Catégories:“歴史小説(翻訳)”

Catégories: / / / / /

 [amazon]
夏至の前日の夕方、ダンとユーナの兄妹は、両親の地所で自分たちが「野外劇場」と呼んでいる場所に行き、3頭の牝牛相手に「夏の夜の夢」を演じます。おとうさんにシェイクスピアの戯曲を短く書き直してもらい、おかあさん相手に何度も練習して台詞を暗記したのです。上手く演じられて嬉しくなった2人は、思わず最初から最後まで3回も演じてしまうことに。そして腰を下ろして持ってきたおやつを食べようとした時、妖精のパックが現れて...。

妖精パックが連れてくる歴史上の人物たちが、自分の体験談をダンとユーナという兄妹に語り聞かせてくれるという形式の連作短編集。これを読む前にシェイクスピアの「夏の夜の夢」も再読しちゃいました。シェイクスピアに限っては悲劇の方が好きなんですが、「夏の夜の夢」はとても好きな作品。でも随分前に読んだっきりなので、細部はすっかり忘却の彼方... 読み返して良かった。現在の可憐な妖精像を作り出したのはシェイクスピアだとこの間読んだところなので、以前読んだ時とは違った部分に注目して読めたし、福田恆存氏の訳もすごく良かったし。右の画像は私が読んだ新潮文庫版。この表紙も素敵ですよねー。

で、こちらの「プークが丘の妖精パック」ですが、これもすごく面白かったです!
まず、なんで登場する妖精がパックだけなのか、他の妖精は今はどうしてるのかという部分で、パックの説明にはすごく説得力があったし... これは上手い。そして中で語られる物語を読んでいて、どことなくローズマリー・サトクリフの本の題名を連想しちゃうなと思っていたら(中身は読んでないので、題名だけ)、サトクリフもこの作品に影響を受けてるんだそうです。ちょっとびっくり。でもやっぱりこれは、他の作家さんに影響を与えるタイプの本だろうな。1つ1つのお話も面白かったし、大きな歴史の流れを追うという意味でもすごく面白かった。パック自身が、「どうだった? ウィーランドが剣を与え、その剣が宝をもたらし、宝が法律を生んだ。オークが伸びるように自然なことだ」と言ってますが、まさにその通りですねー。しかも読者にとっても2人の子供たちにとっても単に歴史の教科書に載ってるってだけだった出来事が、語られることによって生き生きと再現されてました。
でもどんなに面白い話を聞いても、家に帰る時間になると、子供たちはオークとトネリコとサンザシの魔法で全てを忘れちゃうんです。なんだか気の毒。もちろん次にパックに会った時に、ちゃんと全部思い出すことにはなるんですが...。ちなみにパックという妖精は、ケルト神話のプークが原型と言われてるので、この題名は要するにパックの丘のパックってことですね。偶然アメリカ版を見つけたら、表紙がラッカムでした。ラッカムの絵は表紙だけなのかしら。中も見てみたーい。(光文社古典新訳文庫)


+既読のラドヤード・キプリング作品の感想+
「少年キム」ラドヤード・キプリング
「プークが丘の妖精パック」キプリング 「夏の夜の夢・あらし」シェイクスピア
「キプリング短篇集」キプリング

+既読のシェイクスピア作品の感想+
「プークが丘の妖精パック」キプリング 「夏の夜の夢・あらし」シェイクスピア
「ジョン王」ウィリアム・シェイクスピア
「ジュリアス・シーザー」「アントニーとクレオパトラ」シェイクスピア
「ハムレット」シェイクスピア・「新ハムレット」太宰治
「マクベス」シェイクスピア
「トロイラスとクレシダ」ウィリアム・シェイクスピア

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
グィネヴィアの裏切りを知ったアーサーの落胆は激しく、ちょっとしたことで爆発するような状態。腹心のダーヴェルも遠ざけられがちで、しかもアーサーからの使節は全て殺すと宣言しているエレへの使者役が、ダーヴェルに言いられつけるのです。一方、ブリタニアの13の宝物を揃えたマーリンとニムエは、この年の夏、大いなる魔法を行うことに。その準備のために、2人はまずリンディニスの広大な宮殿に入り込み、民衆の前で奇跡を起こします。

