Catégories:“児童書・YA”

Catégories: / /

 [amazon]
今回の「セ・シーマ」の「名探偵夢水清志郎の謎解き紀行」は、なんとオリエント急行が舞台。トルコのイスタンブールからフランスのパリまで列車の旅をするというのです。早速イスタンブールへと飛ぶ夢水清志郎。そして同じ列車に乗ることになったのは、怪盗クイーン、探偵卿、海賊、トルコの犯罪組織・黒猫の双子の兄妹... 残念ながら、今回岩崎三姉妹は留守番です。

今回は名探偵夢水清志郎(教授)と怪盗クイーンが共演なんですが、なんと挿絵も共演です。村田四郎さん描かれる教授と、K2商会さん描かれる怪盗クイーンが表紙に! ...なのですが、あまりの違和感のなさに、最初全然気付かなかった私... 私の目って変?!
可笑しかったのは、教授とクイーンが季節の贈り物をする間柄だったってこと。クイーンのカリブ海クルージングのお土産のお返しに教授が送ったのは、コタツやみかん、綿入れ半纏などが入った「日本の冬気分セット」ですって。半纏を着てコタツに入ったクイーン、機嫌よく手作りおでんなんかも用意しちゃいます。ま、それがまたジョーカーを怒らせることになるのですが...。
結果としては引き分けなんですけど、どうも印象としては教授の方がいいとこが多かったような気がします。クイーンはジョーカーにこっぴどく叱られるし、1人トルバドゥール号出て行っても誰にも心配してもらえないどころか... だし、変装をあっさり見抜かれてしまったりもするし... 逆に、いつもは暇さえあれば意地汚く食べている印象の教授(今回もかなり食べてますが!)、なかなかかっこ良かったです。でも岩崎三姉妹がお留守番で、出番がほとんどなかったのが残念。次回はぜひみんな一緒で! (講談社青い鳥文庫)


+シリーズ既刊の感想+
ブログにはこれ以前のシリーズ作品の感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「虹北恭助のハイスクール・アドベンチャー」「笛吹き男とサクセス塾の秘密」はやみねかおる
「オリエント急行とパンドラの匣」はやみねかおる
「卒業 開かずの教室を開けるとき」はやみねかおる

+既読のはやみねかおる作品の感想+
「都会のトム&ソーヤ2 乱!RUN!ラン!」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ3 いつになったら作戦(ミッション)終了?」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ4 四重奏(カルテット)」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ5 IN塀戸(VADE)」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ6 ぼくの家へおいで」はやみねかおる
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
舞台は平安時代。自分のせいで異母妹の比右子を死なせてしまい、悶々とする12歳の小野篁が主人公。最後に一緒に遊んでいた荒れ寺へと向かった篁は、ふとした拍子に、比右子が転落した古井戸に吸い込まれてしまいます。気がつくと、そこは石ころだらけの河原。そこには大きな河と立派な橋があり、行くあてもない篁はその橋を渡り始めるのですが... ふと気付くと篁を食べようと狙っている鬼がいたのです。

以前、たまきさんに薦めて頂いた本。児童書です。
昼は朝廷に仕え、夜になると冥府に通って閻魔大王のもとで役人として働いていたなんて伝説のある小野篁の少年時代の物語。妹と恋仲だった、なんて話もありますね。大人になった後の篁は有能な官僚として有名なんですが、ここに描かれた少年時代の篁には、その片鱗はまだ全然ありません。異母妹の死をいつまでもくよくよと悩んで、生きていく気力も半分失っているような状態。鬼に襲われたところを坂上田村麻呂に危機一髪助けてもらうのに、またしても古井戸の中に舞い戻ってしまう始末。
これは、そんな篁が立ち直っていく成長物語なんですが、私がいいなあと思ったのは、3年前に死んでいるはずの坂上田村麻呂。橋の向こう側に渡ってしまいたいのに、帝から「死後も都を守れ」なんて、武装した姿で立ったまま葬られたせいで、どうしても向こう側に行けないんです。立派な武人だから、帝の言葉通りに京の都をしっかり守ってはいるんだけど、でも本当は向こう側に行きたいんですよね。友人知人もどんどん橋を渡ってしまうのに、なぜ自分だけが... と思いつつ、でも自分にできる精一杯のことをしている田村麻呂の姿がなんとも哀しくて。
そんな田村麻呂の姿もそうだし、田村麻呂に角を1本取られたせいで鬼でもなく人間でもない状態になってしまった非天丸の姿もと篁と重なって、なんとも切なかったです。それだけに、異母妹の死を乗り越えた篁の姿が一層感慨深く... うーん、いい話だわー。(福音館書店)

