Catégories:“ファンタジー(翻訳)”

Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
レオンがお母さんの机の中から見つけたのは自分の名前が太い活字体で書かれ、学校の印章と「親展」のスタンプが押されている封筒。気になって仕方ないレオンは、4年生になる新学期の前の夜、とうとう開いて読んでしまいます。そこにあったのは、自分に対する担任や他の教師たちの厳しい評価。レオンは人並みはずれて手先が不器用で、それなのにレオンの通うクラシック学院のモットーは「敏捷な精神は敏捷な指に宿る」なのです。

ニューヨークのマンハッタンが舞台のファンタジーと思いきや、一般的なファンタジー作品とはまた全然違っていてびっくり。そもそも、主人公が通う学校からして、ものすごく個性的なんです。手先の器用さを重視するあまり、お裁縫に取り付かれている教師もいるぐらいですから! 実際、学校での授業風景は、裁縫と体育だけなんですよね。話の端々から他の授業もあるのは分かるんだけど、そっちはこれっぽっちも出てきません。そしてレオンの担任となった先生こそが、その裁縫が大好きな教師・ハグマイヤー先生。ヘルメットのような黒い髪に黒いマント、マントの留め金は2つの目玉、黒いドレスに黒いブーツ、煮込んだ肝臓色のストッキングといういかにも魔女のような外見。教室でのどんな小さな囁きも聞き逃さない地獄耳で、生徒に次々にアニマイルと呼ぶぬいぐるみを作らせては売りさばいているという噂...。
怪しげな学校に怪しげな先生。常識人に見えるレオンのお母さんが、なんでレオンをこの学校に通わせることになったのか、ものすごーく不思議。父親を早くに事故で失ってて、それほど裕福とは思えないのに、レオンは毎日タクシーで通学してるんですもん。それなりの理由があったんだろうと思うんですけどね。この作品は3部作の1作目だし、じきにその理由も分かってくるんでしょうか。

レオンの手先が不器用な本当の理由が思わぬところにあったのも楽しかったし、風変わりな客が入れ替わり立ち代り滞在するホテルでの場面も面白いです。個性豊かなホテルの面々も、親しくなるタクシー運転手のナポレオン・ドゥランジュもいい味を出してますしね。そんな大人たちの存在が、子供たちよりも余程魅力的だったかも... というのもYA向けファンタジー作品としてはちょっと異質な気がするんですが、学校の授業の場面で裁縫と体育の時間しか書かれていないことが象徴してるように、読んでいるとどこか歪みを感じるんですよね。でもそんな歪んだ不思議空間が、この物語の魅力なのかもしれません。(創元ブックランド)


+既読のアレン・カーズワイル作品の感想+
「レオンと魔法の人形遣い」上下 アレン・カーズワイル
「レオンとポテトチップ選手権」上下 アレン・カーズワイル

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
新しい家に引越しした翌日の日曜日、入ってはいけないと言われた壊れかけのガレージの中で彼をみつけたマイケル。両親が家の中にいる隙に懐中電灯を手にガレージに忍び込んでみると、山と積まれた茶箱のうしろの暗い陰に彼は塵とほこりにまみれて横たわっていました。最初はてっきり死んでいると思い込むマイケル。しかし「なにが望みだ?」という声が聞こえてきて... それは「スケリグ」でした。

この表紙に惹かれて手を取る人も多いだろうと思うんですが... 私にとっては逆にこの表紙がネックでなかなか手に取ることのできなかった本です。しかも読み始めて、何度もソーニャ・ハートネットの「小鳥たちが見たもの」を思い出してしまって、そのたびに警戒してしまったし... でもまた全然違う物語でした。良かった...(まだあの時の動揺から立ち直りきれてない私)
主人公のマイケルは、「小鳥たちが見たもの」のエイドリアンみたいに孤独と寄り添っているような少年ではなくて、サッカーと作文が得意な普通の少年。引越しはしたけれど、今までの学校にも通うことができるし、仲の良い友達もいます。でも引越し先の家はまだまだ快適に住めるような状態には程遠くて、しかも生まれたばかりの赤ちゃんは一応退院はしたんだけど、まだまだ予断を許さない状況なんですね。赤ちゃんが心配でマイケルも両親もどこか上の空。

