Catégories:“歴史・時代小説”

Catégories: / /

 [amazon]
その地方では珍しいプラチナブロンドから、「銀」と呼ばれて育ったアイネイアスは、美しく利発な少年。父・アンキセスらの薫陶を受け、年毎に俊敏な若者として成長していきます。そしてアイネイアスが12歳の時、トロイアに10年前に現れたのは、ずっと行方不明となっていた王子・パリス。10年ぶりに現れたパリスは失踪した当時とは違い、見るからに立派な若者に成長していました。そして数年後、パリスが父・プリアモス王の命を受けてギリシアへと旅立つことになり、アイネイアスも同行することに。そしてその旅の途上で立ち寄ったスパルティで、パリスはメネラオスの妃・ヘレネに出会うのです。

アイネイアスの視点から描くトロイア戦争。以前、ギリシャ物を読み始めた頃に、風待屋のsa-ki さんに教えて頂いた本です。
いや、面白かったです。一気に読んでしまいましたー。全体的な構成としては、主にホメロスの「イリアス」「オデュッセイア」、そしてウェルギリウスの「アエネーイス」を繋げて、その合間にギリシア悲劇などに描かれている細かいエピソードを丹念に掬い取っていっているようですね。
でも、読み始めてまず目につくのは、そういった本家作品とは違って、こちらはあくまでも人間が主体の物語であること。神々に関しては名前のみの登場で、「イリアス」のように戦局を左右したり、人間を助けたりはしません。ギリシア神話では愛と美の女神・アプロディテの息子とされるアイネイアスなんですが、ここではイディ山の神官がそういう託宣を下しただけ。しかも宣託は「愛と美の女神の息子」というだけで、アプロディテの名前は出ていないんです。これは、当時のトロイアがギリシャと同じ神々を信じていたとは、阿刀田さんには考えられなかったから。そしてトロイア戦争の発端となる「パリスの審判」に関しても、パリスの夢の中の出来事を耳にした人間が噂として広めただけ。さらに「イリアス」では、トロイア戦争の期間は10年間、千艘を越したギリシャの軍勢は10万とされていますが、この作品の中ではかなり縮小されています。トロイア城址の規模から考えても、実際10万もの大軍が10年もかけて攻めるほどの城砦ではないのだそうです。戦争は戦争として現実にあったにしても、やっぱりホメロスが描くトロイア戦争は、あくまでもホメロスの時代の知識を基にしていますものね。トロイア人とギリシア人は同じ民族ではないのだから、同じ言葉を話し、同じ神々を信じていたわけではないだろうというのも、私も以前から感じていたことです。
そういう意味で、この「新トロイア物語」は、とても現実的な物語となっています。阿刀田さんご自身が書かれている通り、「古代史を舞台にした、現代の日本人アイネイアスの物語」というのが相応しいかも。この作品が書かれた頃は、まだ外国の歴史的ヒーローを小説化した作品がほとんどなかった時代だったそうで、時々妙に武士道的な匂いがするのが可笑しいんですけどね。(笑)

「ホメロス」や「オデュッセイア」みたいな、神々が当たり前のように登場するのも夢があって大好きなんですが、こういうのもいいですね。神々を登場させないために阿刀田さんが凝らしている工夫も、とても面白かったです。特に印象に残ったのは、残虐なアガメムノンのやり口。トロイアに首尾よく攻め込むための策略や様々な計算、そしてその挙句自分自身に降りかかってきた災難など、ギリシャ悲劇に描かれているアガメムノン関係を複数読んだ上でも、すごく説得力がありました。説得力があるといえば、パリスとヘレネの末路も。いかにもあり得そうです。あ、でもパリスが意外といいヤツだったなあ。哀愁漂ってたし。(「パリス=あほ男」がすっかり定着してたので)

