Catégories:“児童書・YA”

Catégories: / /

 [amazon]
サクセス塾の事件から4ヶ月ほど経ち、受験勉強に本腰が入る3学期のある日のこと。謝恩会の実行委員長に任命されたレーチは謝恩会の会場探し中。無料で使えて多少の騒いでも大丈夫だという場所がなかなか見つからないのです。そんな時、2年の片桐弟が提案したのは、3学期が終われば取り壊される予定の旧校舎。取り壊されるのが決まっているだけにドンチャン騒ぎには最適なのではないかという話に、レーチはすっかりその気になり、亜衣・真衣・美衣と共に旧校舎へ。しかしその旧校舎には、40年前に「夢見」によって「夢喰い」が封印された開かずの教室があるのです...。

夢水清志郎シリーズ最終巻。15年書き続けたというこのシリーズも亜衣たちの中学卒業と同時にシリーズからも卒業となります。
卒業というのは、それぞれがそれぞれの選択をしなければならない時期。その選択が正しかったかどうかはすぐには分からないし、長い人生の中で、あの時選択を間違た、と思うこともあるのかも。でもその時その時で自分のできる精一杯の選択をしていれば、後悔することはないですよね。亜衣も真衣も美衣もレーチも、自分自身で決めた道を進んでいくからこそ、これから先、後悔なんかしないで真っ直ぐ進んでいけるのではないかと思います。そして今回、印象に残る言葉が色々とあったんですけど、一番印象に残ったのは亜衣と出版社の人の会話の場面。なんだかぐっときちゃいました。ほんとその通りだわ~。
謎解き部分は正直物足りなかったんですけど、シリーズ最終巻に相応しい素敵な物語。楽しいシリーズ物はいつまでも続いて欲しいと思ったりもするものですが、こういう風にきちんと区切りがついてみると、卒業するというのもいいものだなと思いますね。(実は「ハワイ幽霊城の謎」だけ未読なんだけど... 読まなくちゃ!)(講談社青い鳥文庫)


+シリーズ既刊の感想+
ブログにはこれ以前のシリーズ作品の感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「虹北恭助のハイスクール・アドベンチャー」「笛吹き男とサクセス塾の秘密」はやみねかおる
「オリエント急行とパンドラの匣」はやみねかおる
「卒業 開かずの教室を開けるとき」はやみねかおる

+既読のはやみねかおる作品の感想+
「都会のトム&ソーヤ2 乱!RUN!ラン!」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ3 いつになったら作戦(ミッション)終了?」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ4 四重奏(カルテット)」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ5 IN塀戸(VADE)」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ6 ぼくの家へおいで」はやみねかおる
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
大晦日にユカがふと目覚めると、枕元に置いておいたクレヨンの箱がからっぽ。なんとクレヨンたちがカメレオンを囲んで会議をしていました。シルバー王妃の12の悪い癖を直さないと城には戻らないとゴールデン王が家出をしてしまったというのです... という「クレヨン王国の十二ヶ月」。そして学校の春休み、5年1組では岩戸山の自然公園で星座の観察が行われることになりノブオも参加。しかしノブオと右田先生はなぜか犬猿の仲で... という「クレヨン王国のパトロール隊長」。

なんとクレヨン王国シリーズは今まで読んだことがなくて、これが初めて。石堂藍さんの「ファンタジーブックガイド」に載ってたので、いずれは読もうと思ってたんですけど、ようやく読めました。
「クレヨン王国の十二ヶ月」は、シリーズの1作目。城を出てしまったゴールデン王を探すためにシルバー王妃と小学2年生のユカが12の町を旅する物語。これはこれでとても可愛いんですけど、やっぱり童話ですしね。散らかし癖、お寝坊、嘘つき、自慢屋、欲しがり癖、偏食、意地っ張り、げらげら笑いのすぐ怒り、けちんぼ、人のせいにする、疑い癖、お化粧3時間という12の悪い癖を直すという教訓話だし... 王様がいなくなると1年で世界の色が失われて人間も地球も滅びてしまうというのに、それでも家出してしまう王様というのがまた納得しづらいところ。シルバー王妃とユカが旅する12の町は12の月の町で、それぞれの町の色が決まってて、そういうのは本当はとってもそそる設定のはずなんですけど... 私にはちょっと可愛らしすぎて、小学校の頃に出会っていればもっと楽しめただろうになーって思ってしまいました。
でも「クレヨン王国のパトロール隊長」がすごく良かった! こちらは小学校5年生のノブオの成長物語です。現実の世界でも色々あって大変なノブオがクレヨン王国に来て、ここでもさらに大変な状況に巻き込まれてしまうというなかなか厳しい物語。心がもう限界まで来ちゃってるのに、そんなノブオに対してクレヨン王国は表面的になだめて解決するんじゃなくて、抜本的な荒療治をするんです。これがなかなかすごい。クレヨン王国のシリーズには作品が沢山あるけど、「ファンタジー・ブックガイド」にこのタイトルが挙げられてたのが分かるなあ。あとがきを読んでみると、この「パトロール隊長」と「クレヨン王国月のたまご」が、シリーズの中でも一番ファンレターが届く作品なんだそうです。納得。いずれ「月のたまご」も読んでみようっと。(講談社青い鳥文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
その日メアリーがツクツクさんを見かけたのは、川沿いの桜並木の下。ツクツクさんは大きなザルをかかえて桜の花びらが地面に落ちる前にザルの中につかまえようとしていました... というお話に始まる、メアリーとお隣に住むツクツクさんのシリーズ4作目。