| | commentaire(4) | trackback(2)
Catégories: / / / / / / /

■「雨鱒の川」川上健一 [amazon]
本が好き!お気軽読書日記のもろりんさんのオススメ。美しい自然を舞台にしたなんとも美しい純愛物語。中心となっている2人が10年経ってもまるで変わらないのは、変わりゆく自然との対比? 評判通り、方言がいい味を出していました。東北の言葉ってほとんど馴染みがないし、最初は全然意味が分からなくて、読みづらかったんですけどね。(集英社文庫)


■「時計坂の家」高楼方子 [amazon]
Cross-Roadの瑛里さんが、先日BookBatonで思い入れのある作品として挙げてらしたので興味を持っていたところ、たらいまわし企画でも妖精と黒薔薇の書架のつばきさんが挙げてらっしゃいました。これは児童書ですが、とても奥が深いファンタジー。読み返すたびに新たな発見がありそうな作品です。作中ではC.S.ルイスのナルニアが引き合いに出されていたんですが、この独特の雰囲気は、フィリッパ・ピアスの「トムは真夜中の庭で」に近いような気がします。高楼方子さん、いいですねえ。他の作品も読んでみたいな。(リブリオ出版)


■「ぐるりのこと」梨木香歩 [amazon]
これはエッセイ。境界線とそのこちら側、向こう側の話が多かったです。で、改めて考えてみると梨木さんの書かれる物語もそういう話が多いような。(新潮社)


■「プールに住む河童の謎」緑川聖司 [amazon]
児童書です。「晴れた日は図書館へいこう」が面白かったので、期待していた緑川聖司さんの新作。こちらもなかなか可愛らしい作品でした。森友典子さんのイラストも作品のイメージにぴったり。大人のミステリ読みはすぐにピンと来るでしょうけど、この謎がまた児童書にぴったりだし~。相馬くん、可愛かったなあ。でも宝石店に関する記述には納得できないものがいくつか。こんなことを子供が本当に信じ込んだらイヤだわあ。(小峰書店)


■「ベルガリアード物語」全5巻 デイヴィッド・エディングス [amazon]
Baroque Midnight Gothic Twilightの森山樹さんに教えて頂いたシリーズ。異世界ファンタジー好きには堪らない本格的なエピック・ファンタジー。「指輪物語」の本流を汲む作品だと解説にはあったけど、読み始めはむしろロイド・アリグザンダーのプリデイン物語のシリーズみたいでしたね。面白かったです。かなりボリュームのある作品なのですぐには無理だけど、これは絶対また再読したくなるだろうな。この物語の前日譚(?)「魔術師ベルガラス」全3冊が今月から出始めてるそうなので、そちらも買ってこなくっちゃ。(ハヤカワ文庫FT)


■「マライアおばさん」「七人の魔法使い」「時の町の伝説」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ [amazon]
どれもものすごーくダイアナ・ウィンジョーンズらしい作品で、続けて読むとちょっと胸焼けがしそう... とは言っても、どれも作風は違っていて、DWJの引き出しの多さにびっくりなんですけどね。「マライアおばさん」は、ほんとヤなヤツだらけで、誰が味方なのかも分からないほど。毒気がいっぱい。「七人の魔法使い」の方が明るくて楽しかった。本当にこの終わりでほんとにいいの?って感じでしたが...。「時の町の伝説」はタイムトラベル物。ちょっとややこしかったけど、歴史の捉え方が面白かったです。(徳間書店)


