Catégories:“読書案内”

Catégories: /

 [amazon]
読売新聞に連載されていたというファンタジー&SF作品の読書案内。「小谷真理のファンタジー&SF玉手箱」からの改題。

語り口からすると小中学生辺りの子供が対象としか思えないんですが、挙げられている作品は大人でも楽しめる作品ばかり。むしろ小中学生にはちょっと手ごわいんじゃ... という作品も混ざっているので、高校生辺りが対象なのかな? ファンタジーやSFの中でも幅広いジャンルから満遍なく選んでいるという印象です。私はファンタジーはともかくとしてSF作品には疎いんですけど、そんな私でも題名を知っている作品ばかりですから、かなりの名作・定番作品のラインナップとも言えそう。
どれも平易な語り口での紹介なのですが、それだけにその本の良さを素直に表しているように思います。そしてポイントを鋭く突いていますね。例えば超定番の筒井康隆「時をかける少女」。これはラベンダーのような香りと共にタイムスリップしてしまうという話。

ラベンダーは、香水に使われる植物の名前ですから、なんだかちょっと大人っぽくてロマンティックな印象がありますね。未知の世界に足をふみこんでしまった少女の冒険物語は、はじめて大人の世界をのぞきこんでしまったときの、あの胸がときめくような、高揚感をもっています。大人になってから昔をなつかしむときには決まって、青春時代の思い出がいちばん強烈に思い出されますから、時間小説と青春小説が重なりあうのはそんなに不思議なことではないのでしょう。子どもから大人になるということ自体が、時間の区切りをジャンプすることなのかもしれませんね。

確かに私もこのラベンダーという言葉にとても惹かれた覚えがあります。この本を読んだ小学生の頃は、ラベンダーの香りなんて知らなかったんですが、知らないなりにも、確かに大人っぽくてロマンティックなイメージがあったし、確かにそういう香りを感じてワクワクしてました。...この本を読んでると、そういう素直なわくわくドキドキ感をいつまでも大切にしたいものだなあと改めて実感してしまいます。
大野隆司氏の猫版画も、それぞれの本の雰囲気がよく出ていて楽しいです。(中央公論新社)


+既読の小谷真理作品の感想+
「ファンタジーの冒険」小谷真理
「星のカギ、魔法の小箱」小谷真理

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
色んなところに、今年は幻想文学を読みたいです~と書きまくってる私ですが、その指針にしようと思ってるのがこの本です。世界を「イギリス」「アメリカ」「フランス」「ドイツ」「中国」「ロシア」「東欧」「南欧」「ラテンアメリカ」「その他」という10の地域に分けて、その中で「暗黒」「異界」「怪奇」「綺想」「機械と無機物」「幻視と狂気」「神秘の探求」などなど... の項目別に、10作品ずつ紹介してる本です。(ちなみに日本編はありません)

幻想文学には元々すごく興味があったし、石堂藍さんの「ファンタジー・ブックガイド」には日頃とってもお世話になってるので、この本もちょっと前に買ってたんですけど、あまりきちんと見てなかったんです。紹介されてるのが全部で1500作品、というのにもちょっと圧倒されてたし。でも今回パラパラとめくっていたら、もうどれもこれも面白そうで読みたくなってしまって、困ってしまう! 気になる本が大量すぎて、リストを作ることすらできません。それぞれの本の紹介はほんの数行なのに、なんでこんなに読みたくなるツボを押さえてるんでしょう! しかもこの1500作品を選出するために、お2人は一体何冊の本を読んでらっしゃるんでしょうか!
この中で私が読んでるのはざっと200作品強といったところみたい。まだまだ1300作品の本が私を待っているというわけですね。まだ私が知らなかった神話とか叙事詩も見つけたので、これはぜひがんがん読んでみたいと思います。
ああ、今年1年でどれだけ読めるかしら。今から楽しみ!(国書刊行会)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

[amazon]
前記事の「たのしく読める英米幻想文学」と同じシリーズ。
そちらの記事で、最初の3章「古代・中世の英詩」「バラッドおよび物語詩の系譜」「聖書と神話と英語の詩」限定で読んでみたいーと書いてたんですが、早速図書館で借りてきてしまいました。そして最初の3章はじっくりと、後はさらっと...(笑)
要は叙事詩関係でめぼしい作品で読み落としてるのはないかというのが確認したかったんですが、とりあえず基本は押さえているようです。「ベーオウルフ」「ガウェイン卿と緑の騎士」「農夫ピアズの夢」「カンタベリー物語」「妖精女王」「失楽園」... この本ではイギリス物しか分からなかったので、後はフランス・ドイツ辺りを確認したいところ。

