Catégories:“ファンタジー(翻訳)”

Catégories: / / / /

  [amazon] [amazon]
寝る前にお話を聞かないと寝ようとしない、大のお話好きのナフタリ。両親からも沢山のお話を聞くのですが、字が読めるようになると、お話の本も手当たり次第読むようになります。そんなナフタリは大きくなると本の行商人となり、愛馬・スウスの引く馬車に沢山本を積んで色々なところをまわって本を売り、本を買えない貧しい子には本をプレゼントし、人々の語る様々なお話を聞き、そして自分も沢山お話を語ることに... という「お話の名手ナフタリと愛馬スウスの物語」他、それぞれ8編が収められた短編集。

アイザック・バシェヴィス・シンガーは、ポーランド生まれの作家。ナチスの迫害から逃れてアメリカに渡ったんだそうです。その執筆は英語ではなく、子供の頃から使っていたイディッシュ語。元はユダヤ人やポーランドに伝わる民話なんだろうなってお話も多いし、ユダヤ教徒の家庭に育ったシンガーらしく、ユダヤ教のラビも頻繁に登場。ハリー・ケメルマンやフェイ・ケラーマンの作品でも読んでるんですけど、ユダヤ教の風習ってやっぱり面白いなあ。
とんまな人々が住むヘルムという町を舞台にした寓話的物語もいくつかあって、繋がっていくのが楽しかったんですが、やっぱり一番印象に残ったのは、上にあらすじを書いた「お話の名手ナフタリと愛馬スウスの物語」。この中に登場するナフタリは、作者シンガーの理想の自画像なのだそう。お話の楽しさ面白さを人々に伝えることを生きがい旅から旅への暮らしだったナフタリは、レブ・ファリクという人物との出会いがきっかけで1箇所に根を下ろした暮らしをしたいと初めて思うようになるんですけど、この2人の会話がとても深いんです。

いちにちが終わると、もう、それはそこにない。いったい、なにが残る。話のほかには残らんのだ。もしも話が語られたり、本が書かれたりしなければ、人間は動物のように生きることになる、その日その日のためだけにな。(P.21)

きょう、わしたちは生きている、しかしあしたになったら、きょうという日は物語に変わる。世界ぜんたいが、人間の生活のすべてが、ひとつの長い物語なのさ。(P.21~22)
生きるってことは、結局のところ、なんだろうか。未来は、まだここにはない、そして、それが何をもたらすか、見とおしは立たない。現在は、ほんの一瞬ずつだが、過去はひとつの長い長い物語だ。物語を話すこともせず、聞くこともせぬ人たちは、その瞬間ずつしか生きぬことになる、それではじゅうぶんとは言えない。(P.37)

他のも一見子供向けのただ面白い話に見えて、実はとても深くじっくり味わえる作品ばかり。そしてお話の楽しさや面白さを人々に伝えたいというシンガーの思いがとても伝わってくる、暖かい作品集です。(岩波少年文庫)


+既読のアイザック・B・シンガー作品の感想+
「お話を運んだ馬」「まぬけなワルシャワ旅行」I.B.シンガー
「やぎと少年」アイザック・B・シンガー
「ショーシャ」アイザック・B・シンガー

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
紀元500年頃。ブリテン島南部で、アーサーことアルトリアス・マグナスの軍勢が、バン卿の領地に攻め込みます。アーサーはバン卿の保護と引き換えに多大な貢物を要求したのですが、バン卿はその申し出を拒否したのです。館には火がかけられ、男たちの怒号や馬蹄の音が響き渡っていました。命からがら館から飛び出した下働きの孤児の少女・グウィナは、剣を振りかざした若者から逃げるために川に飛び込み、下流に向かって泳ぎながら逃げ、冷え切った体で陸に上がり、失神。そこに現れたのは、アーサーに仕える吟遊詩人・ミルディンでした。ミルディンはグウィナを近くの小屋に運びこみます。

アーサー王伝説をテーマにした作品はものすごく沢山あって、その描き方は多種多様なんですが、その中でも「伝説はこうだったけど、真実のアーサー王の物語はこうだった」というスタンスの作品といえば、真っ先に思い出すのがバーナード・コーンウェルの「エクスカリバーの宝剣」(感想)に始まるシリーズ。あちらも相当泥臭い生臭いアーサー王物だったんですが、こちらも相当ですねえ。こちらは臭いが漂ってきそうな感じはなかったですけどね。そしてバーナード・コーンウェルの作品と、この「アーサー王ここに眠る」の違う点は、あちらはそういった真実の物語を淡々と綴っているというスタンスなのに対して(主人公が書き綴る物語が、きっとその依頼主によって好きなように脚色されるだろうという予想はあるのですが)、こちらはそういった様々な現実的なエピソードが、生きた物語に変わる瞬間を目の当たりにすることができること。