■「妖女サイベルの呼び声」「影のオンブリア」パトリシア・A・マキリップ [amazon] [amazon]
どこまで行ったらお茶の時間の七生子さんのオススメ。どちらも重厚で寡黙な独特のな雰囲気がすごく素敵な作品でした。まるで神話みたい。少しでも飛ばすとすぐ分からなくなってしまいそうで、そういう緊張感も久しぶりでした。マキリップも色々と読んでみたい! 「影のオンブリア」の「オンブリア(Ombria)」は、舞台となる都の名前。それ自体が影を連想させる言葉なので(仏語の「影」はombre、伊語だとombraだし)重箱読みしてるような妙な気分だったんですけど、読んでみるとなんともぴったりな名前でした。KinukoY.Craftさんのイラストの表紙も、ほんとぴったりで素敵。この「影のオンブリア」を原作として、岡野玲子さんが「コーリング」を描かれてるのだそうです。→間違いでした。「妖女サイベルの呼び声」が原作なんですって。maki さん、ありがとうございます!(ハヤカワ文庫FT)


■「ウルフタワー」全4冊 タニス・リー [amazon]
訳のせいもあるんでしょうけど、これじゃあまるでライトノベル。コバルトに入っててもおかしくないぐらい。原文がどうなってるのかは知らないですけど、なにもこんなに軽く訳さなくても...。たまに惹かれる部分はあるものの(主人公の相手役がかっこよかった)、全体にタニス・リーらしさがあまり感じられなくて残念。(産業編集センター)

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
「都会(まち)のトム&ソーヤ」シリーズの第3弾。今回も楽しかったです。2~3度、思わず噴出してしまった場面もありました。デートの下見だの文化祭だの、中学生らしくっていいですねえ。今回、内人の「おばーちゃんの知恵袋」(勝手に命名)も結構あったので、かなり満足。でも、創也がどんどんボケキャラになってるのは... これでいいのでしょうか...?(クラスメートは創也が目の前でボケてても全然本気にしてないけど・笑) そして創也のお目付け役の卓也さのシャドー保育ったら!(爆笑) 彼に幸せが訪れる日は本当に来るのでしょうか...。
それと新たな敵役も登場しました。この人は次回以降レギュラーになるのかな? 次回も楽しみです。(講談社YA! ENTERTAINMENT)


+シリーズ既刊の感想+
「都会のトム&ソーヤ1」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「都会のトム&ソーヤ2 乱!RUN!ラン!」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ3 いつになったら作戦(ミッション)終了?」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ4 四重奏(カルテット)」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ5 IN塀戸(VADE)」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ6 ぼくの家へおいで」はやみねかおる