この本から時間の流れがランダムになるという予告通り、それぞれのお話の時系列順はバラバラ。ツクツクさんのメアリーへの呼びかけも変化するし、お話の中のちょっとした描写から、いつ頃の出来事なのか何となく分かるんですけどね。それにしても、相変わらずのほのぼのぶり~。やっぱりこのシリーズは可愛いです。この不思議さ加減がとっても居心地いいし。
今回一番楽しかったのは、夏に水琴窟を作るお話かな。暑い日に水琴窟の音を楽しむというだけでも素敵なのに、水羊羹に水菓子(西瓜)、水団扇、極めつけが魚洗。こういうのを読むと、日本の夏は五感で涼しさを堪能するものなんだなーって改めて思いますね。...お話の舞台は日本じゃないし、魚洗も日本の物ではないですが。ええと、漁洗っていうのはアレです、私も以前中華街でやってみたことがあるんですが、水をはった金属製のたらい(?)の取っ手を濡れた手でこすることによって、不思議な音と共に水面から水しぶきが上がるというもの。初めてやった私でも30cmぐらいあがったし、熟練してる人がやると、もっと上がります。
それから、春の色んなジャムを作ってしまう話も素敵だったな。こんなに色んなジャムが作れるとは~。桜の花びらのジャム、食べてみたい。色や香りが目の前に浮かんでくるようです。そういえば、コンデンスミルクの缶詰を鍋でことこと煮て、冷えてから缶を開けると茶色くて甘~いクリームになると聞いて、やってみたいなと思ったことがあるんだけど... まだ試したことがなかったな。
あと、虹は七色、とばかり思い込んでたんですけど、国や人によって6色とも5色とも... 2色だなんて言ってる場所もあるとはびっくり。虹の色の並び順を覚える言葉も、今回初めて知りました。「ナクヨ(794)うぐいす平安京」じゃないですけど、こんなのがあったんだ! これは覚えやすいですねー。と、ちょっと感動。 (GA文庫)


+既読の篠崎砂美作品の感想+
「お隣の魔法使い」1~3 篠崎砂美
「お隣の魔法使い 語らうは四季の詩」篠崎砂美

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
山畑のネェやが山犬に襲われたという話を聞いてきたのは、タンダの妹のチナ。その山犬に青白い鬼火がまとわりついて、少し前に死んだオンザの顔に見えたらしいのです... という「浮き籾」他、全4編。

完結してしまった守り人シリーズの番外編。タンダ11歳、バルサ13歳の頃の物語です。この頃はまだバルサの養父のジグロが生きていて、2人は追っ手から逃れるために用心棒の仕事をしながら各地を転々としています。トロガイの家もその拠点の1つ。
4編のうち2編はタンダ視点の物語。タンダやその家族の生活ぶりを見ていると、古い時代の日本でもこういった暮らしをしていたんだろうなあって素直に思えてきますねえ。稲に虫がついた時の反応や稲刈り、収穫の祭りの様子なんかもそうなんですけど、目の薬を作るためにナヤの木肌を剥ぎ取る時の様子とか、食べ物が乏しい冬の最中に山の獣たちに食べ物を分ける「寒のふるまい」のことを読んでると、中沢新一氏のカイエ・ソバージュシリーズで読んだ、一神教や国家が誕生する前の時代の話を思い出しちゃう。そのものズバリ重なるというわけではないんだけど、まさにあそこに書かれていたような暮らしをしてたんだろうなと思えるのは、やっぱりそれだけ土台がしっかりと描かれてるということなんでしょう、きっと。
そしてあとの2編は、バルサ視点の物語。こちらではバルサとジグロが仕事をしてる酒場や隊商の旅が舞台となってるので、まるで雰囲気が違います。ススットという賭事が面白い~。このゲームの特徴がとても生かされている物語だったし、専業の賭事師を務めてるアズノという老女がとても印象に残ります。そして隊商の旅の方はちょっと痛い... でも「精霊の守り人」ではもう既に亡くなっているジグロが生きていて、その姿をバルサの視点から見られるのが嬉しいところ。もっと容赦ない厳しさ一点張りの人なのかと思い込んでいたんですけど、そうでもなかったんですね。いや、確かに厳しいですけど。バルサに対する愛情がしっかり感じられて良かったです。(偕成社)