ということで、真実のアーサー王の言動をその目に見ながら、物語や伝説が生まれていくところも同時に見ることができるという楽しさのある作品です。アーサーが何をしようとも、どんな人物であろうとも、吟遊詩人であるミルディンが作り上げた単純ですっきりした、それでいて魅力的なエピソードの数々によって、人々はアーサーを好きになっていっちゃう。日頃生身のアーサー王を見ている人ですら、それらの物語が本当は真実からはずれた所にあるものだと分かってるはずなのに、それらの物語を真実の上にかぶせてしまいます。それは「人は自分が見えると思うものだけを見て、信じるように言われたことだけを信じる」というミルディンの言葉通り。(塩野七生さんの「ローマ人の物語」のカエサルの部分を思い出す!) そして「おれはあいつの名声をいい健康状態に保ってやってる語り部の医者ってとこだな」という言葉通り。アーサーの生い立ちのことも、エクスカリバーのことも、湖の貴婦人のことも、例えば緑の騎士のことも、大抵はミルディンがお膳立てをした出来事だったり、ミルディンが作りあげた物語。でもミルディンがほんの少し細工をするだけで、あとは人々が作り上げていってくれるんですねえ。実際のアーサーは粗野で乱暴な男だし、グウェニファーもそれほど若くも美しくもなかったのに、人々の記憶の中のアーサーは気高く聡明で勇敢な王者であり、グウェニファーは若く美しい貴婦人となってしまうのです。そういった物語のカラクリを私だって知らないわけでもないのに(笑)、ミルディンの「手品」がものすごく面白くて読みながらワクワクしてしまいました。物語ができていく裏側をこっそりと覗き見ているという感覚が、またいいんですよね。まるで自分もこの作品に参加して、一役買っているような気がしてきちゃう。

「アーサー王、ここに眠る」という題名は、アーサー王の墓碑銘「HIC IACET ARTHURUS, REX QUONDAM, REX FUTURUS(ここにアーサー王眠る。かつての王にして来るべき王)」から。「かつての王にして来るべき王」といえば、T.H.ホワイトの「永遠の王」(感想) を思い出す... 原題が「THE ONCE AND FUTURE KING」なんです。これは相当ぶっとんだアーサー王伝説で、面食らってるうちに終わってしまった感じなんですが、そうと分かって読み返したら、今度はもっとずっと面白く読めるかもしれないですねえ。また今度読み返してみようっと。(創元ブックランド)

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
町かどのポストのそばにはミカン箱が1つ置いてあり、そこにはジムが座っていました。今8歳のデリーが知ってる限り、もしかしたらそのもっとずっと前から、朝も晩も夏も冬も、ジムはいつだってそこにいたのです。髪は真っ白で、顔は茶色くつやつやとしていて、目は青いガラス玉のようにきらきらしたジム。ジムはデリーの住む赤レンガでできた背の高い家の並ぶ通りの番をしているのだと、デリーは思っていました。この通りにはなくてはならない人なのです。

ゆるゆるとファージョン再読祭り中です。
ファージョンは枠物語が多いんですけど、今回はレンガの家が並ぶ通りにいるジムとデリーのお話が枠で、ジムがデリーに語って聞かせたお話が中身。ジムがどんな人なんだか最初は全然分からないんですけど、地域の人々から愛されてる存在だというのだけは確かなんですよね。そんなジムのことも、お話が進むにつれて徐々に分かってきます。ケント生まれで、キャビンボーイになりたくて家を飛び出し、ゆり木馬号のポッツ船長に出会い、世界中を冒険して回って... ジムがデリーに語る最初のお話こそ、小さい頃にマメ畑を荒らしにくる鳥の見張りをしていた時のことなんですが(これもまた可愛い話なんだわ... ベーコンのサンドイッチ!)、船乗りだっただけあって、そのお話の舞台は世界中に広がってます。時には海の底へ、時には霧の向こうへ、そして時には氷の抜け道の奥へ。イギリスの街角にいながらにして、色んな冒険を楽しませてくれちゃう。やっぱり今回は語り手も聞き手も男の子ですものね!
このお話の中で私が一番好きだったのは「九ばんめの波」かな。ゆり木馬号で航海中のジムが出会うのは、海の波に酔ってしまったタラ。「おまえ、それでもさかなか! こいつはおどろきだ!」と言うジムと一緒になって、海の動物が波に酔うなんて!と思いつつ、タラの「おどろくにはあたらないさ、ジム」「さっきの波は、とてつもなく大きかったじゃないか」という言葉に、妙に納得してみたり。そして船をひっくり返そうとする九番目の大波が来た時、タラはジムに助けてもらったお返しをすることになるのですが~。これがまたスバラシイ。そこらの昔話じゃあ、まずこういうのは読めません。(笑)
海の中の王国や霧の向こうの王国はとても美しかったし、氷の洞窟も幻想的。タラや大海ヘビ、ナマズの女王、ペンギンのフリップといった面々もそれぞれに魅力的~。それに何より枠部分の最後のシメも粋で気持ち良くて! とっても素敵な読後感です。(童話館出版)