元気なスポーツ少年のはずのマイケルが見せる繊細さも印象に残るんですが、マイケルが引っ越し先で仲良くなるミナという少女がとても魅力的。ミナは学校に行かずに家で母親に様々なことを学んでいて、何事においてもとても独創的だしパワフルなんです。マイケルは彼女に色んなことを学ぶことになるし、意気消沈中のマイケルは彼女にぐいぐいと力強く引っ張られることになります。彼女のこの力強さがあったからこそ、みんな救われることになるんですね。...でもやっぱりミナだけの力ではないですね。読後に一番強く感じたのは、この3人のバランスの良さとでもいうべきもの。誰かが誰かに助けられっぱなしというのではなくて、お互いに助け助けられて、欠けているものを補い合って、「生きる」方向へと向かっているのを感じます。これで1人欠けていたら、もしくは1人がまるで違うタイプの人間だったら、これほどのパワーは発揮されなかったでしょう。そしてどんな結末でもあり得たでしょうね。この作品を「甘(うま)し糧」のような物語にしているのは、3人それぞれの力が「1+1+1=3」ではなくて、もっと大きな力を発揮していたからだと思うのです。

スケリグは一体何者だったんでしょう。イメージとしては、トルストイの「人はなんで生きるか」に登場するミハイルだったんですけど、それにしては埃やアオバエの死骸にまみれた姿で登場するし、食事の場面では品のなさを見せつけてるし、まるで浮浪者みたい。生肉を食べているような息の臭いもありますしね。でもこの物語では、スケリグがミハイルではなかったからこそ、という気がしてならないです。マイケルやミナのように、ありのままのスケリグを受け止められるかどうかが大切だったのかもしれません。(創元推理文庫)

| | commentaire(4) | trackback(2)
Catégories: / /

 [amazon]
「うちの娘は藁から金糸を紡ぐことができます」と言ったことが王様の耳に入ったことから、窮地に陥った貧しい粉屋の娘は、城の一室に藁の山とともに閉じ込められ、3度謎の小人に助けてもらうことに... というのはグリム童話のルンペルシュティルツキンの物語。しかし、そもそも金糸を紡ぐことができるのなら、粉屋は貧しいはずがないのです。そんなヴィヴィアン・ヴァンデ・ヴェルデの疑問から生まれた6つの「ルンペルシュティルツキン物語」のバリエーション。

なぜこの物語を書こうと思ったか、というまえがきからして面白いです。昔話というのは矛盾があるもので不条理なもの、と子供の頃から悟ってたし、そういうものとして読んでたんですが、改めてその矛盾点を突かれるととっても新鮮。なぜ王様と貧乏な粉屋が話をすることになったのか、金が紡ぎだせるというのに粉屋が貧乏なままなのを王様は疑問に思わなかったのか、金を紡ぐことなど出来もしないのになぜ粉屋は娘を城に送り出してしまうのか、小人は自分で金糸を紡ぎだせるのになぜ報酬として金の指輪とネックレスを受け取るのか、なぜ小人は子どもを欲しがるのか、なぜ名前当てゲームという小人が一方的に不利な取引をすることになるのか、などなど。
「ルンペルシュティルツキン」と同じパターンの「トム・ティット・トット」をファージョンが語りなおした「銀のシギ」は子供の頃に本を持ってましたが(祖母の家に置いてるので、今もありますが)、こんな風に一度に6つも読めちゃうというのがすごいです。基本ラインが同じである程度の枠があるからこそ、そのバリエーションに作者のセンスが出るし、違いが際立ちますね。6つの物語に登場するのは、賢い娘だったり馬鹿な娘だったり、人の言うことを聞こうとしない娘だったり、強引な娘だったり。それに合わせて王様や粉屋、そしてルンペルシュティルツキンの造形もがらっと変わります。そのバランスが絶妙なんですね。それぞれに可愛らしくて良かったんですが~、この6作品の中では私はロマンティックな「藁を金に」が一番好きだなあ。ルンペルシュティルツキンも一番素敵ですしね。でも「金にも値する」の王様の鮮やかな処理も皮肉たっぷりでなかなかカッコいいです。こういう王様って素敵。ふふふ。(創元ブックランド)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
寒くて暗い11月の晩、魔使いの鐘が鳴ります。それは魔使いに仕事を頼む合図の鐘の音。しかしトムが外に見に行くと、そこには農夫ではなく、左手に杖を持った背の高い黒いフード姿の人物が立っていました。ここから一番近くに住んでいる魔使いは、トムの兄弟子にあたるビル・アークライト。咄嗟にそのアークライトなのかと思うトムでしたが、男は名乗ろうとはせず、トムに師匠宛ての手紙を渡します。それはかつて魔使いの弟子だった男で、しかし結局魔使いにはなれなかったモーガン。手紙を読んだ師匠は、翌日アングルザークの「冬の家」に行くと宣言します。

