Catégories:“ファンタジー(翻訳)”

Catégories: /

4150200432.jpg 415020053X.jpg [amazon] [amazon]
タニス・リー2冊。「冬物語」の方は、表題作と「アヴィリスの妖杯」という2つの中編が収められています。「冬物語」は、タニス・リーにしては色彩を抑えた灰色の世界なんですが、それだけに最後に現れる青色が鮮烈。それに対して、「アヴィリスの妖杯」は最初の血と焔の赤と闇の黒が強烈。タニス・リーらしい煌びやかさで始まり、最後は穏やかな風景で終わります。そして「冬物語」は盗まれた聖遺物を追う巫女の話、「アヴィリスの妖杯」は、盗み出した金杯のせいで追われる話。対照的な話のようでありながら、どこか似ているような気もする絶妙なカップリング。そして「闇の城」は、そういう色彩や何かもあるんですけど、それよりも何よりもヒロインの我儘ぶりが凄かった! 平たく言えば、囚われの身のお姫さま(?)を吟遊詩人が助け出すという話なんですが(平たくしすぎ?)、その吟遊詩人も途中ほとんど嫌々助けてましたしねえ。(笑)
どちらの作品も、先日読んだ「月と太陽の魔道師」同様ジュブナイルとして書かれた作品なんですが、こういう作品を読むとジュブナイルの定義って何だろう?って思ったりします。どれも官能的な描写がないだけで、大人が読むのにも相応しいファンタジー。どこか懐かしいお伽話の香りがしながらも、でもやっぱりタニス・リーならではの作品なんですよね。どんな年齢で読んでも、それぞれに満足できるような幅広さがあるような。
私は子供の頃からファンタジーが大好きだったんですが、子供用のファンタジー作品を卒業する頃、大人用のファンタジー作品の中でどれを選んだらいいのか全然分からなかったんですよね。ハヤカワ文庫には沢山ファンタジーがあったけど物凄い数だったし、最初に当たった作品が全然面白くなかったので、あまり冒険する気にもならなくて。その頃タニス・リーに出会ってたら、今頃読書傾向がまた全然違っていたのかもしれないなあ。や、最近ではすっかりファンタジーにも戻ってきてるので、回り道した分少しは幅も広がって、結局良かったような気もするのですが。(笑)(ハヤカワ文庫FT)


+既読のタニス・リー作品の感想+
「闇の公子」タニス・リー
「死の王」タニス・リー
「タマスターラー」タニス・リー
「ドラゴン探索号の冒険」タニス・リー
「白馬の王子」タニス・リー
「惑乱の公子」タニス・リー
「熱夢の女王」上下 タニス・リー
「ゴルゴン 幻獣夜話」タニス・リー
「血のごとく赤く」タニス・リー
「バイティング・ザ・サン」タニス・リー
「鏡の森」タニス・リー
「黄金の魔獣」タニス・リー
「幻魔の虜囚」タニス・リー
「幻獣の書」「堕ちたる者の書」タニス・リー
「月と太陽の魔道師」タニス・リー
「冬物語」「闇の城」タニス・リー
「銀色の恋人」タニス・リー
「妖魔の戯れ」タニス・リー
留守中に読んだ本(18冊)(「ウルフタワー」の感想)
「影に歌えば」「死霊の都」タニス・リー
「パイレーティカ 女海賊アートの冒険」タニス・リー
「銀色の愛ふたたび」タニス・リー
「水底の仮面」「炎の聖少女」タニス・リー
「土の褥に眠る者」「復活のヴェヌス」タニス・リー
「悪魔の薔薇」タニス・リー

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

4150200424.jpg [amazon]
奴隷のデクテオンは残虐な主人から逃亡中、ふとした拍子に異世界へと紛れ込みます。しかしそれは偶然ではなく、あと1ヶ月で殺されることになっていた魔道師に、自分の身代わりとして呼び寄せられたのです...