+シリーズ既刊の感想+
「精霊の守り人」「闇の守り人」「夢の守り人」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「虚空の旅人」「神の守り人 来訪編」「神の守り人 帰還編」「蒼路の旅人」上橋菜穂子
「天と地の守り人」1~3 上橋菜穂子
「流れ行く者 守り人短編集」上橋菜穂子
「バルサの食卓」上橋菜穂子・チーム北海道

+既読の上橋菜穂子作品の感想+
「獣の奏者」1・2 上橋菜穂子
Livreに「狐笛のかなた」の感想があります

| | commentaire(4) | trackback(1)
Catégories: / /

[amazon]
60年ぶりの満月のハロウィーンの晩。前回の満月のハロウィーンの晩の魔女の悪戯がひどかったため、今回子供たちは「お菓子をくれないといたずらするぞ!」のおふせまわりも早々に終わらせて家に入るように言われていました。しかし魔女のどんちゃん騒ぎに紛れ込んでみたいと考えたアリゼとエクレルは、魔女に扮装してホウキを持って、魔女の集まる星見丘へ。魔女が来ないうちに藪に隠れて待っていると、空は突然、ホウキに乗った魔女でいっぱいになります。ひとしきりゲームや競争をしてから地上に降り、焚き火をたいてお茶を入れ始めた魔女たち。それを見たアリゼは、藪に立てかけられたホウキを1本取って自分のホウキと取替え、「魔法入門」で覚えた呪文を唱えて空に舞い上がります。

先に読んだ「ティスの魔女読本」に出てきた魔女のティスとアリゼの出会いがこの本。空の上で困っていたアリゼを助けてくれたのがティスだったんです。でも、子供の頃に魔女のホウキで空を飛んでみたいと思ったことのある人は結構いるんじゃないかと思うんですが、こんな恐ろしい思いをするなんて想像してる人はほとんどいないと思いますねえ...。ここに登場する魔女たちの羽目の外し具合にもちょっとびっくり。物語に登場するような、いわゆる「良い魔女」「悪い魔女」とはまたちょっと違う「魔女」。これを読んでいると、本来の魔女ってこんな存在なのかもしれないなーなんて思えてきます。
そして魔女たちのハロウィーンパーティの後は、人間たちのハロウィーンパーティ。これは魔女のパーティとは全然違って、なんだかロマンティック。前後の本は読んでるので、おおー、実はこんな出来事があったのね!ってびっくりです。(河出書房新社)


+シリーズ既刊の感想+
「エルフさんの店」高柳佐知子
「ティスの魔女読本」高柳佐知子
「ハイウィロウ村スケッチブック」高柳佐知子
「アリゼの村の贈り物」高柳佐知子
「不思議の村のハロウィーン」高柳佐知子

+既読の高柳佐知子作品+
「イギリス湖水地方を訪ねて」「風のまにまにイギリスの村へ」高柳佐知子
「ケルトの国に妖精を探しに」高柳佐知子
「ナチュラル暮らしの手作り工房へ、ようこそ」高柳佐知子
「庭が仕事場」高柳佐知子

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
夏休みの最後の3週間を、父と2人で海のそばの小さな町で家を借りて過ごすことになったと聞かされて驚くカズヤ。母がその間ずっと遠くで仕事なので、2人で東京にいても仕方がないというのです。カズヤは小学5年生。父は小説家で、母はデザイナー。そしてたどり着いた海辺の町は、海水浴場などではなく、小さな漁港があるだけの町。カズヤは早速、同じ小学5年生でミステリー好きのミツルと話すようになります。そのミツルがしてくれた秘密の話は、この町に住んでいた佐多緑子という大金持ちの老婦人の遺産にまつわる謎の話。彼女は亡くなる4日前に全財産を銀行からおろし、亡くなるまで一度も外出せず、訪ねてきた客もいなかったというのに、死後、そのお金は屋敷のどこにもなかったというのです。2人は早速佐多緑子の遺産はどこに消えたのか考え始めます。

