Catégories:“ファンタジー(翻訳)”

Catégories: / /

 [amazon]
ジャンニ・ロダーリは、イタリアの児童文学作家。子供の頃に岩波少年文庫で買ってもらった「チポリーノの冒険」が、ロダーリの作品なんですよね。まだ祖母の家に置いてあるので、近いうちに再読しよう... なんて思っていたら、この本が! ついついこちらを先に読んでしまいました。
一見童話風の物語ばかり16編。でも、このピリリと効いた辛口のスパイスは、子供向けというよりもむしろ大人向けなんでしょうね。昔話を一捻りしたり、奇想天外のアイディアを楽しませてくれる作品ばかり。私が気に入ったのは、アルジェンティーナ広場の鉄柵を乗り越えると猫になってしまう表題作「猫とともに去りぬ」や、シンデレラを一捻りした「ヴィーナスグリーンの瞳のミス・スペースユニバース」。その他にも、ヴェネツィアが水没してしまうと聞いた時、ヴェネツィアから逃げようとするのではなく、いっそのこと魚になって環境に適応してしまおうとする「ヴェネツィアを救え あるいは 魚になるのがいちばんだ」や、マカロニウェスタンかと思いきや、カウボーイが持ち歩くのは拳銃ではなくピアノだった... と意表を突いてくれる「ピアノ・ビルと消えたかかし」など、アイディアが面白い作品が色々と。先日読んだばかりのエウリピデスの悲劇「アルケスティス」(感想)も、一捻りされた「三人の女神が紡ぐのは誰の糸?」になっていて、面白かったです。ほんと、この時に運命の女神たちが紡いでるのは、誰の糸だったんでしょう?(笑)
あとがきを読むと、ロダーリはかなり政治色の強い人だったみたい。確かに「チポリーノの冒険」も、外側こそ楽しい冒険物語なんだけど、結構政治的な匂いが強くて、風刺的だった覚えがあるので、あとがきを読んで納得。野菜と果物の国に横暴なレモン大公がいて、チポリーノ少年のお父さんが無実の罪で捕らえられちゃう、なんて話だったんですよね。ちなみにチポリーノとはたまねぎのこと、と岩波少年文庫のあとがきにありました。(←おお、小学校の頃に読んだっきりなのに、結構覚えてるもんだ) その後、作品に直接的な政治色が出ることはなくなったらしく、この作品にもそういうのは感じなかったけど、風刺は相変わらずたっぷりです。

光文社古典新訳文庫は、活字離れをとめるために、本当に面白い、いつの時代にも変わらない「本物」の古典作品を、読みやすい新訳で提供するというのがメインコンセプトのライン。(公式サイト) この「猫とともに去りぬ」は今回初邦訳だそうなんですが、同時刊行には、ドストエフスキーやらトゥルゲーネフやらシェイクスピアやらケストナーやら、錚々たる面々が並んでます。
たとえばケストナーだと、私はもう高橋健二さんの訳しか読みたくないし、そういう意味で手に取らない作品もあると思うんですが、まだ読んでない古典や、随分前に読んだっきりの作品に触れるには、いい機会かもしれないですね。(光文社古典新訳文庫)


+既読のジャンニ・ロダーリ作品の感想+
「猫とともに去りぬ」ロダーリ
「チポリーノの冒険」ジャンニ・ロダーリ
「うそつき国のジェルソミーノ」ジャンニ・ロダーリ
「パパの電話を待ちながら」ジャンニ・ロダーリ

| | commentaire(4) | trackback(2)
Catégories: / / / /

[amazon]
イギリスの作家さんで、元祖ジェイムズ・ボンドシリーズ作家のイアン・フレミングから引き継いで、2代目のボンド作家となったジョン・ガードナーという方もいるんですが(ちなみに3代目はレイモンド・ベンスン)、このジョン・ガードナーは別人。アメリカの作家さんです。この「光のかけら」は、そのアメリカのジョン・ガードナーが書いた3冊の絵本を1冊にまとめて全訳したもの。つまり童話ですね。
(関係ないですが、「チキ・チキ・バン・バン」ってイアン・フレミングの作品だったんですね! ちょっとびっくり)

