Catégories:“歴史小説(翻訳)”

Catégories: / /

[amazon] [amazon] [amazon]
アーサー王伝説を、アーサー王の異父姉にあたるモーガン・ル・フェイの目を通して描いた「アヴァロンの霧」が、物凄く面白かったマリオン・ジマー・ブラッドリー。こちらの作品は、トロイア戦争が題材です。トロイアの王女で、パリスの双子の妹のカッサンドラーの視点から描いていきます。元は「ファイアーブランド」という1冊の本だったものを、日本で刊行するために、「太陽神の乙女」「アプロディーテーの贈物」「ポセイドーンの審判」という3冊に分けたもの。
ブラッドリーの作品らしく、これもフェミニズム全開でした。女性が強いです。ちょっと男性が情けなさすぎるんですけど、物語そのものは面白かった。ブラッドリーにかかると、こんなに女性が生き生きしてくるんだなあと、改めてびっくり。

全体的な構造としては、「アヴァロンの霧」と同じく、大地の女神を信仰する女性たちと、その世界の終焉といった感じですね。徐々に母系から父系社会へと移行しつつある世界です。古くからの女神がないがしろにされるようになり、男性の論理に都合の良い神々が台頭。かつては自分の手で国を治めていた女王たちは、気がついたら自分の夫に権力を握られているという寸法。でも男性は外で働き、女性は家を守るという観念が浸透していくのと同時に、男性の庇護下にいることで満足する女性たちの姿が目立ってきます。主人公のカッサンドラーを始めとして、自分の足で立つことを望む女性たちもまだまだいるのですが。
いくらフェミニズムとは言っても、ここまで男性をこき下ろしてしまうというのもどうかなあと思うんですけど... これで男性がもっと魅力的だったら、言うことないのになあ。アキレウスに至っては、ただの戦狂いなんですよね。やっぱり「アヴァロンの霧」は、この辺りのバランスがすごく良かったように思います。でもこちらの作品の最後は、男性と女性が協力して築き上げる世界の予感を感じさせるんです。どうしたのかな、ブラッドリー、心境の変化?
井辻朱美さんによる解説も面白かったです。「アヴァロンの霧」を「源氏物語」、こちらを「風と共に去りぬ」に喩えててびっくり!(笑)

この作品を読んでたら、無性にギリシャ神話と「イーリアス」が読みたくなったんですけど、手元にあったのはギリシャ神話だけ。こちらのトロイ戦争周辺の部分は再読したんですが、記述が少ないし、そっけなさすぎて物足りない! やっぱり「イーリアス」かなあ。私が気が付いただけでもかなり設定が違うので、今、読んだらどんな感じがするのか気になります。こういう時に本が手元にないというのは痛い...
しかも、それを読んだら、「オデュッセイア」も読みたくなりそうなんですけど、こっちも手元にないんです。「オデュッセイア」繋がりで、ジェイムズ・ジョイスの「ユリシーズ」(こっちは未読)も読んでみたいんですが... とは言っても、続けざまに読むのはきつそうなので、そこまで辿りつくのはいつのことになるやら、ですが。(笑)(ハヤカワ文庫FT)


+既読のマリオン・ジマー・ブラッドリー作品の感想+
「白き手の巫女」「龍と鷲の絆」「希望と栄光の王国」マリオン・ジマー・ブラッドリー
「太陽神の乙女」「アプロディーテーの贈物」「ポセイドーンの審判」マリオン・ジマー・ブラッドリー
Livreに「アヴァロンの霧」の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
修道士カドフェルシリーズの19作目と20作目。あとは短編集を1冊残すのみなので、長編はこれでオシマイです。淋しいー。でも、特に20巻で完結という作りになっているわけではないし、そういう意図もなかったようなんですが(エリス・ピータースは続編を書こうとしていたそうなのですが、その途中で亡くなられてしまったようです)、19巻では、1巻の「聖女の遺骨求む」で聖ペテロ聖パウロ修道院にやって来た聖ウィニフレッドの遺骨が盗まれるという事件で、カドフェルの行動を色々振り返ることになるし、20巻ではこれまでのスティーブン王と女帝モードの争いという歴史も大きく絡み合い、しかもこれまで探偵役に徹していたカドフェルが名実共に話の中心となり、最終作に相応しい物語となっています。