ポプラ社にTEEN'S ENTERTAINMENTというYA向けのシリーズが出来ていたようですね。これはその第一回配本作品。
題名の「フリッツと満月の夜」の「フリッツ」は、表紙の絵にも描かれている猫のこと。満月の夜に一体何があるのかな~?なんて思って読んでいたんですけど... いや、確かにフリッツも満月の夜も一応重要ではあるんですけど... あんまり話の中心というわけではなかったんですね。むしろカズヤとミツルのひと夏の冒険物語という感じ。もしかして、元々はきっともうちょっと違う話になるはずだった? 書き直してるうちに路線が違う方向にズレちゃったの? って思っちゃう。このフリッツの存在こそが松尾さんらしいところになるはずだったんでしょうに、この程度じゃああんまり必然性が感じられない... せめてもう少し早く物語の前面に出てきていれば。
うーん、ダビデの星の使い方は面白かったんですけどねえ。私にはどうも全体的に物足りなかったです。残念(ポプラ社)


+既読の松尾由美作品の感想+
「雨恋」松尾由美
「ハートブレイク・レストラン」松尾由美
「いつもの道、ちがう角」松尾由美
「安楽椅子探偵アーチー オランダ水牛の謎」松尾由美
「九月の恋と出会うまで」松尾由美
「人くい鬼モーリス」松尾由美
「フリッツと満月の夜」松尾由美
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(2)
Catégories: / / /

 [amazon]
信乃にアルバイトの話を持ってきたのは、継父の「村尾さん」。取引先の社長に、ある10歳のお嬢様が女子高校生限定の家庭教師を探しているという話を聞いてきたのです。無事にその子の家庭教師になれた時の謝礼は、かなりの高額。しかしお嬢様はなかなか気難しいらしく、これまで面接を受けに別荘まで行った高校生のほとんどが、その日のうちに帰されてしまっているというのです。信乃は再婚したての両親を2人きりにさせてあげる意味もあって、面接を受けに行くことを決めます。そして翌日早速その少女、阿久根芽理沙に会いに行くことに。

普通なら、我侭なお嬢様の家庭教師になった女子高生が別荘地で連続殺人事件に巻き込まれて... というミステリになるはずのところなんですけど、この作品を書いてるのは松尾由美さん。そんな一筋縄でいくはずがありません。なんせ人くい鬼モーリスが殺人事件に絡んできちゃうんですから。
この「人くい鬼モーリス」は、実際には何なのかははっきりと分からないものの、この土地が別荘地になる前、普通の村だった頃は時々目撃されていた存在。芽理沙のお祖父さんもお母さんも、子供の頃に何度も見ています。お祖父さんの観察ノートによると、モーリスは自ら人を殺すことはしないものの、新鮮な人間の死体が大好物。死体を前にお祈りでも捧げるように頭を少し垂れていると、死体が光を放ち始め、数秒で死体が消えてなくなってしまうといいます。お祖父さんの考えでは、モーリスが食べてるのは生物の残留思念で、死体が消えてなくなるのは、その副作用のようなもの。そして最大のポイントは、モーリスを見ることができるのは高校生ぐらいまでの子供だけだということ。
この別荘地で起きる殺人事件では、いずれも死体が消滅してしまいます。読者や主人公たちにすれば、モーリスが食べてしまったんだろうというところなんですが、実際に推理する大人たちはそんな存在自体全然知らないし、人くい鬼の噂を聞いたとしても信じられるわけもなく...。そもそも死体と一緒に犯人の手がかりとなりそうなものも消えてしまってるだけでも問題なのに、死体を移動させられる腕力というのが犯人の条件になってしまうんだからヤヤコシイ。

読んでいても、モーリスの姿があまり鮮明に浮かんでこなかったのがちょっと残念でした。この作品は、ある怪獣のお話のオマージュになってるので、それが分かればそちらの絵が出てくるんですけど、最初はそんなこと分からないですしね。それに終盤、ちょっと唐突だなーとか、ツメが甘いなーと思ってしまう部分も... 本当ならもっと強烈に面白い作品になったんじゃないかって思ってしまうー。それでもモーリスの存在というファンタジックな存在が現実的なミステリと上手く絡み合っていて、これはこれでなかなか面白かったです。(理論社)


+既読の松尾由美作品の感想+
「雨恋」松尾由美
「ハートブレイク・レストラン」松尾由美
「いつもの道、ちがう角」松尾由美
「安楽椅子探偵アーチー オランダ水牛の謎」松尾由美
「九月の恋と出会うまで」松尾由美
「人くい鬼モーリス」松尾由美
「フリッツと満月の夜」松尾由美
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(2)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.