日本に初めて紹介されたタニス・リーの作品。
デクテオンを呼び寄せたのは、彼とそっくりのザイスタアという男。このザイスタアは実は王様なんですけど、思いっきり「かかあ天下」(笑)な世界の女王の夫という身分なので、実質的な権力は全然ありません。それどころか女王は世界の破滅を防ぐために5年おきに若い男と結婚し直さなきゃいけないなんて決まりがあるので(凄いなー)、5年の結婚生活が終わり次第殺されてしまう運命。で、デクテオンを身代わりとして魔法で呼び寄せて、入れ替わっちゃうわけです。タニス・リー版「王子と乞食」ですね。
本家の「王子と乞食」は服装を入れ替えるだけなんですが、こっちは魔法で身体ごとを取り替えちゃうので、これが結構面白い逆転状況。無知な奴隷だったはずのデクテオンはザイスタアの身体と一緒にその頭脳を得て、いつの間にか字も読めるようになるし、魔術も習得しちゃう。逆にザイスタアは、何もかも上手くやれるはずだったのに、いつの間にか字も読めない状態に...。まあ、自分の身代わりで他人を死なせようなんて考える人なんで、いい気味なんですが!(笑)
最後も意外な展開だし、期待した以上に面白かったです。これは本国ではジュブナイルとして書かれたのだそうです。夜の描写の美しさなどタニス・リーらしさは十分ありつつ、でもあまり濃くないので、タニス・リー入門編としてもとても読みやすい本なのではないかと... と言いつつ既に絶版なのですが。(涙)(ハヤカワ文庫FT)


+既読のタニス・リー作品の感想+
「闇の公子」タニス・リー
「死の王」タニス・リー
「タマスターラー」タニス・リー
「ドラゴン探索号の冒険」タニス・リー
「白馬の王子」タニス・リー
「惑乱の公子」タニス・リー
「熱夢の女王」上下 タニス・リー
「ゴルゴン 幻獣夜話」タニス・リー
「血のごとく赤く」タニス・リー
「バイティング・ザ・サン」タニス・リー
「鏡の森」タニス・リー
「黄金の魔獣」タニス・リー
「幻魔の虜囚」タニス・リー
「幻獣の書」「堕ちたる者の書」タニス・リー
「月と太陽の魔道師」タニス・リー
「冬物語」「闇の城」タニス・リー
「銀色の恋人」タニス・リー
「妖魔の戯れ」タニス・リー
留守中に読んだ本(18冊)(「ウルフタワー」の感想)
「影に歌えば」「死霊の都」タニス・リー
「パイレーティカ 女海賊アートの冒険」タニス・リー
「銀色の愛ふたたび」タニス・リー
「水底の仮面」「炎の聖少女」タニス・リー
「土の褥に眠る者」「復活のヴェヌス」タニス・リー
「悪魔の薔薇」タニス・リー

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / / /

 [amazon]
金持ちのカリのために絵を描いていた時に、青い絵の具を無くしてしまったフェルコー。しかし弁償しようにもフェルコーは貧乏で、絵の具など買えないのです。フェルコーが絵の具を盗んだと責め立てるカリ。しかしフェルコーは用務員のおじさんに助けられ、野原に咲いている矢車菊から「ほんとうの空色」を作ることに...

ということで、岩波少年文庫再読計画第3弾。この本は私は題名も知らなかったんですけど、有名な作品だったのかな? 岩波書店のサイトでは、「世界の古典」ということで紹介されていました。作者のバラージュはハンガリー出身で、映画制作にも携わっていた人なのだそう。東欧圏のファンタジーって英語圏のものとはまた少し雰囲気が違っていて、それもまた素敵なんですよね。
この物語の「ほんとうの空色」とは、綺麗な青い色という意味ではなく、「本当の空」の色。この絵の具を塗ると、外が雲っている時は絵も灰色になるし、雨が降れば水が溢れ、晴れた日の夜は満天の星空になるのです。これがとても素敵! 使い道を間違えれば大変なんですが(笑)、フェルコーが屋根裏部屋でこの「ほんとうの空色」の絵の具が作り出した夜空を見ている場面など、ほんと幻想的な美しさです。私もこんな絵の具が欲しくなっちゃう。ラストはちょっぴり切ないんですけど、とても素敵な物語でした。読んで良かった!(岩波少年文庫)