魔使いのシリーズの第3弾。
「魔使いの呪い」でも少し触れられてたんですが、今回は題名通り、魔使いの秘密が本格的に明かされることになりました。そしてそのことに密接に関係する出来事も起きることに。これまでも、魔使いって最終的には甘いというか優しいよなーと思ってたんですけど、今回はほんとズバリその印象通りの人物像です。トムには散々厳しいことを言ってるけど、それはやっぱり同じ轍を踏ませたくないという親心なんでしょうね。なんて思ってみたり。愛想が悪く見えてても、実は人一倍愛情たっぷりな人間だということがよく分かります。魔使いになると決める時には、今のトム以上に逡巡したかもしれないですね。そして今回も白黒がはっきり分けられない部分が多かったです。今までのアリスがまさにそうなんだけど... そんなアリスだからこそメグのことが誰よりも理解できるのかも。
トムのお母さんとメグって、もしや何か他にも共通点があったりするのかしら...? 続巻も楽しみ♪(創元ブックランド)


+既読のジョゼフ・ディレイニー作品の感想+
「魔使いの弟子」「魔使いの呪い」ジョゼフ・ディレイニー
「魔使いの秘密」ジョゼフ・ディレイニー

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
畑を分割しないことが鉄則の農家では、長男以外の息子たちにそれぞれ仕事を見つけることが必要。そして7番目の息子である父の、さらに7番目の息子のトムは、魔使いの弟子になることになります。7掛ける7の子には素晴らしい能力があるのです。とは言え、畑や村や町を悪い魔女や魔物から安全に保ち人々を守るという大切な仕事を果たしながらも、人に忌み嫌われる魔使いという仕事に胸中複雑なトム。そして師匠となる魔使いが迎えに来たのは、トムが12歳の春のことでした。トムはウォータリー通り13番地の幽霊屋敷での試験に合格し、魔使いとして本格的に学び始めることに... という「魔使いの弟子」とその続編「魔使いの呪い」。

いやー、面白い! 最初この本を探そうとした時「魔法使いの弟子」って検索しちゃったんですけど、「魔法使い」ではなくて「魔使い」というのがポイントだったんですね。魔女とか、ボガートみたいな魔物は存在するんですけど、魔使いはあくまでも「魔使い」。魔法なんて使えないし、魔女やボガートには魔法でも力でもなく、それまで培ってきた知識と経験を駆使して立ち向かうんです。例えば魔女を拘束するのに必要なのは銀の鎖。ボガートを拘束するには、巨大なオークの木のそばに決められた大きさの穴を掘って塩(ボガートを焼く)と鉄(邪悪な力を失わせる)を混ぜたものを穴の内側に満遍なく塗り、穴の中に血を入れた皿を置いておびき寄せ、ボガートが穴の中に入ったところを分厚い石板(もちろんこの裏にも塩&鉄は塗ってある)ですかさず蓋をするという仕組み。1作目を読んだ時にそんな簡単にいくのかしら、なんて思ったりもしたんですが、私の疑問は早くも2作目の序盤で解決されてました。他にも誰か同じことを思った人がいたのかしら。(笑)

「魔使いの呪い」の解説が上橋菜穂子さんなんですが、その中でトムのことを「とても真っ当で、ぶれない」と書いてらっしゃるのを見て、ああ、ほんとその通りだなあと思いましたよ。最初、どの辺りで思ったんだったかしら... 「魔使いの弟子」で、師匠が「ボガートは何種類いると思う?」と聞いた辺りだったかしら。ほんと、真っ当。その真っ当さはおそらく作者の真っ当さなんでしょうけど。そしてその真っ当さが、話をよくある展開とはまた違った展開にしてて、それが面白いんですよね。そしてこのシリーズは「魔使いの秘密」「魔使いの戦い」へと続きます。そちらも楽しみ!(創元ブックランド)


+既読のジョゼフ・ディレイニー作品の感想+
「魔使いの弟子」「魔使いの呪い」ジョゼフ・ディレイニー
「魔使いの秘密」ジョゼフ・ディレイニー

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
「あたしと魔女の扉」の続編の「あたしをとらえた光」と、3部作最後の「あたしのなかの魔法」。