小説アーサー王物語の第3部。完結編です。
第2部で、ダーヴェル=ガウェイン?なんて思ったりもしたんですが、第3部になって本物のガウェインが登場しました。別人で良かった~。でもこんな役回りとはびっくり。しかもこれまた伝説とはかなり違う姿のようです。
この第3部で良かったのは、ダントツでグィネヴィア! いかにも華のあるカリスマ的な存在という面が前面に出ていて、カッコ良かったです。アーサー王物を読んでてグィネヴィアが好きになるって珍しいんですけど(大抵は「コイツさえいなければ」と思ってしまう)、この作品ではなかなか良かったです。特にアーサーの戦士にこれといって知将と言える人物がいないので、彼女の頭の良さが一層光ってるんですよね。(いい意味で)
あと、全くのオリジナルのようでいて、要所要所で伝説のエピソードを取り入れているのが嬉しいところ。それとマーリンとニムエの魔法は、ほとんどが手品だったり自然現象を利用したものだったんですが、あの最後の魔法はどうだったのかしら... これだけは本当の魔法だったと思いたいところ。この場面はとても感慨深くて、これで一時代が終わったのだと感じさせられます。いい場面だ...。
ダーヴェルがキリスト教の修道士となってサンスム司教の下にいる理由も分かりますし、イグレイン王妃のために翻訳をしている法廷書記のダヴィズが、一言一句作り変えたりしていないとむっとしている場面は可笑しいです。ただ、最後の最後がちょっとあっけなさすぎではないでしょうか。全6巻の大作をここまで読んできたわけだし、もうちょっと余韻が欲しかったですねえ。...とは言え、とても面白かったです。これもまた1つのアーサー王物として、満足満足。(原書房)


+シリーズ既刊の感想+
「エクスカリバーの宝剣」上下 バーナード・コーンウェル
「神の敵アーサー」上下 バーナード・コーンウェル
「エクスカリバー最後の閃光」上下 バーナード・コーンウェル

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
ようやくサクソン人に対抗する全ブリタニアの同盟ができようとしていた頃。アーサーはかねてから考えていた通り、ランスロットをシルリア王に据え、ポウイスの王女・カイヌインと結婚させようとしていました。一方、マーリンとニムエはブリタニアの13の宝のほとんどを手中に収め、今度はクラズノ・アイジンの大釜を手に入れようとしていました。大釜はドルイド教の聖地・ディウルナハのモン島にあるというのです。

小説アーサー王物語の第2部。
このシリーズが書架に並んでるのを見た時、まず驚いたのは「神の敵アーサー」というこの題名だったんです。一体何をやって、どんな状況になったんだろうってずっと気になってました。この作品の中アーサーは異教徒... というよりむしろ無神論者。前の巻でも軍資金集めのために無理矢理教会から税金を取り立てたりなんかしてたので、それはいずれ問題になるだろうとは思ってましたが... 結局のところ、神の敵というより教会の敵、教会の敵というより1人の野心的な司教の敵って感じですね。この点では、期待してたほどではなかったかな。(何を期待してたんだ、一体) それよりアーサーとグィネヴィアとの関係に対するニムエの言葉がとても興味深かったです。やっぱり才気走ったグィネヴィアには、野心のないアーサーは物足りなかったんですねー。そういう意味では、グィネヴィアとランスロットというのは怖いぐらいぴったり。
この第2部では、トリスタンとイゾルデのエピソードが上手く取り入れられていて、読みながらにやにや。ダーヴェルのエピソードは微笑ましくていいなあ。あと、大釜探しはアーサー王伝説における聖杯探求。やっぱりギャラハッドも参加するのねっ。(ギャラハッドは実は結構お気に入り) そしてダーヴェルが自分の紋章に選んだのは五芒星。五芒星といえば、ガウェインの紋章だと思ったんですが... もしやダーヴェルはガウェインの役どころだったんですか? それがちょっとびっくりでした。(原書房)


