Catégories:“ファンタジー(翻訳)”

Catégories: / / / /

[amazon]
毎日どこかの広場で説教をする男と常に一緒にいるのは、巨大な恐ろしい犬。真っ黒の毛並みで目は硫黄のように黄色く、大きな口の中に見えるのは黄色い歯並み。男と犬の奇妙なつながりに興味を引かれた「ぼく」は、男のあとをつけるようになり... というフリードリヒ・デュレンマットの「犬」他、全18編の幻想小説アンソロジー。

18世紀から20世紀までのドイツの幻想小説。昔ながらの怪談から現代的なホラー小説、錬金術をモチーフにした作品、そしてSF風味の作品まで、かなり色々な作品が入っています。面白い作品もあったんですけど... でも、うーん、今ひとつぴんとこない作品も多かったかも... 今回ピンと来なかった作品については、いずれリベンジしようと思います。(白水uブックス)


+シリーズ既刊の感想+
「イギリス幻想小説傑作集」由良君美編
「スペイン幻想小説傑作集」東谷穎人編
「ドイツ幻想小説傑作集」種村季弘編

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

[amazon]
今まで会った人物の中で一番風変わりだったのは、H町のクレスペル顧問官。学識があり経験豊かな法律家で、有能な外交官でもあり、ヴァイオリン製作にしても超一流。しかしその奇行ぶりは、常に町中の人々の噂の種になっていました... という「クレスペル顧問官」他、全6編の短編集。

「黄金の壷」がどうもすっきりしなかったホフマンですが、こちらは面白かったです。「黄金の壷」はモチーフ的にはとても好きなはずなのに今ひとつだったのが我ながら解せないんですが...。(その後他のバージョンで読んだら面白かったです! 訳が合わなかっただけみたい)
訳者池内紀さんによる解説「ホフマンと三冊の古い本」に、ホフマンの作品ではしばしば鏡や望遠鏡が重要な小道具として登場するとありました。そして「砂男」の「コッペリウス」と「コッポラ」という2つの名前は、どちらも「眼窩」を意味する「コッパ」からきているとも。確かに気がついてみれば、鏡や望遠鏡だけでなく、目玉や眼鏡、窓といったものが、ホフマンの作品では常に異界への扉のように存在してます。その異界に待っているのは「死」。でもその「死」は物質的な冷たい死というよりも、幻想的な詩の世界への生まれ変わるためという感じ... 現実的で常識的な人々にとっては、狂気と破滅にしか見えなくても、そちらの世界に足を踏み入れた人にとっては、それは理想郷なんですよねえ。そしてホフマンは、そのどちらの世界でも生きた人なんですね。だからホフマンの作品の結末には、ちょっと異様な雰囲気を感じさせられることが多いんだろうな。ホフマンの描き出す幻想的な情景はとても美しいんですが、それは薄気味悪い不気味さと紙一重。
どれも面白かったんだけど、私が特に気に入ったのは、山の鉱山の幻想的な情景の美しさが際立っている「ファールンの鉱山」。これはどこかバジョーフの「石の花」のようでもありました。...なんだかんだ言って、幻想的な情景に惹かれてしまう私です。そして「砂男」は、バレエ「コッペリア」の原作となった作品なんですね。でもストーリーはかなり変えられていて、「砂男」の狂気を秘めた悲劇は、すっかり明るく楽しい喜劇となっちゃってます。同じ作品とは思えないわー。(岩波文庫)


+既読のホフマン作品の感想+
「クルミわりとネズミの王さま」ホフマン
「悪魔の霊酒」上下 ホフマン
「黄金の壷」「スキュデリー嬢」 ホフマン
「ホフマン短篇集」ホフマン
「黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ」ホフマン