訳者あとがきに、大人が読んでも充分楽しめる作品だとありましたが、確かにそうかもしれないですね。一見「むかしむかしあるところに~」で始まる昔ながらの童話に見えるし、実際どこかで目にしたようなモチーフが多いんですけど、実は一捻り加えられている作品ばかりで、ナンセンスとユーモアたっぷり。私が気に入ったのは、いやらしい年より魔女が教会の礼拝で改心してしまう「魔女の願いごと」や、2人組の悪者が世界中の光を盗んでしまう表題作「光のかけら」、「イワンのばか」のような「ハチドリの王さま」かな。あんまり親切に説明してくれないので、「え?え?」となっちゃう部分もあったんですけど(たとえば「ナシの木」という作品では、エルフがいきなりナシの木を露に変えて薔薇の花の中に隠すんですけど、なんでそんなことをするのかよく分からないまま、半分ぐらいいっちゃう)、全体的に面白かったです。ただ、ずっと童話が続くとさすがにツラい... 終盤はちょっと飽きてしまいました。(^^ゞ(ハヤカワ文庫FT)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
閉鎖されたとある古い庭に入り込んだ幼い兄妹は、1日中その庭の中を歩き回り、ひどい悪戯で庭を滅茶苦茶にして、動物や昆虫たちを傷つけてしまいます。そして夕方。気がつくと2人は、沢山の動物や精霊たちに取り囲まれていました。彼らは美しいブナの木の婦人を呼び出し、こんなひどいことをした兄妹は処罰されるべきだと言い始めます。「死刑だ!」という声に少女は泣き出し、ブナの木の婦人は、2人に太陽が昇るまでに「地の母」を見つけ、「海の父」のもとに行き着き、太陽の歌を聞き、「風の塔」でお客になることを言い渡すことに。

私が読んだのはハヤカワ文庫FT版なんですが、そちらは絶版で、しかもアマゾンにはデータすらない状態。雰囲気は多少違うかもしれませんが、訳者さんが違う同じ作品を見つけたので、そちらにリンクをはっておきますね。こちらのタイトルは「古い庭園」(同学社)です。

少年の征服欲のために破壊された庭や罪のない動物たちに償うために、旅へと出ることになってしまった兄妹の物語。どこかメーテルリンクの「青い鳥」の雰囲気。とにかく情景描写が綺麗な物語でした! これを読むと、道端の雑草に向ける目も変わってしまいそうなほど。と思っていたら、どうやらカシュニッツは詩人だったようですね。道理で詩的なわけです。
でも表向きはそんな風に美しくて、子供にも楽しめるような童話なんですが、そこには、飛ぶことのできないワシの話とか孤独に死んでいこうとする男の話とか、自然界に存在する様々な生と死の物語が挿入されていて、決して楽しいだけの物語ではありませんでした。子供たちは生と死を真っ向から突きつけられ、様々な生と死がそれぞれに連鎖していくことを実感として教えられることになります。たった一晩の旅なんですけど、2人は旅を通して春夏秋冬を体験することにもなりますし。実はなかなか厳しい物語。
ユニークだと思ったのは、兄妹を処罰して欲しいという動物や精霊たちに対して、ブナの木の婦人が弁護人を見つけようとすること。結局弁護人は見つからなかったのですが、ブナの木の婦人が裁判長で、動物や精霊たちは原告なんです。そしてブナの木の婦人が言い渡す2人の旅は、執行猶予なんですよー。生と死をきっちりと体験させることと合わせて、作者のドイツ人らしさを表しているように思えました。それともう1つ面白いのが、物語の中にギリシャ神話のエピソードが色々と引用されていること。ドイツとギリシャ神話って、なんだか不思議な組み合わせなんですが、カシュニッツ自身ローマに住んでいたこともあるようなので、その影響なんでしょうね。(ハヤカワ文庫FT)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

