Catégories:“読書案内”

Catégories: /

 [amazon]
「Menu」「Aors d'Oeuvre」「Fish」「Meat」「Specials」「Beverages」「Desserts」と、フルコースのメニューになぞらえた章立てで、翻訳家の柴田元幸さんが主にアメリカ文学の中の食べ物を紹介していく本。あとがきとして、挿絵を描いた吉野朔実さん、一日従業員だという都甲幸治さんとの対談付きです。

美味しそうな料理が登場する本は大好き。自分も食べてみたくてうずうずするし、読んでるだけでも楽しいですよね。そんな美味しそうな作品っていっぱいあると思うんですが... この本を一読して驚いたのは、これだけ料理の場面を紹介しておきながら、美味しそうな料理がほとんどないこと! 一番美味しそうだったのが、柴田元幸さんの小学校時代の給食の鯨の話なんですよー。たまに美味しそうだと思えば、紹介されるだけで品切れと判明してしまうし、大抵のは全然食べてみたくなりません。「オードブル」の中の「根菜類等」の章なんて、かつてミスター・ポテトヘッドというゲームで使われたじゃがいもが、そのまま箱の中に放置されて、今はすっかりしなしなに萎れてる話とか... あとこの章には、医者が83歳の老人の腸から取り出した良性のポリープをキクイモとして料理して、兄夫婦にご馳走してしまうなんて話もありました。^^; (これは強烈だった)

これを読んでると、海外作品ってそんなに料理が不味そうだっけ? なんて思ってしまうんですけど、そんなことないですよね。子供の頃読んだ本にも美味しそうな本はいっぱいあったし。私の中ではワイルダーの「農場の少年」が一番なんですが、その他にも「ちびくろさんぼ」のホットケーキとか、「ハイジ」のおじいさんのチーズとパンの食事とか。「秘密の花園」のはちみつたっぷりのおかゆ、食べてみたかったなあ。それなのになぜそんな不味そうな料理ばかり? と思ったら、対談にこんな言葉がありました。

上手くいってる恋愛の話なんか聞きたくないじゃないですか。それと同じように、旨い食べ物の話を聞くぐらいなら自分で旨いものを食べたいと思うから、人は旨い食べ物の話なんか読みたくないだろうというのが、僕の頭の中のロジックなわけです

な、なるほどね。そういうものなのでしょうかー。

やっぱり、だから『アンナ・カレーニナ』の出だしの、幸福な家庭はどこも似たようなものだが、不幸な家庭はみんなそれぞれ違っている、それぞれの不幸があるという、あれですよ。あれと同じで、おいしい食べ物はみな似たようなものだが、不味い食べ物には、それぞれ独自の不味さがある... 違うか。(笑)

そこまで!(笑)

どうやら、アメリカの日々のベーシックな食事がとーっても不味いということも関係してるようなんですけどね。(そんなに不味いの?) 
吉野朔実さんの「あんまり不味いものの話を聞くと、ちょっと心惹かれるんですよね。一度ぐらい、それを口にしてみようかなって」という言葉も可笑しかったです。食べてみたくなるかどうかは不味さの質によるんだけど、この言葉って読書にそのまんま当てはまりますね。あんまりぼろくそにケナされてると、逆に読みたくなってみたり。

と、そんな風に不味そうな料理が勢ぞろいしてるんですけど、紹介されてる作品には面白そうなのがいっぱい。いや、「面白い」というよりもむしろ「妙」や「変」という言葉が相応しい作品かもしれないんですが... 柴田元幸さんの読み方も時々妙にマニアックですしね。(というより妄想系? 笑) でも、料理が料理として純粋に存在しているのではなくて、小説の中の負の要素を強調するような使い方をされているのが分かったりなんかして、その辺りも面白かったです。(角川書店)

