作って荒稼ぎをしていたのですが、イカサマが信者にバレて、ランドオーヴァーに逃げ込んできたのです。しかも唐草箱の中に封じ込められていた強大な魔物のゴースも解放してしまっており... という「大魔王の逆襲」。スターリングシルバー城にやってきたのはリダル王と名乗る人物。妖精の霧を超えてランドオーヴァーを征服しにやって来たというリダルに、ベンとウィロウはミスターヤを河の長のところへ避難させようと考えるのですが、その途中で魔女のナイトシェイドに襲われ、ミスターヤは攫われてしまい... という「見習い魔女にご用心」の2冊。

先日3冊読んだので、忘れないうちに続きの2冊を... ということで、やり手の弁護士が百貨店の通販カタログで魔法の国を買って、そこの王様になってしまったランドオーヴァーのシリーズ。シリーズ物で1巻が一番面白いというのはよくあることだし、実際このシリーズもそうなんですけど(笑)、でも今回読んだ4巻5巻も悪くなかったです。1冊ずつとったら、まあ普通なんですが(失礼)、4巻5巻通して読むと魔女のナイトシェイドが大きな読みどころになっていて、それが展開そのものよりも面白かったんですよね。
この2冊、どちらも3つの視点から描かれていて、そのうちの1つがナイトシェイド絡み。4巻では、ベンとナイトシェイドとドラゴンのストラボが唐草箱の中に閉じ込められるんですが、3人(?)とも記憶を失って、「騎士」「貴婦人」「ガーゴイル」として放浪することになります。この時にベンとナイトシェイドの関係が大きく変化するんです。これにはびっくり。そして記憶を取り戻した時にナイトシェイドが受けた衝撃といったら! 5巻でもその衝撃が尾を引いています。これまで以上にベンを憎むようになったナイトシェイドはベンを抹殺するために色々画策するんですが、その行動が愛情の裏返しというか、前巻で心ならずも親しくしてしまった自分への歯がゆさに見えるんです。自分の感情の揺れに動揺してしまって、その動揺を違う感情にすり替えて自分を誤魔化してるというか。目的はベンを殺すことだけなのに、その割に「見習い魔女」にきちんと魔法を教え込んでるところも、なんか意味深な気が~。これまでは、「面白いアイディアがいくつかあったので、適当に放り込んで作ってみました」的なところがあって、あと一歩何かが足りなかったんですが、5巻にしてようやく深みが出てきたような気がします。
でもこのシリーズは、とりあえずこれでオシマイ。まだまだいくらでも続きそうだし、実際決着が付いてない部分もあるんですが、本国でもどうやら今のところ5冊しか出てないようです。(ハヤカワ文庫FT)


+シリーズ既刊の感想+
「魔法の王国売ります!」テリー・ブルックス
「魔法の王国売ります!」「黒いユニコーン」「魔術師の大失敗」テリー・ブルックス
「大魔王の逆襲」「見習い魔女にご用心」テリー・ブルックス

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.