矢車菊の青ってほんと綺麗な色ですよね。そういえばカシミール産のサファイアも、そのベルベットのような美しい青色がコーンフラワーブルー(矢車菊の青)と呼ばれてますね。WEBではタグで色を「blue」と指定するとこんな青色になりますが、矢車菊はまた少し違う青。もっと透明感があって優しくて爽やかで... こんな青色? ちょっと薄いかなあ。サファイアのコーンフラワーブルーはもう少し濃い色ですね。こんな青色? 今度は濃すぎ? 再現するのって難しいー。

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
夏休みに、田舎のおばさんの家に預けられた3人の子供たち。偶然、足をくじいたプライスさんを助けたことから、プライスさんが魔女だということを知ってしまいます。プライスさんは3人に口止めをするために、末っ子のポールが偶然持っていたベッドのノブに魔法をかけることに。なんとそのノブをちょっと捻って願えば、ベッドが3人を望む場所に連れて行ってくれるというのです... ということで、岩波少年文庫再読計画第2弾。「床下の小人たち」のシリーズでも有名なメアリー・ノートンです。この1冊に、「魔法のベッド南の島へ」「魔法のベッド過去の国へ」の2つの物語が入っています。

子供たちが魔法で色んな所に行くことができるというのは、私の大好きなヒルダ・ルイスの「とぶ船」と似たような感じ。でもあちらは船に乗っていくんですが、こちらは普通のベッド。ノブ(ベッドの柱についている玉飾り)を一方に回せば現在の世界の行きたい場所へ、もう一方に回せば過去の世界へ... ベッドをこんな風に使ってしまうのが楽しいんですよね。北欧神話が根底にある「とぶ船」とはまた全然違う日常的な雰囲気を作り出していて、こちらもとっても楽しいです。そして「だれでも、きっとプライスさんみたいな人をしってると思います」と書かれているプライスさんは、そんな日常的な世界に相応しい日常的な魔女。まだまだ勉強中なのであまり高度な技を使えないし、ほうきに乗るのも上手くないんですけど、根底にはどこかメアリー・ポピンズみたいな雰囲気が漂っていて、さすがイギリスのファンタジー。必然的に子供たちの冒険も波乱万丈になってしまうんですけど、その普通さがほんと楽しくて。こういうファンタジーは大好きです(^^)。(岩波少年文庫)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
「お姫さまとゴブリンの物語」は、ゴブリンに浚われそうになったお姫さまをカーディという少年が助ける話。「カーディとお姫さまの物語」は、その続編で1年後のお話です。

岩波少年文庫再読計画第1弾。...というのが何の計画なのかは最後にまわしますが。(^^ゞ
「ナルニア物語」のC.S.ルイスや、「指輪物語」のJ.R.R.トールキンも愛読していたというジョージ・マクドナルド。ルイス・キャロルに「不思議の国のアリス」の出版に踏み切らせたのも、このマクドナルドだとか。でも「ナルニア」や「指輪物語」は大好きでも、私がマクドナルドを読んだのってかなり遅かったんですよね。高校生ぐらい。そこから発展した後進の作品を先に読んでしまうと、どうしても元となった作品には目新しさを感じなくなってしまったりするし、高校生頃ということでタイミングも悪かったのかも。最初に読んだ時はそれほど印象に残らず、そのままになってしまっていたのでした。
で、今回読み返してみて。以前読んだ時よりも、ずっと良かったです。今の方が、こういう物語を素直に読めるようになってるのかも。「大きな大きなおばあさま」という、ちょっと不思議な存在(魔女ではないんです、一応)が登場するんですけど、彼女の描写がとても幻想的で素敵なんですよね。こういう物語が一番楽しめるのはもちろん小学生ぐらいの時なんでしょうけど、その時読むのでなければ、今の年ぐらいで読むのもいいかもしれないですねー。(岩波少年文庫)