やっぱりここまで来たら、「アエネーイス」も読まねばー! 岩波文庫版が絶版なので、古本で探してたんですけど、やっぱり図書館で借りちゃおうかな。ちょっと迷い中です。それにしても、こういう古典作品を絶版にするのは、やめて欲しいですね。爆発的に売れることは、まずないでしょうけど、需要はなくならないんですから。って、それだけじゃあ全然ダメなのかな、やっぱり。(講談社文庫)


+既読の阿刀田高作品の感想+
「新トロイア物語」阿刀田高
「ギリシア神話を知っていますか」「私のギリシャ神話」阿刀田高
「ホメロスを楽しむために」阿刀田高
「旧約聖書を知っていますか」阿刀田高

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
10世紀末の中国。中原に拠った宋が呉越を下し、乱立していた小国のうち残っているのは北漢、そして北漢の北の強国・遼のみ。そして北漢随一の兵力となっていたのが、楊業率いる楊家軍。当主である楊業は音に聞こえた名将であり、7人の息子たちもそれぞれに一流の武将。しかしその力がこれ以上大きくなることを恐れた北漢の廷臣たちが帝にあらぬ事を吹き込んだため、楊家からの援軍の要請も無視され、宋軍との戦いのさなかには兵糧の輸送が滞る始末。楊業はついに北漢に見切りをつけて、北宋への帰順を決意します。

北宋初期に実在した武門一族・楊家の物語。当時北宋では、遼軍の度重なる侵攻に苦しめられていて、宋軍の中で遼軍に対抗できたのは楊家軍のみだったのだそうです。民衆には「楊無敵」と呼ばれ、楊業の死後まもなく「楊家将」の伝説が民間で伝えられるようになったとか。現在の中国では「三国志」「水滸伝」と並ぶ作品と言われ、京劇でも人気の演目だそうなのですが、そんな「楊家将演義」も本としての出来があまり良くないらしく(あらら)、まだ日本語には訳されていないとのこと。

本当は北方水滸伝を読みたいんですが、単行本で全19巻はツラいので、先に文庫になったこちらを。これはほんの日記のブラッドさんのお母さまのお勧めの1冊。ブラッドさんのところは、母娘で本の情報交換が活発で素敵です~。
北方三国志もそうでしたが、とにかく男たちがかっこいい! まず宋側では、楊業と7人の息子たち。私が結構気に入ってたのは、先帝の息子で明るく聡明な八王。上巻では帝もいいです。下巻になると、寄る年波を感じさせられてしまうのが寂しいんですけどね。そして敵の遼では、実権を握っている蕭太后(女性ですが、度胸と智謀が凄い!)、「白き狼」と恐れられる耶律休哥。やっぱりこういう作品では、敵の魅力も重要ポイントですね♪
遼と戦うことに集中できるならまだしも、開封の平和に慣れ切ってしまった文官たちや、宋の内部から混乱させようとする遼の間者、楊家の活躍を妬む武官たちに足を引っ張られることになって大変な楊家なんですが、それでも武人はただ戦っていれば良いと割り切る楊業を中心にした男たちの生き様は熱く、爽やか。普通の場面はもちろんですが、戦闘シーンもスピード感があってすごく面白いんです~。
本来の「楊家将演義」は、楊家5代を描いているのだそう。そこまでは求めませんけど、この後の物語もぜひ読みたいものです。特に四郎のその後が気になります。...と思ったら、PHP研究所の月刊誌「文蔵」で、続編「血涙」を執筆中とのこと。9月号が最終回ということは、遠くない将来、単行本になりますねっ。それは嬉しい。続編が読める日が楽しみです! (八王が死ぬのは見たくないけど...)(PHP文庫)


+既読の北方謙三作品の感想+
「破軍の星」北方謙三
「楊家将」上下 北方謙三
「水滸伝」1~3 北方謙三
「水滸伝」4~6 北方謙三
「水滸伝」7~9 北方謙三
「水滸伝」10~12 北方謙三
「水滸伝」13~15 北方謙三
「水滸伝」16~18 北方謙三
「水滸伝」19 北方謙三
Livreにブラディ・ドールシリーズと「三国志」の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(1)
Catégories: /