以下、「バラッドおよび物語詩の系譜」というコラムのメモ

バラッド(Ballad)...口誦で伝えられてきた民族の文学的遺産。最盛期は15世紀。1400年頃までは儀式に伴う歌謡として歌われていたが、その後吟遊詩人(Minstrel)や吟誦詩人(Bard)らによって語られるものとなる。16世紀以降しばらく廃れていたが、やがて文学的に再評価されるようになり、ウォルター・スコット「スコットランド国境地域の吟遊詩」が生まれ、18~19世紀のロマン派の詩人たちによって文学としてのバラッドが書かれるようになる。コールリッジ「老水夫の歌」、キーツ「つれなきたおやめ」など。チャイルド編「イングランドおよびスコットランドの民衆バラッド集」が口誦バラッドの純粋性を伝えるものとして貴重。

物語詩...民族起源の古代詩のほとんどが物語詩。中世では、チョーサー「カンタベリー物語」「トロイラスとクリセイデ」、その後もアーサー王と聖書と神話の物語を原型とする作品が多く作られる。「アーサー王の死」、「ガウェイン卿と緑の騎士」、スペンサー「妖精女王」、テニスン「アーサー王の死」「国王牧歌」、マシュー・アーノルド「トリスタンとイゾルデ」、ウィリアム・モリス「グゥイネヴィアの弁明」、スウィンバーン「ライオネスのトリスタン」など。

バラッドと物語詩は重なる部分もあるので、はっきり区別するのが難しいです...。どちらも好きなんだけど、より好きなのは物語詩の方なのかも。私にとって一番のポイントとなる神話やアーサー王伝説はこっちに含まれるようですしね。
モリスの「グゥイネヴィアの弁明」は、以前人さまにお借りした「ユリイカ」で読んだことがあるんですが、ほんと素敵でした~。普通の本にまとまっていたら欲しいんだけど、ないのかなあ。(ミネルヴァ書房)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]

かつて文学(物語)といえば幻想文学のことでした。もちろん当時は、それらの物語を語り伝えた人びとも、それらに耳を傾け楽しんでいた人びとも、それらの物語が「幻想文学」であるなどとはつゆ考えたこともありませんでした。そのことを考える必要がなかったのは、「幻想文学」とわざわざ決めつけなくとも、物語といえばすえにそうしたものだったからです。(はしがきより)

そんな「幻想文学」を幻想文学と意識させるようになったきっかけは、18世紀初めの英国でのリアリスティックな小説の登場。そういった小説の台頭で、一旦は幻想文学は片隅に追いやられ、廃れたかのように見えるのですが、逆にそういった小説の登場が文学の「幻想性」を意識させる結果にもなったのだとか。
ということで、18世紀~20世紀に英米で登場した幻想文学を120作品紹介している本です。

私が大好き~な路線の本も結構紹介されてるし、これは他の作品もかなり期待できるかも? と、興味津々借りてきたのですが... 結論から言えば、期待ほどではありませんでした。なんせあらすじ紹介が長いんです。しかも長い割に面白くない! 多分ラインナップ的にはすごくいいのではないかと思うので、この辺りが、もっと簡潔にまとまってると、もっと楽しかったのではないかしら、と思うのだけど。1作品につき見開き2ページ使ってるけど、これなら1ページずつでも良かったかも。...ということで、興味を惹く本はいくつか出てきたけど、読んでいてそれほど「あれもこれもそれも読みたいー!!」と焦るような気持ちにはなりませんでしたよ。うーん、残念なような... いや、この時期に積読本が増えなくて逆に良かったかも... というのは、負け惜しみかしら。(笑)

どうやら「たのしく読める」シリーズというのがあるみたいですね。「たのしく読めるイギリス文学」「たのしく読めるアメリカ文学」「たのしく読める英米児童文学」辺りは、まあ、よくあるパターンなんだけど、「たのしく読める英米演劇」「たのしく読めるネイチャーライティング」なんていうのがあるのには、ちょっとびっくり。あと「たのしく読める英米女性作家」「たのしく読める英米の絵本」なんていうのもありました。
私が一番見たくなったのは、「たのしく読める英米青春小説」「たのしく読める英米詩」の2冊。「英米青春小説」でどんな作品が登場してるのか見てみたいし、「英米詩」は最初の3章が「古代・中世の英詩」「バラッドおよび物語詩の系譜」「聖書と神話と英語の詩」なんです。この3章限定で読んでみたいー。(ミネルヴァ書房)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
「偏愛」の条件は、まず再読できること。「二度目に読む時に、いい人、好きな人と再会するのに似た懐かしさがあって、相手の魅力も一段と増したように思われる」、そんな作品が偏愛できる作品。この本に取り上げようと思った作品は全て事前に再読されたそうです。「再読しようとしてもできなかったものは、偏愛に値しないもので、ここに取り上げるのをやめることになります」という拘りを見せる読書案内。