そして岩波少年文庫再読計画とは。
子供の頃は、本と言えばまず岩波書店。特に岩波少年文庫が大好きだったんですよね。以前もCross-Roadの瑛里さんと「岩波少年文庫は読破したかったよね」なんて話をしていたことがあるんですが、最近も「れんげ野原のまんなかで」(森谷明子)に登場する能勢夫人が言ってる本は何かが分からず(どなたか分かった方は教えて下さい!)、柊舎のむつぞーさんと「岩波少年文庫を再読したくなった」という話をしていたんです。そして再読&読破にすっかり本気になってしまった私は、こんなページまで作ってしまったのでした。...あ、でも一見結構読んでるみたいですけど、大人用の本で読んでいる作品も「既読」にしてしまってるので、実際にこの版で読んでいる作品はもっと少ないです。少年文庫版ではなく大人用の本で読んでる作品はどうしようかちょっと迷うところなんですが、子供用に書き直した物を読んでもなあって気もするので、あまり再読しないかも。(中には読んでみたいのもあるんですけどねっ) 
リストを作ってみて、子供の頃のラインナップとはかなり変わってるのでびっくりです。大好きだった作品も随分なくなっちゃってて残念。


+既読のジョージ・マクドナルド作品の感想+
「お姫さまとゴブリンの物語」「カーディとお姫さまの物語」マクドナルド
「北風のうしろの国」ジョージ・マクドナルド
「かるいお姫さま」マクドナルド
「ファンタステス」ジョージ・マクドナルド
「金の鍵」「黄金の鍵」ジョージ・マクドナルド
「きえてしまった王女」「かげの国」ジョージ・マクドナルド

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon] [amazon]
book04.jpgパラディスの秘録という副題が付いた2冊。パラディスというのは、ヨーロッパにあると思われる架空の都。やっぱりフランス語の「paradis」(天国=パラダイス)から来てるんでしょうね。でもキリスト教的な天国とはほど遠くて、その実態はとても異教的。退廃的で享楽的で、まるで旧約聖書に出てくるソドムとゴモラの町みたい。(ロトの妻が後ろを振り向いたせいで塩の柱になってしまうアレですね)
「幻獣の書」は「緑の書」と「紫の書」が一緒になって1つの大きな長編となってるんですけど、「堕ちたる者の書」は短編集。「紅に染められて」「黄色の殺意」「青の帝国」が収められています。読んでいると、それぞれの色彩が溢れ出してきそう。全体的に見ると、タニス・リーの作品としてはそれほど満足度が高くなかったんですけど、「幻獣の書」の「緑の書」で語られるかつての悲恋の物語、「堕ちたる者の書」では「黄色の殺意」がそれぞれにとても良かったです。この華麗でエロティックで残酷な世界は、タニス・リーならではですね。美しいです。
どちらも表紙が出てこないので、デジカメでパチリ。手前が「幻獣の書」、後ろが「堕ちたる者の書」です。古本屋で買ったのに帯も栞もついてるし、とっても綺麗。得した気分♪(角川ホラー文庫)