このシリーズは、12世紀という時代背景における人々の生活や修道院での暮らしが色々と描かれているのがとても興味深いんですが、今回は19巻に出てきた聖書占いというのが面白かったです。これは聖骨箱の上に福音書を載せて、目は他の方向に向けて両手で福音書を開き、人差し指で指した部分の文章を読み取り、解釈するというもの。今回の占いの結果に関してはやや出来すぎの感があるのですが、それでも臨場感たっぷり。荘厳で敬虔な雰囲気がよく現れていました。そんな偶然に頼るなんて! とも思ってしまうのですが、それも神の御心ということなんでしょうね。今よりも遥かに信心の篤いこの時代ならではの占いで、すごく面白かったです。
ただ、このカドフェルシリーズは何人かの訳者さんが訳してらっしゃるんですが、岡本浜江の訳だけ登場人物の言葉遣いが違うのが気になります。19巻もやけに古めかしい言葉遣いだし...。これでシリーズ全部を統一しているのならまだしも、訳者さん同士での連携というのはないのかしら? 1人だけ浮き上がってしまうのは問題だと思うんですけどねえ...。(光文社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「聖女の遺骨求む」「死体が多すぎる」「修道士の頭巾」...ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「聖ペテロ祭殺人事件」エリス・ピーターズ
「死を呼ぶ婚礼」エリス・ピーターズ
「氷のなかの処女」エリス・ピーターズ
「聖域の雀」「悪魔の見習い修道士」エリス・ピーターズ
「死者の身代金」「憎しみの巡礼」エリス・ピーターズ
「秘跡」「門前通りのカラス」エリス・ピーターズ
「代価はバラ一輪」エリス・ピーターズ
「アイトン・フォレストの隠者」エリス・ピーターズ
「ハルイン修道士の告白」エリス・ピーターズ
「異端の徒弟」エリス・ピーターズ
「陶工の畑」「デーン人の夏」エリス・ピーターズ
「聖なる泥棒」「背教者カドフェル」エリス・ピータース
「修道士カドフェルの出現」エリス・ピーターズ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

4150202001.jpg 415020201X.jpg 4150202028.jpg [amazon] [amazon] [amazon]
ローマの軍団によるブリテン島侵略によって、ドルイド僧は殺害され、巫女たちは陵辱されるという歴史から1世紀余りが経った頃。大ドルイド僧の孫娘・エイランは、森の中の落とし穴の中に落ちた青年・ガイウスを助けて家に連れ帰ります。エイランの一家の手厚い看護で、健康を取り戻すガイウス。しかしガイウスは、助け出された時はブリトン人の服装をしており、実際に半分ブリトン人の血が入っているものの、実はローマ人だったのです。恋に落ちたエイランとガイウスは結婚を望むのですが、真相を知った双方の父親に反対されて...。

モーガン・ル・フェイの視点から描いたアーサー王伝説、「アヴァロンの霧」全4巻がものすごーーく良かったマリオン・ジマー・ブラッドリーの作品、「聖なる森の家」3冊。「白き手の巫女」「龍と鷲の絆」「希望と栄光の王国」です。「アヴァロンの霧」の時代からさらに300年ほど遡ったブリテン島が舞台の物語。
「アヴァロンの霧」でもドルイド教関係がとても面白かったんですけど、こちらもやはりそうでした! 特に、巫女たちの儀式の場面が良かった。神秘的かつ幻想的。自然と調和した巫女たちの日々の生活も素敵です。でもローマ人側は... この時代はイエス・キリストを断罪したはずのローマ人にキリスト教が広まっていく時代でもあって、そういう面では興味深いんですけど... 3冊目「希望と栄光の王国」の久美沙織さんの解説にもある通り、この作品、男性陣が今ひとつパッとしないんですよね。特にエイランと恋に落ちるガイウスってば、なんて詰まらない男なんだー。ラストがやけに呆気なく感じられてしまったのも、きっとこのガイウスのせいでしょう。