+既読のファージョン作品の感想+
「ムギと王さま」「天国を出ていく」ファージョン
「年とったばあやのお話かご」「イタリアののぞきめがね」ファージョン
「町かどのジム」エリノア・ファージョン
「リンゴ畑のマーティン・ピピン」「ヒナギク野のマーティン・ピピン」ファージョン
「銀のシギ」エリナー・ファージョン
「マローンおばさん」エリナー・ファージョン
「ガラスのくつ」エリナー・ファージョン
「エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」「ねんねんネコのねるとこは」エリナー・ファージョン

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
92歳のマリアンは、この15年間は息子のガラハッドとその妻・ミューリエル、その末っ子のロバートと同居の生活。家は狭く窮屈で、日中のほとんどは部屋に面した裏庭で猫や鶏と過ごす日々。そして毎週月曜日になると、2ブロックほど歩いて友人のカルメラの家へ行きます。そんなある日、カルメラが耳の悪いマリアンにプレゼントしたのはバッファローの角でできた耳ラッパ。カルメラは、その耳ラッパを誰にも見せないで、家族がマリアンの話をしているのを盗み聞きすればいいと言うのですが...という「耳ラッパ 幻の聖杯物語」、そして短編集の「恐怖の館 世にも不思議な物語」。

先日「夢魔のレシピ」(感想)読んだレメディオス・バロと並ぶシュールレアリストの女流画家。裕福なイギリス人実業家を父に、アイルランド人を母に生まれ、父親の反対を押し切ってロンドンの美術学校に進んだ後マックス・エルンストと運命の出会いを果たし、エルンストが強制収容所に送られた後、キャリントン自身はスペインの精神病院へ。そしてその後メキシコに亡命... となかなか波乱万丈な人生を送っている人です。

「耳ラッパ」の方は、不思議な老人ホームで繰り広げられる不思議な物語。老人ホームに集まっているのは、それぞれに個性的な老人たち。家では厄介者扱いされて、それでこの老人ホームに来ることになったんでしょうけど、既に因習とか常識に囚われることなく生きることができる老人パワーがなかなかかっこいいです。この作品の主人公のマリアンはキャリントン自身がモデルで、親友のカルメラはレメディオス・バロがモデルなのだそう。そう言われてみると、先日「夢魔のレシピ」に架空の相手に書いた手紙というのもあったし、確かにバロみたいな感じ。そしてこの作品自体とても絵画的なんですけど、その中でも特にウィンクして見える尼僧の絵や、塔に閉じ込められるイメージなど、レメディオス・バロの絵画のイメージがものすごくしてました。でも私はレオノーラ・キャリントンの絵をあんまり知らないからなあ... もしかしたらキャリントン自身の絵なのかな? 実際のところはどうなんでしょう。
「恐怖の館」は、マックス・エルンストによる序文からして、これぞシュールレアリスムなのかという文章でかっこいいんですが、キャリントンの書く短編もなかなか素敵でした。アイルランド人の祖母や母、乳母からケルトの妖精物語や民間伝承を聞いて育ったとのことなんですが、そういう要素はあまり感じなかったですね。むしろ目を惹いたのは馬。この馬のイメージはスウィフトの「ガリバー旅行記」? それともこの不条理な作品群は「耳ラッパ」の帯に「92歳のアリスの大冒険」とあったように、ルイス・キャロル的? スウィフトもルイス・キャロルもアイルランド系だし、やっぱりそういうことなのかな。長めの作品もあるんですが、私が気に入ったのはむしろ掌編の「恐怖の館」「卵型の貴婦人」「デビュタント」「女王陛下の召喚状」辺り。特に「デビュタント」はレオノーラ・キャリントンの実体験に基づくと思われる作品。出たくないデビュタントの舞踏会に、自分の代わりにハイエナに出てもらったら、という物語なんですが、これが残酷童話の趣きで... 素敵♪
「恐怖の館」にはレオノーラ・キャリントンとその周囲の人々の写真が数10ページ挿入されていました。力強い顔立ちの美人さん。私としてはどちらかといえば、作品を見たかったんですけどねえ。どこで見られるんだろう?(工作舎)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon]
ここ数日というもの悩みごとを抱えていたウォルディングの司祭は、この日ようやく主教宛の手紙を書き上げます。司祭の悩みの種は、春頃から夕方になると山の端から聞こえてくる笛の音。始めはどこかの若者が村の娘に合図を送るために奏でている音だと考えていたのですが、どうやらそうではないらしいのです。その笛の調べは司祭が生まれてこの方聞いたことがないようなもので、なにやら異様な力を持っていました。そして笛の音が聞こえるたびに、娘たちがその調べを求めて丘を越えていくのです。

