Catégories:“読書案内”

Catégories: /

 [amazon]
小学校の時、児童文学の中でファンタジーに出会ったという荻原規子さんによる、ファンタジーにまつわるエッセイ。主に理論社のホームページに2年間連載されていたウェブエッセイを本にまとめたもの。

本を読んでいて、この作家さんとは子供の頃の読書体験がかなり共通してそうだな、と感じることは結構あるんですが(私の読み進め方が王道だったとも言うんですが)、荻原さんともかなり共通しているようで、しかもドイツタイプの思考型ファンタジーよりもイギリスタイプの感覚型ファンタジーが好きだというのも一緒なので、なかなか興味深く読めました。特に面白かったのは、アラン・ガーナーの「ふくろう模様の皿」が、へたなホラーよりもずっと怖いという話。これは私は未読なんですが、ケルト神話の気配がかなり濃厚だという作品。でも「神話が深みからひっぱり出してくるものは、理性では手におえない強制力をもち、かなり恐い」のだそうです。ファンタジーを書くには神話や伝承、昔話に親しんでいることが必須だけれども、一歩扱いを間違えると、書き手である個人を破壊しかねないほど強力なものなのだとか。「ふくろう模様の皿」の映像化にまつわるエピソードにはびっくり。この作品、読もう読もうと思いつつ、まだ読んでなかったんですよね。読まなくてはー。
あと興味深かったのは、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの作品について。「DWJ作品の最大の特徴は、多くの印象鮮やかな場面にもかかわらず、物語のてんまつを長く覚えていられないことではないだろうか」というのは、本当にその通り! 私も結構読んだんですけど、覚えてられるのは、せいぜいそれぞれの作品の印象程度。「ハウルの動く城」を観た時も、荻原さんと同じく、原作ではどうだったかどうしても思い出せなかったんです。そうか、私だけじゃなかったんですねー。DWJ作品が終盤になると決まって「わや」になるのは、荻原さん曰く、ストーリーの定石を知りすぎているから。よく知られている枠組みを使いながら、話の展開も人物設定もわざと外して見せる、というのを繰り返すから、読者は頭が混乱してきてしまうのだとか。なるほどー。まあ、単にどんでん返しが多すぎるとも言えそうですが...。(笑) でも原書で読むと、日本語で読むほど「わや」にはならないのだそうです。言葉遊びが多いから、日本語に訳してる時点で、だんだん変になってくるんですって。もしかしたら原書で読んだ方が、違和感を感じることもなく、すんなり楽しめるのかもしれないですねー。(理論社)


+既読の荻原規子作品の感想+
「ファンタジーのDNA」荻原規子
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
しあわせは日々のなかの柊ちほさんのところで知った本。
うわあ、ほんと12歳の頃にこういう本が欲しかった~と思いました。国内作家の作品ばかり100冊集めたブックガイド。100冊紹介されてるうち、私が既読の作品は16冊だけで、知らない作品がいっぱいです。私が12歳だったのはかなり昔... なので(笑)、ここに紹介されてる本を、今から全部読もうとは思わないですが、例えば佐藤多佳子さん「しゃべれどもしゃべれども」「黄色い目の魚」、あさのあつこさん「バッテリー」、乙一さん「きみにしか聞こえない」、金城一紀さん「レヴォリューションNo.3」、梨木香歩さん「家守綺譚」、他にも森絵都さん、須賀敦子さん、荻原規子さんといった私も大好きな作品や作家さんが紹介されてるので、信頼度はかなり高いブックガイドなんじゃないかと思います。金原瑞人さんの他12人の方が選んでらっしゃるので、時々あまり好みではない本も入ってるんですが。
従来のブックガイドによくある、明治~昭和初期の文学作品は載ってなくて、比較的新しい作品ばかり。でもまず手に取りやすい作品ばかり載ってるというのが、すごく有意義なんじゃないかと思います。そういう文学作品に関しては、読むつもりなら他にも色んなブックガイドがありますものね。柔らかいものから硬いものまで各種取り揃えられてるので、どこか自分の入りやすい所が見つかりそう。私が中学や高校の頃には、YAなんてジャンルはなかったので、児童書からいきなり大人の本に移行する感覚。それだけでも今はいいなあと思うのに、あの頃、こういう本があったら、もっと世界が広がったんだろうなあ、なんてちょっと羨ましくなっちゃいます。
それにしても水村美苗さんの「私小説」まで入ってるのにはびっくり。あ、それより、石堂藍さんの「ファンタジー・ブックガイド」が入ってるのにはほんと驚きました...! この本に関しては金原さん自ら、「おお、やっと出たか! とにかく、この一言なのだ。ほぼ完璧なファンタジーのブックガイドが出たのだ。おそらく英語圏でもこれほどのものはないと思う」と書いてらっしゃるんですよ~。しかも「この上をいくガイドは、十年以上、出てきそうにない」ですって。なんだかそれだけで嬉しくなっちゃう。...って単純ですね(^^;。(すばる舎)