4150200319.jpg   [amazon] [amazon] [amazon]
ハヤカワepi文庫に夢中になってたと思ったら(これは完読)、絶賛叙事詩祭りを始めてしまって、お久しぶりのハヤカワ文庫FT。今回手に取ったのは、2年ほど前に1冊読んだっきりになっていた、魔法の国ザンスシリーズです。このシリーズは今のところ16冊出ていて、ハヤカワ文庫FT初期に始まったシリーズにも関わらず、今でも絶版になっていないという貴重なシリーズ。今年は連番の100番までの作品を中心に読もうと思っていて、100冊中71冊が読了済なんですが、なかなか手に入らない本が多いんです。

このザンスというのは、一応異世界でいいのかな... ごく普通の文明国と隣り合っているようなのだけど、存在がほとんど知られていないという意味では、「オズの魔法使い」のオズの国のような存在。
そして「オズの魔法使い」や他のファンタジー物と違うのは、魔法はたっぷり存在するのに、いわゆる魔法使い、呪文を唱えれば何でも叶えることができる万能の魔法使いが存在しないこと。その代わりに、ここに住んでいる人も動植物も、石や水といった無生物に至るまで、何かしら魔法の力を1つずつ持ってるんです。しかも同じ時代に全く同じ魔力を持つ人間は存在しない、なんていう設定のおかげで、この作品に登場する魔法のバリエーションはものすごく豊富。まるで色鮮やかな中身のぎっしりと詰まったおもちゃ箱を見ているようです。もちろん力の強さには個人差が大きくて、相手を他の姿に変身させたり、目に映る全ての物をまやかしの姿にしてしまうという強くて有益なものから、壁に光の斑点を映すだけ、といった弱くて無意味なものまで様々。
そんな国なので、旅をする時は大変。魔力は人だけに限られたことじゃないので、一休みで腰を下ろした場所が肉食草の区域だったり、一見気持ち良さそうな木陰では、心地よい音楽で死ぬまで眠らされてしまったり...。(で、木に食べられてしまう) 泉を見つけて水を飲もうと思っても、飲んで最初に見た相手に恋してしまう「愛の泉」だったり。もちろん悪い魔法ばかりではなくて、「毛布の木」なんていうのもあって、寒い時にはとっても助かるんですけど。(笑)

そんな風に色んなアイディアを見てるだけでも楽しいし、主人公がどんどん世代交代していくし、ザンスの過去に旅することもあるので、ザンスという国の歴史もたっぷり楽しめるんですが... 1冊目の「カメレオンの呪文」は再読で、2回目読んでも楽しかったんですが...
続けて5冊読めればいいなあ、と思って読み始めたんですけど、3冊でおなかいっぱい。面白いことは面白いんですけど、どこか危うい感じがするんですよね。この後もこの面白さは続くのかしら? 一歩間違えれば、ただのお遊び作品になってしまいそうで、読みながら心配になってきました。こういうのって、やっぱり最初の2~3冊が一番いいような気もしますね。(ハヤカワ文庫FT)


+シリーズ既刊の感想+
「カメレオンの呪文 魔法の国ザンス1」ピアズ・アンソニイ
「カメレオンの呪文」「魔王の聖域」「ルーグナ城の秘密」ピアズ・アンソニイ
「魔法の通廊」「人喰い鬼の探索」ピアズ・アンソニイ
「夢馬の使命」「王女とドラゴン」ピアズ・アンソニイ

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / / / /

 [amazon]
フィオナ・マクラウドが、スコットランドの西にある小島、古代の聖者コロンバにゆかりの聖なる心霊の地・アイオナに滞在して書いたという、ケルト民族の神話や伝説、民間伝承に根ざした物語13編。