       
[amazon]
しばらく間があいてしまったんですけど、池波正太郎氏の「剣客商売」読了しました!
今回読んだのは、13~16と、番外編の「黒白」上下巻、同じく番外編の「ないしょないしょ」、そして、剣客商売に登場する様々な料理を実際に再現している「包丁ごよみ」。
前の感想を探してみたら、1~4巻はココ、5~8巻はココ、9~12巻はココ、どれも今年の1月だったんですね。その後、一気に読んでしまうのは勿体ないような気がしてきて、でも、そうこうしてるうちに海外物のペースが上がってしまったりして、しばらく中断しちゃったんですよね。本を貸して下さったAさん、ごめんなさいー! でもすっごく面白かったです。

番外編の「黒白」は、13巻を読む前に読みましたよ!>b.k.ノムラさん。確かにその頃読むのが、一番いいみたいですね。これで、小兵衛の昔馴染みの登場人物のことがすごく掴みやすくなって、話にも一層入りやすくなりました。
そして13巻の「夕紅大川橋」、とっても良かったです~。>ワルツさん。色んなところで、結構びっくりさせられつつ、ちょっとしっとりとしたムードも楽しめました。洗い髪というのがまた良くて、鮮やかに情景が浮かんできますね。
あと好きだったのは、「暗殺者」かな。これは「仕掛人・藤枝梅安」を読んでたら、一層面白かったのでしょうか。なんだか繋がりがありそうな感じですね。元々必殺シリーズは好きだったので、かなりワクワクしながら読めました。シリーズ後半は大治郎よりも小兵衛が中心となる話も多かったので、久々に若先生が出てきてくれたようで、それもとても楽しかったのかも。最初は小兵衛が気に入ってたと思うのに、いつの間にか大治郎の方が良くなってたみたいです、私。(笑)(新潮文庫)


+シリーズ既刊の感想+
お正月休みの間に読んだ本(7冊) (「剣客商売」1~4)
「剣客商売」5~8 池波正太郎
「剣客商売」9~12 池波正太郎
「剣客商売」13~16+α 池波正太郎

+既読の池波正太郎作品の感想+
「殺しの四人」「梅安蟻地獄」池波正太郎
「梅安最合傘」「梅安針供養」池波正太郎
「梅安乱れ雲」「梅安影法師」池波正太郎
「梅安冬時雨」「梅安料理ごよみ」池波正太郎

| | commentaire(13) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
セデレクの反逆から1ヶ月余り。ツァン・プーに残って後処理をするリジムを手伝っていた翠蘭ですが、ツァン・プーの西南の国が攻め込んできたため、翠蘭は急遽ガルに連れられてヤルルンに戻ることに。戻った翠蘭を出迎えたのは、ソンツェン・ガムポの第二妃・ティツンが、ヤルルンの家畜に毒が盛っているという噂。そして、ソンツェン・ガムポの寺院建立の計画に反対した大司祭・バーサンが出仕を拒否しているという事態でした。

「風の王国」シリーズ8冊目。唐の時代に李世民(太宗皇帝)の娘として吐蕃(チベット)へと嫁ぐことになった文成公主を描いた作品。しっかりと史実を踏まえつつ、毛利さんなりの解釈で作り上げられた物語が面白くて、愛読してるシリーズ。

でも、今回はリジムの出番が極端に少ないんですよー。台詞もないまま翠蘭と離れ離れになって、最後にちょっと出てくるだけ。その辺りはちょっと(いえ、かなり)残念でした。でも物語自体は面白かったです。やっぱりソンツェン・ガムポがいいですねえ。相変わらず決めるところはしっかり決めてくれます。あと、ソンツェン・ガムポの第二妃・ティツンも良かったです。ただ、彼女に関して言えば、もう少し悪役になって欲しかった気も...。このティツンは、「色々なことをはっきりと口に出してしまう性格なだけで、実は裏表のない人」という設定。(多分) 嫁姑バトルをして欲しかったわけじゃないんですが、後半もうちょっと毒が欲しかったかな。
それにしても、登場人物紹介のページで誰が悪役か予想できてしまうという構成は、もうそろそろやめませんかー。