舞台はイギリスなんですけど、ウォルディングという場所は架空なのかな? 包容力のある司祭と善良な人々が住んで、日々労働に汗し、日曜日になれば皆教会に集まるというキリスト教的に模範的な村です。でもそんな理想的な村が、徐々に異端のものに侵食されていってしまうんですね。身も心も異界に連れ去ろうとするかのような笛の音。理性はその音に抗おうとしてても、感情はその音に連れ去られたがっていて。まるで「ハンメルンの笛吹き」の笛のように。

タイトルの「牧神」とはギリシャ神話に出てくる半人半獣の森の神・パンのこと。天候や風を司り、農業、牧畜、狩猟、漁業の守護神です。(パンと似た存在でサテュロスやフォーンがいますが、サテュロスは同じギリシャ神話の存在でもパンよりも格下で、フォーンはローマ神話の森と田園の神)
キリスト教の登場と共に異教の神として追放されてしまうことになるんですが、そのパンが19世紀末から20世紀初頭の英文学に頻繁に現れるようになったんだそうです。その役割は、文明の批判者として、物質主義に抗議する大自然の呼び声として。でも、うーん、どうなんでしょう。この「牧神の祝福」もその頃書かれた作品らしいんですが、この作品には「批判」「抗議」といった否定的な言葉は、あまり似合わないような気がしますねえ。「キリスト教批判」とか「現代文明への批判」という風に捉えることもできるんでしょうけど、それほどの主義主張を持った作品というよりも、古い異教時代の居心地の良さへの憧れとでもいったもののような... 「自然への回帰」なんて大層なものではなくて、もっと心が求める方向へと素直に向かってみたという感じがするんですが。
このウォルディングという場所は「エルフランドの王女」の国へと通じるのかも、なんて思ったりもします。ウォルディングそのものがエルフランドとなったということはあり得ないかしら...。(妖精文庫)


+既読のロード・ダンセイニ作品の感想+
「ぺガーナの神々」ロード・ダンセイニ
「魔法使いの弟子」ロード・ダンセイニ
「魔法の国の旅人」ロード・ダンセイニ
「世界の涯の物語」「夢見る人の物語」ロード・ダンセイニ
「妖精族のむすめ」ロード・ダンセイニ
「エルフランドの王女」ロード・ダンセイニ
「影の谷物語」ロード・ダンセイニ
「時と神々の物語」「最後の夢の物語」ロード・ダンセイニ
「ダンセイニ戯曲集」ロード・ダンセイニ
「牧神の祝福」ロード・ダンセイニ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
子供部屋にいる4人の子供たちにとって、一番楽しみなのは寝る前のお話。ばあやは穴のあいた子供たちの靴下を繕いながら、その穴の大きさに見合ったお話をしてくれるのです... という「年とったばあやのお話かご」。そして、イタリアのフローレンスの丘の上の屋敷に住むブリジェットを訪ねた「わたし」が、そこでの出来事をもとにお話を語っていく「イタリアののぞきめがね」。