この作品の冒頭で、「エイランをとおして、"龍"族つまりブリトン人と"鷲"族つまりローマ人の血は、賢き者すなわちドルイド教徒の血と混じりあったのだ。いざというときにはいつも、ブリテンを救う者がその血筋からあらわれるだろう」という予見がある通り、後にこの血筋から現れるのがアーサー王。こんな風に時代の流れが繋がっていくのって大好きです。この物語の時点では、巫女たちは「聖なる森の家」ヴェルネメトンに住んでるんですけど、その後アヴァロンに移っていくんですよね。その辺りの話もあれば読みたいんですけど、ブラッドリーは既に亡くなられてるので残念。他の作家さんが何か書いてないかしら。
あとブラッドリーの作品だと、トロイア戦争を描いたというファイアーブランドシリーズも読んでみたいです。(ハヤカワ文庫FT)


+既読のマリオン・ジマー・ブラッドリー作品の感想+
「白き手の巫女」「龍と鷲の絆」「希望と栄光の王国」マリオン・ジマー・ブラッドリー
「太陽神の乙女」「アプロディーテーの贈物」「ポセイドーンの審判」マリオン・ジマー・ブラッドリー
Livreに「アヴァロンの霧」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
英国領ジブラルタルには、この地からサルがいなくなった時、英国人もいなくなるという言い伝えがありました。そのせいか、乱暴者のサルたちを管理するのは代々英国砲兵隊の役目となっていました。しかしサルの中でも一番大きくて乱暴者のスクラッフィの悪ふざけせいで、担当のベイリー大尉はこっぴどく叱られ、任を解かれてしまいます。そしてその言い伝えを知った敵国ドイツが、逆にそれを利用しようとして...。

ジブラルタルからサルが消えた時、という言い伝えは本当にあったんだそうです。しかもそのサルを決して死に絶えさせちゃ行けないって、当時の首相・ウィンストン・チャーチルが本当に通信したらしい...。でも逆に言うと、それ以外はポールギャリコの創作。ジブラルタル海峡に近づいたこともないんですって。その2つの事実からこんな話を作り上げちゃうなんて、やっぱりギャリコは凄いかも。
ということで、第一次世界大戦を背景にしたサルを巡るドタバタ劇。戦争絡みだなんて信じられないぐらい楽しい作品になってます。登場人物たちは相変わらず楽しいし、そこに騒動を巻き起こすサルもスゴイ。でもいくら大切にされてもサルはサル。サル同士は心を通わせるんですけど、人間が何を考えているかとかどんな都合があるかなんて、サルには知ったこっちゃないんですよね。特にスクラッフィの傍若無人さは突き抜けています。いくら餌をくれたとしても、人間は所詮人間。そんなスクラッフィの姿が爽快でした。(創元推理文庫)