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / / /

[amazon] [amazon]
昇天祭の日。大学生のアンゼルムスは、市で醜い老婆が商売に出している林檎や菓子の入った籠に突っ込んでしまいます。その辺りにいた子供たちが飛び散った商品に我先にと飛びつき、アンゼルムスは老婆に中身のあまり入っていない財布を渡して逃げ出すことに。せっかくの昇天祭なのに一文無しとなってしまったとアンゼルムスが嘆いていると、ふと頭上の紫丁香花の樹から水晶の鈴のような響きが。そこにいたのは3匹の緑金の小蛇。そしてアンゼルムスはそのうちの1匹に恋をしてしまうのです。それはセルペンチナでした... という「黄金の壷」。
真夜中、サント・オノレ通りにあるスキュデリー嬢の家の戸が激しく叩かれます。それは見知らぬ若い男。侍女が玄関を開けると、外にいる時は哀れっぽいことを言っていた男は家の中に入るなり荒々しくなり、匕首まで持っていたのです。思わず助けを求めて叫ぶ侍女。すると男は小箱を侍女に持たせると、スキュデリー女史に渡して欲しいと言い残して消え去ります。折りしもパリでは宝石強奪事件が相次いで起きていた頃。その箱に入っていたのは見事な宝飾品。当代随一の金細工師・ルネ・カルディラックの作った品だったのです... という「スキュデリー嬢」。

ホフマンの作2つ。「黄金の壷」の方は古本屋で見つけた古い本で、なんと初版が昭和9年! なので当然のように旧字・旧かな使いです。検印もついてるし、題名も本当は「黄金寳壷 近世童話」。でもこれ、面白いことは面白かったんですけど... この作品は、ホフマンの作の中でも傑作とされている方らしいのに、それほどでもなかったんですよね。ホフマンらしい幻想味は素敵なんですけど、肝心のアンゼルムスとセルペンチナの場面が思ったほどなかったからかなあ。もっとこのセルペンチナの一族の話が読みたかったな。この作品では、むしろアンゼルムスに片思いする16歳のお嬢さんの方が存在感があるし、世俗的で面白かったかも。
「スキュデリー嬢」は、ルイ14世の時代を舞台にした作品。ルイ14世はもちろんその愛人・マントノン夫人も、スキュデリー嬢その人も実在の人物。でもこの主人公となるスキュデリー嬢、実は「嬢」という言葉から想像するような若い娘さんじゃなくて、73歳の老嬢なんですね。その年輪が若い娘さんには出せない味を出していて、それが良かったです。そしてこの作品、スキュデリー嬢を探偵役とするミステリでもあります。それほど積極的に事件の謎を解こうとするわけではないし、むしろ巻き込まれた被害者とも言えるんですが... 謎が解けたのも、彼女の推理力のおかげというより、人徳のおかげでしたしね。普通のミステリを期待して読むとちょっとがっかりするかもしれませんが、期待せずに読むと、ほのぼのとした時代ミステリ感が楽しめるかと。

でも「スキュデリー嬢」はともかく、自分が「黄金の壷」をちゃんと読み取れてるのか気になる... 丁度、古典新訳文庫でこの組み合わせが出てたし、そちらも読んでみようかなあ。(岩波文庫)


+既読のホフマン作品の感想+
「クルミわりとネズミの王さま」ホフマン
「悪魔の霊酒」上下 ホフマン
「黄金の壺」「スキュデリー嬢」 ホフマン

「ホフマン短篇集」ホフマン
「黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ」ホフマン

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
5年生が始まる前の晩、いつになくうきうきとした気分だったレオン・ザイゼル。学校の用意も「カボチャ頭」の用意も完璧で、レオンの気分は10のうち8。しかし学校が始まると、その気分計は徐々に低下し始めます。カボチャ頭の人形は上手く作動せず、いじめっ子のランプキンに手首と頭を万力のように締められ、その後ゴミ缶の中に頭から詰め込まれてしまい...。しかしどん底まで落ちてしまっていた気分は、ナポレオンにもらった珍しいポテトチップで少し上昇。レオンは最近ポテトチップのコレクションも始めていたのです。

タクシー運転手のコレクションはナポレオンと出会った時点で一段落してしまったようなんですが、今のレオンのコレクションはポテトチップの空き袋。そして5年の担任の先生は理科のスパークス先生で、なんと1年間ポテトチップの研究をすることに決定。そしてカボチャ頭の人形がなぜ動かないのか考察した3人の出した結論と、動かすために必要なものを得るための手段は、ポテトチップ選手権に出場すること。レオンはトリビアのためにポテトチップにまつわる様々な雑学を覚えて、味覚テストのためには手に入る限りのポテトチップを分類・整理していくことになります。そんなポテトチップ尽くしの物語。大人も楽しめる児童書、というのも最近多いんですが、これはどちらかといえば、純粋に童心で楽しむ児童書かも。1年間授業がポテトチップのことばっかりだなんて羨ましい~楽しそう~、なんてわくわくしながら読むのが相応しい気がします。