+シリーズ既刊の感想+
「12歳からの読書案内」金原瑞人監修
「12歳からの読書案内 海外作品」金原瑞人監修

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
朝日新聞の読書欄に連載されていた、辻邦生さん・水村美苗さんの文学をめぐる往復書簡。水村さんの「できれば辻さんには一面識もないままに書いてみたい。新聞紙面でいただくお手紙から想像されるだけの辻さんに宛てて書いてみたい。また、新聞紙面でしか通じ合えないという状況のもとで書き、二人の手紙をより必然的なものにしたい」という言葉から、事前の顔合わせもなく進められたのだそうです。

まず、お2人の文学的素養の深さが素晴らしい! ここで話題に上る作品に対する考察や文学に対する思いなどを読んでいると、自分の読み方がいかに浅いか反省させられちゃいます。同じようにベッドに寝転がってお煎餅を齧りながら読んでいても(比喩です)、なんという違い! しかもお2人の語る文学は、自由自在に古今東西を駆け巡るのですね。水村さんの才気溢れる考察を、辻邦生さんが深い懐で受け止め、さらに発展させていくという感じ。自分が投げかけた話題を相手がどのように受け止めてくれるのか、そしてどのように発展させてくれるのか待ち構える緊張感があって、しかも想像以上の発展を見せてくれた相手に対する素直な感嘆があって、1つの仕事である以上に、楽しんでわくわくしているのが伝わってきます。しかも深く濃い「文学論」でありながら、書簡ということもあって読みやすく分かりやすいんです。その文章の美しいこと。ああ、こういう文章が書けるようになりたい...。
この中で一番印象に残ったのは、トルストイの「イワンのばか」についてでした。「イワンの国の価値は文学を通してしか解せないのに、その国には文学を解する人は入れないのです」という水村さんの言葉。うわあ、確かにその通りですね。これがそんな風に読める物語だったとは... 深いなあ。

本当は水村さんの「続明暗」を読むべく、漱石の「明暗」を読んでいたのですが、ふとこちらを開いてみると止まらなくなってしまって、ついつい先に読んでしまいました。ここに紹介されている本のうち既読は3分の1ほどしかなかったんですが、少しずつでも読んでいきます! 「文学を面白く読めるというのは、『幸福』を知るということと同じ」という水村さんの言葉が素敵です♪(朝日文庫)


+既読の辻邦生作品の感想+
「西行花伝」辻邦生
「手紙、栞を添えて」辻邦生・水村美苗

+既読の水村美苗作品の感想+
「本格小説」上下 水村美苗
「私小説 from left to right」水村美苗
「手紙、栞を添えて」辻邦生・水村美苗
「明暗」夏目漱石・「続明暗」水村美苗
「日本語が亡びるとき」水村美苗