急逝した作家、倉橋由美子。実は作品を読むのは初めてです。こういう文学系の読書案内では、既読作品が片手に収まってしまうことも多いんですが、意外と(!)読んでる作品が並んでいたので、読む前からちょっと親近感~で楽しみにしていたんです。
この本に紹介されているのは全部で39作品。そこここで「おおっ」とか「なるほどな~」って表現が色々あって面白かった! 読みたい本がまたどーんと増えちゃいました。面白い表現の中でも一番印象に残ったのは、内田百閒「冥途・旅順入城式」の章の「その文章は食べだすとやめられない駄菓子のようで、しかもそれが「本邦唯一」という味ですから、雑文の断片まで拾って読み尽くすまではやめられないのです。」という文章。駄菓子ですって! でも、ああー、確かにそうかもしれないですね。
こういう読書案内で自分が読んでる本が出てくると妙に楽しく読めるのはいつものことなんですが、既読の本をどれもこれも再読したくなる読書案内って意外と珍しいかもしれませんー。比較的最近読んだ「高丘親王航海記」でもそうなんだから(2年ちょっと前に読みました)、あーもー仕方ないなー。って感じですが。コクトーもカミュもカフカも漱石も再読したーい。もちろん未読の本も1冊残らず読みたいわー。(講談社文庫)


+既読の倉橋由美子作品の感想+
「偏愛文学館」倉橋由美子
「ポポイ」倉橋由美子
「夢の浮橋」倉橋由美子
「城の中の城」倉橋由美子
「交歓」倉橋由美子
「夢の通い路」倉橋由美子
「よもつひらさか往還」倉橋由美子

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
プロのピアニストでありドビュッシー研究家でもあるという青柳いづみこさんのエッセイ。「モノ書きピアニストはお尻が痛い」は、音楽雑誌などに掲載された文章を集めたもの。「ショパンに飽きたら、ミステリー」は、古今東西のミステリ作品に描かれた様々な音楽シーンを、鋭い視点で解説したもの。こちらは再読です。

以前読んだ「ショパンに飽きたら、ミステリー」がすごく面白かったので、「モノ書きピアニストはお尻が痛い」も楽しみにしてたんです。でも「ショパンに飽きたら~」が本を読みたくて堪らなくなる本だとすれば、「モノ書きピアニストは~」は音楽が聴きたくて堪らなくなる本かな。一番よく話がでるのはやっぱりドビュッシー。でもドビュッシーのピアノ曲っていったら、私は「2つのアラベスク」しか弾いたことないし、あんまりよく知らないのです。ちょっと勿体なかったかも。

面白いなと思った部分はいくつかあったんですが、読み終わってみて一番印象に残ってるのは、水の女の文学とその音楽の話や、ラヴェルとドビュッシーの話とか、その辺り。右に画像を出したのは書籍の「水の音楽」なんですが、これとセットでCDの「水の音楽 オンディーヌとメリザンド」も出てるんですよね。水をテーマにドビュッシー、リスト、ラヴェル、ショパン、フォーレを弾いたという1枚。青柳いづみこさんのピアノ、聴いてみたいなあ。「ピアノは、水に似ている」と書いてらっしゃるんですが、ピアノで水の音を表現できるのは、既にに相当練習を積んでる人だけですよね。「リストのダイナミックな水は、指のバネをきかせ、ひとつひとつの音の粒をきらめかせる。そこに手首の動きを加えると、ラヴェルの神秘的な水になる。対してドビュッシーの澱んだ水を弾くときは、指の腹を使い、すべての響きがないまぜになるように工夫する」そうですけど!
あ、↓の部分も面白いなと思ったところ。

楽器の奏者には、楽器特有の顔がある。小さいころからたくさんの音を操る訓練を受けてきたピアノ科は、頭脳明晰学力優秀で、なんでもてきぱきやっつける。いっぽう、ある程度の年齢になって始める管楽器科は、学校の勉強はイマイチかもしれないが、楽器に対する愛情は群を抜き、変に管理されていないのでその分人間的だ。その違いが、顔や態度に出る。(P.108)

あー、分かる気がする!(笑)

そして続けて「ショパンに飽きたらミステリー」も再読してしまいました。やっぱり面白い~。1年中実技レッスンや実技試験、コンクールやオーディションなどに神経を尖らせてる演奏科の学生にとって、ミステリは手軽で最上の気分転換で、クラシックの演奏家にはミステリファンが多いのだそう。言われてみると、私の周囲で声楽やピアノをやってる人にも、確かにミステリ好きが多いです。でもコンサート前のピアニストの気分はほとんど殺人者って...(笑)
一番好きなのは、ヴァン・ダインのシリーズ物の主人公ファイロ・ヴァンスのピアノの腕前に関する話。「カナリヤ殺人事件」ではブラームスの「カプリッチォ第一番」という曲を弾いているヴァンス。それを読んで「素人としてはよく弾けるほうだろう。私立のお嬢さん音大くらいには合格するかもしれない」と書いてます。でもこれには続きが。