滅び行く運命をもった「ケルトの暗い哀しさ」を訴えつづけた... と井村君江さんの解題に書かれていたんですが、まさにそういった一種独特の雰囲気がある作品集でした。全体的に陰鬱な空気が重く立ち込めているような感じ。でもそういった中に、一筋の光が射しこむような美しさがあるんですよね。ちなみに題名の「かなしき女王」とは、ケルト神話の女戦士で、スカイ島の名前の元にもなったというスカァアのこと。他にも英雄クウフリンやゲール人やピクト人、ヴァイキングなんかも登場して、いかにも「ケルト幻想作品集」。
でも、読んでみると、これが実はとってもキリスト教色が濃い作品だったんですね。びっくり! ここまでとは、正直想像してませんでした。もちろん、元々多神教だったところにキリスト教が入り込んで、アーサー王伝説なんかもかなりキリスト教的な色合いが濃いんですけど、そういうレベルではないんです。「最後の晩餐」という作品なんて、幼い子供がキリストの最後の晩餐の場面に立ち会うことになる話だし、「漁師」という作品も、谷間を歩いていたおばあさんがキリストとは知らずにそこにいた男性に声をかけるという物語。ケルトとキリスト教の融合、というのとはちょっと違うような... でも、これってキリスト教側の視点から書かれてる作品ではないと思うんですよね。あくまでもケルト側からの視点から描かれているという印象。そしてそれが、この作品集の独特な部分なのではないかと...。
私がこの中で好きだったのは、「精」という作品。これはキリスト教の僧侶たちが前面に登場しながらも、逆にケルト精霊の力を再認識させられるような作品。キリスト教の狭義の懐の狭さと、精霊たちの器の広さが対照的です。主人公のカアルが「青い人々」に出会い、受け入れられる場面、そしてキリスト教の僧侶・モリイシャが青い人々を見る場面がとても美しくて印象に残りました。
この本を訳した松村みね子さんは、アイルランド文学を数多く日本に紹介したという方なんですが、歌人としても活躍した方なのだそう。普通の文章はもちろん作中の詩がとても美しくて、歌人だという紹介を読んで、その美しさに納得でした。(ちくま文庫)


+既読のフィオナ・マクラウド作品の感想+
「かなしき女王 ケルト幻想作品集」フィオナ・マクラウド
「ケルト民話集」フィオナ・マクラウド

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
短編20編と「五十一話集」の入った本。短編20編は、先日読んだ「世界の涯の物語」「夢見る人の物語」(感想)とほとんど重なってるし、「五十一話集」も、その2冊に続いて出た「最後の夢の物語」に入ってるので、読むのをどうしようかちょっと迷ったんですが、訳者さんは全部変わってるので、こちらも試しに... と読み始めてみると、これがまた全然違う! こちらの「妖精族のむすめ」は荒俣宏編訳で、荒俣さんの訳が半分ほどあるんですが、この荒俣さんの訳で読むダンセイニ、いいですねえ。先に読んだ2冊も含めて、他の方の訳も悪くなかったんですが、個人的には荒俣宏さんの訳が一番好み。なんだかするんと身体の中に入ってくるし、情景ももっと鮮やかに拡がるような気がします。今まで海外作品を読んでいる時に、荒俣さんの訳が特に良かったという印象もなかったので、これにはちょっとびっくり。読んだばかりの話ばかりなのに、ものすごく新鮮な気持ちで読み終えてしまいました。
訳を逐一照らし合わせて読むようなことはしなかったので、細かい違いについては書けないんですが... 「世界の涯の物語」の「女王の涙を求めて」では意味が分からなかった「キャベツ」が、「妖精族のむすめ」では判明したし! あと、「老番人の話」では「秘薬」と訳されてる言葉が、「妖精のむすめ」では「ゲンコツ」になってるのが気になりました。元はどんな言葉なんだろう!
「五十一話集」の方は、それらの短編よりもさらに短く、1~2ページ、多くても3ページほどの掌編。「兎と亀の競走に関する驚くべき真相」ではイソップのウサギとカメの話の知られざるオチがあったり、ちょっと楽しいです。稲垣足穂は、これに触発されて「一千一秒物語」を書いたのかなあ。(ちくま文庫)