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
「イケてる小説はないのかよ!」「スゴいやつを読ませやがれ!」 そう口走りながら、ケワしい目つきで書店の棚を睨めつけている人たちのための文学ガイド。幻想フルーツ&奇想キュイジーヌ小説75作を紹介する、だそうなんですが...(笑)
先月、図書館の館長(上司です)に「面白かったよー」と勧められて楽しく読んだというのに、ここに感想を書くのが抜けてました。いやーん。
まず、「はじめに」からして面白いです。「文学は最高のエンターテイメントだ。ぼくはそう思っている。」という掴みもいい感じ。私も文学系作品は好きなんですが... という以前にきっちりとしたジャンル分けはよく分からないんですが... 作品の傾向が分かる程度のジャンル分けで十分だと思ってますしね。でもやっぱり「文学」と聞くと、堅苦しそうな、いかにも退屈でつまらなそうなイメージがあると思います。実際に文学作品と呼ばれてる作品を読んでみると、全然そんなものじゃなかったりするのに。もちろん退屈で詰まらない作品もありますけど(おぃ)、格調高すぎと敬遠されがちな作品だって、時には昼メロだったり吉本新喜劇だったりするわけで。(それはそれでガッカリかも...)
そんな敬遠されがちな文学だけど、実はこんなに面白いんだよ!という筆者の熱意が伝わってきます。でも、砕けている「はじめに」とは裏腹に、紹介されてる75冊はかなりきちんとしたもの、という印象を受けました。これは実は相当真面目な文学系ブックガイドなんじゃ...。でもね、この中で紹介されてる本で私が既読の作品って、ほんの数冊しかないんですよぅ。それがちょっと悔しかった。もちろん新たに読んでみたくなるブックガイドなんですけど、それ以上に、既読本の紹介を読むのが楽しかったから。
ということで、読みたい本がまた増えてしまいました... 今はここに紹介されてるようなのよりも古いのを読みたい気持ちが強いので、実際に読むのはもうちょっと先になりそうですが、その時にこの本があると思うと心強いな。(本の雑誌社)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
以前「12歳からの読書案内」を読んだんですが(右の本)、気がついたら海外編も出てたので読んでみました。そちらは国内作品しか載ってなくて、それが少し物足りなかったので、今回の海外作品編は素直に嬉しいです。まえがきがね、またいいんですよ。「『12歳からの読書案内』が好評なので、海外編を編まないかという話が編集者からきた。むちゃくちゃうれしい」... この一文で読むのを決めたようなものです。本に対する愛情が感じられるのって気持ちいい~。
監修の金原瑞人さんは第一線で活躍している翻訳家さん。前のメンバーも詩人や歌人、翻訳家さんや児童文学研究者、編集者、大学生といったバラエティ豊かなメンバーでしたが、今回の海外作品編には、あさのあつこさんや森絵都さん、豊崎由美さんなど、おおっと思う人たちが加わってました。19名が選んだ海外作品100冊。

 1章 「感動」して心がじんわりする本
 2章 「どう生きるのか」を真剣に考えたくなる本
 3章 「試練」を乗り越えるヒントになる本
 4章 「元気とガッツ」にあふれる本
 5章 「ファンタジーの面白さ」が凝縮されている本
 6章 発想がユニーク! 珠玉の「短編集」
 7章 危険なくらい「想像力」が刺激される本

絵本から大人の本まで、今回もバラエティ豊かな選書ぶりですね。その中で、特に気になったのは、以下6冊。

 「海の上のピアニスト」 アレッサンドロ・バリッコ(白水社)
 「シェイクスピアを盗め!」 ゲアリー・ブラックウッド(白水社)
 「ガンプ 魔法の島への扉」 エヴァ・イボットソン(偕成社)
 「500年のトンネル」 スーザン・プライス(創元推理文庫)
 「女帝 わが名は則天武后」 山颯(シャン・サ)(草思社)
 「インド式マリッジブルー」 バリ・ライ(東京創元社)

      

中学生になった頃、本は読みたいんだけど一体何を読んだら分からない、という時期があったんですよね。分からないので、手探りで海外文学系を読んでいたんですが... もちろん、そういう風に手探りで探すのも、自力で発見した喜びがあるからいいんですけど、でもそんな時にこういう本があったら参考になったのに、なんてやっぱり思ってしまうのです。今は面白い「本の本」がいっぱいあっていいなー。(すばる舎)