先日「ムギの王さま」を読んで、無性にファージョンが再読したくなっちゃいました。まずはファージョン作品集の1巻と2巻から~。
どちらも枠物語になってるので、基本的には似たような雰囲気。「イタリアののぞきめがね」はどうやらファージョン自身が友達家族の家を訪ねたイタリア旅行が軸になってるようなんですけど、「年とったばあやのお話かご」のばあやが語り手だと言ってもおかしくない感じですしね。でも細かい部分は色々と違っています。
「年とったばあやのお話かご」は、ばあやがこれまで世話をしてきた世界中の子供たちのお話。ばあやの年は一体いくつなんだか、この本での聞き手の4人の子供たちのお母さんも、そのまたお母さんもばあやの世話になってるんですけど、あのグリム兄弟もばあやがお守りをしてて、兄弟はその時に聞いた話を自分たちの童話集に入れたとかいうんですよ! ペルーのインカ王やエジプトのスフィンクスもばあやお守りをしたっていうし、ギリシャ神話のネプチューンだって、ばあやのお友達。お話だけで世界一周気分になっちゃいます。そして大きな穴には大きなお話、小さな穴には小さなお話と穴の大きさに合わせてお話の大きさも変わるんですが、小さい穴でも細かく丁寧にかがらなくてはいけない時は大きなお話になるし、穴が大きすぎる時はいいかげんにくっつけておかなければいけなくて、それほど大きなお話にならない時もあって、そういうのも楽しいです♪
「イタリアののぞきめがね」は、基本的にイタリアのお話ばかり。大人も子供も仮装して通りをかけまわるイタリアでの謝肉祭のお祭りの日には謝肉祭のお祭りのお話、パスタを切らして困ってしまった日には、昔々小麦が取れなくなってパスタが食べられなくなった時のお話、と、「わたし」の身の回りの出来事がお話になってるんです。「年とったばあやのお話かご」を読んでからこっちを読むと、挿入されるお話が少ないので、それがちょっぴり物足りないかな... それでもやっぱり楽しいんですけどね。(岩波書店)


+既読のファージョン作品の感想+
「ムギと王さま」「天国を出ていく」ファージョン
「年とったばあやのお話かご」「イタリアののぞきめがね」ファージョン
「町かどのジム」エリノア・ファージョン
「リンゴ畑のマーティン・ピピン」「ヒナギク野のマーティン・ピピン」ファージョン
「銀のシギ」エリナー・ファージョン
「マローンおばさん」エリナー・ファージョン
「ガラスのくつ」エリナー・ファージョン
「エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」「ねんねんネコのねるとこは」エリナー・ファージョン

| | commentaire(6) | trackback(0)
Catégories: / / /

[amazon]
小さなマルーシャは、兄さんのワーニャとピーターおじいさん、そして黒猫のウラジミールとエスキモー犬のバーヤンと一緒に、森の中の松の木で作った家に住んでいました。ワーニャとマルーシャの両親は2人が小さい時に亡くなっていたのです。2人の一番のお楽しみは、夜になるとピーターおじいさんが話してくれる物語でした。

先日読んだ「アーサー・ランサムのロシア昔話」の前に出ているのが、この本。ランサム自身がロシアで採取したという昔話全21編を、おじいさんが2人の孫に語り聞かせるという枠物語になってます。 めんどりの足の生えた小屋に住む恐ろしい魔女のバーバ・ヤーガ、火の鳥や魔法の馬といった存在はロシアならではだし、そんな物語で活躍するのは3人兄弟の末のイワンだったり~。それに川に恋する「サトコ」や「雪むすめ」といった物語も、ロシアの風土ならではの物語なんですよね。日本の雪女は怖いんですけど、ロシアの雪むすめはとても可憐。
しかも枠物語って大好きなんです。こういうところにアーサー・ランサムらしさが出てるんですね。とってもあったかくて、おじいさんと2人の孫という3人が、自分たちで物語を作り上げていってる感じです。自然にお話の中に引き込まれちゃう。いいなあ、こんなおじいさん、欲しいー。
プーシキンの本にもあった「金の魚」もあれば、エルショーフの「せむしの小馬」のような物語もあり、ラング世界童話集やアファナーシェフの「ロシア民話集」、「ブィリーナ英雄叙事詩」の中で読んだ物語もあって、全体的にはそれほど目新しくないんですが、それでも既に知っている物語とは展開の仕方や結末が少しずつ違うのが楽しいところ。例えば上で挙げた「雪むすめ」も、私が知っていた物語とは結末は同じでも、その途中経過が違うんですよね。そんな中で、とても新鮮に感じられたのは「銀の小皿とすきとおったリンゴの話」。これは3人姉妹が商人の父親にお土産を頼む物語で、それだけなら「美女と野獣」のバリエーションなんですけど、それとはまた違ってて... しかも「銀の小皿と熟れたリンゴの話」というのもロシア民話にはあるんですが(右の本に入ってます)、それともまたちょっと違ってて面白いんです。父親にその2つをどうするのかと聞かれた娘の答は、「お皿の上でリンゴをまわします」というもの。さてまわすとどうなるのでしょう? それは実際に読んでみてのお楽しみ♪(パピルス)


+既読のアーサー・ランサム作品の感想+
「アーサー・ランサムのロシア昔話」アーサー・ランサム
「ピーターおじいさんの昔話」アーサー・ランサム

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.