+既読のはやみねかおる作品の感想+
「虹北恭助のハイスクール・アドベンチャー」「笛吹き男とサクセス塾の秘密」はやみねかおる
「オリエント急行とパンドラの匣」はやみねかおる
「卒業 開かずの教室を開けるとき」はやみねかおる
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
岩波少年文庫再読計画第5弾。南極に生まれたペンギンのルルとキキの冒険物語です。有名な作品なので、読んでる方も多いのではないかと思うのですが、実は私は今回読むのが初めて。きっと自分で字が読めるようになってすぐぐらいの時に読むのに向いてる本だと思うんですけど、すっかりタイミングを逃してしまったんですよね。その後ちょっと気になりつつも、先にカレル・チャペックの「長い長いお医者さんの話」を読んで、こちらがものすごーく気に入ってしまっていたもので、なんだか二番煎じのような気もしちゃってたんですよねえ。
でも実際読んでみて、全然思ってたのとは違ってました。字も大きいし易しいし、読み始めたらすぐ読めちゃうような作品なんですが、短い物語の中に人生の色々なことがぎゅっと濃縮されてました。でも全然説教臭くなくて、するすると楽しく読めちゃう。人気があるのも分かります。こういう作品は、やっぱり子供の時に読んでおかなければ! でもこんな風に読み逃していた作品を読むと、再読計画をやって良かったな~って思います。そうでなければ、読むチャンスってなかなか巡ってこないですものね。(岩波少年文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
バッテリー最終巻。今年の初めに出てたんですけど、なんだかあんまり読みたくなくて(図書館自粛中だったというのもあるけど、それ以上にこれで終わっちゃうというのがねー)、半年も経ってしまいました。
今回読むに当たって、期待し過ぎは禁物とあまり自分の中で盛り上げすぎないようにしてたんですが、それが逆に裏目に出ちゃったかもしれません。いや、なんだかあっさり味でしたね。横手二中との試合を間近に控えて、巧や豪が中心となって話を引っ張っていくのかと思ったら、そうではなくてちょっとびっくり。むしろ中心となって話を引っ張ってるのは、新田東の海音寺や横手の瑞垣じゃないですか。巧と豪は、あれでいいの? もっとぶつけたいものがあるんじゃないの?
それに青波の出番が少なかったのも残念だったんですよね。彼はもっと違った風に巧をあっと言わせてくれる存在になると思ったんだけどな... ある意味、巧の意識を根底から覆す存在となってくれるのを期待していたというか。彼もまた大きな成長を遂げたんでしょうけど、「そういうのじゃなくて...!」とモドカシイ。...そう、彼に限らず、どこを読んでいても、なんだかモドカシくて仕方なかったです!
今回は、淡々と話が流れる中で1人おちゃらけてる吉貞が一番良かったわあ。(笑)
5巻を読んでから1年半も経ってしまっているので、そういうのも大きいのかもしれないんだけど... 私の中ではほとんど盛り上がらないまま読み終わってしまいました。清々しいラストではあるんですが、6巻がまるごと1冊がシリーズのエピローグに過ぎなかったような印象。例えば、いくらクラシックの名曲でも、最後にディミヌエンドしてる最中から聴き始めたら全然ダメよね... という感じ。横手との試合という大イベントがあったはずなのに! もし1巻から一気読みしていたら、こういう感想にもならなかったのかしら? 素晴らしい作品だけに、やっぱり期待しすぎてたのかも。ちょっと勿体無い読み方をしてしまったようです。(教育画劇)


+シリーズ既刊の感想+
「バッテリー」1~5......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「バッテリー6」あさのあつこ

+既読のあさのあつこ作品の感想+
「福音の少年」あさのあつこ
Livreに「No.6」1・2の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(2)
Catégories: /

 [amazon]
引きこもりのはずの幼馴染の五郎丸が、スポーツバッグに猟銃を入れて東京へ?! 瓜生は五郎丸の妹に頼み込まれて、東京行きの電車に飛び乗ることに...。ということで、高校2年生の男の子2人の夏休みの冒険譚です。
登場人物たちが地元・高崎(群馬)にいた時はのんびりとした青春小説だったのに、東京に出てきた途端、冒険小説ノワール風味。走り回ってるのは上野とか本郷とか御茶ノ水辺りなんですけど、もうすっかり不夜城の世界になっちゃいました。時間の流れも一気に速くなって、すごいスピード感。でもねー、とみなが貴和さんにしては今ひとつ切れが足りなかったような気もするんですよね。心理描写が上手いのがとみなが貴和さんの持ち味なのに、家出した五郎丸の切迫した心理があまり伝わってこなくて...。可愛い女の子の頼みを断りきれなくてついつい東京まで行ってしまうお人よしの瓜生の方は、なんだか分かるんですけどね。...そしてラストは何ともダークな予感。どうも座りの悪さを感じます。これは単発? それとも続編もあるのでしょうか? (角川スニーカー文庫)


+既読のとみなが貴和作品の感想+
「EDGE」「EDGE2 三月の誘拐者」とみなが貴和
「EDGE3 毒の夏」「EDGE4 檻のない虜囚」とみなが貴和
「セレーネ・セイレーン」とみなが貴和
「夏休みは命がけ!」とみなが貴和
「EDGE5 ロスト・チルドレン」とみなが貴和

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.