+シリーズ既刊の感想+
「12歳からの読書案内」金原瑞人監修
「12歳からの読書案内 海外作品」金原瑞人監修

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
「大人にとって面白い」をキーワードに選ばれた古今東西のファンタジー。
やまねこ翻訳クラブといえば、児童書翻訳家をめざす人々が集まって結成されたクラブ。(サイト) 既にプロの翻訳家として活躍されてる人も多いので、そんな人たちが選んだとなると翻訳物ばかりなのでは... なんて思ってたんですが、案外違うんですねー。これはという日本の作品、しかも大人が読むといいと思うような作品が色々と入ってました。例えば酒見賢一さんの「後宮小説」や佐藤亜紀さんの「バルタザールの遍歴」... や、この2作はファンタジーノベル大賞の作品だからまだ分かるんですけど、山田太一さんの「異人たちとの夏」まで! でも、確かにファンタジーですよね、あれは。しかもとても素敵な作品。あとは恩田さんの「光の帝国」とか、村上春樹さんの「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」なんかも。タニス・リーやボリス・ヴィアンのような、海外の大人向けの作品があるのも嬉しいですねえ。とはいえ、中心に選ばれてるのは、やっぱり海外の児童向けファンタジー。私が子供の頃好きだった本も色々とあって、紹介を読んでるだけでも懐かしーい。未読の本でも、思わず読みたくなってしまうようなのがいっぱい。
分類は、シリーズ物1(1巻から順番に読むべし)、シリーズ物2(1巻ずつ完結、どこから読んでも可)、現代ファンタジー(1980年以降)、クラシックファンタジー(1979年以前)、短編集・アンソロジー、原書ガイド... この原書ガイドというのが、やまねこ翻訳クラブらしいですね。シリーズ物が2つに分かれてるのも面白いなー。順番に読まなくちゃいけないのと、順番じゃなくてもいいのが分かるのって、案外親切かもしれないですね。私自身は、どちらにしても、シリーズ物は最初からきっちり順番通りに読むと思いますが。(笑)
あとは数人の作家のクローズアップ。ここで取り上げられているのは、アーシュラ・K・ル=グイン、C.S.ルイス、J.R.R.トールキン、ミヒャエル・エンデ、ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、梨木香歩、フィリップ・プルマンの7人。ほお、森絵都さんでもなく荻原規子さんでもなく寮美千子さんでもなく上橋菜穂子さんでもなく、梨木さんなのね、なんて、ちょっと感慨にふけってみたり。(笑)(マッグガーデン)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
つい先日、nineさんに「千野帽子さんと四季さんってもしかして似たタイプ?」と言われて気になっていた本です。どこが似てるって、「本に対する愛のそそぎかたとか」だとか。似てますか? いや、実はよく分からなかったんですが...(^^ゞ
そういえば、千野帽子さんって奥泉光さんの「モーダルな事象」の解説を書いてらっしゃる方でしたねー。あの解説はインパクトが強かったなあ。...なんてことを思いながら、書店で本を探していた私。本当はパラパラと見るだけのつもりだったのに、本のデザインがとーっても可愛かったので思わず買ってしまいましたよ! カバーの紙の質感もデザインにぴったりだし、本の天の部分のざくざくしたとこも、なんだか懐かしい雰囲気で素敵なんです。とは言っても、装幀だけで買ったのではないのですが。(笑)

批評家でもなんでもない、ただの本好きにすぎない私でも、もちろん知っています。ひとりでいる時間を大切にする、聡明で誇り高いお嬢さんは、いつも本を二冊以上--読みかけの本と、出先でそれを読み終わってしまったときのための本と--鞄に入れて持ち歩いてるんだってことを。
ベストセラーは、ふだん本を読まない人たちが買うからベストセラーになる。本好きのあなたのための本は、そんなところにはありません。一冊一冊のスヰートな書物が、喫茶店や地下鉄のなかでの、よいお友だちである以上、本との出会いは叮嚀なものでありたいと、あなたは思っているのですから。

だって「はじめに」のこの辺りが...! いや、私が「志は高く心は狭い文科系小娘」なのかどうかはともかくとして。(笑)

普通のブックガイド以上に未読本が多くて焦ったんですが、面白そうな本が並んでいて、ぜひ読んでみたくなりました。特に2章「だれもあの子を止められない」、それと11章「『トモダチ以上』な彼女とわたし。」(!) 今はあまり日本物の気分ではないので、実際にこの本に紹介されている本を手に取るのは少し先のことになりそうなんですけどね。
思わず手元に置いておきたくなるような、チャーミングなブックガイドでした♪(河出書房新社)


+既読の千野帽子作品の感想+
「文藝ガーリッシュ」千野帽子
「世界小娘文學全集 文藝ガーリッシュ舶来編」千野帽子

| | commentaire(4) | trackback(1)
Catégories: / /

[amazon]
月が人々の想像力を掻き立てなくなってしまったのは、現代科学技術の発展が、月を「地球を照らしだすただの光球」「既知の土地(テラ・コグニダ)にしてしまったから。それまで月は人間にとって「遥けきものであり」、もっとも身近な別世界であったのに、月を喪失することによって、人間は別世界をも失ってしまったのです。しかし別世界の創造を目的とするファンタジー作品の復活によって、人々は夢の中で別世界の生活を手に入れることに成功します。別世界が創造されるに至った背景と、別世界の必要性を中心にしたファンタジー論。