んんー、一応面白かったと思うんですけど...
この作品ね、裏表紙のあらすじも巻末の解説もネタバレしまくってるんです。私は普段から解説は最後に取っておくタチだし、2冊目3冊目のあらすじは事前に読まなかったので、本当は被害に遭わずに済むはずだったんですけど... 読もうと思って本を開いた時にふと開いたページが解説のページで! しかもそこには大きなサプライズがバラされていて...! 一瞬だったのに目に焼きついてしまいましたよー。いやーっ。ネタバレ警告があったとしても無駄だったと思うんですけど、その警告すらないんですから。(こういうことがあるから、「警告さえしたらネタバレしてもいい」とは単純に思えません!)
本のあらすじや解説でネタバレというのは前々からある話なんですけど、最近特にネタバレに対する意識が低下してやしませんかね? 1巻の解説はネタバレ警告されてるからまだいいとして(でもちょっと中途半端だと思う)、2冊目の解説なんてハリー・ポッターの1巻の核心部分にまで抵触してるんですよー。そういう超有名人気作品、しかも1巻のことなら、みんな知ってて然るべきものなんですか? そして、たとえ解説を書く人がうっかりしてたとしても(人間なんだから、誰だってうっかりすることってありますよね)、そういうのって出版社のレベルで止めるべきなのでは? 読者がブログやサイトでネタバレするのだって問題だと思いますけど(最近ネタバレしてるブログがよく目につくんだな)、そういうものに対しては、まだ「見ない」という自衛手段も講じられるというもの。でも出版社自らネタバレをしてくれた日にはー。
そういえば、先日読んだベルンハルト・シュリンクの「帰郷者」も、本についてるあらすじはネタバレだと思うんです。終盤のサプライズをあっさり書いてくれてるんですもん。ネタバレって、ミステリのトリックとか最後の最後の核心部分だけじゃないですよね? これから読む人の興を殺ぐようなことするのは、やっぱり礼儀違反だと思います。もちろん個人によって感覚が違う部分なので徹底するのは難しいことですけど、読者だって日々気をつけなくちゃいけないことだし、ましてや出版社だけは絶対やっちゃいけないことだと思います。プロなんだから!

でね、この作品、面白かったんですけど、最後の展開がちょっと期待とは違う方に行ってしまって... これじゃあスーパーサイヤ人じゃないですか。(笑) 私としては、もっと違う感じで頑張って欲しかったなあ、と思ったり。その辺りがちょっと残念でした。(ハヤカワ文庫FT)


+既読のジャスティーン・ラーバレスティア作品の感想+
「あたしと魔女の扉」ジャスティーン・ラーバレスティア
「あたしをとらえた光」「あたしのなかの魔法」ジャスティーン・ラーバレスティア

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
生まれてこの方、母親のサラフィナと共に逃亡生活を送ってきたリーズン。大都市は避けて、大抵はアボリジニの集落に滞在。一番長くいた場所でも5ヶ月。大抵はもっと短くて移動につぐ移動。でも必要なことは全てサラフィナが教えてくれるし、そんな生活が気に入っていたリーズン。ところが15歳の時、その生活が終わりを告げることになります。サラフィナが自殺未遂をして、精神病院に収容されたのです。リーズンはシドニーに住むサラフィナの母親・エズメラルダに引き取られることになります。しかしリーズンは生まれてこの方、エズメラルダの邪悪さについて警告され続けてきていました。2人の逃亡生活も、邪悪な魔女・エズメラルダから逃げるためだったのです。

オーストラリアを舞台にしたファンタジーの3部作の1作目。扉をあけるとそこは... といえばナルニアですが、この作品では、扉の向こうはニューヨーク。信兵衛さんに教えていただいた作品です。
ずっと母親と密着した生活をしていて、母親に教え込まれたことをそのまま信じ込んで大きくなったけれど、実は... というのはよくあるパターン。この作品の主人公のリーズンもそう。サラフィナが14歳の時に飛び出したというエズメラルダの家に引き取られて、黒魔術を操る魔女に囚われたような気分になっています。でもエズメラルダの家は、サラフィナの言った通りの家でありながらも、もっと広くて明るくて清潔なイメージなんですよね。電気や水道もないって聞いてたのにきちんとしてるし、地下倉庫にあるのは動物の死体じゃなくてワインだし。しかもあてがわれた部屋にあるのは、かねてから読んでみたいと思っていた本。祖母自身も常識的な人間に見えるし、早速仲良くなった隣家の少年・トムはエズメラルダを全面的に信用しているみたい。最初は祖母と向き合おうとしないどころか、口をきこうともしないし、食べ物も自分で調達したものしか食べようとしないリーズンなんですが、そのリーズン(理性)という名前通り、母親の言ってたことを全面的に信じたいと思いながらも、どこかおかしいと感じ始めることになります。それでも、そうそう簡単に他人を信用するリーズンではないんですが。
この作品で楽しいのは、オーストラリアとニューヨークという2つの都市で話が進むこと。真夏のオーストラリアと真冬のニューヨークですしね。そして面白いのは魔法の概念。魔法の出てくる物語は多いんですけど、魔法がこういった扱いをされてるのって珍しいんじゃないかと... 便利なんだけど、とっても扱いが難しくて、結構究極の選択を迫られることになるんです。リーズンがどんな風に危機を乗り越えることになるのか、その辺りがとっても楽しみ。続けて「あたしをとらえた光」に行きます~。(ハヤカワ文庫FT)


+既読のジャスティーン・ラーバレスティア作品の感想+
「あたしと魔女の扉」ジャスティーン・ラーバレスティア
「あたしをとらえた光」「あたしのなかの魔法」ジャスティーン・ラーバレスティア

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.