+既読のタニス・リー作品の感想+
「闇の公子」タニス・リー
「死の王」タニス・リー
「タマスターラー」タニス・リー
「ドラゴン探索号の冒険」タニス・リー
「白馬の王子」タニス・リー
「惑乱の公子」タニス・リー
「熱夢の女王」上下 タニス・リー
「ゴルゴン 幻獣夜話」タニス・リー
「血のごとく赤く」タニス・リー
「バイティング・ザ・サン」タニス・リー
「鏡の森」タニス・リー
「黄金の魔獣」タニス・リー
「幻魔の虜囚」タニス・リー
「幻獣の書」「堕ちたる者の書」タニス・リー
「月と太陽の魔道師」タニス・リー
「冬物語」「闇の城」タニス・リー
「銀色の恋人」タニス・リー
「妖魔の戯れ」タニス・リー
留守中に読んだ本(18冊)(「ウルフタワー」の感想)
「影に歌えば」「死霊の都」タニス・リー
「パイレーティカ 女海賊アートの冒険」タニス・リー
「銀色の愛ふたたび」タニス・リー
「水底の仮面」「炎の聖少女」タニス・リー
「土の褥に眠る者」「復活のヴェヌス」タニス・リー
「悪魔の薔薇」タニス・リー

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

[amazon]
奴隷ではあっても強く誇り高く生きていたシャイナが、恋した若者のために、邪神の使徒・ヴォルクハヴァールに挑む物語。
amazonにはこの本は登録されてないみたいですね。大好きなタニス・リーの作品。相変わらずの華麗な文章にはうっとりです。普通の文章も好きなんですけど、神の前で唱える儀式文というのがまたとても美しいんですよー。訳は大好きな浅羽莢子さんだし、言うことなしです。そして肝心な物語の方は、浅羽莢子さんもあとがきで書いてらっしゃいましたが、とっても正統派のおとぎ話のパターンでした。もちろんタニス・リーの作品なので、そんな簡単には事は済まないし、ヒロインも結構大変な目に遭うことになるんですけどね。でも他の作品に比べると、かなり素直な印象かな。エロティシズムもほとんどないし。
この物語で印象的だったのは、ヒロインであるシャイナと相対する悪役ヴォルクハヴァールの造形。悪役なんですけど、その生い立ちが詳しく語られていて、単なる悪役では終わってないんです。すごく切ないし哀しいし、これは下手したらヒロインよりも存在感があるかも。ヒロインと悪役の2人の対比がまた良かったです。...それにひきかえ、ヒロインが恋する青年の影の薄いこと... や、悪役に魂を取られちゃってるので、本当に影がないのですが。(笑)(ハヤカワ文庫FT)
book03.jpg
タニス・リーの本は絶版が多くて探すのが大変。市内の図書館が一通り所蔵してるので読みたければ読めるんですけど、どうしても買って読みたいんですよね。でも探し回ってる甲斐あって、かなり揃ってきました。持ってないのはあと6冊。(日本で出版されているのは、多分全部で27冊) 残りもなんとか見つかるといいなあー。(写真は「幻魔の虜囚」「銀色の恋人」「妖魔の戯れ」)
ということで、タニス・リーが続きます。次は「パラディスの秘録」の2冊の予定♪


+既読のタニス・リー作品の感想+
「闇の公子」タニス・リー
「死の王」タニス・リー
「タマスターラー」タニス・リー
「ドラゴン探索号の冒険」タニス・リー
「白馬の王子」タニス・リー
「惑乱の公子」タニス・リー
「熱夢の女王」上下 タニス・リー
「ゴルゴン 幻獣夜話」タニス・リー
「血のごとく赤く」タニス・リー
「バイティング・ザ・サン」タニス・リー
「鏡の森」タニス・リー
「黄金の魔獣」タニス・リー
「幻魔の虜囚」タニス・リー
「幻獣の書」「堕ちたる者の書」タニス・リー
「月と太陽の魔道師」タニス・リー
「冬物語」「闇の城」タニス・リー
「銀色の恋人」タニス・リー
「妖魔の戯れ」タニス・リー
留守中に読んだ本(18冊)(「ウルフタワー」の感想)
「影に歌えば」「死霊の都」タニス・リー
「パイレーティカ 女海賊アートの冒険」タニス・リー
「銀色の愛ふたたび」タニス・リー
「水底の仮面」「炎の聖少女」タニス・リー
「土の褥に眠る者」「復活のヴェヌス」タニス・リー
「悪魔の薔薇」タニス・リー

| | commentaire(0) | trackback(1)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.