+既読のポール・ギャリコ作品の感想+
「トマシーナ」ポール・ギャリコ
「セシルの魔法の友だち」ポール・ギャリコ
「マチルダ ボクシング・カンガルーの冒険」ポール・ギャリコ
「われらが英雄スクラッフィ」ポール・ギャリコ
「幽霊が多すぎる」ポール・ギャリコ
「猫語の教科書」ポール・ギャリコ
「ハリスおばさんパリへ行く」「ハリスおばさんニューヨークへ行く」他2冊 ポール・ギャリコ
「七つの人形の恋物語」「スノーグース」ポール・ギャリコ
「トンデモネズミ大活躍」「ほんものの魔法使」ポール・ギャリコ
「ポセイドン」上下 ポール・ギャリコ
「ザ・ロンリー」ポール・ギャリコ
「「きよしこの夜」が生まれた日」ポール・ギャリコ
Livreに「ジェニィ」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
修道士カドフェルシリーズの16冊目。もう16冊も読んだのかー... と、なんだか感慨深いです。読んでいてとても心地良いシリーズなので、あと5冊しか残されてないのがちょっと寂しいのですが。
今回は中心となるのは、まず異端問題。この時代ならではですね。イレーヴ青年の持った「生まれたばかりの赤ん坊が、洗礼を受けていないという理由だけで地獄に落とされるというのか?」という疑問や、「人は、神の恩寵を受けるために日々努力するべきであり、ただ単に救いを待つべきものではない」という言葉は決して間違っていないはずだし、当然だとも思うのに、キリスト教の教義に対して疑問を持つこと自体が異端であり、断罪されかねないこの時代では、神を冒?する言葉としてしか受け止められないんですよね。そもそも「父と子と聖霊の御名によりてアーメン」という三位一体の言葉自体、突き詰めて考えるとすっごく難しい問題のはずなのに、それが上手く理解できないというだけで異端とされちゃうなんて。(私だって、何度唱えたか分からないけど、まだ理解しきれてないぞ!) その辺りのややこしい問題がエリス・ピーターズによってとても入りやすくまとめられているのが興味深かったし、ラドルファス院長やカドフェルの懐の深さが改めて感じられて、とても良かったです。
あと今回はヴェラム皮で作られた祈祷書が登場。これが見てみたい! 本文中の描写を読んでるだけでもとても美しいのです。かなり具体的な描写なので、きっとモデルがあるのだろうと検索してみたんですけど、作り手や持ち主の名前では何も出て来なくて残念。やっぱり、ずばりそのものがあるわけではないのね。... でもどんな本なのかぜひ見てみたいなー。(光文社文庫)


やっぱり本は私にとって一番の精神安定剤だな。と、ふと。
精神的にキツくなってくると読了数が増えるという、不健全な本読みですが(^^;。


+シリーズ既刊の感想+
「聖女の遺骨求む」「死体が多すぎる」「修道士の頭巾」...ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「聖ペテロ祭殺人事件」エリス・ピーターズ
「死を呼ぶ婚礼」エリス・ピーターズ
「氷のなかの処女」エリス・ピーターズ
「聖域の雀」「悪魔の見習い修道士」エリス・ピーターズ
「死者の身代金」「憎しみの巡礼」エリス・ピーターズ
「秘跡」「門前通りのカラス」エリス・ピーターズ
「代価はバラ一輪」エリス・ピーターズ
「アイトン・フォレストの隠者」エリス・ピーターズ
「ハルイン修道士の告白」エリス・ピーターズ
「異端の徒弟」エリス・ピーターズ
「陶工の畑」「デーン人の夏」エリス・ピーターズ
「聖なる泥棒」「背教者カドフェル」エリス・ピータース
「修道士カドフェルの出現」エリス・ピーターズ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
瀕死のハルイン修道士がカドフェルと院長相手に懺悔。恋人と引き裂かれて18歳で修道院に入ったハルインですが、実は恋人のおなかの中には、既に彼の子が宿っていたのです。そのことを恋人の母親から知らされたハルインは、求められるままにカドフェルの薬草で堕胎薬を調合。しかし恋人はその堕胎薬によって、おなかの赤ちゃんもろとも亡くなってしまったというのです。