もしかしたら荒俣宏さんの文章とは合わないのかも...。「帝都物語」の時は思わなかったんですけど、今回読むのにかなり苦労しました。読んでも読んでも内容が頭に入ってこなくて、2回通して読んだ後、もう一回メモを取りながら読み返してしまいましたもん。でもきちんとメモを取りながら読んでみると、内容的にはとても面白かったです。別世界の象徴としての月の存在に関する考察からして面白かったですしね。あと私としては、「神話の森を超えて」の章が興味深かった。神話とは太古の歴史の集成でも、1つの哲学や思想が完成される以前の記録でもなく、生贄の家畜同様、神々に捧げられた神聖な供物であり、根本的に謎かけの儀式だったのだとか。(と、ポンとここにそれだけ書いても、説得力も何もあったものじゃありませんが)
この本でよかったのは、何といっても「書棚の片すみに捧げる」ということで巻末に収められているファンタジー作品のリスト。妖精文庫から出た当時は100冊が選ばれていたようなんですが、ちくま文庫版で180冊+2として選ばれていました。現在では入手が難しい本もあるとは思うんですけど、簡単なコメントが添えられた見やすいリストになっているのが嬉しいところ。で、調べてみたら、2002年に「新編別世界通信」というのも出ているそうなんですよね。今度は大幅に改訂されて、ハリー・ポッターまで含まれているのだそう。これもちょっと読んでみたいなあ。このリストも変わってるのかなあ。でもやっぱり本文は読みにくいのかなあ...。^^;(ちくま文庫)


+既読の荒俣宏作品の感想+
「花空庭園」荒俣宏
「別世界通信」荒俣宏
Livreに「帝都物語」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
怪奇幻想文学からSF、純文学、児童文学、古典など幅広く網羅する「ファンタジー」。その捉え方は人によって様々です。分かるようで分からない、新しいようでいて実は古い「ファンタジー」を、19世紀のイギリスから現代の日本におけるファンタジーノベル大賞に至るまで、歴史的な流れに沿って概観する本。

ファンタジーというのは、基本的には現実ではない、空想の物語なんですが、やっぱりその時代からの影響を受けずにはいられないし、その時代の変革を色濃く反映するもの。小谷真理さんは、実際に一度、出版目録や専門事典に載っている全てのファンタジー作品を時系列上に並べて歴史の流れを見てみたことがあるのだそうです。これは、私もやってみたーい! 膨大な作業なので、実際にはなかなか無理だと思いますが、やっぱりファンタジー好きである以上、主な作品の流れぐらいは知っておきたいですし、やれば色々な発見がありそうです。そしてそんな歴史の流れが、この本の中ではとても分かりやすくまとめられていました。これはいいかもー。
ただ、ここに登場するファンタジーは、ハヤカワ文庫FTやハヤカワ文庫SF、創元推理文庫で出ているような大人向けのファンタジー作品が中心なんですよね。児童文学に含まれるファンタジーはほとんど出てきません。(未訳作品の紹介も多いので、実際にはなかなか読めない本も多いのが残念) だから、子供の頃にファンタジー好きだった、という程度ではとっつきにくいかも。紹介されてるような本をある程度読んでいないと、ちょっとキビシそうな気がします。入門編というよりも、ある程度ファンタジー作品を読んだ人間向け? 私は今年はかなりハヤカワ文庫FTを読んだので、既読作品が結構あったし、とても興味深く読めたんですが、去年のこの時期に読んでいたら、今の半分も面白くなかったでしょうね。でもだからといって、限られたページ数の中でそれほど深くつっこんでるわけでもないので、来年の今頃読んでたら、もしかしたら物足りなかったかもしれません... 分かりませんが。(丁度いい頃合に読めてラッキー♪)

ところで、この本を読んでいて一番驚いたのは、「指輪物語」についてのくだり。「指輪物語」が、「魔王サウロンと、妖精女王ガラドリエルの間で世界を分ける大戦争が起きる」物語だと説明されてるんですが... えっ、そうなの?! そういう読み方をするものなの?! だってガラドリエルって、ロスロリエンから応援してるだけの人じゃないですか! それにトールキンにとっては物語創作の始めから存在していた人物じゃないんですよー。後から出てきても、「シルマリル」を遡って書き換えさせたほどの人物ではありますけど、やっぱりそれはちょっと違うんじゃないかなあ。...と、それまで楽しく読んでいたのに、いきなり不安になった私です。^^; (ちくま新書)


+既読の小谷真理作品の感想+
「ファンタジーの冒険」小谷真理
「星のカギ、魔法の小箱」小谷真理

| | commentaire(0) | trackback(0)
«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.