+シリーズ既刊の感想+
「エクスカリバーの宝剣」上下 バーナード・コーンウェル
「神の敵アーサー」上下 バーナード・コーンウェル
「エクスカリバー最後の閃光」上下 バーナード・コーンウェル

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
リチャード・セント・ヴァイヤーは当世随一の剣士。<丘>の貴族たちから依頼される暗殺や決闘が彼の仕事であり、その日の仕事は、ホーン卿の園遊会での決闘でした。2人を殺してやることが終わったリチャードは、愛人のアレクの待つ家に戻ります。しかしリチャードはやがて貴族たちの水面下の権力争いに巻き込まれることになり...。

先日読んだ「吟遊詩人トーマス」(感想)が良かったので、エレン・カシュナーの他の作品を。これは彼女の処女長編だという作品。
「吟遊詩人トーマス」は正真正銘のファンタジーだったんですけど、こちらには魔法のかけらもなくて、中世的な都市を舞台にした剣戟小説という感じ。まあ、そういうのも好きなんですけど... でもどうも登場人物が多すぎるし、描写が過剰なのかとっても混乱&食傷。かつてリチャードのような存在だったというヴィンセント・アップルソープとリチャードの決闘の場面は、池波正太郎の「剣客商売」ような雰囲でなかなか良かったんですが、その他の場面は宝塚歌劇風?(笑) しかも意味不明の同性愛カップルなんてのも出てくるし...。政治的な駆け引きにもあまり興味を持てず、かといってこの架空の街の描写もそれほど魅力的には感じられなくて、あまり物語に入り込めませんでした。(ハヤカワ文庫FT)


+既読のエレン・カシュナー作品の感想+
「吟遊詩人トーマス」エレン・カシュナー
「剣の輪舞」エレン・カシュナー

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
かつてはアーサー王に忠誠を誓っていたダーヴェル・カダーンも、今は年老いた修道士。プロフヴァイル王妃・イグレインの命によって神の敵たるアーサーの物語をサクソン語で羊皮紙に綴り始めます。ダーヴェルがまだ少年だった頃。ドゥムノニアの王・ユーサー・ペンドラゴンは正嗣である息子のモードレッドをサクソン人との戦いで失い、遺されたモードレッド妃・ノルウェンナの出産を待ちわびていました。そしてノルウェンナが産んだのは、足萎えの男の赤ん坊。ユーサーはその子に父親の名を取ってモードレッドと名付け、その子こそが、王国の跡継ぎであることを宣言するのですが...。

冒険小説家として有名だというバーナードコーンウェルの書いた、小説アーサー王物語の第1部。
アーサー王伝説を題材にした作品ということで手にした本なんですが、いわゆるアーサー王伝説とはまるで違っていてびっくり。ここには円卓の騎士たちも優雅な乙女たちもいなくて、騎士道なんかもまるでなし。これは相当泥臭い話になってるんですねー。人物設定もその造形も、ほんと伝説とは全然違っててびっくり。アーサーの人好きのする性格というのはイメージ通りだったんですけど、彼はユーサー・ペンドラゴンの庶子で、しかも正嫡のモードレットを殺したとして父親に憎まれてるし、マーリンはマーリンで本当に魔術が使えるというわけではなくて、基本的には全て薬草の効能と手品と演出みたいですね。(それでも迷信深い人々には、十分超自然的なことが起きているように見える) 伝説ではどちらかといえば好々爺っぽいマーリンなのに、「血も涙もない人間」なんて言われたりもしてるし...。特にびっくりしたのはランスロット。伝説では円卓の騎士の中でも一番華やかで高潔な騎士だったはずなのに、ここでのランスロットときたら! ファンが読んだらがっかりすること間違いなしです。(笑) ついでに言えば、石に刺さった剣も存在せず、キャメロットのような美しい都もなくて、それらは語り手であるダーヴェルによって詩人の作りごとだと断じられています。そしてダーヴェルの書き綴る物語もまた、おそらくイグレインの好みに脚色されてしまうのだろうとも。
著者あとがきには、こうありました。