実は1つ前の「風の王国 朱玉翠華伝」を読んでません、私。この「朱玉翠華伝」のタイトルのところに「小説+まんが」とあったので、「まんがは別に読みたくないしー」と思ってしまったせいなんですが... やっぱり読むべきなのでしょうか。今度書店でちゃんとチェックして来なくっちゃですね。(コバルト文庫)

追記: その後読みました! 面白かったです。


+シリーズ既刊の感想+
「風の王国」1~4 毛利志生子
「風の王国 月神の爪」毛利志生子
「風の王国 河辺情話」毛利志生子
「風の王国 朱玉翠華伝」毛利志生子・増田メグミ
「風の王国 目容の毒」毛利志生子
「風の王国 臥虎の森」毛利志生子
「風の王国 花陰の鳥」毛利志生子
「風の王国 波斯の姫君」毛利志生子・増田メグミ
「風の王国 初冬の宴・金の鈴」毛利志生子
「風の王国 嵐の夜」上下 毛利志生子
「風の王国 星の宿る湖」毛利志生子

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
夜中の突然の地震で起きた若だんなが耳にしたのは、若だんなが邪魔だから殺してしまおうという声と、このままでは若だんなが死んでしまうのではないかと心配する声、そして遠くから聞こえる悲しそうな泣き声でした。そして翌日また地震が起き、若だんなの頭に物が激突、若だんなは気を失ってしまいます。気がついた若だんなに母親のおたえが提案したのは、湯治に行ったらどうだろうという案。ゆっくりお湯に浸かって養生したらぐっと丈夫になれるかもしれないと、稲荷神様のご神託があったというのです。

若だんなのシリーズの第5弾。
今回は1作目以来の長編なんですねー。この方の連作短編は大好きだけど、やっぱり長編だと嬉しいです。しかもシリーズ初の遠出、目先が変わって新鮮ですし。ただ、箱根まで行くとなると、旅に参加できる人数が限られてるのが、やや残念ではあるのですが...。
旅に出た途端に、消えてしまう仁吉と佐助。いつもなら梃子でも若だんなから離れないと頑張る2人なのに、予想外の事態が起きたとはいえ、結局2人とも離れてしまったというのがちょっと納得しきれないのですが... そのおかげで、若だんなが自力で頑張ることになります。いやー、周囲にどれだけ甘やかされても、若だんなって本当に良い青年ですね。皆が若だんなを思いやる心が温かくて、読んでいるこちらまで幸せな気分になれるのが、このシリーズの良さでしょう。やっぱり人間、基本は愛情をたっぷりと受けることなんだろうなー。
物語冒頭で若だんなが山神に尋ねる「私はずっと、ひ弱なままなのでしょうか」「他に何もいらぬほどの思いに、出会えますでしょうか」という問いがとても印象的でした。山神のくれた「浅い春に吹いた春一番で出来た」金平糖のようなお菓子が食べてみたい...。そして印籠のお獅子も既に仲間入りでしょうか。可愛いです~。(新潮社)


+シリーズ既読の感想+
「しゃばけ」「ぬしさまへ」「ねこのばば」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「おまけのこ」
「うそうそ」畠中恵
「みぃつけた」畠中恵
「ちんぷんかん」畠中恵
「いっちばん」畠中恵

+既読の畠中恵作品の感想+
「ゆめつげ」畠中恵
「とっても不幸な幸運」畠中恵
「アコギなのかリッパなのか」畠中恵
「まんまこと」畠中恵
「つくもがみ貸します」畠中恵
「こころげそう 男女九人お江戸の恋ものがたり」畠中恵
Livreに「百万の手」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(2)
Catégories: / /

 [amazon]
猿若町捕物帳シリーズ第3弾。今回は、吉原の遊女が3人立て続けに亡くなった事件を調べることになる「吉原雀」、以前は相当の人気があったという女形・村山達之助の演技がめっきり冴えなくなってしまったという「にわか大根」、天水桶から見つかった死体は巴之丞の昔馴染みなのか...「片陰」という3編。