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
ファンタGメン'05編集の「次の一冊が決まらない人のためのファンタジーブックガイド」と、石堂藍さんの「ファンタジー・ブックガイド」。次の1冊が決まらないなんてことないし、むしろなるべく次の1冊を増やさないようにしてるんですが(笑)、こういう本って好きなんですよね... で、「次の1冊」がどどんと増えました(^^;。

「次の一冊が決まらない人のための~」の方は、「ハリー・ポッター」でファンタジーにハマってはみたものの、作品数が多すぎてどれを次に読んだらいいのか分からない、という人のためのブックガイド。全部で40作品が紹介されてるんですけど、比較的最近の作品ばかりですね。古典的な名作っていうのは全然なくて、私が既読なのは5冊ぐらい。読んでても今ひとつそそられなかったです...。選ばれてる作品自体は悪くないんでしょうけど、どこか作為的に感じられてしまって。選考委員の人は50冊ぐらい渡されて、その中から40冊選んだんじゃないかしら、なんて思っちゃう。本当にファンタジーが好きで好きで、という姿勢があまり感じられなかったのも残念。でも、確かに「ハリー・ポッター」でファンタジーに出会って次の1冊、と思ってる人にはすごく役に立つ本なのではないかと思います。そういう意味では題名通りの本かと。(「次の一冊が決まらない人のためのファンタジーブックガイド」ファンタGメン'05編集・ブックマン社)

対する石堂藍さんの「ファンタジー・ブックガイド」の方は凄いです。こちらは読みたい本が後から後から出てきて、もう大変。実際、私が好きな作品も沢山紹介されてるし、読んでみたいと思ってる作品も多いし、とにかく沢山読んでらっしゃって詳しいんです。しかも「あまり好きではない」と書いてらっしゃる部分にも同感できたり... グ○ンサ○ガも、同じぐらいで挫折してらっしゃるし。(笑) やっぱり好みが合うって大切ですよね。ブックガイドでも書評サイトでも。それにブックガイドを作るなら、このぐらい造詣の深い人であって欲しいです~。
「遥かな異世界と神話的世界」「とびらの向こうは別世界」「日常の中の不思議」...などジャンルに分けられてるので、好みの作品が探しやすいですし、「異世界」「剣と魔法」「神話」「アーサー王」など、色んなファンタジー的キーワードで書かれたコラムでもかなり紹介されているのが嬉しいです。紹介されている本は、全部で400タイトルにも上るようですね。一体どうやったら、こんなに沢山読めるのかしら!
あまりに沢山紹介されているので、初心者向けではないかもしれないんですが(どれを選ぶか迷っちゃいそう)、ファンタジーのブックガイドとしてはすごくオススメ。本の装幀も素敵だし、この充実度で1800円なら安いです。(「ファンタジー・ブックガイド」石堂藍・国書刊行会)

| | commentaire(6) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
九月姫とウグイス以前読んだ「いろの手がかり編」「ごちそうの手がかり編」「どうぐの手がかり編」(感想)と、「この本読んだ? おぼえてる?」(感想)に引き続きのあかぎかんこさんの本の探偵シリーズ。今回は動物なんですけど、考えてみたら動物の本ってそれほど沢山読んでなかったみたいです... 今までで一番知ってる本が少なかったわ! それでもドリトル先生シリーズ(ヒュー・ロフティング)とか、「九月姫とウグイス」(サマセット・モーム)、「チベットのものいう鳥」(田海燕)、「たのしい川べ」(ケネス・グレーアム)辺りは、今も祖母の家に置いてるので、なんだか懐かしくなってパラパラと見ちゃいましたけど。
もちろん未読の本の中にも、表紙が素敵だったり話が面白そうだったり、今からでも読んでみたい本が色々です。(それでも私が探してる本はまだ出てこないのでした~ 嗚呼、あのおばけちゃんはいずこに~)(フェリシモ出版)