こんなマニアックなポテトチップ話を書く作者のアレン・カーズワイルも、やっぱりマニアックな人なんでしょうねえ。きっとコレクター体質に違いないです。以前カーズワイルの「驚異の発明家(エンヂニア)の形見函」も読んだんですけど、それもこんな風にマニアックでコレクターな作品だった覚えがあるし...。とは言っても、そちらの作品は、実はほとんど覚えてないんですが。年の瀬の慌しい時に読んでしまったせいなのか、文章がイマイチ合わなかったのか、期待したほど楽しめなかったんですよね。しかも、そのまま感想も書きそびれてしまって。今読んだら、またもうちょっと違う感想が出てくるのかなあ。あまりにも忘れてて情けないので、いずれリベンジしてみようと思ってます。その時は、図書館が舞台の「形見函と王妃の時計」も読めるといいな。そちらは図書館が舞台だったはずだし。(創元ブックランド)


+既読のアレン・カーズワイル作品の感想+
「レオンと魔法の人形遣い」上下 アレン・カーズワイル
「レオンとポテトチップ選手権」上下 アレン・カーズワイル

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
魔使いの弟子となって1年が過ぎ、1年目の課題「ボガート」から2年目の課題「魔女」へ。少し前にペンドルの魔女の力が増しているという報告を受けた魔使いは、魔女と対抗するためにペンドルに行くことを決め、トムはアリスの協力で、魔女から逃げる術をつけるための修行を繰り返していました。その頃、魔使いを訪ねて来たのは、ペンドルの丘の北にあるダウンハム村のストックス神父。かつては魔使いの優秀な弟子であり、しかし修行を終えた後、魔使いではなく教会の仕事を選んだという人物。そしてトムはアリスと共に久しぶりに兄のジャックの農場へと向かいます。しかし納屋は黒く焦げ、母屋の扉は壊れ、兄の家族も家畜もおらず、しかも母親から受け継いだ部屋は開けられて、そこに置かれていたトランクその他の荷物もなくなっていたのです。

魔使いのシリーズの第4弾。
いよいよアリスの親戚の魔女たちもいる、魔女の本拠地・ペンドルへ~。本当に「いよいよ」です。でもいくら優秀な弟子で修行を頑張っているとは言っても、修行2年目のトムにそれほど大きなことができるはずがありません。トムにできることは、自分にとれる最善の道を考え、それを着実に実行することだけ。魔使いやアリス、そして今はいない母親の助けがあってこそ。
今回トムは大切な家族を人質に取られて、かなり辛い思いをすることになります。でも家族の存在がトムにとって弱みであると同時に強さの源ともなっているようで、その辺りがいいですね。自分の仕事と家族のどちらかを選ばなければならないような状況にまで追い詰められる展開もあって、その辺りの対応にトムの精神的な成長も見られます。トムを弟に持ったばかりに、ジャック一家の受難の日々が続くんですが... 今回特に気になったのはエリーのこと。ただでさえ、思わぬ「魔使い」としてのトムの実態に傷ついているエリーなのに、今回のことをきちんと受け止めて消化していけるのでしょうか。もし身体や精神が元に戻れば、ジャックはこのことで大きく好転しそうな気がしますが、エリーはどうなんでしょう。どこか壊れてしまいそうでとても不安。しかし今回初登場の次兄・ジェームズがいい感じ。力強くて、ジャックよりも人間的な大きさを感じます。彼が一緒に暮らすことで、ジャック一家も落ち着くのかも。

このシリーズは最終的にどこまで進むんでしょうね。各巻冒頭にあるような「ウォードストーン」の話までいくとは思ってなかったんですけど... 今回の「魔王」は、やっぱりその話に直結するでしょうし、やっぱりその辺りまでいくのかなあ。でも今のペースで書いてたら、すごい長大なシリーズになっちゃいそう。そうなった時、ちゃんと翻訳が出続けるのかちょっと心配です。(笑)(創元ブックランド)