どんなに徹底的に調べても、史料から確実に類推できることは限られている。おそらく五世紀から六世紀にかけてアーサーという人物は実在したに違いない。その人物は王にはならなかったにしても傑出した将軍で、憎むべきサクソンの侵入軍相手に赫々たる戦火をあげたらしいーーそれ以上のことは闇に包まれている。

確かにこの辺りの出来事に歴史的な裏づけを取るのは困難。そこに工夫を凝らすことは十分可能。とは言っても、ここまで大胆に作ってしまうとはー。
でもその分、歴史的背景や当時の風俗に関しては徹底的に調べてあるんでしょうね。その描写にはものすごくリアルな重みがありました。ローマ帝国風の洗練された都市もあるんですけど、ここに描かれているほとんどは、まだ洗練には程遠い暮らしをしていたブリテンの人々の暮らし。その対比が強烈なんです。戦いと強奪による血なまぐさと、あとは糞尿の臭いが漂ってきそうな... でも実際はこんなものだったのかもしれないなあと素直に納得させられてしまう力がありました。これは先行きどうなるんだろう? 予測ができません。続きも借りてこなくっちゃ。(原書房)


+シリーズ既刊の感想+
「エクスカリバーの宝剣」上下 バーナード・コーンウェル
「神の敵アーサー」上下 バーナード・コーンウェル
「エクスカリバー最後の閃光」上下 バーナード・コーンウェル

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
アフリカと南アメリカの港を巡る1ヶ月のクリスマス・クルーズを終えて、リスボンへと向かっていた巨大客船・ポセイドン号が、海底地震による激しい津波によって転覆。船体はさかさまになり、あちらこちらで犠牲者が続出します。生き残ったのは、ダイニングルームにいた船客たちなどわずか数十名のみ。いつ助けが来るのか、いつまで船は沈まずに耐えられるのか、一切分からない状況の下で、そのまま助けを待っているつもりのない人々は、スコット牧師の先導で、かつて船底だった部分へと上り始めます。

1972年の「ポセイドン・アドベンチャー」、2006年の「ポセイドン」と2度に渡って映画化された作品の原作。私も「ポセイドン・アドベンチャー」はテレビでやってるのを観たことがありますが、あのパニック映画の原作を書いたのが、「ジェニィ」や「トマシーナ」のポール・ギャリコだったとはびっくり! ポール・ギャリコだって、ファンタジー系の作品ばかり書いているというわけではないけれど、でもやっぱりイメージ的には、そっち系なんですよね。でも、ポール・ギャリコ自身は元々はスポーツライターだったのだそう。そしてこの作品も、表面上はパニック物なんですけど、それぞれの人物の描き方・掘り下げ方は、やっぱりポール・ギャリコならではでした。

映画の方は実はあんまり良く覚えてないんですが、でも割とすっきりとした... というのは言葉が変ですが、ストレートなパニック物に作られていたような記憶があります。最後も感動のラストだったような... いかにもハリウッド映画らしい感じですね。皆を先導する牧師は、牧師というにはアウトロー的なところがあって、でもそこが逆に強いリーダーシップを発揮して、皆を先へ先へと導いていたような。でも原作では、ちょっと違ってました。(映画の方の私の記憶が間違ってる可能性も十分にありますが!) 原作のスコット牧師は、プリンストン大学時代からのフットボールの名選手。オリンピックでも2度の金メダルを獲得していた、全米のスター。今までの人生で、何も挫折を知らずにここまで来てしまったような人物なんです。そんなスターが、なんで牧師という職業を選んだのか? まずそこからして興味をそそります。そしてスコットがタイタニック号の転覆という出来事を神からの試練と受け取るのはいいんですけど、そこでまるで神に挑戦するかのような、神に対して取引を申し出ているかのような祈りの言葉を唱えるんです。この部分は、おそらく日本人が読むよりも欧米人が読んだ方がショッキングなんじゃないでしょうか。それ以外にも色々あって、表面上は非の打ち所のない人物なのに、でも実はつかみ所のない不思議な人物なんですよねえ。今まで自信満々で「勝ち組」としての人生を歩んできたスコットと、牧師としてのスコットがどうしても相容れなくて、まさにその部分が彼を自滅させたようにも見えてきます。それだけにラストは映画のような「感動のラスト」ではなくて、ほろ苦いラスト。あ、もちろんスコット牧師だけでなく、他の面々の部分の描き方・掘り下げ方も「ほろ苦さ」に繋がるものなんですよね。パニック部分も面白いんですが、とにかく人間的興味に引かれて読み進めた作品でした。(ハヤカワ文庫NV)