+既読のロード・ダンセイニ作品の感想+
「ぺガーナの神々」ロード・ダンセイニ
「魔法使いの弟子」ロード・ダンセイニ
「魔法の国の旅人」ロード・ダンセイニ
「世界の涯の物語」「夢見る人の物語」ロード・ダンセイニ
「妖精族のむすめ」ロード・ダンセイニ
「エルフランドの王女」ロード・ダンセイニ
「影の谷物語」ロード・ダンセイニ
「時と神々の物語」「最後の夢の物語」ロード・ダンセイニ
「ダンセイニ戯曲集」ロード・ダンセイニ
「牧神の祝福」ロード・ダンセイニ

| | commentaire(6) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
ダンセイニの初期の作品を集めた短編集。その四大幻想短編集のうち、「世界の涯の物語」には、「驚異の書」「驚異の物語」が、「夢見る人の物語」には「ウェレランの剣」「夢見る人の物語」完全収録されています。短編ばかり全61編。オリジナル短編集と同じく、シドニー・H・シームの挿絵も全て収録。

J.R.R.トールキンやH.P.ラヴクラフト、アーサー・C・クラークを始めとするファンタジー、ホラー、SF作家たちに、日本でも稲垣足穂氏に多大な影響を与えたというダンセイニ。19世紀から20世紀にかけて生きていたという作家さんらしく、現代のファンタジーのようなサービス精神はなくて、むしろそっけないほどなんですけど、じっくりと読めば雰囲気はたっぷり。文章を少し読むだけでダンセイニによって書かれたというのが分かりそうなほどです。
ダンセイニといえば、「ぺガーナの神々」(感想)のような創作神話、「魔法使いの弟子」(感想)のような幻想的な作品、「魔法の国の旅人」(感想)のようなユーモアたっぷりの作品と色々あるんですが、この短編集もバラエティ豊か。幻想的な異世界を感じる作品もあれば、異世界と現代のロンドンを繋ぐような作品もあり、盗賊や海賊が活躍する冒険物あり、幻の都を目の前にしているような作品もあり、酒を片手に聞き出したホラ話のような作品もあり。その結末も、ハッピーエンディングと言えるものもあれば、思わぬ冷たさに突き放されるものもあり、意地悪なほど現実的なものもあり。でも驚いたのは、まるで違う雰囲気の短編が隣同士に来ていてもまるで違和感がなくて、それどころか、異全てがどこかで繋がり合った1つの世界のように感じられたこと。どれもダンセイニにとっては同じ世界なんでしょうねー。幻の都も世界の涯も、全ての道はロンドンに通じる?(笑)
「世界の涯の物語」では、ほとんど神話の匂いを感じなかったのでちょっと意外だったんですけど、「夢見る人の物語」はもっとダンセイニらしい神話の世界を感じる作品集でした。とは言っても、「ぺガーナの神々」ほどではなくて、そのエッセンスという感じですけどね。それと、稲垣足穂の「黄漠奇聞」に登場するバブルクンドの都は、やっぱりこちらが元ネタだったんですね。あの作品の最後に「ダンセーニ大尉」が登場しますものねー。(河出文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「世界の涯の物語」「夢見る人の物語」ロード・ダンセイニ
「時と神々の物語」「最後の夢の物語」ロード・ダンセイニ

+既読のロード・ダンセイニ作品の感想+
「ぺガーナの神々」ロード・ダンセイニ
「魔法使いの弟子」ロード・ダンセイニ
「魔法の国の旅人」ロード・ダンセイニ
「妖精族のむすめ」ロード・ダンセイニ
「エルフランドの王女」ロード・ダンセイニ
「影の谷物語」ロード・ダンセイニ
「ダンセイニ戯曲集」ロード・ダンセイニ
「牧神の祝福」ロード・ダンセイニ

| | commentaire(2) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.