+既読のジョゼフ・ディレイニー作品の感想+
「魔使いの弟子」「魔使いの呪い」ジョゼフ・ディレイニー
「魔使いの秘密」ジョゼフ・ディレイニー
「魔使いの戦い」上下 ジョゼフ・ディレイニー

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
東京創元社で刊行中のラング童話集の8冊目。今回多いのはハンガリーの昔話。でも以前読んだ「ハンガリー民話集」(感想)とはまた違う物語が多かったですね。ハンガリーの民話特有の締めくくりの言葉「死んでいなければ今も生きているはずだ」は多かったけど、日本の「むかしむかし、あるところに」にあたる「あったことかなかったことか」というのもなかったし、「ヤーノシュ」もハンガリー王の「マーチャーシュ」もなく... この辺りはラングが物語を英訳する時になくなってしまったのかな? でも話そのものもあまり似てなかったように思うし、何より鳥の足の上で回転するお城が登場しなかったのが残念。イタリアやスペイン、ロシアの昔話が登場する時は聞き覚えのある物語が多いのに、なぜなのかしら~。
とはいえ、今回も挿絵の美しさを堪能したし~。相変わらず楽しかったです。(東京創元社)


+シリーズ既刊の感想+(東京創元社版)
「あおいろの童話集」「あかいろの童話集」アンドルー・ラング編
「みどりいろの童話集」アンドルー・ラング編
「きいろの童話集」アンドルー・ラング編
「ももいろの童話集」アンドルー・ラング編
「はいいろの童話集」アンドルー・ラング編
「むらさきいろの童話集」アンドルー・ラング編
「べにいろの童話集」アンドルー・ラング編
「ちゃいろの童話集」アンドルー・ラング編
「だいだいいろの童話集」アンドルー・ラング編
「くさいろの童話集」アンドルー・ラング編

+シリーズ既刊の感想+(偕成社文庫版)
「みどりいろの童話集」「ばらいろの童話集」アンドルー・ラング

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
ニータの家族がハンプトンズの海岸沿いの貸し別荘で夏を過ごすことになり、友人のキットとジャーマン・シェパードのポンチも一緒に行くことになります。夜の海で泳ぐ2人。しかしその時、キットは岩がざわざわして何かに怯えているのを感じていました。海で何か起きているらしいのです。そしてイルカにクジラが「狩人」たちに追われて怪我を負っているのを聞いた2人は、クジラを助けに向かうことに。スリィという名前のそのクジラは海の魔法使いでした。スリィに海で起きている危機を聞いた2人は、「孤高なる者」を再び海底に封印し、海に平和を取り戻すための「十二の君の歌」という儀式に参加することを承諾します。

駆け出し魔法使いシリーズの第2弾。
前作から2ヵ月後、海の呪文という題名通り海の物語となっています。今回、海の中での情景や海の魔法の描写が素敵だし、敵なのか味方なのか微妙な存在の全身白いサメの長の造形もとても良かったんですが、それでも前作のホワイトホールの突飛さに比べてしまうと、やや凡庸かも...? でも今回はむしろ、葛藤する人間ドラマというか、2人の成長物語としての面が大きいんですね。ニータとキットが内容をきちんと理解しないまま安請け合いしてしまった役割は、非常に重大なもの。一度誓ってしまった言葉はもう元には戻せないし、誰も2人を助けることはできないのです。

でも、話は面白かったんですけど... 1つ引っかかってしまったのが捕鯨に関する記述。

これまでにも、なんでも胃袋に収めてしまう日本人のことは何度も耳にしていたが、他に食べるものはいくらでもあるだろうに、と思わずにいられなかった。(P.51)

私だって何が何でも絶対に捕鯨が必要だなんて思ってませんけど、こういうところに、他文化を認められないアメリカ人の度量の狭さを感じてしまって、なんだかヤな感じ~。近くのページでニューヨーク付近の海の汚染のことも書いているんですが、アメリカ人の愚かさも書いたら、それで公平な視点になったとでも? やっぱりどうもすっきりしないです。というか不愉快だわー。

それと疑問が1つ。あの本は相変わらず図書館から借り出してるってことなんでしょうか?(創元推理文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「駆け出し魔法使いとはじまりの本」ダイアン・デュエイン
「駆け出し魔法使いと海の呪文」ダイアン・デュエイン

| | commentaire(2) | trackback(2)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.