修道士カドフェルシリーズ15冊目。今回は懺悔した修道士とカドフェルが、修道士のかつての恋人の墓参りをするために恋人の母親を訪れます。今回はいつも以上にフェアに書いてあるのかしら... あれ?と思ったら一気に謎解きまで全部分かっちゃいました。とは言っても、この作品はミステリだけの作品じゃないので、全然大丈夫なんですけどね。カドフェルを巡る人間ドラマは相変わらず読ませてくれます。それにしても、その恋人だった女性のお母さん、怖ーい。や、彼女自身も哀しい人生を送ってるのは良く分かるんですが...。でもハルイン修道士に関しては、良かった良かった。たとえ事故で足が不自由になっても、心が不自由なまま過ごすよりは、彼にとってはずっと幸せなんですものね、きっと。(光文社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「聖女の遺骨求む」「死体が多すぎる」「修道士の頭巾」...ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「聖ペテロ祭殺人事件」エリス・ピーターズ
「死を呼ぶ婚礼」エリス・ピーターズ
「氷のなかの処女」エリス・ピーターズ
「聖域の雀」「悪魔の見習い修道士」エリス・ピーターズ
「死者の身代金」「憎しみの巡礼」エリス・ピーターズ
「秘跡」「門前通りのカラス」エリス・ピーターズ
「代価はバラ一輪」エリス・ピーターズ
「アイトン・フォレストの隠者」エリス・ピーターズ
「ハルイン修道士の告白」エリス・ピーターズ
「異端の徒弟」エリス・ピーターズ
「陶工の畑」「デーン人の夏」エリス・ピーターズ
「聖なる泥棒」「背教者カドフェル」エリス・ピータース
「修道士カドフェルの出現」エリス・ピーターズ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
修道士カドフェルシリーズ14冊目。今回は、5歳の頃から修道院で育てられてきたリチャードの父親が死んだ所から話が始まります。イートンの荘園主だった父親の死で、自動的に荘園主の地位を引き継ぐことになったリチャード。ルドルファス院長は父親の遺志を尊重して、成人するまではリチャードの教育を修道院で引き受けようと考えていたのですが、リチャードの祖母は、まだ10歳のリチャードを22歳の近隣の荘園主の娘と結婚させて領地を広げようと考えていて...。

この時代のことだから年齢の釣り合わない政略結婚っていうのも多かったんでしょうけど、でも10歳の少年に22歳の娘さんとはね...。(これが逆に、22歳の若者に10歳の少女だったら、あんまり違和感を感じなかっただろうなと思ってしまうのが嫌ですなー) でもこの娘さん、いざ登場してみるとこのシリーズに登場するのに相応しい、自分をしっかりと持った賢い女性でした。父親に逆らうなんてとんでもないって感じだったんですけど、いざ決意するとなかなかの芯の強さを見せてくれて素敵。そしてリチャード自身も、この出来事を通してきっと大きく成長したんだろうな。いくら利発でも、こんなことに巻き込まれてしまったら自分のことで精一杯。会ったこともない相手の感情まで推し量れるものじゃないですもんね。
あと、今回は森の描写がとても印象的でした。イギリスの森って日本の森とはやっぱり根本的にイメージが違うのかもしれないですね。私は森といえば鬱蒼とした深い森を思い浮かべちゃうんですけど、ここの描写を見てると案外明るい空間を持つ雑木林という感じ。...と、ここで思い浮かべたのが、梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」。あれも確か明るいイメージでしたよね? そういえば「ロード・オブ・ザ・リング」のエントもあんなんだったし... あの映画では、エントだけは凄く違和感だったんですけど、やっぱりあれがイギリスの森なのかもしれないですね。ロビン・フッドもそんな明るい森に住んでたのかな。(光文社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「聖女の遺骨求む」「死体が多すぎる」「修道士の頭巾」...ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「聖ペテロ祭殺人事件」エリス・ピーターズ
「死を呼ぶ婚礼」エリス・ピーターズ
「氷のなかの処女」エリス・ピーターズ
「聖域の雀」「悪魔の見習い修道士」エリス・ピーターズ
「死者の身代金」「憎しみの巡礼」エリス・ピーターズ
「秘跡」「門前通りのカラス」エリス・ピーターズ
「代価はバラ一輪」エリス・ピーターズ
「アイトン・フォレストの隠者」エリス・ピーターズ
「ハルイン修道士の告白」エリス・ピーターズ
「異端の徒弟」エリス・ピーターズ
「陶工の畑」「デーン人の夏」エリス・ピーターズ
「聖なる泥棒」「背教者カドフェル」エリス・ピータース
「修道士カドフェルの出現」エリス・ピーターズ

| | commentaire(2) | trackback(0)
«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.