+既読のポール・ギャリコ作品の感想+
「トマシーナ」ポール・ギャリコ
「セシルの魔法の友だち」ポール・ギャリコ
「マチルダ ボクシング・カンガルーの冒険」ポール・ギャリコ
「われらが英雄スクラッフィ」ポール・ギャリコ
「幽霊が多すぎる」ポール・ギャリコ
「猫語の教科書」ポール・ギャリコ
「ハリスおばさんパリへ行く」「ハリスおばさんニューヨークへ行く」他2冊 ポール・ギャリコ
「七つの人形の恋物語」「スノーグース」ポール・ギャリコ
「トンデモネズミ大活躍」「ほんものの魔法使」ポール・ギャリコ
「ポセイドン」上下 ポール・ギャリコ
「ザ・ロンリー」ポール・ギャリコ
「「きよしこの夜」が生まれた日」ポール・ギャリコ
Livreに「ジェニィ」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
修道士カドフェルシリーズ21冊目。これが本当の最後。「ウッドストックへの道」「光の価値」「目撃者」という短編が収められた1冊。

「ウッドストックへの道」には、まだ修道院に入っていない、40代そこそこのカドフェルが登場。かつてイーヴシャムの修道士だったという男とのやり取りや、その後の出来事によって、シュルーズベリの大修道院に行くことになるという作品。まさにこの本の題名である「修道士カドフェルの出現」です。人生のどんな転機に対しても、さすがカドフェルは常に自然体なんだなあと思わされる作品。そして、まだこの頃は女帝モードの父であるヘンリー1世が生きてるんですけど、作中で後継とされていたウィリアム王子が海難事故に遭うんですよね。そういう意味でもシリーズに繋がる重要な作品と言えそうです。カドフェルが修道院に入るには、これ以上の年はなかったかも。

3作の中では、やはり「ウッドストックへの道」の印象が一番強かったんですけど、「光の価値」も、シリーズの中に長編としてあってもおかしくないような作品だったし、「目撃者」で、ドジなオズウィン修道士が登場するのも懐かしかったし、やっぱりこのシリーズがもう新作で読めないなんて寂しいですー。でもエリス・ピーターズ自身が、誰にも続編を書いてはいけないと遺言しているそうなので... それでもピーターズは、最初はカドフェルをシリーズ物にする気なんてなかったんですね。彼女自身による序文を読んでびっくりでした。
巻末には「修道士カドフェルシリーズ:ガイド」があって、物語の歴史的な背景やシュルーズベリについて、カドフェル以外の主な修道士や修道院での1日、シリーズに出てくる食べ物や薬草、各巻のあらすじなどがまとめてある小事典となっています。(光文社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「聖女の遺骨求む」「死体が多すぎる」「修道士の頭巾」...ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「聖ペテロ祭殺人事件」エリス・ピーターズ
「死を呼ぶ婚礼」エリス・ピーターズ
「氷のなかの処女」エリス・ピーターズ
「聖域の雀」「悪魔の見習い修道士」エリス・ピーターズ
「死者の身代金」「憎しみの巡礼」エリス・ピーターズ
「秘跡」「門前通りのカラス」エリス・ピーターズ
「代価はバラ一輪」エリス・ピーターズ
「アイトン・フォレストの隠者」エリス・ピーターズ
「ハルイン修道士の告白」エリス・ピーターズ
「異端の徒弟」エリス・ピーターズ
「陶工の畑」「デーン人の夏」エリス・ピーターズ
「聖なる泥棒」「背教者カドフェル」エリス・ピータース
「修道士カドフェルの出現」エリス・ピーターズ

| | commentaire(4) | trackback(0)
«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.