これまでも面白くはあったんですが、梨園シリーズや整体師シリーズなどの他のシリーズ物に比べるとどこか印象が薄かったこのシリーズ、これまでの3作品の中で一番面白かったです! もちろんこれまで通り、巴之丞や花魁の梅が枝の存在が物語に華を添えていますし、仏頂面の千蔭もいい味を出しています。そして今回はこれに加えて、前作で結婚した彼女の新婚生活ぶりが伺えるのが楽しいところ。冒頭のやりとりなんて、ほんと立場が逆転してるみたい。やはり拵えというものは人を変えてみせるものなんですねえ。(笑)
でもそれ以上に気になるのが、梅が枝! 美貌と気風の良さが売りの彼女の本心はどこにあるのでしょう。今後どんな風に展開するのか、目が離せません! 早く続きが読みたいなー。(光文社)


+シリーズ既刊の感想+
「巴之丞鹿の子」「ほおずき地獄」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「にわかだいこん」近藤史恵
「寒椿ゆれる」近藤史恵

+既読の近藤史恵作品の感想+
「モップの精は深夜現れる」近藤史恵
「賢者はベンチで思索する」近藤史恵
「南方署強行犯係 黄泉路の犬」近藤史恵
「ふたつめの月」近藤史恵
「モップの魔女は呪文を知ってる」近藤史恵
「サクリファイス」近藤史恵
「タルト・タタンの夢」近藤史恵
「ヴァン・ショーをあなたに」近藤史恵
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
明治17年、「おひいさま」の身代わりとしてアメリカに行く船に乗り込んだ少女。それは、本物の「おひいさま」である三佐緒が、愛し合っている男性と引き裂かれるのを見ていられなかった乳母・お勝によって作り出された影武者。新しいミサオはまだ12歳。船酔いに苦しまされながら、お勝からは「しつけ」という名の折檻を受ける日々が続きます。そして船はとうとうアメリカに到着し...。

CROSS-ROADの瑛里さんにオススメされた作品。いやあ、面白かった!
ほんと、帯にある通りの「大河恋愛小説」でした。自分自身の本当の名前を失い、「酒井三佐緒」として、そして後にはオーストリィの貴族・ヒンメルヴァンド子爵夫人として生き抜くことになったミサオの半生を描いた作品。乳母のお勝に苛め抜かれる船中のエピソードは、読んでいても息苦しいほどだったし、ようやくそれが終わっても、もうドキドキしたりヤキモキしたり。三佐緒の父親である酒井尊則の渡米に、どれだけ緊張したことか。桜賀光次郎やマックスへの想いにも、ありがちだと思いながらもドキドキ! 出会いと別れを繰り返しながらも、芯の強い、美しく聡明な女性に成長していくミサオの姿にすっかり感情移入してしまいました。脇役で特に印象に残ったのは、乳母のお勝ですね。ミサオにあれだけの仕打ちをしたというのも、実際には本物の「おひいさま」への愛情の裏返し。ミサオが立派に「三佐緒」を演じることができたのも、結局はお勝のおかげ。行き過ぎがあったのは事実ですけど、彼女の思いを考えると、憎めない人物でした。お勝と数馬とミサオが、お勝の料理を囲んで擬似家族をしている光景は微笑ましかったです。
下巻ではもっぱらミサオと光次郎の物語。桜賀光次郎のモデルは、川崎造船所(川崎重工業)の初代社長・松方幸次郎。彼の松方コレクションが形成されていく様子、ミサオを通じて見ることのできる美術品やドレス、ジュエリー、ヨーロッパの貴族の生活やその生活に戦火が及ぼした影響などもとても興味深いところ。そして彼女たちの想いは痛々しいほど純粋。この部分は、ある程度の人生経験を積んだ人の方が共感できる部分なのかもしれないですね。いやー、読み応えがある作品でした。(新潮文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.