...と思って「ドラゴン殺人事件」を読んだら、これがすごい!「未解決の知的問題に深くとらえられた」ヴァンスは、苦悩に満ちた様子で、夜中の三時に、かのベートーベン至高のソナタ第二十九番「ハンマークラヴィーア」の長大なアダージオを弾きはじめるのである。お嬢さん音大だなんて言って、ゴメンナサイ。(P.33)

こんな調子で進んでいくんですよ。楽しいです♪(文春文庫・創元ライブラリ)


+既読の青柳いづみこ作品の感想+
「モノ書きピアニストはお尻が痛い」「ショパンに飽きたら、ミステリー」青柳いづみこ
「水の音楽 オンディーヌとメリザンド」青柳いづみこ
「ボクたちクラシックつながり」青柳いづみこ
「ピアニストは指先で考える」青柳いづみこ
「指先から感じるドビュッシー」青柳いづみこ
「ピアニストが見たピアニスト」青柳いづみこ
「六本指のゴルトベルク」青柳いづみこ

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
柳田邦男さんは、人は人生において3度、絵本や物語を読み返すべきなのではないかと言います。まず最初に読むのは、自分自身が子供の時。次は、親になって子供を育てる時。そして3度目は、人生後半になってから。それは、人生後半になってからでないと、自分の生き方に本当に結び付けて読み取るということがなかなかできないから。絵本というものは幼い子供のためにあるのだけではなく、魂の言葉であり、魂のコミュニケーションでもあるもの。様々な体験を通して人生を生きてきた大人だからこそ得られるものがあり、内容は年をとると共に味わい深くなるものなのです。

これも前のエントリの「はじまりの記憶」と同じく、つなさんに教えて頂いた本。(記事
息子さんの早すぎる死という経験を経て、絵本との再会をしたという柳田邦男さん。絵本が小さい子供のためだけのもののように思われているのは勿体ないと私自身も常日頃から思っていたので、ここに書かれていることにはとても賛同したし、柳田邦男さんのような方が絵本の素晴らしさに気づいているというのが、何よりも嬉しいことでした。そしてここに紹介されているエピソードが、またいい話ばかりなんです~。「スーホーの白い馬」を巡る鎌田俊三氏と「やっちゃん」のエピソードは、自分自身が幼い頃にこの本と出会った時のことを思い出させてくれるし、本当に心を打つもの。いせひでこさんの「1000の風 1000のチェロ」の読み聞かせ公演も、星野道夫さんの写真絵本「森へ」と「クマよ」も、乾千恵さんの書を本にした「月人石」のエピソードも、どれもそれぞれにとても印象的で、ぜひ本を手にとってみたくなります。この本には、「おとなにすすめる絵本」として計51冊が紹介されているし、それ以外にも沢山の絵本が紹介されているので、ぜひ絵本から遠ざかっている人に参考にしてもらいたいです。という私は、大人の本も児童書も絵本も、読みたい本なら手に取る方なんですけど、やっぱり絵本というと子供の頃に出会った本が中心... 知らない本も色々あったので、ぜひ読んでみたくなりました。
この柳田邦男さんの本に付け加えたいことがあるとすれば、最初の絵本の出会いの時、つまり子供の頃のことですね。早々と絵本を卒業してしまう子供もいると思うし、図書館にいると、年齢よりも大人びた本を借りる子も結構いるんです。かく言う私も、その傾向はあったのだけど...。でも、いったん絵本から離れてしまうと、再び絵本を手に取る機会ってもうなかなか来ないもの。大人になってからだからこそ、という絵本との出会いももちろんあるけど、子供だからこそ、という出会いは本当に大きいと思うんですよね。なるべくなら、最初の出会いの時代にじっくりと絵本と向き合って欲しいなあ、周囲もそういった態勢を整えてあげられてたらいいよなあ、と思います。(岩波書店)


「おとなにすすめる絵本」より、前から読みたいと思ってた絵本。左の2冊はもう借りてきてるんですけどね。
   

今回新たに「読みたい」に加わった絵本はコレ。
   

あれ、「おとなにすすめる絵本」にはこれが入ってないのね。でも、これも読みたい。


+既読の柳田邦男作品の感想+
「はじまりの記憶」柳田邦男・伊勢英子
「砂漠でみつけた一冊の絵本」柳田邦男

| | commentaire(2) | trackback(1)
«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.