+既読のあかぎかんこ作品の感想+
「本の探偵事典」あかぎかんこ
「この本読んだ? おぼえてる?」あかぎかんこ
「本の探偵事典 どうぶつの手がかり編」あかぎかんこ

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
先日「本の探偵事典」を読んだばかりなんですけど、再びあかぎかんこさんの本の探偵です。
今回一番びっくりしたのは、佐藤さとる「だれも知らない小さな国」の初版本の装幀。...これ、私が持ってたのと一緒!! 物心ついた時に本棚に並んでいた本のうちの1冊です。初版は1959年ですって。ということは私のために買ったんじゃなくて、やっぱり元々父の本だったのねー。(1959年といったら、両親はまだ出会ってもいなかったはず ←初版が出てすぐに買ったとは限らないけど) 外箱や本の表紙の古び具合もすごくそっくり。この頃は「佐藤さとる」さんじゃなくて、「佐藤暁」さんだったんですね。でもって、まだ村上勉さんの絵じゃなかったのでした。今は佐藤さとるさんといえば村上勉さんというイメージが出来上がってるけど。
で、なんで続けざまに本の探偵の本を読んでいるかといえば。実は私も1冊探してる本があって、でも見つからないのです。この中にもなくて残念。これまで出版された全ての本が登録されているはずの国会図書館のサイトで検索しても、見つからなかったんですよね。いとこが勤めているので何か分かったら教えてと頼んでるんですが... やっぱり私もあかぎかんこさんにお願いした方がいいのかもしれないなー。(フェリシモ出版)


+既読のあかぎかんこ作品の感想+
「本の探偵事典」あかぎかんこ
「この本読んだ? おぼえてる?」あかぎかんこ
「本の探偵事典 どうぶつの手がかり編」あかぎかんこ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
この本の表紙が出てくることが驚き! だってこの本は1989年に出た本で、もう出版元の会社もないし、当然絶版になってる本なんですよー。以前読んだ「幾千の夜を超えて」がものすごーく良かった神月摩由璃さんのSF&ファンタジー読書案内です。BAROQUE MIDNIGHT / GOTHIC TWILIGHT の森山樹さんのオススメ。もう、かなり探しましたよ。ようやくみつかって嬉しい!! ...でもこれが意外と難関だったのでした...。ゲームの雑誌に掲載されていたブックレビューだけあって、文体が「幾千の夜を超えて」とはまるで違うのです。☆とか★といったマークもいっぱい。
>きゃっ、SFだわ、ケン・ソゴルだわ☆
なーんて感じなんですもん。イヤん、こういうのを本の活字で読むのって苦手なのにぃ☆★☆
(ネット上で読むんだったら、全く大丈夫なのになあ...)

でも紹介されているSF&ファンタジー作品は面白そうなのばかりです。...というか、ナルニアの紹介の中で、「次はいよいよ私の大好きな『馬と少年』です。」という言葉を読んで、もう私はすっかり親近感! 私も「馬と少年」大好きです! シリーズ7冊の中ではこれと「朝びらき丸 東の海へ」「カスピアン王子のつのぶえ」が特に好きなんですけど、その中でも「馬と少年」は別格。この作品を好きな人に悪い人はいない... じゃないですが(笑)、これはかなり趣味が合う人なんじゃ... なんてことを思っちゃうんですよねえ。(^^ゞ
月刊誌で3年と1ヶ月分、37章で紹介されている作家は40人以上。シリーズ物が多いので、かなりの作品数が紹介されています。私が読んでいない作品も沢山紹介されていて、色々と読んでみたくなっちゃいました。15年前に紹介されてるわけだし、既に絶版になっている作品も多そうですけどね。まずはフリッツ・ライバーの「ファファード&グレイ・マウザー・シリーズ」かな。これは現在復刊中で、着々と揃え中なので♪ (現代教養文庫)


+既読の神月摩由璃作品の感想+
「幾千の夜を超えて」神月摩由璃
「SF&ファンタジー・ガイド 摩由璃の本棚」神月摩由璃
「魔州奇譚」1・2 神月摩由璃
「花輪竜一郎さんの優雅な生活」「リュスリナの剣1」神月摩由璃

| | commentaire(0) | trackback(0)
«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.